• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2012年04月28日

毎日jp

川崎ルフロン:空中に巨大LEDオブジェ設置 改装で明るさ増し、来客数増を期待

川崎駅前にある商業施設「川崎ルフロン」(川崎市川崎区)の第1期リニューアルが実施され、このほど、LED1000個からなる1辺5メートルの立方体の常設形オブジェ「光のオブジェ」が、1階エントランスの吹き抜け部分に設置された。
リアルタイムで施設内のエレベーターの運行状況を表示する案内ディスプレーや、デジタルサイネージ(デジタル看板)なども設置し、利便性の向上も図った。

2012年04月27日

天神経済新聞

福岡市役所1階ロビーが新装-カフェには「博多どんたくサンド」も

福岡市役所1階ロビーが4月27日、リニューアルオープンした。
1階の面積は約1560平方メートル。議会棟側には、博多祇園山笠など福岡の紹介映像の上映や、写真撮影して画面をタッチして楽しめる約3メートル×約10メートルの大型デジタルサイネージ、九州各県の情報を発信する九州情報コーナー、ロビーコンサートやイベント利用ができる多目的スペースなども設けた。

2012年04月26日

ZDNet Japan

「緊急地震速報対応型デジタルサイネージ」3社合同で新たに提供開始~特定の条件を満たせば5年間無償で提供~

株式会社オックスプランニングは、ダイドードリンコ株式会社、合同会社クリエイティブワークスと、4月1日より、清涼飲料水の自動販売機と併設した緊急地震速報対応型デジタルサイネージの導入を開始いたします。緊急地震速報対応型デジタルサイネージは、震度4以上の地震が発生した場合、気象庁からの発報を受けて地震の警告映像をモニターに表示するクラウド型サービスです。まずは、川崎市高津スポーツセンターに導入し、その後川崎市の施設合計6箇所への導入を順次進めていきます。

2012年04月26日

ITmedia ニュース

iPhone画面の可視光通信でメッセージを送れるアプリ「ピカピカメラ」 カシオが公開

カシオ計算機は、iPhoneのディスプレイとカメラを使った可視光通信でメッセージを送ることができるアプリ「ピカピカメラ」をApp Storeで公開した。ディスプレイを点滅させて信号を送り、相手がカメラで読み取ることで可能にしており、同社によると世界初のアプリという。無料。
同アプリを入れたiPhone/iPadのカメラでその画面をのぞくと、光を読み取ってメッセージやデコレーションがAR(拡張現実)として表示される仕組みだ。デジタルサイネージやテレビなどからのメッセージ受信にも対応可能という。

2012年04月25日

VentureNow(ベンチャーナウ)

カヤック、タリーズ店頭に実験設置したKinect(TM)サイネージ看板を発表

株式会社カヤックは、日本マイクロソフト株式会社とのコラボレーションで制作したKinect(TM)を使用したサイネージ看板を4月24日、25日に開催される日本マイクロソフト主催の開発者向けイベント「Windows Developer Days」にて展示いたします。このサイネージ看板は、スペシャルコーヒーショップとして全国にチェーン展開する「タリーズ」の協力にてタリーズショップの店頭に設置。その様子を撮影したムービーを両日にイベントにて展示いたします。近日中に期間限定にて、都内のタリーズショップにて実際に設置予定です。使用している技術は、Kinectによる人体検知、HTML5によるタッチパネルの描画とアニメーションのプロジェクション、.NET Micro FrameworkによるLEDとモーターの制御をおこなっています。

2012年04月24日

ITmedia +D LifeStyle

大画面フィルム型ディスプレイ「SHiPLA」、「ShinQs」で採用

篠田プラズマが開発した大画面フィルム型ディスプレイ「SHiPLA」が、東急百貨店の新たな商業施設「ShinQs」において採用された。
SHiPLAはプラズマディスプレイと同じ発光原理「LAFi」技術で造られた、フィルム型の大型ディスプレイだ。大画面でありながら薄く、軽くて曲げられるという特長がある。この目新しさと、歩行中にも視認しやすい曲面表示ができることから採用が決定した。
ShinQsは、渋谷ヒカリエと同時開業が予定されている。縦2メートル×横1メートルの凸面形状ディスプレイ「つながるSHiPLA」を設置。凸版印刷の「管内案内システム及びマルチディスプレイ向け配信サービス」と連携したデジタルサイネージとして活用される。

