『インタラクティブ・デジタルサイネージ』

タッチパネル・システムズ(株)が提供する「インタラクティブ・デジタルサイネージ」シリーズに、超音波表面弾性波方式のシングルタッチパネル「インテリタッチ」と、同方式のマルチタッチ(2点タッチ)パネル「インテリタッチプラス」を採用したモデルが加わった。
今回の拡充により、32型に「インテリタッチプラス」採用モデル、42型・46型に「インテリタッチ」採用モデルが追加された。
同社では既に音響波照合方式タッチパネル「APR」を先行販売しており、「インテリタッチ」・「インテリタッチプラス」が加わることでタッチパネル方式が3種類になり、画面サイズにあわせたタッチパネル方式の選択肢が広がった。

設置場所

ハードウェア

制作会社

タッチパネル・システムズ(株)

カテゴリー

ロケーション