• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2016年05月31日

どうしんウェブ

コトニ元気プロジェクト始動 「空中歩廊」もっと便利に 経路など案内標識で説明
 
JR琴似駅を中心に、周辺の商業施設やマンションを結ぶ地上2階の屋内型歩行者通路「空中歩廊」を、利用しやすくする取り組み「コトニ元気プロジェクト」が行われている。コトニ3・1ビルとイトーヨーカドーの間の通路に、デジタルサイネージも置いた。各ビルに入る店舗や企業のCM、道順が流れている。
 
2016年05月31日

RBB TODAY

東芝、24時間連続稼働対応の業務用液晶ディスプレイ
 
東芝ライフスタイルは42V型から55V型までの業務用液晶ディスプレイ3機種を7月中旬より発売することを発表した。24時間連続稼働に対応し、公共施設や商業施設でのデジタルサイネージや、インフラ監視などでの運用が可能な仕様となっている。
 
2016年05月30日

EE Times Japan

スピーカーから信号を送信、スマホに情報表示
 
KDDI研究所は、「WTP 2016」で、スピーカーなどから聞こえる音声に特殊な信号を重畳して送出し、その信号音を取得したスマートフォンの画面に避難経路情報などを表示させることができる技術「サウンドインサイト」のデモ展示を行った。デジタルサイネージの利用環境が整備されている空港施設や商業施設などでも有効に活用できるとみている。
 
2016年05月30日

財経新聞

IOT時代に対応したバーコードリーダー搭載サイネージ
 
株式会社impactTVは、インバウンド対策に最適なバーコードリーダー搭載端末の販売を開始した。バーコードリーダー搭載端末は、店頭用デジタルサイネージにバーコードリーダーが搭載されており、気になる商品のバーコードを読み取らせることで関連情報を放映できる端末。
 
2016年05月30日

マイナビニュース

ベンキュー、34cmの距離から89型の画面を投写できる超短焦点プロジェクタ
 
ベンキュージャパンは30日、明るさ3,500ルーメンの超短焦点液晶プロジェクタ「MH856UST」を発売した。デジタルサイネージとして使えるほか、オプションの電子黒板システム「PW01U」を使うことで、学校の黒板としても利用できる。
 
2016年05月30日

WorkMaster

SnSnap、来場者が投稿した写真を東京ドームのオーロラビジョンに投影
 
SnSnapは読売ジャイアンツに対し、若年層の来場者増加を目的に「#SnSnap WALL」を提供。2016年に東京ドームにて開催の、読売ジャイアンツ戦全63試合に導入している。「#SnSnap WALL」とは、SNSに指定のハッシュタグを付けて投稿された写真を、スクリーンなどにリアルタイムに表示できるデジタルサイネージコンテンツ。
 
2016年05月30日

ECのミカタ

インスタグラム対応・多機能ウィジェットサービス「タグライブ - TagLive」がInstagram APIを通過
 
アーガイル株式会社のインスタグラム対応・多機能ウィジェットサービス「タグライブ - TagLive」 が、Instagram APIのアプリ審査を通過した。InstagramやTwitterのキャンペーンサイト構築、サイトへのクチコミコンテンツ掲載、放送やデジタルサイネージ表示などのニーズに向けて、正式に販売を開始する。
 
2016年05月30日

ValuePress!

宝塚大学東京メディア芸術学部で高等学校教員向けセミナー『最新デジタルメディア 学びと職業』を開催
 
宝塚大学東京メディア芸術学部では6月15日に高等学校教員向けセミナー『最新デジタルメディア 学びと職業』を開催する。このセミナーでは、最新のデジタルメディアを使ったVRやデジタルサイネージなどの事例と制作手法、大学での学修、就職への道筋など詳しくお話する。
 
2016年05月30日

RBB TODAY

アキバの新名所になるか? 4Kで国内最密画質の「秋葉原UDXビジョン」登場
 
“デジタルやITの街”というイメージもあり、街頭ビジョンやデジタルサイネージが、盛んに活用されている秋葉原。6月1日より、また新たな屋外大型ビジョンが登場する。NTTアドが「秋葉原UDX」壁面に設置する、4K/2K映像再生にも対応する「秋葉原UDXビジョン」だ。
 
2016年05月27日

中日新聞(CHUNICHI Web)