2012年04月24日

ITpro

「窓に触れたらVTRスタート」読売テレビが本社にサイネージ設置

読売テレビ放送は、同社の本社屋1階の正面玄関横にデジタルサイネージ「タッチ!ytv」を設営した。社屋の外から、玄関ガラス窓にある画面に触れると、読売テレビの番組宣伝やイベント告知、映画情報などのVTRを上映する。
このシステムは、読売テレビの関連会社であるエイデック(ホームページ)に依頼して設置した。約90インチ型のタッチパネルスクリーンと、昼間でも視認可能な5500ルーメン(一般的な蛍光灯が100ルーメン)の高輝度プロジェクターから構成する。

2012年04月24日

@IT MONOist

製品リリース/CPUモジュール:PFU、第3世代インテルCoreプロセッサ搭載CPUモジュールを発売

PFUは2012年4月24日、インテルが同日発表した第3世代Coreプロセッサ(開発コード名:Ivy Bridge)とHM76 Expressチップセットを搭載する「システム オン モジュール AM120モデル210H」の販売開始を発表した。メモリ容量(2Gバイト、4Gバイト、8Gバイト[ECCなし])とヒートシンクの有無を選択することができる。出荷開始は7月からを予定している。
同製品は、工作機械、医療機器、半導体製造/試験装置、計測機器、ネットワーク機器、デジタルサイネージ、放送・映像機器など、高いシステム性能/高速インタフェース/高いグラフィック性能が求められる分野をターゲットとしている。


2012年04月24日

@IT MONOist

吉本興業100周年×シャープ100周年:「なんばグランド花月」にドドーンと設置――300V型マルチディスプレイシステムが舞台を演出

シャープは2012年4月24日、同社の60V型業務用液晶ディスプレイ「PN-V602」を複数台設置した大型マルチディスプレイシステムを、吉本興業が運営する劇場「なんばグランド花月」に納入したことを発表した。同月から運用を開始しているという。
チケット売り場および物産販売コーナーに設置されるデジタルサイネージのディスプレイもシャープ製のものが複数台採用されているとのこと。
今回のディスプレイシステムの納入は、吉本興業の創業100周年(1912年4月1日創業)を機に行われる同劇場の全面リニューアルに伴うものだ。

2012年04月23日

財経新聞

「渋谷ヒカリエ」に多数のデジタルサイネージ、街の情報・流行発信力強化

東京急行電鉄およびイッツ・コミュニケーションズは23日、渋谷ヒカリエの開業に際し、新しいデジタルサイネージを多数設置するとともに、オリジナルコンテンツを配信し、街の情報・流行発信力をさらに強化すると発表した。
これらのデジタルサイネージでは、渋谷ヒカリエ来館者向けの情報や、デジタルクロック、渋谷の1日の気温・天気の変化、世界中の都市やランドマークなどの情報のほか、東急文化会館のDNAを継承し、プラネタリウムをモチーフにしたコンテンツを配信する。

2012年04月23日

ZDNet Japan

株式会社コンテックとの資本及び業務提携のお知らせ

2012年2月14日、クラウド型物流在庫管理ITサービスを提供するロジザード株式会社は、株式会社コンテックとの業務提携及び資本提携を行いました。
今回の提携でコンテック製品を採用、ロジザード側から一元的に物流現場の機器動作を監視するシステムを提供できる事で、常に予防的なサポートを行いトラブル時の復旧時間を大幅短縮、お客様の業務に負担を掛けず、安定的な物流作業環境を実現します。
また、コンテックのデジタルサイネージ技術を採用した物流業界向けコンテンツ配信事業等、新たな物流事業者向けサービス展開も検討をしてまいります。

