日本美術の参加・体験型展覧会にタッチディスプレイなどを提供

シャープは、2014年4月26日(土)から6月1日(日)まで仙台市博物館(宮城県仙台市)で開催される東日本大震災復興支援特別展「サントリー美術館 おもしろびじゅつワンダーランド in 東北」展において、70V型タッチディスプレイ“BIG PAD”、4面マルチなどのインフォメーションディスプレイを展示用機材として提供しました。

本展は、デジタル技術とアナログ手法を駆使したさまざまな展示方法によってサントリー美術館所蔵の名品約45件を楽しんでいただける参加・体験型の展覧会です。

BIG PADに表示した花下遊楽図屏風をタッチ操作で拡大して作品を楽しんだり、「お花見グッズ」探しに挑戦するなどユニークな展示演出が行われます。

URL:http://www.sharp.co.jp/corporate/news/140415-a.html

設置場所

仙台市博物館

制作会社

シャープ株式会社

カテゴリー

ロケーション