ヤマハと自治体 外国人誘客へ
 
ヤマハは、京都市や京都府、情報通信研究機構(NICT)と共同で、日本語のアナウンスを多言語に翻訳して文字情報で表示するシステム「おもてなしガイド」を活用する官民連携の社会実証事業「京都Sound UDプロジェクト」を六月一日から始める。システムはデジタルデータを人の耳に聞こえない高周波の音声信号に変えて伝送するヤマハの独自技術を応用。英語や中国語(簡体・繁体)、フランス語など八言語の文字情報をスマートフォンやデジタルサイネージ(電子看板)で受け取れるようにする。来年三月までに参画企業や施設が順次導入する。
 
2016年05月27日

GIGAZINE

世界初の目を痛めずにPCの作業を可能にする13.3インチ電子ペーパー製モニター「Paperlike 」
 
Paperlikeはオフィスワーカーやプログラマーなど、PCディスプレイに長時間向き合う必要のある人のために作られたディスプレイ。E Inkで情報を表示するため、従来の発光するディスプレイとは異なり、ディスプレイ自体が発光していないので、目がダメージを受ける心配はありません。まさに「紙に書かれたものを読む感覚」で情報を得られるわけです。カラー表示はできないものの、16段階のグレースケールで白黒を調整できます。
 
2016年05月26日

ORICON STYLE

Spectee、人工知能でSNSから街のベストシーンを自動セレクト「Localive」を京都駅構内の巨大ディスプレイにリアルタイム配信。
 
Localiveは、Specteeが独自に開発した人工知能技術を使い、観光客などがソーシャルメディアに投稿した写真や動画をリアルタイムに解析し、特定の観光スポットや商業施設のベストシーンのみを自動セレクトし配信します。
ハッシュタグや特定のキーワードなどは一切不要で、写真や映像そのものを自動解析するため、不適切な投稿や広告宣伝目的の投稿などが紛れ込むことはありません。既にイベントやコンサート、スポーツ会場などでも利用実績があります。
 
2016年05月26日

BCN Bizline

<ここに注目!ニッポンのパートナー戦略>第33回 ベンキュージャパン 誰もが売れるサイネージ製品
 
「BCN AWARD」の液晶ディスプレイ部門で2年連続1位、プロジェクター部門で8年連続2位を獲得するなど、大きなシェアをもつベンキュージャパン。従来はコンシューマ向けの事業が中心だったが、法人向けの映像機器市場に風穴を開ける存在となるべく、この春には新たにデジタルサイネージ向けディスプレイを発売した。今年4月に発売した新製品の「ST550K」は、55型の大画面で4K解像度に対応しながら、実売20万円台前半というコストパフォーマンスの高さが目を引くが、Android OSを搭載しており、ディスプレイ単体で写真や動画の再生、ウェブコンテンツの表示が可能と、機能的にも充実している。
 
2016年05月26日

SankeiBiz

先進的小型サイネージのPISTA2.0シリーズ発売開始
 
「PISTA2.0」シリーズとは、従来の店頭販促機能に加え、商品棚前における消費者滞留前後で流すコンテンツを切替える人感センサー機能を搭載したサイネージを「PISTA ZERO」、消費者の欲しい情報を見たいタイミングで選択させるタッチパネル機能を有するインタラクティブサイネージを「PISTA BASIC」、そして商品目前での消費者行動を捕捉・蓄積することによって、マーケティングに資するフィールド情報を提供するIoT型サイネージを「PISTA ADVANCE」という3つのラインナップで構成されております。今後impactTVでは、この「PISTA2.0」を軸に販売機会・販促効果の最大化を実現し、2020年までに年商20億円規模での事業拡大を狙います。
 
2016年05月26日

GGSOKU

E Ink、世界初フルカラー電子ペーパー「Advanced Color ePaper」を発表
 
E Ink Holdingsは24日(現地時間)、世界初の “フルカラー” 電子ペーパー「Advanced Color ePaper(ACeP)」を発表した。モノクロの電子ペーパーディスプレイと同じく、消費電力が極めて少ない。また、反射式であり、どのような照明の下でも「紙のように読み取りやすい」(E Ink)。今回開発したACePディスプレイは、画面サイズ20インチ、1600×2500ピクセル表示、表示解像度150ppi。当初、デジタルサイネージ用に提供する電子書籍リーダー端末向けディスプレイの計画は明らかにしていない。E Inkは、ACePディスプレイを米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催中(米国時間5月24日から26日)の展示会「Display Week」に出展し「Display Week 16 Best in Show」を受賞した。
 