2012年04月19日

CNET Japan

ラックスリサーチ調査:スマートフォンの急速な成長により、2017年にはOLEDが 110億ドルの市場を形成

ラックスリサーチの報告によると、急速な革新と大幅なコスト削減により、有機 発光ダイオード(OLED)は、1,000億ドルの液晶ディスプレイ(LCD)市場からシェア を奪う、最も有力な技術になるとのことです。
Eリーダーは2013年以降、需要が下降します。Eリーダーは、非分割の反射型ディ スプレイ市場で優勢ですが、市場の飽和とタブレットPCなどの代替機器との競争 に直面するため、2013年に頂点に達します。その結果、2017年には、市場規模が 16億ドルのデジタルサイネージ(電子看板)が、反射型ディスプレイの主要な用途 になるでしょう。

2012年04月18日

ねとらぼ

ダイバーシティ東京にて“お台場エンタメカフェ戦争”勃発!? 萌え vs 読モ系、 君はどっち派?

「ダイバーシティ東京」は従来の大型ショッピングモール型施設がターゲットと するファミリー層だけでなく、国際色豊かな来客を見込んでいる。注目したいの が、日本の若者文化を代表するエンタテインメントカフェ。1つは、秋葉原から 生まれ、今や国内外で人気の萌え文化の象徴であるメイドカフェ。国内11店舗を 構える「Maidreamin」が新店舗をオープンする。注目したいもう1店舗は、同じ 女性が憧れるモデルやブロガーたちに会えると話題になりそうな、「Kate Rose Cafe」だ。同店では公式サイトやダイバーシティ東京内のデジタルサイネージ 「アミューズメント・ウォール」と連動し、かつ雑誌やテレビなどとのコラボ レーションを行うことで、リアルとバーチャルの両面から彼女たちの“ステージ” 作りを行っていく。

2012年04月18日

@Press

長崎のドゥアイネット、『AR(拡張現実)』の開発を開始 ~これからのスマート フォン時代に更なる展開が期待される『AR』

株式会社ドゥアイネットは、『AR(拡張現実)』(以下『AR』)の開発事業を開始い たしました。
『AR』は、スマートフォン上での簡単な操作で、対象物の詳細を伝える機能を 持っています。その際、消費者が本当に興味のある内容を提供できているかの データ管理も行うことができます。
【『AR』の主な機能と特長】
・リアルタイムで映像を処理し、全てを自動で置き換える
・利用者はアプリマーケットから『AR』アプリケーションをダウンロードすれ ば、簡単にサービスを利用できる
・スマートフォン上で展開
・利用ユーザへのクーポン配信などの付加価値
・モバイルコマース、ゲーム、デジタルサイネージ、モバイルコンテンツ、観 光、広告、社員教育、などの分野へも大きく拡大が予想される

2012年04月17日

@Press

ヨーズマーとACCESS、業務提携 ~エリア限定放送ソリューションを共同開発、 国内外で展開~

株式会社ヨーズマー(本社:石川県金沢市、代表取締役:野口 高志、以下:ヨー ズマー)と、株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸 哉、以下:ACCESS)は、ヨーズマーのデジタル放送送信システムにおける技術力 とACCESSの放送視聴ブラウザにおける技術力を活用してエリア限定放送ソリュー ションを共同で開発し、国内外で展開することで合意いたしました。
ヨーズマーのデジタル放送送信システムは、手軽に安価で放送コンテンツの作 成・更新および送信が可能なため、ACCESSのマルチプラットフォーム対応のブラ ウザ(フルセグおよびワンセグ)と組み合わせることにより、例えば、商業施設、 ホテル、マンション、病院、大学などの施設管理者が放送局となって、施設内限 定の情報コンテンツを制作・送信し、施設内に設置されたサイネージやテレビ、 スマートフォンなど多彩な端末で視聴することが可能になります。こうした今ま でにないホワイトスペースの活用方法の提案により、新たな需要喚起が可能とな るものと考えております。

