デジタルサイネージ記事リンク

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

ロボットクリエイター高橋 智隆氏が登壇する公開セミナーを開催!

2018年11月1日

無線LANアクセスポイント「ACERA(アセラ)」シリーズを活用した校内一斉放送や遠隔授業ソリューション、デジタルサイネージに加え、屋外向けアクセスポイントなど、学校に求められている無線LANの新たなソリューションを提案する。
また、ブースステージではWi-Fi活用授業を実践している教育関係者らを講師に迎え、「無線LANに関する11のセミナーでわかる!」と題したセミナーを開催する。

マイナビニュース

「顔認識マーケティングをローコストで」

2018年11月1日

「BeeSight」は顔の画像から性別、年齢、そして気分などを瞬時に取得することが可能なシステムです。スタンドアローンで手軽に活用でき、運用もローコスト、流通店舗での集客や滞留などのマーケティングデータを取得し、棚前購買行動分析のツールとして、またサイネージシステムと組み合わせることで、今まで計測が難しかったデジタルサイネージの視聴率の測定が可能です。

INTERNET Watch

リアル店舗の無人化の動向と今後の展望

2018年10月26日

国内の人手不足への対応策として、店舗の省力化/無人化が始まっている。本稿では、国内のリアル店舗の省力化の取り組み動向を取り上げ、海外のICT事業者の事例(米Amazon「Amazon Go」、中国Alibaba(アリババ)、Tencent(テンセント)の小売業参入)との違いに言及したうえで、今後の国内動向を展望する。

ICR_PR

棚カテゴリー訴求ツール「TSUTAYA、首都圏でモバイルバッテリーのシェアリングサービスサイネージ」新発売

2018年10月26日

首都圏TSUTAYAは、INFORICHと提携し、スマートフォン用のモバイルバッテリーのシェアリングサービスを東京都・神奈川県内の7店舗で開始した。11月末までに首都圏の58店舗に設置される予定。店頭に設置されたのはINFORICHが運用する「ChargeSPOT Stand」(以下、Stand)のデジタルサイネージ一体型の機材。iOS/Android用のアプリ「ChargeSPOT」を使って、Standに表示されているQRコードを読み取ることで、モバイルバッテリーをレンタルできる。

ケータイ Watch

棚カテゴリー訴求ツール「掛け合いサイネージ」新発売

2018年10月25日

「掛け合いサイネージ」は、距離の離れたサイネージ同士がシンクロしてお互いに掛け合う、店頭販促のアイデアツールです。静的演出だけでは目に止まりにくい商品陳列棚でカテゴリー全体の訴求、活性化を狙います。人の動きを検知するため、ショッパーの棚前通過タイミングにコンテンツを切り替えて再生することが可能。ショッパーを飽きさせることなく、視認率・購買率の向上を実現します。

PRTIMES 

DeNAがタクシーの後部座席向けタブレット、QRコード決済対応や広告展開も

2018年10月25日

後部座席タブレットでは、デジタルサイネージのほか、タクシーメーターと連動した車内案内や料金表示、ニュース、交通情報などのコンテンツが提供される。また多言語対応で外国人の利用にも対応する。動画広告については申込受付を開始している。

ケータイ Watch

1本1,980円の15秒動画を月間10万本供給可能にする、動画制作プラットフォーム「カチコ」の提供を開始

2018年10月25日

株式会社リアルワールドの子会社である株式会社カチコは、動画制作プラットフォーム「カチコ」の提供を開始しました。これにより、リアルワールドグループの保有する1,000万人の会員がこれまで以上に容易に動画生産に参加でき、品質の高い動画を大量に供給できる体制が促進されます。

PRTIMES

16年奮闘した日本人起業家が見た“深圳のリアル”

2018年10月25日

ハードウェアスタートアップの拠点として、急速に注目を集める深圳。 その深圳のエコシステムで16年活動してきた藤岡淳一氏に、そのエコシステムのリアルな姿、深圳から見た日本企業などについて聞いた。

The SV Startups 100

街中のデジタル看板に“新車試乗のインスタライブ”を配信!北欧トヨタの目の付け所が鋭いSNS施策

2018年10月25日

両名に“新車AYGOをヘルシンキの街中で試乗しながら、特徴や感想を語る”という趣旨のインスタライブを彼らのアカウントで配信してもらいます。そしてその様子を市内45もの屋外ディスプレイにも同時に配信したのです。“公共の場にあるデジタルサイネージを個人のソーシャルメディアチャンネルに変えてしまう”という新しい試み。インスタライブ×デジタル看板を組み合わせた斬新なプロモーションでした。

AdGang

建設現場でEC決済を可能にするDSシステム、現場管理や安全教育のサービスも提供

2018年10月24日

e-Standは、飛島建設グループとWill Smartが共同開発したDSシステム。働き方改革に貢献する各種コンテンツサービスやEC(Electronic Commerce・電子商取引)機能を有し、各サービスはDSやスマートフォンアプリを通じて提供される。

BUILT

ソニーの最新テクノロジーや研究開発段階のプロジェクトを体感できる、実験的な展示を集めた「WOW Studio」を11月2日から4日まで渋谷で開催

2018年10月24日

ソニーは、2018年11月2日(金)~11月4日(日)の3日間に渡り、渋谷キャスト スペース・ガーデンとソニースクエア渋谷プロジェクト及び 渋谷モディ1F 店頭プラザ(にて、遊び心あふれる仕掛けでソニーの最新テクノロジーや研究開発段階のプロジェクトを体感できる実験的な展示を集めた「WOW Studio」をSCRAMBLE(スクランブル)実行委員会とともに開催します。
4K高画質のAR演出ができるインタラクティブ・デジタルサイネージ「MITENE」を使って、まるで自分がグラフィティアートの中に入り込んだような写真を撮ることができます。