2016年05月25日

CNET JAPAN

E Ink、曲げられる32インチ電子ペーパー画面--「デジタルサイネージに最適」
 
E Inkは、32インチと大型でありながら軽く、画面を曲げることのできる電子ペーパーディスプレイ「Mobius」シリーズの新モデルを発表した。駅などに掲載する広告を置き換える、デジタルサイネージに最適としている。
E Inkのサイネージ事業部門を率いるHarit Doshi氏は、「この32インチMobiusディスプレイは柔軟かつ軽量、そして消費電力が少ないことで、現在使われている紙やプラスチックによる掲示方法をそのまま置き換えるのに理想的だ。インフラを大幅に変更することなく、顧客サービス改善につながるシステムアップグレードが実施できる」と述べる。
 
2016年05月24日

京都新聞

家電とスマホ連動システム、4K対応テレビも 三菱電機内覧会
 
三菱電機は24日、京都製作所(長岡京市)で展示会を開き、テレビやデジタルサイネージ(電子看板)など生産する製品を販売店や取引先に紹介した。
テレビは高画質の4K対応製品や録画容量が大きい製品などを展示。サイネージでは、ソフトバンクの「ペッパー」などロボットと連動させた使い方を披露して注目を集めた。
 
2016年05月23日

スマートジャパン

スマートシティ:IoTでエネルギーを支える街へ、情報を一元管理するシステム
 
三菱電機は、IoT技術とクラウド基盤を活用し、接続したさまざまな機器の省エネ化に加えて、街のニーズにあわせた快適な暮らしをサポートするEMS(エネルギーマネジメントシステム)サービス「DIAPLANET TOWNEMS」を2016年6月に発売することを発表した。EMSなどの情報は、家庭のテレビやスマートフォン、デジタルサイネージで活用可能で、家族全員が簡単・気軽にエネルギーマネジメントへ参加できる。
 
2016年05月23日

CNET JAPAN

スマートドアホンで「民泊×IoT」に挑むインベスターズクラウド
 
ハードウェアビジネスを手がけるFORMULAと合弁会社を作り共同開発したのがスマートドアホン「TATERU kit(タテルキット)」。通常のドアホンと異なり画面が大きく、表示できる情報量も多いことから、これまでポストに投函されていたチラシを表示したり、近所のスーパーの特売情報を知らせるといった、自宅周辺の情報に特化したデジタルサイネージのような使い方も可能になるかもしれないと、西野氏は話す。
 
2016年05月23日

SankeiBiz

飲食店の入店率向上に効果的なサイネージの活用例
 
株式会社impactTVは、和菓子・洋菓子・黒豆製品の製造・販売を行っている株式会社十勝たちばなの新店「福家だん吉 大宮ステラタウン店」に大型デジタルサイネージを導入しました。
デジタルサイネージを用いて、写真や文字だけでは伝えきれない「驚きの体験」をリアルな映像にし、「挟んで食べる楽しい和菓子」とういうコンセプトを分かり易く表現したことで、お店に魅力を感じて頂き入店率向上に繋げることができました。
 
2016年05月20日

PRONEWS

SKNET、 4Kメディアプレイヤー「SK-DSPS4K」を発売
 
エスケイネット株式会社は、4Kメディアプレイヤー「SK-DSPS4K」を5月下旬に発売する。SK-DSPS4Kは、4Kコンテンツを4Kテレビで表示可能なメディアプレイヤー。Androidベースで開発し、ネットワークにも対応しているため、サイネージアプリケーションを導入することで、サイネージプレイヤーとしても利用可能だとしている。
 
2016年05月19日

PR TIMES

LandSkip、デジタルサイネージに風景を日替わり配信
 
風景の動画配信サービス「LandSkip」を運営する株式会社ランドスキップは、株式会社マイクロアドデジタルサイネージと連携し、屋外のデジタルサイネージへのコンテンツ配信管理を可能にする「外テレ(ソトテレ)」にて風景動画コンテンツの提供を開始する。
 
2016年05月19日

BCN Bizline

ソニーマーケティング 「ブラビア」は決して高くない 高画質のデジタルサイネージを簡単に構築
 
ソニーマーケティングが、液晶テレビ「ブラビア」の法人向け提案を本格化する。家電市場では高画質のテレビとして知られるブラビアだが、デジタルサイネージなどの用途に適用すると、画質に加えてコストや運用面でも優位性が発揮できるという。
 