2012年04月17日

レスポンス

東京工科大など、災害時用のナビシステムを開発 …危険な方向を表示

東京工科大学とアイエスエムは、津波等の災害時に刻々と変わる状況に応じて、 危険な進行方向を明示する「津波等避難ナビシステム デジタル皆助ナビ」を開 発。自治体等に向けてシステム構築と社会実験の実施に関する協議提案に着手した。
同システムは、スマートフォンやタブレット端末、カーナビの他、地上デジタル テレビや駅構内にあるデジタルサイネージ、デジタル標識など身近な情報表示機 器で、災害時に危険な方向を表示し、より安全なルートでの避難を可能とする。 また、災害の発生時に携帯電話等の通信網が利用不能になる場合を想定して、現 在位置情報に基づいた避難ルートや想定される危険区域情報をパターン化。各端 末に保存しておくことで、オフライン時でも作動できるシステムを目指している。

2012年04月17日

ZDNet Japan

環境情報を可視化する「FSGreen EMS」、富士ソフトと日本MSが提供

富士ソフトと日本マイクロソフトは4月17日、環境情報見える化ソリューション 「FSGreen EMS」を同日から提供すると発表した。
富士ソフト常務執行役員の豊田浩一氏は、「電力供給が逼迫し、節電への取り組 みが社会生活上、必要不可欠となっている。企業向け電気料金の値上げが検討さ れ、これが企業におけるコスト増のリスクとなっている。夏場だけでなく冬場も 節電に取り組みつつ、企業活動、日常生活を送る必要がある。今後はオフィスの フロア温度や在席人数といった観点を捉えた電力管理が必要になると考え、今回 のリリースに至った。今後は、クラウドから のリモートコントロール連携、業務利用、復興および介護分野での活用、新たな エネルギーへの対応、デジタルサイネージとの連携など、別ソリューションと組 み合わせた提案を行っていきたい」とした。

2012年04月17日

@IT MONOist

ESEC2012 スペシャル・プレビュー:インテルが提唱する「インテリジェント・ システム」で実現できるもの

インテルが提唱している「インテリジェント・システム」のことをご存じだろう か。その概念を理解しているつもりでも、実際にそれがどのような価値を生み出 すものなのか、具体的に説明するのは難しい。そのヒントを、インテルは「第15 回 組込みシステム開発技術展(ESEC2012)」で提示する。
中でも「リテール」ゾーンにも注目したい。米国の高級デパートで実際に試験導 入されている「サイネージ&インタラクティブ KIOSK」の展示デモが行われる。 デバイスメーカーだけではなく、店舗・ブランドとのコラボレーションによるサ イネージの展開について詳しく知りたい方は必見だ。

2012年04月17日

みんなの経済新聞ネットワーク

阪急うめだ本店、概要発表-売り場面積の2割を情報発信空間に

エイチ・ツー・オー リテイリングは4月17日、現在工事中の阪急うめだ本店(大 阪市北区角田町)の概要を発表した。
成熟したマーケットで戦うため「業態価値は何なのかという議論から始まった」 と椙岡俊一会長兼CEO。「モノ中心から生活情報中心にしなければ今のユーザー には応えられない」と「新しいマーケットを創造する情報リテイラー」へと基本 戦略を移した。
屋上には憩いのスポットとなる約1000平方メートルの広場を設け、貸し切りパー ティーやコンサートなども開催。広場内にはオープニングパーティーなども行え る「ダイヤモンドホール」も用意する。1階メーンエントランスには幅6メート ル、高さ2メートルの大型LEDビジョンも設置し、それぞれの空間やデジタルサイ ネージを組み合わせて商品の歴史的背景、文化的価値、作り手の思い、使い方な どの情報発信をニュース化して発信。

