デジタルサイネージ記事リンク

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

ザイリンクス:HDMI 2.1 IPサブシステムを発表

2019年2月7日

■carview!
ザイリンクスは2月5日(中央ヨーロッパ時間)、IP(知的設計資産)コアのポートフォリオを拡充し、新たにHDMI 2.1 IPサブシステムを追加したことを発表した。2月5日~8日にオランダ、アムステルダムのRAI Amsterdamで開催されるISE Integrated Systems Europe (ISE2019) において、ザイリンクスはこのHDMI 2.1 IPサブシステムのほか、圧縮、ビデオ処理、デジタルサイネージ分析用の幅広いコアを展示する。

月額制動画配信サービスの利用率は「Amazon」が首位。「Netflix」が2位

2019年2月7日

■PANORA
2018年1月度調査において、電車の車両内で展開される動画広告を「見たことがある」人は51.0%で、2017年7月度調査時の48.0%から増加していました。また、駅構内で展開される動画広告についても「見たことがある」人は46.8%で、2017年7月度調査時の44.4%から増加していました。電車の車両や駅構内におけるデジタルサイネージ広告は、約半数に視聴経験があることがわかりました。

渋谷宮益坂で90m2超の大型ビジョンが点灯、クラウドポイント

2019年2月7日

■BUILT
デジタルサイネージの企画設計から設置・システム開発・コンテンツ制作まで行うクラウドポイントは、東京都渋谷区渋谷2丁目の本社ビル壁面に、同エリア初の90m2(平方メートル)を超える大型LEDビジョンを設置し、2019年2月1日から運用を開始した。
新型ビジョンは、クラウドポイントの本社所在地の渋谷宮益坂上の大きな五差路交差点に位置する「Daiwa渋谷宮益坂ビル」に設置された「渋谷宮益坂ビジョン GOSARO」。ビル自体が丹下都市建築設計監修のもと行ったリニューアルのタイミングに併せ、ビルの11階部分から上の壁面に、W8640×H1万560mm(ミリ)の大型LEDビジョンを掲出した。

『アズールレーン』の艦船とふれあえる等身大デジタルサイネージ 『E-mote Communicator ケッコンVR』を秋葉原に期間限定設置

2019年2月7日

■4Gamer.net
有限会社エムツーは、『アズールレーン』の「ケッコン」をVR技術で再現するリアル結婚式イベント『ケッコンVR』の開催を記念して、等身大の艦船(キャラクター)とコミュニケーションできるデジタルサイネージ『E-mote Communicator ケッコンVR』をアズールレーン ポップアップストア in AKIBAに期間限定で設置します。

アイ・オー、HDR10対応の49/43型4K液晶ディスプレイ

2019年2月6日

■PC Watch
株式会社アイ・オー・データ機器は、HDR10に対応した49型液晶「LCD-M4K492XDB」、および43型液晶「LCD-M4K432XDB」を2月末に発売する。価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は前者が89,800円前後、後者が68,800円前後の見込み。
両モデルともに3,840×2,160ドットの解像度を持ち、HDR10に対応。デジタルサイネージでの利用を考慮し、ボタン印字を隠すシールを標準添付し、タイマー機能やOSDロック機能を備える。

Webから店舗まですべての顧客接点をシームレスに アクイアが導く、デジタルエクスペリエンスの実現

2019年2月6日

■MarkeZine
あらゆるデバイスが普及した今、消費者とコンテンツが出会う接点はかつてないレベルで多様化している。Webサイトやモバイルアプリに加え、デジタルサイネージ、スマートウォッチ、ホームデバイス、AR/VRなど、顧客接点となるチャネルが増え、企業はそれぞれに適したコンテンツを発信しなければいけない。

奈良公園のシカによるけが人が過去最悪…未然に防げる「シカサイン」のやり方を聞いた

2019年2月6日

■FNN PRIME
注意喚起の看板を公園内40箇所に設置しているほか、駅や奈良県の施設にあるデジタルサイネージやインターネットの動画配信などでも注意を呼びかけています。このほか、奈良の「鹿愛護会」や、ボランティア団体の「鹿サポーターズクラブ」によるパトロールなども行われています。

AI映像解析のフューチャースタンダード、顔認識技術を活用したサイネージの視聴効果計測サービス「SCORER for Signage」をリリース!