2016年05月17日

AdverTimes

ジェイアール東日本企画、2015年度の交通メディア販売概況を発表
 
ジェイアール東日本企画は、首都圏エリアの2015年度における交通媒体販売概況について、報道機関向けに説明会を行った。出版広告の減少が大きく響いた中吊り広告、駅ポスターなどが前年割れした一方で、導入路線を拡大して媒体の価値向上につなげたトレインチャンネル、品川駅の通路の大型ディスレプレイなどのデジタルサイネージ領域は伸長した。
 
2016年05月16日

日経テクノロジーオンライン

有機ELのお株を奪う超柔軟構造の液晶ディスプレー
 
東北大学は、超柔軟構造の液晶デバイスを開発することに成功したと発表した。デバイスを曲げても表示が乱れず、曲率半径3mmまで丸めて戻してもスペーサーが壊れず均一な表示が保たれることを確認した。携帯情報端末、ウエアラブルシステム、デジタルサイネージなどへの応用が期待される。
 
2016年05月16日

AV Watch

“テレビを窓に変える”、Apple TV向けに風景動画を配信する「LandSkip」
 
ランドスキップは、風景の動画を配信する「LandSkip」サービスを、Apple TVで楽しむためのアプリの無料提供を開始した。LandSkipは、美しい風景を4Kで撮影した2,000種類以上のコンテンツを用意。PCやスマートフォン、デジタルサイネージなどに配信しているサービス。Apple TVではフルHD解像度となる。
 
2016年05月16日

産経ニュース

鹿児島県鹿児島市に2棟目のアパホテル誕生!
 
アパホテル株式会社は、株式会社SWANとフランチャイズ契約を締結し、アパホテル〈鹿児島天文館〉を開業した。フロント、ロビーにはデジタルサイネージやアロマディフューザーを設置するなど、アパホテル標準仕様のサービスを行う。
 
2016年05月13日

Fashionsnap.com

ラコステがチームラボとコラボイベント開催 「チームラボカメラ」を設置
 
「ラコステ ライブ」の原宿オリンピアアネックス店で「チームラボ」とコラボレーションしたイベントをスタートした。店内には「チームラボカメラ」を導入したFacebook連動型のデジタルサイネージを設置。
 
2016年05月13日

どうしんウェブ

ニセコ観光圏の情報、電子看板で一括発信 災害時は避難情報も
 
観光や雪崩、防災情報を伝えるデジタルサイネージの運用が倶知安、ニセコ、蘭越の3町計22施設で始まった。3町でつくるニセコ観光圏の取り組み。他町の情報も日英2カ国語で流し周遊を促す。電子看板周辺で公衆無線LAN「Wi-Fi」も無料で使える。
 
2016年05月13日

カナロコ

沿線観光案内に4K電子掲示板 江ノ電鎌倉駅
 
江ノ島電鉄鎌倉駅(神奈川県鎌倉市)にデジタルサイネージ(電子掲示板)の沿線案内板が設置された。タッチパネル式で観光や交通情報を提供する。案内板は高画質の4Kモニター(84インチ)で改札内の通路に設置。鎌倉-藤沢間の沿線を俯瞰(ふかん)するイラスト地図に触れると、観光スポットや飲食店の説明、経路が表示される。英語と中国語、韓国語にも対応している。
 
2016年05月13日

マイナビニュース

GeForce GTX 950搭載BRIXや有線LAN対応スティックPCが登場 - ESEC 2016で見つけた注目製品たち
 
東京ビックサイトで5月10日から13日まで「2016 Japan IT Week 春」として複数の展示会が行われた。日本ギガバイトのブースでは、同社の小型ベアボーン「BRIX」を使った組み込み向けシステムを展示。特に大きく取り上げているのが、4Kサイネージ向けのBRIXシステム「BSi7G6-950」で、4台の4Kディスプレイとともに展示していた。
 