2012年04月14日

サーチナ

業界最小のリフレクタ付3色発光チップLEDが実現する光の表現力

発色が良く、フルカラーでの多彩な表現が可能なLEDは、ライトアップやデザ イン性が求められる各種サイン、デジタルサイネージなど、照明用途として普及 する以前から、幅広い分野への展開が進んでいた。半導体メーカーのロームが、 リフレクタ付3色発光タイプとしては業界最小の小型高輝度チップLEDを開 発。昨年11月からサンプル出荷を開始しており、今年5月からは量産を予定して いるという。

2012年04月13日

EE Times Japan

ESEC2012 開催直前情報!!:機器の差異化を強力に支援、DMPが多様な3Dグラ フィックスIPを披露

組み込み機器向け2D/3Dグラフィックスソリューションを手掛けるディジタルメ ディアプロフェッショナルはESEC 2012で、「顧客の差異化を実現するグラ フィックスソリューション」をテーマに掲げ、低価格機器への対応や消費電力と 性能の両立を図った新製品などを展示する。
DMPが今回のESEC 2012で掲げるテーマは、「顧客の差異化を実現するグラフィッ クスソリューション」だ。ここ最近、スマートフォンやタブレットPC、デジタル サイネージといったさまざまなサイズのディスプレイを持つ機器が急速の普及し ている。これらの機器において、ディスプレイをいかに機器の差異化につなげる か? 同社は、高性能と低消費電力を両立させたグラフィックス技術を提案して いる。

2012年04月13日

@IT MONOist

10個のコンセプト/テクノロジーを披露:「ユーザー体験のイノベーションをつ くばから発信」――次世代コンセプトデモを展示するセンターを新設

インテルは、同社と業界各社のテクノロジーを活用した将来のコンピューティン グ利用モデルと、新しいユーザー体験の創造を目指す場として「インテル ヒューマン・インタラクティブ・テクノロジー・アプリケーション・センター」 をつくば本社内に新設する。
同センター開設当初は、同社の技術を応用した、デジタルサイネージと自動販売 機を組み合わせたコンセプトなど10個のコンセプト/テクノロジーに関する展示 を予定している。

2012年04月13日

大分合同新聞

大分大学がJR大分駅の電子看板で広報戦略



大分大学(北野正剛学長)が若者世代のイメージアップを図ろうと、露出を高め
る広報戦略に力を入れている。新装したJR大分駅のデジタルサイネージ(電子
看板)でユニークなキャッチコピーを添えた広告を掲載(写真)。大学そばを通
る国道10号を臨む敷地に幅約20メートルの大学名の看板を掲げた。地元の優
秀な学生を呼び込もうと、文字通り“見える大学”づくりに乗り出した。



http://www.oita-press.co.jp/localNews/2012_133427905452.html
2012年04月12日

@IT MONOist

拡張現実技術/スマホアプリ:新旧の融合が進む東京駅が今熱い! AR技術を活用した「東京駅 JR×AR」試行

JR東日本は、AR技術を活用したスマートフォン向け駅構内案内サービス「東京駅JR×AR」を4月16日から約2カ月半の期間、東京駅構内で試行する。同サービスの利用には、iPhoneおよびAndroid搭載スマートフォン端末に、4月16日に無償公開される専用アプリケーション「JR東京駅 AR アプリ」をインストールする必要がある。同アプリケーションを起動し、東京駅構内の柱や床面、27箇所に設置されたAR識別マーカーをスマートフォンのカメラ越しに認識すると、付近のエキナカ情報や立体的な駅構内地図などが表示される

2012年04月11日

レスポンス

NEC、東京駅にデジタルサイネージを活用した総合案内ディスプレイを納入

日本電気(NEC)は11日、東京ステーション開発に、デジタルサイネージソリューション「PanelDirector」(パネルディレクター)を活用した、マルチタッチの総合案内用ディスプレイを納入したことを発表した。
総合案内用ディスプレイは、東京駅八重洲地下中央口改札出てすぐの東京駅一番街「のぞみ広場」内に設置されるもの。マルチ画面かつマルチタッチでの総合客先案内は、鉄道商業施設において初めての取り組みとのこと。

