• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2011年07月30日

大分合同新聞

まちなか情報イベント告知 電子広告で発信
大分市中心部の商店街内の100カ所に設置した液晶モニター(11インチ)を利用し、イベント情報や店舗情報などを知らせるデジタルサイネージ(電子広告)事業の本格運用が始まった。3月末にスタートしていたが、7月15日からデザインを一新。来訪者に最新のまちなか情報を届けている。


http://www.oita-press.co.jp/print.php?print_type=localNews&print_first_genre=&print_second_genre=&print_news_id=2011_131198619146

2011年07月29日

WirelessWire News

サン電子の法人向けモバイルルーター「Rooster-LS」、UQ WiMAXに対応
Rooster-LSは3G携帯電話などのデータ通信端末を接続して使うモバイル用途のVPNルーター。自動販売機、POS端末、デジタルサイネージ端末などに組み込んで、モバイル通信を使うビジネスソリューションに使われている。今回、Rooster-LS(SC-RS510LS)のファームウエアを更新することで、WiMAX用のデータ通信端末を接続して使えるようになる。
http://wirelesswire.jp/Todays_Next/201107291951.html
http://k-tai.impress.co.jp/docs/dotbiz/news/20110729_463213.html
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/07/29/072/
http://japan.zdnet.com/release/30006186/
http://japan.cnet.com/news/service/35005698/
2011年07月29日

Pouch

節電対策どうなってる? 東京駅に登場した超ハイスペックな次世代型デジタル自販機
大きな液晶パネルには、ズラーッと並んだ清涼飲料水の画像が!見た目は自動販売機ですが、陳列する商品はすべてデジタル映像! 見慣れないこの光景は、なんとも奇妙な感じ。液晶画面には高輝度型液晶タッチパネルディスプレイというものを採用しているそうで、かなり鮮明で素材のシズル感がすごい。
この自販機の特徴は、自販機自体が広告の役割も担っているという点。「デジタルサイネージ」という、デジタル技術を活用。ネットワーク通信を利用し、ディスプレイなどに映像や情報を表示する機能が取り付けられているというのです。いまや自動販売機も、デジタル化の時代というわけですな。


世間は節電真っ盛り。このまま、自販機はデジタル化を進めてもいいの? 疑問に思った記者が、次世代型自販機の開発に取り組んでいる、「JR東日本ウォータービジネス」に問い合わせてみたところ次のような回答がありました。
「新型自販機は、従来の自販機よりも確かに使用電量は多い。しかし時間によって冷却停止や液晶パネルを消灯させたり、従来型自販機の台数を減らすなどして、全体で25%の節電をしている」


http://youpouch.com/2011/07/29/104002/

2011年07月29日

Tech-On!

「つくばが変わる、日本を変える」、つくば市と筑波大学、インテルが2015年に向けたプロジェクト茨城県つくば市と筑波大学、インテルは、新たな都市文化の構築
を目指すプロジェクト「つくばが変わる、日本を変える」を始めると発表した。2015年に向けて、ICTを活用した「ひとづくり」「まちづくり」を進める。「新しい日本社会の方向性を示し、世界に発信していきたい」(つくば市)という。
コミュニティの活性化については、先進技術を活用した情報伝達システム環境の構築を目指す。WiMAXなどのブロードバンド・サービスやデジタル・サイネージなどの情報機器を用いて、すべての市民が必要な情報に簡単にアクセスする環境を整備する。筑波大学が実施する市民アンケートに基づき、情報ニーズや伝達手段を整理した上で、2011年度につくば市内で実証実験を実施するという。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110729/193792/
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110726/362877/
http://ascii.jp/elem/000/000/623/623164/
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1107/26/news090.html
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110726/biz11072617250020-n1.htm
http://japan.cnet.com/news/society/35005563/
2011年07月29日

キーマンズネット

TPS、2点タッチ対応22型ワイドLCDデスクトップタッチモニタ発売
“インテリタッチプラス”は、Windows 7がサポートしている2点のポイントへの同時入力や、移動、回転、拡大・縮小などのジェスチャー操作に対応するタッチパネル・システムズのマルチタッチ技術。
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/75/20035475/
2011年07月28日

ファイルウェブ

シャープ、2011年度1Q決算を発表 - 大幅減益も「計画通り」
シャープ(株)は、4月1日から6月30日までの、2011年度第1四半期の決算発表を行った。売上高は6,403億円、営業利益は35億円。純損失は492億円だった。
電子部品部門では、大型液晶は第10世代液晶パネル工場である堺工場の強みを活かし、60型以上の液晶テレビ用、デジタルサイネージ向けなど需要の創出・拡大を図る。また新たな協業事業により、液晶パネルの相互供給と部材の共同調達によるコストダウンに取り組み、大型液晶分野の収益改善を推し進めていく。
http://www.phileweb.com/news/d-av/201107/28/28941.html
2011年07月29日

