DSA2020 Umeda Metro Vision

グランプリ

Entry Title
Umeda Metro Vision

Movie

Photo

審査会から
プラットフォーム上に、4m✕40mサイズ(ギネス世界記録認定)のベゼルの無いファインピッチLEDを設置したことで、圧倒的なインパクトと話題性を生みました。
新しい目的を持ったクリエイティブ、エンターテインメント、ライブビューイング、インバウンド向けの映像情報の発信などの可能性が期待されるメディアです。

Corporate Name
大阪市高速電気軌道株式会社
−Osaka Metro−
Location
御堂筋線 梅田駅
Details
Osaka Metro全9路線133駅の中でも1日44.2万人の乗降人員を誇る御堂筋線梅田駅はビジネスマンをはじめ、ファミリー層や学生、シニア世代など多様な属性・年齢層が行き交う関西屈指のビッグターミナル駅です。
そのホーム南側にUmeda Metro Visionを設置。その仕様は4K対応はもちろん、サイズにおいても縦4m、横40mの圧倒的な大画面で地下空間における世界一のサイズを誇っております。また、大画面の前には同じく4K対応の65インチ、計12面の縦型サイネージも設置され、同時放映することで空間をジャックすることも可能になります。
Feature
Umeda Metro Visionは壁面上部に設置されていることから通行人が多い場合でも放映が遮られる心配がなく、クオリティの高いコンテンツを心置きなく訴求することが可能です。また、最大の特徴として、幅40mのワイドビジョンを活用した1ビジュアルでの迫力のある圧倒的な放映は当然ながら、32:1で3分割した放映も可能。静止画と動画を組み合わせることで、フレキシブルにクリエイティブを展開することもできます。商品告知をはじめ、ブランディング展開を見据えたプロモーションにおいても非常に効果的なデジタル媒体です。

Screen Size
縦4m×横40m(解像度 縦1,080×横11,520)
Screen Type
LED
Number of Screens
1面
Running
2019年12月1日~

Explanation Url
http://www.osakametro-service.jp/pdf/osakametro_mediaguide2020_p4_19_compressed.pdf

 
このページの掲載内容は、アワード応募時に提出いただいた内容にもとづいています。
 
受賞コメント
この度は,『デジタルサイネージアワード2020』において大変栄誉ある賞をいただき誠に光栄です。Umeda Metro Visionを評価いただいた選考委員の方々をはじめ関係者の皆様にはこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。
2018年に大阪市交通局から民営化となり、Osaka Metro(正式名称:大阪市高速電気軌道株式会社)となった際に、構想された事業のひとつがこのUmeda Metro Visionでした。
メディアコンセプトは、単なるデジタル広告媒体に捉われることなく、『大阪の中心部である梅田から世界に向けて最新の情報を生活者の皆様へお届けする』という思いのなか、Umeda Metro Visionを作り上げました。そして構想より約1年後に着工し、2019年12月1日に運営を開始することができました。その結果、梅田駅をご利用される多くの方へUmeda Metro Visionを通じて最新トレンドをご提供することができ、またSNSへの拡散もずいぶんと見受けられるようになりとても嬉しく思っています。
今後はUmeda Metro Visionの更なる可能性を広げつつ、梅田から世界へ情報発信拠点としての役割を果たしていきたいと考えております。
 
 
デジタルサイネージアワード2020 全受賞作品は、こちら。

Copyright c Digital Signage Consortium. All Rights Reserved.