2012年04月11日

サーチナ

東芝ITサービス、中・大規模システム向けのデジタルサイネージシステムを発売

東芝ITサービス(石橋英次社長)は、デジタルサイネージシステム「びじゅ衛門エンタープライズ」を4月9日に発売する。同時に販売パートナー企業の募集も開始する。「びじゅ衛門エンタープライズ」は、1台のシステムで複数の顧客を管理できる「マルチテナント」に対応し、自社内でデジタルサイネージを導入する企業をはじめ、デジタルサイネージのサービス提供企業(SaaS・ASP提供業者)やコンテンツの運用受託企業など、さまざまな業種・分野に対応するデジタルサイネージシステム。

2012年04月10日

Computerworld

レノボ、手のひらサイズの小型デスクトップPCを発表

レノボは4月9日、法人向けデスクトップPCシリーズ「ThinkCentre」に、手のひらサイズの新製品「ThinkCentre M92p Tiny」「ThinkCentre M92 Tiny」「ThinkCentre M72e Tiny」の3製品を追加すると発表した。インテルの第三世代CPU「Ivy Bridge」 また同日、オールインワンタイプの「ThinkCentre M92z All-In-One」と、マイクロソフトの「Lync」に対応したVoIPモニター「ThinkVision LT2323z」も併せて発表した。
 レノボでは、「デスクトップPCに求められるパフォーマンスを実現すると同時に、筐体の一辺がゴルフボール約4個ぶんなので、通常のオフィスでの利用はもちろん、キオスク端末、デジタルサイネージ、組み込み系PC、コールセンターでの活用も期待される製品だ」としている。


2012年04月10日

ドリームニュース

Core i7 + Radeon搭載の高性能デジタルサイネージプレイヤー DS960 新発売 厚み44mmの薄型ファンレス設計

株式会社コンテック(東京証券取引所第二部 証券コード:6639)は、インテル社のハイエンドCPU 「 Intel(R) CoreTM i7プロセッサ 620UE 」、AMD社の高性能GPU 「 ATI RadeonTM E2400 」 を搭載、厚み44mmのファンレス薄型筐体を実現したデジタルサイネージ向け高性能PCを開発、「デジタルサイネージプレイヤー DS960シリーズ 」として販売します。

2012年04月09日

誠 Style

オニツカタイガーの旗艦店が表参道に――ブランド復活10周年

アシックスが、前身の「オニツカタイガー」ブランドを復活させてから10年が経った。4月27日には、表参道ヒルズの裏手に旗艦店「オニツカタイガー表参道」をオープンする。オープンから2週間、モニターの前に立つ人の動きに合わせて、CGアニメ化したシューズが動くデジタルサイネージ(電子看板)を使ったプロモーションを実施。このデジタルサイネージは、ニューヨークのスニーカーショップ「KITH BROOKLYN」に5月中旬から設置する。これらを楽しむ来店者の様子とデジタルサイネージ内の映像を組み合わせたプロモーション映像を製作し、Webマガジンやソーシャルネットワークサービス上で発信するという。

2012年04月09日

インターネットコム

日本 HP、高性能仮想新クライアント端末 t610 を発表

日本 HP は2012年4月5日、高性能シンクライアント端末「HP t610 ThinClient」と、t610 を拡張した筐体にシリアル/パラレルポートや PCI Expressカードスロットを備えた「HP t610 PLUS Thin Client」を発表した。
t610 は、グラフィックス性能の高い仮想化端末として、CAD、金融、デジタルサイネージ、医療分野の専用端末、公共施設や店頭でのクラウド端末として活用できる。

