• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2012年06月29日

マイナビニュース

「パルコ」「ぴゃるこ」「ぱりゅこ」の3段活用をしてください。

「ぴゃるこ」はまさに次世代型のセレクトショップ。
入口の壁は何でも書ける大きなホワイトボード、デジタルサイネージの技術を利用し、そこに映し出されるカラフルな字やイラスト、組み合わせ次第で色が変化する光るキューブ型の什器<メディアブロックチェア>など、今までセレクトショップでは見かけたことの無いような仕掛けばかり。どれもアーティスティックでとってもキュートなんです!

2012年06月29日

SankeiBiz

飛躍カンパニー】サイバーステーション 電子看板「デジサイン」

屋外や駅構内の電子看板などとして利用されている「デジタルサイネージ」をオフィスに広げる-。ウェブなどのシステム開発会社、サイバーステーション(金沢市)の福永泰男社長は「広告や販促に使うだけでなく、オフィスの情報伝達・共有という新たな市場を開拓したい」と力を込める。
福永社長は「メールは主体的に読まなければならないが、デジタルサイネージは発信者が主体的に知らせることができる」と指摘。活用の進まないオフィス内のモニターの利用方法として提案している。

2012年06月27日

マイナビニュース

三菱電機、成田国際空港に100台336面のデジタルサイネージ導入

三菱電機は6月26日、成田国際空港に大画面の有機EL方式パノラマビジョンなど100台・336面のデジタルサイネージシステムの納入を完了したと発表した。同システムは、成田国際空港の旅客ターミナルビル内の各エリア設置場所に合わせ、空港ニュースや広告の表示のほか、空間演出に利用される。納入した主な映像装置は「有機EL方式パノラマビジョン」、「液晶表示装置」、「映像コンテンツ配信システム MEDIAWAY」。

2012年06月25日

RBB TODAY

有機EL : ソニーとパナソニック、次世代有機ELパネルの共同開発で合意

ソニーとパナソニックは25日、テレビ/大型ディスプレイ向けの次世代有機ELパネルおよびモジュールを、共同開発する契約を締結した。
今後両社は、有機ELパネルおよびモジュールの次世代技術の共同開発と並行して、量産フェーズでの協業の可能性についても検討する予定。

2012年06月27日

Business Media 誠

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!:3年前の「メディア政策10の目標」、どこまで達成された?

2009年5月、私は「メディア政策10の目標」という試案を発表した。焦っていた。地デジ整備の展望も融合法制の成立も見通すことができない。GoogleやAppleなど海外からの大波も押し寄せてきている。民主党政権誕生の4カ月前で、いよいよ政治は混沌とし、霞が関は脳死状態。
それまで私は、産官学の論議を高めて民主的に政策を進めるスタイルを尊重していたが、もうそんなフワフワした態度じゃダメだ。手触り感のある対策を敢然と進めよう。そこで10のテーマを政治・行政に突き付けることにした。
改めて書き出してみる。以下の10点だ。

2012年06月27日

SankeiBiz

世界初!音を活用したスマートフォン向け販促サービス『Zeetleカードサービス』を発表

株式会社ビー・ユー・ジーは、音を利用して通信を行う「スマート・サウンド・タッチ(Smart Sound Touch、以下 SSTouch)」技術を応用したiPhone/Androidスマートフォン向けモバイル販促サービス『Zeetleカードサービス』を展開し、その第一弾メニューとして『Zeetleショップカードサービス』の提供を開始することを発表します。
『Zeetleショップカードサービス』では、紙のカードを渡す代わりに、デジタルなショップカードを渡すことで、新規顧客の獲得/会員化、既存顧客の囲い込み、再来店誘導等、スマホを利用したモバイル販促サービスを非常に簡単に展開できるようになります。


2012年06月26日

@IT MONOist

インタビュー:「AMDの製品こそ、デジタルサイネージ市場に最も適している」――グローバルセールス担当に聞く

AMDは2012年6月13日にデジタルサイネージ向けプロフェッショナルグラフィックスカード「AMD FirePro W600」の出荷を開始した。
早くからデジタルサイネージ市場に注目し、積極的に取り組んできたという同社が、顧客のニーズを取り入れてデジタルサイネージ専用に開発した最新のグラフィックスカードだ。
今回、MONOist編集部では同製品の発表に併せ来日した、AMD プロフェッショナルグラフィックス製品部門 グローバルセールス&ビジネス開発担当ディレクターのEdward Caracappa氏に話を聞く機会を得た。昨今のデジタルサイネージ市場の動向、同社のデジタルサイネージ向け戦略、そして、新製品FirePro W600の特徴とは。