PRTIMES

日本橋三越本店が30年ぶりに刷新、隈研吾が手掛けた空間デザイン公開

2018年10月24日

日本橋三越本店は「世界をときめかせる、もてなしの技。 新しい日本橋の、三越本店。」をテーマに、モノを中心とした従来型の百貨店からパーソナルショッピングを強化した百貨店に刷新。コンシェルジュサービスやイベントの予約ができるウェブサービスの提供や、売り場の垣根を超えた顧客情報の一元管理、タッチパネル操作が可能なデジタルサイネージを館内に設置するなど、よりスムーズな顧客サポートができるようデジタル化を進めている。

FashionSnap.com

指の本数まで認識、触れずに操作できるサイネージ

2018年10月23日

コーデンシとTakumiVisionは、画面に触れずに操作できるデジタルサイネージの試作品を開発し、「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16~19日、幕張メッセ)で展示した。非接触センサーを用いて、ジェスチャーによって操作する。手振り動作だけではなく、指の本数まで認識できるのが特徴だ。

日経XTECH

LTE対応の鉄道車両向け車内ビジョンシステムを販売

2018年10月22日

株式会社エヌケービーと日本電気株式会社は、LTEに対応した鉄道車両向けの自立通信型車内ビジョンシステムを開発し、販売を開始しました。
本システムでは、各車両のデジタルサイネージ装置にコンテンツをLTEで直接配信するため、地上設備や中央装置、配線工事が不要であり、新造車両のみならず既存車両にも低コストでシステムを導入できます。

SankeiBiz(サンケイビズ)

シャープマーケティングジャパン×クラウドポイント×DS総研が共同セミナーを渋谷で開催!デジタルサイネージの導入・運用・事例・展望までわかる90分!

2018年10月22日

株式会社クラウドポイントは、11月2日(金)東京本社ショールームにて、シャープマーケティングジャパン株式会社とデジタルサイネージ総合研究所と3社共同セミナーを開催いたします。
セミナーの中では、まずは導入方法、デジタルサイネージ「初級編」「中級編」「上級編」に分けて運用方法についても事例と併せてわかりやすくご紹介します。

PRTIMES

銀座三越にWill Smartが提供する「百貨店向けデジタルサイネージシステム」導入開始

2018年10月22日

今回、銀座三越に導入された「百貨店向けデジタルサイネージシステム」は、店舗ナビゲーションと旬の情報を効果的に発信するプロモーション機能を兼ね備え、5カ国語に対応することで、増加する外国人観光客へのスマートなナビゲーションを実現します。今回の導入により、販売員が店舗案内に費やす時間が削減されることで、本来業務である接客業に集中でき、更なる接客品質と生産性の向上が期待されます。

Cnet

LIXIL初のデジタル施設「LIXIL Digital Studio GINZA」10月19日オープン

2018年10月19日

「LIXIL Digital Studio GINZA」は、VR・ARといった最新のデジタル技術を活用し、従来のショールームではできなかったバーチャル提案を行っていくLIXIL初の施設で、商品設置後のイメージを分かりやすく提示することで、お客さまに商品をより身近に感じていただくことができます。

LIFULL HOME’S PRESS

「万引き犯」を盛大に皮肉るスウェーデンのおもしろ対策

2018年10月19日

店の出入り口にあるデジタルサイネージとアラームを接続し、タグがついたまま商品を持ち出そうとする人に反応して鳴ったアラームとともに、豪快な紙吹雪をまき散らすというもの。
そして、デジタルサイネージの画面には「Oh no! Seems like someone forgot to pay」という文字が。犯人をダイレクトに責める代わりに「誰かが支払いを忘れたみたい」という軽快なジョークで皮肉っているのです。

TABI LABO

5G時代に活躍する“スマート街路灯”とは?

2018年10月19日

NECは第5世代通信(5G)時代に向けて、アンテナや通信機能を搭載したタワー型の本体に、カメラやデジタルサイネージ(電子掲示板)、スピーカーなどを装備した多機能型の「スマート街路灯=写真」を試作開発した。
ネットワークカメラの映像や各種センサーデータは監視センターで収集、解析し、交通量や歩行者量に応じて、その場の状況に応じた案内や誘導をサイネージやスピーカー経由で行うことが可能。

ニュースイッチ

「八王子オーパ」11月29日開業へ 地元「うめ八」など約40店

2018年10月18日

八王子駅南口に11月29日、商業施設「八王子オーパ」(八王子市旭町)が開業する。「八王子オーパ」は、イオンモール(千葉市美浜区)の100%子会社で、東京では聖蹟桜ヶ丘や新百合ヶ丘に「オーパ」を展開するOPA(千葉市美浜区)が運営。店内に設置されたデジタルサイネージを使って商品の注文、一部は決済まで行える「AEON STYLE DigitalLab(イオンスタイル・デジタルラボ)」も展開するなど、新たな取り組みも行う。

八王子経済新聞

Copyright c Digital Signage Consortium. All Rights Reserved.