2019年2月5日

■PR TIMES
この、SCORER for Signageは、後付けでUSBカメラと小型の専用端末をサイネージへ設置するだけで、画像解析による顔認識技術によって、サイネージ閲覧した人の性別・年齢別の視聴数が計測でき、ダッシュボードで効果を確認できるサービスです。また、セットトップボックスと連携させることで、性別・年齢別のターゲティング広告も可能にします。

DNPと中部電力、岐阜市で路上変圧器を活用したデジタルサイネージ

2019年2月4日

■マイナビニュース
大日本印刷(以下、DNP)は2月1日、中部電力と岐阜市と共同で、岐阜市柳ケ瀬地区における住民や観光客向けの情報発信強化に関する実証実験を3月下旬から開始すると発表した。
同実験は、国土交通省が定める「歩道上の路上変圧器を活用したデジタルサイネージ等による防災・観光情報の提供に関する実証実験地域」に岐阜市が選定されたことを受け、岐阜市が実施している外国人を含めた住民や観光客への防災・観光情報等の発信について、民間企業が持つインフラや技術を活用し、発信の強化を目指すもの。

DNP、バッテリーシェアと連動したデジタルサイネージ。スキー場に設置

2019年2月4日

■ImpressWatch
大日本印刷(DNP)とINFORICH、スラットナー・アジアは共同で、モバイルバッテリーを貸し出すモバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」とデジタルサイネージを連動させた広告サービスを、全国10カ所のスキー場で、5日より開始した。
バッテリーの消耗が早い寒冷地でのスマホ利用者のバッテリーニーズと、広告主の確実に広告を届けたいというニーズの両立を図るという。

渋谷区役所&ヒカリエにて「建築屋 辰」デジタルサイネージ広告配信をスタート

2019年2月4日

■PR TIMES
株式会社ZENホールディングス傘下の株式会社 辰が、2019年2月1日より当社ブランドネーム「建築屋 辰」を配した、デジタルイメージ広告の配信を開始いたしますのでお知らせいたします。
当社が手掛けた代表的作品である「表参道けやきビル」「カスケード原宿」をメインビジュアルに配した美しいデジタルイメージ広告は、渋谷区役所3F区民課窓口待合所、ヒカリエ8F行政センター待合所にてご覧いただけます。

JR東日本の「案内AIみんなで育てようプロジェクト」にバーチャルアーティストIA(イア)が登場

2019年2月1日

■PR TIMES
AI関連技術の研究開発、社会実装に向けた取り組みを展開している株式会社モノゴコロは、JR東日本グループが実施する「案内AIみんなで育てようプロジェクト」において、1st PLACE株式会社がプロデュースするバーチャルアーティストIA(イア)とコラボレーションしたデジタルサイネージタイプの案内AI「バーチャルアテンダント」をJR上野駅に設置します。

自治体初!デジタルサイネージ機能を備えたモバイルバッテリーシェアリングサービス「Charge SPOT」を設置します

2019年2月1日

■PR TIMES
神戸への観光客など来街者や市民のみなさんが、外出時にスマホのバッテリーが切れてしまった時に、充電器やコードを持っていなくても、最寄りのチャージスポットで持ち運び可能なスマホ充電器を借りて(有料)、別のチャージスポットに返却できるモバイルバッテリーシェアリングサービス機器の設置を始めます。
当モバイルバッテリーシェアリングサービス機器には、バッテリースタンドとともに、デジタルサイネージ機能が備わっており、市政情報や観光・イベント情報の発信等に活用します。
「Charge SPOT」を、自治体が所有する施設に設置するのは、全国で初めてとなります。

衝動買いの前兆が仕草で分かる?