2012年06月26日

マイナビニュース

可視光通信技術を利用した世界初のiPhoneアプリ - CASIO ピカピカメラ

カシオ計算機が提供中の「ピカピカメラ」は、可視光通信技術を利用した世界初のiPhoneアプリです。
撮影距離は、大体1cmの直径で1mとしています。QRコードで長い距離を撮るのは大変ですが、これは、カメラの中で何ピクセルかの色の固まりが撮れればいいので、例えば駅前のサイネージのごく一部の何十センチかを確保できれば、数十メートルとか百メートルの範囲で情報を飛ばすことができるので距離と複数配信という点でQRコードとは違います。

2012年06月14日

マイナビニュース

デジタルサイネージなどに向けた6画面出力対応カード「FirePro W600」発売

株式会社エーキューブは、CAD(コンピュータ支援設計)、DCC(デジタル・コンテンツ制作)、医療用画像処理用途、デジタルサイネージ等、プロフェッショナル向け最新高性能AMD FireProワークステーション・グラフィックス・アクセラレータ「AMD FirePro W600」を発表いたします。
AMD FirePro W600 は、AMD Eyefinity Technologyに対応した1スロットタイプのワークステーションボードで、ハイスピードな2GB GDDR5メモリを搭載、1枚のグラフィックスカードで最大6画面出力が可能、従来機種の2倍のコンピューティングパワーを実現します。

2012年06月22日

RBB TODAY

動画配信 : 書店のジュンク堂、ニコニコ動画内に公式チャンネルを開設……店頭サイネージに配信も

ジュンク堂書店の店頭では、作家によるトークイベント、サイン会、読み聞かせなど、さまざまな特色あるイベントが行われており、特に池袋本店では、店内に併設されているカフェを会場として、年間に100本を超えるトークイベントが行われているという。
このように、限られた人たちしか参加できなかったイベントをネットを通して配信し、「書店の資産」と位置づけ活用するのが狙い。具体的には、作家によるトークイベントの録画配信または生放送(視聴者とのリアルタイムコミュニケーション)、絵本の読み聞かせ、書店スタッフによるおすすめ本の紹介などを行う予定。

2012年06月21日

マイナビニュース

ST、DisplayPort-HDMI間の音声/画像信号用コンバータSoCファミリを発表

STMicroelectronicsは、DisplayPort(DP) 1.2およびHDMI 1.4間のオーディオ・ビデオ信号を管理する、高速アクティブ型プロトコル双方向コンバータ・ファミリ「Mystique」を発表した。
オーディオビデオ・コンバータSoCであるMystiqueは、HDMI 1.4およびDisplayPort 1.2のフォーマット間における独自の双方向変換により、Blu-rayプレーヤ、ゲーム機、ドッキング・ステーション、ノートPC、タブレット、デジタル・サイネージ、およびThunderbolt搭載機器を含む、コンスーマ・企業向けのさまざまなコンピュータやマルチメディア機器間においてシームレスな接続を保証するというもので、4K2Kディスプレイ(4096×2160画素)や7.1chサラウンドにも対応している。

2012年06月20日

ValuePress!

~病院内広告媒体で復興起業~福島県いわき市発のベンチャーが首都圏でデジタルサイネージ事業を開始

株式会社ホールディーは、病院内フリーペーパー「TVホスピタル」を発行する株式会社さいど舎の委託を受け、病院内デジタルサイネージの運用を開始します。当タッチパネル式デジタルサイネージは協賛企業のスポンサードによって無料で首都圏病院内の入院病棟に設置します。
一人でも多くの方に我々の「マイナス(=闘病、被災)をプラスに変える!(=人生を見つめなおし、困難に立ち向かう)」取り組みに興味をもって頂ければと願い、この度リリースをさせて頂きました。詳しい内容につきましてはお問い合わせ頂ければ幸いです。

2012年06月20日

nikkei BPnet

渋谷ヒカリエを飾る巨大なリング状LEDディスプレイ、果たしてその仕様は?