キーマンズネット

TPS、2点タッチ対応22型ワイドLCDデスクトップタッチモニタ発売
“インテリタッチプラス”は、Windows 7がサポートしている2点のポイントへの同時入力や、移動、回転、拡大・縮小などのジェスチャー操作に対応するタッチパネル・システムズのマルチタッチ技術。
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/75/20035475/
2011年07月28日

cnet Japan

LEDバックライトを採用した22型ワイドLCD組込みタッチモニター「2243L」を発売
タッチパネル・システムズ株式会社(本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-19-20 代表取締役会長兼社長 岡本 実)は、このほど、LEDバックライトを採用した22型ワイドLCD組込みタッチモニターの新製品「2243L」を発売いたします。
http://japan.cnet.com/release/30006138/
http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000036111
2011年07月27日

デジカメWatch

ペンタックス「K-r」の“おちゲー”広告が優秀作品賞に
ペンタックスは26日、デジタル一眼レフカメラ「K-r」のデジタルサイネージ「120colors」が、ジェイアール東日本企画の主催する「交通広告グランプリ2011」のデジタルメディア部門において優秀作品賞を受賞したと発表した。ペンタックスが受賞したデジタルメディア部門は、車両ドア上のモニターや駅の通路などに設置されている大型ビジョンに掲出した広告が対象「120colors」は、2010年12月に東京、横浜、大宮などの12駅138面で実施したという。http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110727_463437.html
2011年07月26日

Tech-On!

国内のデジタル・サイネージ市場は2016年に1兆円規模に、震災の影響で1年後ろ倒しへ
調査会社のシード・プランニングは、国内におけるデジタル・サイネージ市場の予測を発表した。2016年に市場規模が1兆2634億円となり、1兆円を突破すると予測する。同社が2010年に発表した予測では、2015年に1兆円を超えるとしていたため、1年後ろ倒しとなるという。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110726/193661/
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1107/26/news042.html
2011年07月26日

マイコミジャーナル

コンピュータビジョンのセカイ - 今そこにあるミライ
品川駅のデジタルサイネージ自販機はオムロンの技術により実現されたもので、顔認識により性別と年齢がデータとして取得できるので、このデータの蓄積により購買層の分析も可能になるというものでした。このように顔認識は単にAさんとBさんの違いを認識するだけではなく、各個人の顔のタイプを認識して年齢や性別(あるいは人種なども)を自動判別できるという応用もあります。
http://journal.mycom.co.jp/series/computer_vision/008/
2011年07月25日

PRTIMES

大人のルミネが有楽町に誕生! 『ルミネ有楽町店』 2011年10月下旬オープン決定
館内共用部には、デジタルサイネージを使用したショップ情報告知を起用しています。その他、注目の設備は、1930年代に活躍したフランスのファッションデザイナーの働くアトリエをイメージした女性用トイレ(3Fデラックス トイレ)。スタイリッシュな内装や充実したパウダールーム、アート展示などを予定するサロンスペースも擁するなど、お客さまにもより「ファッション」を楽しんでいただくための工夫を随所に配しています。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000003702.html
2011年07月25日

cnet Japan

【水族館×iPad=最新の生物紹介】国内初!サンシャイン水族館の館内生物紹介にiPadアプリを採用!
水族館内に設置されたiPadは、お客様が自由に操作できるようになっています。さらに、水族館内のスタッフがiPadを使って水槽の生物一覧を紹介する事で、お客様との新しいコミュニケーションが可能になります。動画を使って、水槽ではなかなか見る事が難しい自然界での生態なども楽しむ事が出来ます。今後は、サンシャイン水族館と共同で、iPadの機能を活かした新しいアプリサービスの開発に取り組んでいく予定です。
http://japan.cnet.com/release/30005982/
2011年07月25日

読売新聞

放送の楽しみ方が変わる…新たな視聴体験とは?