2019年1月31日

■ニュースイッチ
東京大学の矢谷浩司准教授とSBクリエイティブ(東京都港区)、ローソンは共同で、消費者の衝動買いにつながるしぐさを検出するためのデータを集める実店舗調査を進めている。都内のコンビニの一角に来店者の動きを計測するセンサーを配置した棚を設置する。店頭で計画購入か衝動買いかアンケートし、棚の前での行動と照合する。
菓子などを対象とした。ローソンのプライベートブランドの商品を選び、メーカーによるCMなどの影響を抑えた。コンビニの売上高の約7割が衝動買いとされている。衝動買いした商品を棚の前で選んでいる際のしぐさを特定できれば、デジタルサイネージに商品PRを流すなど衝動買いを後押しできるようになる。

DNPとサイネックス、地域情報をサイネージで発信する新サービス

2019年1月31日

■マイナビニュース
大日本印刷(DNP)とサイネックスは1月31日、自治体と民間企業の協働事業として、生活者にとって有益な行政情報や地域情報などをタッチパネル式デジタルサイネージで発信するサービス「わが街NAVI」を提供すると発表した。
昨今、日本政府が掲げる「地方創生」の実現に向けて、地方自治体には雇用創出や地域の魅力発信などの取り組みに加え、住民向けサービスの向上も求められているという。

東京都内最大規模となるタクシーデジタルサイネージ広告サービスの受付を開始。2019年2月1日より広告枠の販売スタート&媒体説明セミナーも開始

2019年1月31日

■PR TIMES
総合PR会社の株式会社ベクトルは、この度みんなのタクシー株式会社に参画予定の、東京都内最大規模である1万台超のタクシー車両にて、後部座席デジタルサイネージ事業を開始し、広告枠受付(4-5月枠分)を2月1日(金)午前10:00より開始いたします。

日本エイサー キオスク端末、POS システム、デジタルサイネージに応用可能 Chrome OS 搭載 ウルトラコンパクトデスクトップPC

2019年1月30日

■PR TIMES
インテル Celeron プロセッサー、4GB メモリ、32GB SSD を搭載しています。デスクトップPC としてはもちろん、キオスク端末、POS システム、デジタルサイネージ用デバイスとしても運用可能です。
次世代高速通信802.11ac 2×2 の無線LAN 規格に対応。キオスク端末やデジタルサイネージとして使用する場合に、煩わしいイーサネットケーブルの取り回しを気にする必要はありません。

ファンには分かる!? 仏Spotifyの”歌詞の一部が隠された”ポスター

2019年1月29日

■AdGang
現在フランスでは、わずか1ヶ月でNiskaが20万枚、Orelsanが25万枚ものCDが売れるといったように、ラップミュージックが盛り上がりを見せています。なかには50代にも根強いファンがいて、リスナーは日々増えているといいます。
そんな中、音楽ストリーミング配信サービス・Spotifyが一風変わったキャンペーンを実施しました。
今回、歌詞の一部を隠した“ファンだけがわかる”ラップミュージック・ポスターを制作。パリやマルセイユの建物の壁にポスターを掲示することによって、Spotifyリスナーの音楽IQをテストする試みを行いました。
その後、各駅や施設のデジタルサイネージに掲載するなどキャンペーンを全国へと広げながら、ウォールペイントのようにすることでラッパーへの敬意も示すことに。

視聴率に基づきデジタルサイネージのクリエイティブを改善!Kaizen Platformがフェズと開始

2019年1月28日

■MarkeZine
Kaizen Platformは、「Kaizen Ad」で培ったモバイル動画制作のノウハウを活かし、デジタルサイネージに特化した動画クリエイティブを制作する「Kaizen Ad for Signage」の提供を開始した。
あわせて、リテイルテック事業を展開するフェズと共同で、視聴率を計測し、そのデータに基づきデジタルサイネージ用のクリエイティブを制作・改善するパッケージサービスの提供を開始した。

楽天、幸楽苑HD/AI搭載のデジタルサイネージを導入

2019年1月28日

■流通ニュース
幸楽苑ホールディングスと楽天は1月28日、お客様との新たなコミュニケーションを目指した取り組みとして、楽天の研究機関「楽天技術研究所」が開発したAI(人工知能)搭載のデジタルサイネージ「幸楽苑UmaAIくじ」を対象店舗に試験導入すると発表した。
AIを活用した画像認識技術によりお客様の顔から、年齢や性別などを推定し、「幸楽苑」おすすめのメニューを提案する取り組みで、「クーポンくじ」の発券機能もある。

Copyright c Digital Signage Consortium. All Rights Reserved.