2012年4月26日に開業した、渋谷駅直結の高層複合施設「渋谷ヒカリエ」。来館者を出迎えるのが、入り口の吹き抜け空間「アーバンコア」を飾る巨大なデジタル・サイネージである。「マルチリング」と名付けられたリング(環)状のフルカラーLEDディスプレイだ。地上2階と1階、および地下1階にそれぞれ1台ずつが設置されている。地上2階に設置されたものが最も大きく、リングの外径は17.7m(内径は16.9m、縦は0.384m)に及ぶ。マルチリングには、来館者向けの情報や渋谷の気温・天気、世界中の都市の情報などが表示される。

2012年06月15日

Tech-On!

デジタル・サイネージ市場、米ベンチャー企業が新ディスプレイで狙う

「新発想の大型ディスプレイが登場」というタイトルで、『日経エレクトロニクス』2010年2月22日号のNEレポート・コラムで紹介した、米国ベンチャー企業Prysm社のLaser Phosphor Display(LPD)。Blu-ray Discレコーダーに使われる青紫色半導体レーザを20個束ねて光源とし、そこから放たれるレーザ光を、RGBそれぞれの蛍光体でサブピクセルを構成したスクリーンの背面に照射・走査して映像を出力するディスプレイです。いわば、ブラウン管の電子銃の代わりに半導体レーザを使ったような形です。

2012年06月14日

ValuePress!

富士フイルムイメージングシステムズと位置情報配信サービス 「ロケッコ」の販売パートナー契約を締結

富士フイルムイメージングシステムズは国内初の販売パートナーとして当社が開発・提供する位置情報プラットフォーム「ロケッコ」の情報配信サービスの販売を開始します。
今回販売パートナー契約を締結することにより、株式会社ロケッコは販売チャネルを強化し日本国内でのサービス展開の充実をはかります。富士フイルムイメージングシステムズ株式会社は、デジタルサイネージと位置情報サービスを組み合わせることで、街中のディスプレイから生活者 のスマートフォンまで幅広いのソリューションを提供します。

2012年06月13日

Business Media 誠

電子看板から情報インフラに――オフィス向けデジタルサイネージ「デジサインCUBE」

デジタルサイネージシステムメーカーのサイバーステーションとアイ・オー・データ機器は6月12日、オフィス向けデジタルサイネージ市場を対象とした商品ブランド「デジサイン CUBE」の開発、販売を行うと発表した。
オフィス内に設置することを想定しており、オフィス内ネットワークに接続するだけで利用できるオールインワン設計となっている。接続端末数の上限は25端末。発売時期は8月上旬を予定しており、価格は未定。

2012年06月12日

技術評論社

ネットマークス,シスコのデジタルメディア最上位資格を日本国内で初めて取得~UCとビデオコンテンツ配信の連携により,情報共有・伝達を促進~

ネットワーク・ソリューションプロバイダの株式会社ネットマークスは,シスコシステムズ合同会社が認定するデジタルメディアスイートに関する最上位パートナー認定資格である「Authorized DMS(Digital Media Suite)」を本日取得いたしました。本資格はネットマークスが国内では初めての取得となります。

2012年06月12日

AdverTimes(アドタイ)

アウトドアショップのディズニーランド バスプロ・ショップと日本の新店(東急プラザ、Hikarie)

米国の流通小売業の売り場で、どこが一番エキサイティングでおもしろいか?と聞かれたら、きっと「バスプロ・ショップ」と答えます。本社はミズーリ州にあり、全米で約60店舗展開。平均約6000坪の売り場面積を持つ広い店内にはありとあらゆるアウトドア商品をそろえています。
施設全体で目を引いたものに、多箇所で展開されるデジタル・サイネージがありました。「渋谷ヒカリエ」の館内に設置された「次世代型館内案内システム」は、買い物客が画面に直接タッチして自分が欲しい情報(店舗や商品、サービス内容)を得ることができます。このシステムは顔認識や非接触リーダライタを搭載し、機能拡張によって今後はさらに多様なサービスの対応が可能とのこと。まさに未来に向けてのサービスです。

2012年06月11日

ZDNet Japan

龍谷ミュージアムの特別展「仏教の来た道」において、フルノシステムズの「AirSignage」(エアサイネージ)を活用して、スマホに情報配信を実現。

株式会社フルノシステムズと龍谷大学龍谷ミュージアムは、フルノシステムズがこのほど開発したプラットフォーム「AirSignage TM」(以下エアサイネージ)の活用で、開催中の龍谷ミュージアム特別展「仏教の来た道」会場内で、来場者手持ちのスマホにミュージアム情報の配信ができるサービスを初めて実現しました。