2012年04月06日

サーチナ

NECディスプレイ、デジタルサイネージによる情報発信提案

東日本大震災の発生から1年後の3月11日、日本各地で復興を支援するイベントが開催されるなか、神奈川県の横浜市青葉区も被災地と青葉区内の商店街を結ぶ復興イベントを開いた。
イベントテーマは、「3・11未来へのキャンドルナイト共に進もう心の絆を青葉から」。青葉区では、美しが丘公園をメーン会場に、合計6会場で開催。メーン会場では、キャンドル点灯のほかに音楽イベントや募金活動、被災地の物品販売などを催した。また、デジタルサイネージ(電子看板)を使った情報発信も目玉となった。

2012年04月06日

SankeiBiz

SLS、90店で配信事業拡大 ボウリング場1000画面広告

レジャー施設向け情報システムを手掛けるスポーツレジャーシステムズは、ボウリング場の映像表示装置に企業広告を流すプロモーションサービスの拡大に乗り出す。その一環で、「Scria(スクリア)」というブランド名をスクリーンメディアに付けた。
広告配信の舞台として生かすのは、アミューズメント施設を全国展開するラウンドワンのボウリング場。企業広告の選択肢は、デジタルサイネージ(電子看板)や劇場内広告などへと広がっている。こうした中でSLSは「広告への接触時間の長さ」で差別化を図る。

2012年04月04日

ZDNet Japan

iPad診療予約システム「待ち行列Tablet」、患者説明ツール「メディタッチ」を
日本内科学会総会・講演会で展示~みやこめっせで2012年4月13日から4月15日まで~

医療機関向けデジタルサイネージを全国展開する株式会社メディアコンテンツファクトリー(以下「当社」、本社:福岡県福岡市、代表取締役:毛塚 牧人)は、2012年4月13日から4月15日までみやこめっせ(京都市勧業館)にて行われる第109回日本内科学会総会・講演会の企業展示にて、iPadで動作する医療機関向けソフト「待ち行列Tablet」と「メディタッチ」を展示します。
「待ち行列Tablet」は、これまでPCのみで受付操作が可能だった診療予約システム「待ち行列」をiPadで操作可能にしたもので、シンプルな操作感と携帯性が特徴です。医院のスタッフはiPadで受付や案内等の操作や予約者の一覧を見るなど、従来の「待ち行列」と同じ機能を、より簡単に使うことができます。

2012年04月05日

Business Media 誠

話題のたまご:次世代型自販機で新たな試み――それは3本買えば1本無料

エキナカで自販機を展開しているJR東日本ウォータービジネスは、Suicaなどの交通系電子マネーを使ってミネラルウオーター「フロムアクア」(500ミリリットル:110円)を購入した人に、1本プレゼントするキャンペーンを始めた。JR東日本の駅構内にある次世代自販機で購入することが条件で、キャンペーン期間中(4月5日から4月25日)に合計3本買えば「その場」または「後日」に1本受け取ることができる。
消費者にとっては“お得”なキャンペーンだが、同社にとってはどのようなメリットがあるのだろうか。次世代自販機はデジタルサイネージを搭載しており、少し離れたところからでもどんな商品が映し出されているかを認識することができる。その特徴を生かし、自販機の画面にキャンペーン情報を全面に映し出すことで、お客はそれを認識。さらに「3本買えば、1本もらえる」という購買後のメリットを加えることで、「1台の自販機で広告・プロモーション・購買喚起を展開できるようになった」(同社)としている。

2012年04月04日

BCN Bizline

東芝ITサービス、中・大規模システム向けのデジタルサイネージシステムを発売

東芝ITサービス(石橋英次社長)は、デジタルサイネージシステム「びじゅ衛門エンタープライズ」を4月9日に発売する。同時に販売パートナー企業の募集も開始する。
「びじゅ衛門 エンタープライズ」は、1台のシステムで複数の顧客を管理できる「マルチテナント」に対応し、自社内でデジタルサイネージを導入する企業をはじめ、デジタルサイネージのサービス提供企業(SaaS・ASP提供業者)やコンテンツの運用受託企業など、さまざまな業種・分野に対応するデジタルサイネージシステム。