2016年05月12日

ケータイ Watch

U-mobileが法人向けプランを提供、月300円~でIoT/M2M向け
 
U-NEXTは、MVNO型のモバイル通信サービス「U-mobile」で、法人向けプラン「U-mobile for Biz」の提供を開始した。通信速度を抑えたプランを揃えて、IoTやM2Mでの利用を想定したものとなる。同社では、バスやトラックの運行管理やコンテナ内の温度管理といった物流関連、店舗ごとの売上状況の把握など小売での利用、あるいはデジタルサイネージ向けのコンテンツ配信、監視カメラでの映像データのやり取りといった利用シーンを挙げている。
 
2016年05月11日

マイナビニュース

IoT/M2M 2016 - 高速・大容量通信を伴うIoTに向けたドコモのLTEモジュール
 
2016年5月11日から13日に掛けて、東京ビッグサイトにて「Japan IT Week2016」が開催された。ドコモのLTEモジュールは、IoTソリューション向けのLTE通信に対応した通信モジュール。受信時最大112.5Mbps/送信時最大37.5Mbpsの高速・大容量通信を実現しており、監視カメラの動画やデジタルサイネージへのコンテンツ配信などといった大容量コンテンツの高速通信を伴うソリューションにも対応できる。
 
2016年05月07日

東洋経済オンライン

JR東日本「伊豆クレイル」が持つ4つの潜在力 首都圏に近い新たな観光列車はアイデア満載
 
伊豆クレイルの2号車は物販を行なうカウンターとパブリックスペースで構成される。デジタルサイネージやショーケースが設置されているが、このスペースで観光イベントなどが行なわれる可能性もある。
 
2016年05月06日

電通

電通、英国のデジタルOOH専門の広告会社「ライブポスター社」を完全子会社化
 
株式会社電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、英国のデジタルOOH(屋外・交通広告)専門の広告会社「Liveposter Limited」(本社:ロンドン市、以下「ライブポスター社」)の株式77.2%を追加取得することにつき、同社株主と合意した。ライブポスター社は、協力関係にある各国のデジタルサイネージ関連企業やそのネットワークを通して、世界中のサイネージに向けてリアルタイムでコンテンツ配信を行っている。
 
2016年05月06日

電通報

電通、英国のデジタルOOH専門の広告会社「ライブポスター社」を完全子会社化

電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は5月6日、英国のデジタルOOH(屋外・交通広告)専門の広告会社「Liveposter Limited」(ライブポスター社)の株式77.2%を追加取得することにつき、同社株主と合意したと発表した。


2016年05月06日

ニュースイッチ

化粧品メーカーがデジタルプロモーションに力を入れる理由

化粧品メーカーの間に、デジタル手法を用いた新しいプロモーションが広がっている。資生堂やコーセー、日本ロレアルは建物や空間に映像を映すプロジェクションマッピングや、デジタルサイネージ(電子看板)を使った売り場やイベントを設置した。

2016年05月06日

AdverTimes

訪日客も日本人客も一度にリーチ 新たな36面デジタルサイネージ

「中部国際空港駅」のホームに36面のデジタルサイネージが新設された。視認性の高さや表現手段の豊富さが強みだ。訪日客に人気の一般商材はもちろん、ビジネスパーソンに向けた、グローバル企業やB to B企業のブランディングにも利用できそうだ。

2016年05月05日

茨城新聞

IT活用し地方創生 県戦略指針、競争力強化狙う

県は、情報技術(IT)の特性を生かした施策展開に向け、本年度から5年間の新たな「いばらきIT戦略推進指針」を策定した。無線LANサービス「WiFi」の環境整備やデジタルサイネージ(電子看板)による情報発信も強化していく。

2016年05月02日

SankeiBiz

プライスレールサイズ「3画面連動サイネージ」発売

流通・サービス業に特化したアウトソーシング事業を展開する株式会社メディアフラッグの子会社で、デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供を行っている株式会社impactTVは、店頭販促用サイネージとして「3画面連動サイネージ」(3.5インチ×3)の発売を開始いたします。

2016年05月02日

YOMIURI ONLINE

東村山 駐輪場に電子看板

東村山市の市営有料駐輪場3か所に電子看板(デジタルサイネージ)が設置された。設置されたのは、西武線東村山駅西口地下駐輪場と久米川駅北口地下駐輪場、秋津駅第2駐輪場。東村山と久米川では縦約104センチ×横約59センチの縦長画面、秋津では縦約27センチ×横約48センチの画面で、市や東村山署、東村山消防署などからの情報や、ニュース、天気予報などの情報が、約10秒ごとに切り替わる。