2012年06月08日

ITmedia +D

COMPUTEX TAIPEI 2012:ライバルよりチャンス! ――Windows 8エコシステムのメリットを強調するMicrosoft

Windows 8 Release Previewをインストールするデバイス群を紹介する米Microsoft OEM担当コーポレートバイスプレジデントのスティーブン・グッケンハイマー氏。デバイスとソフトウェアを限定するAppleなどのライバルに対し、Microsoftのエコシステムは、多くのパートナーによる協業で成り立っており、そこがビジネスチャンスになっているという

2012年06月05日

マイナビニュース

富士通、テレビ映像にスマホを向けて情報取得する技術

富士通研究所は4日、映像を媒介した新たな情報通信技術を開発したことを発表した。映像を携帯電話で撮影するだけで、情報の取得を可能にするもので、テレビコマーシャルなどから簡単に、クーポンやURLなどを取得できるようになる。

新技術では、QRコードや電子透かしに代わり、テレビやデジタルサイネージの映像のなかに、人間の目にはわからない通信情報を埋め込むことで、従来は困難であった映像と携帯電話間での通信を実現した。新技術は、可視光通信と電子透かしの両方の特徴と利点を兼ね備えており、専用の受信装置が不要で既存の携帯電話で利用可能、画質劣化が少ない、難しい設定が不要、離れた距離でも読み取れる、といった特徴を兼ね備えたものとなっている。

電子商取引、放送と通信の融合、秘匿通信など幅広い分野での利用が期待されるという。今後は、テレビ映像から携帯電話へ配信する通信速度を改善し、2013年度中の実用化を目指す予定だ。

2012年06月08日

マイナビニュース

内田洋行とサイトコア、自治体向けウェブサイト構築ソリューション

内田洋行とサイトコアは6月7日、自治体向けWebサイト構築ソリューション分野で業務提携を結び、自治体の住民サービスの向上を支援する次世代型CMS「ActiveCMS AD」を共同で開発、提供を開始すると発表した。
同サービスの開発基盤である「Sitecore CMS」は、サイト訪問者の属性に応じてコンテンツ表示を変化させることができる「パーソナライゼーション機能」、デジタルサイネージやスマートフォン、携帯電話などに自動で表示レイアウトコンテンツを最適化する「マルチデバイス対応機能」、エディタなどを使用せずに直接Webサイトを「見たまま編集できる」機能などが標準で装備されており、Webコンテンツの有効的、効率的な管理と、Webサイト運営にかかわるコスト抑制を実現する。

2012年06月08日

PC Watch

【COMPUTEX 2012】【東芝詳報編】液晶分離型などWindows RT端末を世界初公開

東芝は、COMPUTEX 2012に合わせ、日本の報道陣向けに説明会を開催。グローバルでの2012年Ultrabook製品計画とともに、Windows RT搭載機の実機も披露した。東芝のWindows RT機は、ワールドワイドで初公開となる。同社は早くからUltrabook事業に取り組んでおり、第1弾の「dynabook R631」は2011年の11月に発表した。同製品は、当時13.3型で世界最薄/最軽量を実現した意欲作だった。今回のCOMPUTEXでは同社はブースこそ構えていないものの、Intelの記者会見で紹介されたのは、液晶のアスペクト比が21:9という特殊な比率の「Satellite U840W」、液晶がスライド式のコンバーチブル型という、これまた他に例のないUltrabookだった。

2012年06月07日

ITpro

[COMPUTEX 2012]MicrosoftがARM版Windows 8やAzureなどの最新情報を披露

2012年6月6日、COMPUTEX TAIPEI 2012の会場で、米MicrosoftがOEMパートナーやプレス関係者向けのカンファレンスを開催した。会場にはMicrosoftのOEM部門のコーポレート・バイスプレジデントのSteven Guggenhimer氏が登場。Windows 8を中心とした、同社の最新情報を提供した。
Guggenheimer氏は、Windows NTカーネルベースの組み込み機器向けOS「WindowsEmbedded Standard」の採用例として、LGのデジタルサイネージシステムを紹介。鮮やかなアニメーションを用いた広告表示のデモを行った。

2012年06月07日

BCN Bizline

Interop Tokyo 2012 6月12~15日、幕張メッセで開催 13万人の来場者を見込む

今年のテーマは、「Discover IT-ICTの変動を見極める3日間」。クラウドやIPv6、仮想化、ビッグデータなど11分野に関連する製品・サービスの展示と、有力企業の幹部や大学教授などが登壇する基調講演を、複数用意している。主な講演者は、グーグルのエンタープライズ部門マネージング ディレクターである阿部伸一氏や、セールスフォース・ドットコム社長の宇陀栄次氏、東京大学大学院教授で日本データセンター協会理事の江崎浩氏など。

また、併設会場ではマルチメディア関連イベントの「IMC Tokyo 2012」や、「デジタルサイネージジャパン2012」「スマートデバイスジャパン2012」「ロケーションビジネスジャパン2012」も開かれる。

2012年06月06日

キーマンズネット

JM、コンパクトでSDXC SDカード対応のメディアプレーヤーを発売

ジャパンマテリアル株式会社(JM)は、米国BrightSign社が開発したデジタルサイネージ向けメディアプレーヤー「BrightSign HD」シリーズを6月18日に発売する。価格はオープン価格。
「BrightSign」は、PC不要でデジタルサインを制御するよう設計されたメディアプレーヤー。コンテンツが保存されたメモリカードを本体に接続するだけでデジタルサイネージを制御できる上、ネットワーク接続を行なうことで情報の更新や複数台を使用した同期再生を行なえるなど、様々な機能を搭載している。

2012年06月05日

VFリリース

デジタルサイネージで社内情報格差を撲滅!NJCネットコムズ、自社業務に特化したデジタルサイネージの運用を開始

本システムは当社が企画・設計し、親会社である日本事務器株式会社が開発いたしました。
WEBアプリケーションとして動作するため、専用端末を必要とせず、ブラウザを表示できるモニターがあればどこでも簡単に導入することができます。
これまで緊急情報はメールや掲示板での通知がメインでしたが、これらの手段では情報を「取りに行く」というアクションが必要になり、対応に遅れが発生する可能性が指摘されておりました。このような背景から、情報が常に目に入る「デジタルサイネージ」の仕組みを取り入れることとなりました。

2012年06月05日

YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)

アドバンテックが、第3世代インテル(R) CoreTMプロセッサ・ファミリー対応の組込みプラットフォーム8機種を発表

従来品を上回る高性能CPUと内蔵グラフィックス、システム管理機能、セキュリティ機能、および多用途性を備えたこれらの新しいプラットフォームは、インダストリアル・オートメーション、デジタルサイネージ、ビデオ、メディカル、交通・輸送システム、ならびにゲーミングなどの組込みアプリケーションに最適です。

2012年06月04日

キーマンズネット

アラクサラ、60W PoEサポートするレイヤ2ギガビットスイッチ出荷

アラクサラネットワークス株式会社(アラクサラ)は、60W給電を行なえるPoE(Power over Ethernet)をサポートしたボックス型レイヤ2スイッチ「AX2200S」シリーズの出荷を8月(予定)に開始する。
大容量の60Wを給電できるPoEをサポートすることで、より高速大容量の無線LANアクセスポイントの用途に加え、シンクライアント端末やデジタルサイネージ用ディスプレイの接続などの用途にも対応する。

2012年06月01日

ITpro

NTTドコモ、「透けるスマホ」や太陽電池を利用する「グリーン基地局」などを参考出展

2012年5月30日から6月1日まで、無線通信関連の展示会「ワイヤレスジャパン2012」が東京ビッグサイトで開催された。NTTドコモのブースでは、透過型液晶ディスプレイを搭載した「背景が透けて見えるスマートフォン」や電力供給に太陽電池を利用する「グリーン基地局」など興味深い技術がいくつも参考出展されており、人だかりができるほどのにぎわいを見せていた。

2012年06月01日

ITmedia ニュース

ワイヤレスジャパン2012:注目技術から“AKB風”コンパニオンまで 写真で振り返る「ワイヤレスジャパン2012」

「ワイヤレスジャパン2012」(5月30日~6月1日、東京ビッグサイト)では、NTTドコモの“透けるスマートフォン”やKDDIの次世代高速通信など多くの先端技術が展示され、来場者の注目を集めた。これまでの記事で紹介しきれなかった注目の展示を、各ブースに華を添えたコンパニオンの写真とともに紹介しよう。