24日正午に宮城県、岩手県、福島県を除く地域で終了した地上アナログ放送。その放送周波数帯の一部を利用して来年2012年4月に放送の開始を予定しているモバイル端末向けマルチメディア放送「モバキャス」について、コンテンツの企画・配信を担う認定基幹放送事業者を目指す株式会社 mmbi は、7月14日に都内で行われた発表会でそのサービスの構想をプレゼンテーションした。新しいモバイル向け放送局の登場により、私たちのモバイルエンターテインメントにどのような新しい体験がもたらされるのだろうか。発表会の会場で株式会社 mmbi が配布した資料を元に、その構想の一部を従来型の放送との比較によって紹介しよう。


http://www.yomiuri.co.jp/net/news/internetcom/20110725-OYT8T00535.htm

2011年07月25日

産経関西

【産創館レポート】災害時、適切に避難誘導


東日本大震災により、災害における避難のあり方や安全の確保について見直しが迫られている。災害現場の状況に応じた適切な避難やルートの確保が必要で、これは都市部における火事や水害でも同じ。その課題を解決するため、ビルや地下街などで状況に応じて適切な避難誘導を行うシステムとして開発されたのが、リソウズ(大阪市浪速区)の協賛型蓄光式避難誘導標識「しるべにすと(R)」だ。
また、近畿経済産業局の「平成22年度新規産業創造技術開発費補助金」の助成を受け、新モデルを開発。蓄光式誘導標識とデジタルサイネージ(電子看板)の液晶画面の組み合わせにより、平常時は広告媒体、火災が発生すると火災報知機と連動し、非常時画面に切り替わる仕組みだ。火災が発生した地点の位置情報に基づき出火点から遠ざかるように地図上に矢印を表示し避難誘導を行う。


http://www.sankei-kansai.com/2011/07/25/20110725-055716.php

2011年07月25日

IT Life hack

省エネ&省スペース!ASUSのマルチタッチ対応オールインワンPC


OSは、各種システムと互換性が高く、ドメインネットワークに接続できるWindows 7 Professional 32ビット正規版または、スタンドアローンで手軽に使えるWindows 7 Home Premium 32ビット正規版から選択できる。価格はProfessional版で6万9800円(税込)、Home Premium版だと6万3000円(税込)だ。


http://news.livedoor.com/article/detail/5732206/

2011年07月22日

産経新聞

ケイ・オプティコム、大阪の商店街で電子看板実験
関西電力子会社で通信事業を手がけるケイ・オプティコムは大阪府大東市の野崎参道商店街で、新型デジタルサイネージ(電子看板、DS)の試験導入を23日から始める。同社が商店街にDSを設置するのは初めてで、街中で生活情報を提供するビジネスモデルの可能性を探る。


新型DSは高さ215センチ、幅85センチ、奥行き55センチで、46インチ液晶画面を搭載。画面の明るさや防水性能を向上し、省
スペース化も実現。消費電力は従来比45%減の550ワットに抑えている。DSでは、同商店街が製作した番組のインターネット動画中継や商店街のイベント情報やCM、天気予報、でんき予報などが映し出される。同社では「商店街の活性化、お客さまとのコミュニケーション強化に役立ててほしい」としている。


http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110722/biz11072219170025-n1.htm

2011年07月22日

Value Press!

デジタルサイネージ割引キャンペーン ~ NextScreenが最大50%オフ ~


福猫株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:渡邉 豪)は、デジタルサイネージソフトウェアの販売価格を最大50%引きとするキャンペーンを7月25日より開始いたします。


http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=81748

2011年07月22日

Business Media 誠

AKB48がジュースをゴクゴク――JR新宿駅西口のデジタルサイネージを見に行った


これはカゴメが7月2日から7月17日まで展開していたデジタルサイネージ(電子看板、参照リンク)。軽快な音楽とともに、AKB48のメンバーたちが野菜ジュース『野菜一日これ一本』を飲む様子を映し出していくのだ。人気の前田敦子さんや篠田麻里子さんたちが歩行者の方を向いて、おいしそうにジュースを飲んでいる姿は実に魅力的。大画面で見ていると、恋人として一緒にデートしているかのようだ。そのインパクトの大きさから、デジタルサイネージの前で足を止めて、映像に見入る人も少なくなかった。


デジタルサイネージはメンバー1人当たり30秒の持ち時間で、6人が次々と登場。これが5パターンあり、総勢30人のメンバーの映像が流れることとなる。『野菜一日これ一本』はAKB48が出演するテレビCMも放送しているのだが、それとはまったく違った内容。カゴメのキャンペーンへの力の入れようが伝わってくる。JR新宿駅西口で18台のみの展開となったが、カゴメでは「展開場所は集客力を考えて選択した」とコメントしている。


http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1107/22/news032.html

2011年07月22日

日経新聞

ASUS、Windows7 Professionalも選べる20型ワイドマルチタッチスクリーン一体型PCを発売
どこにでも設置できるスリムなボディーに20型ワイドのマルチタッチスクリーンで、店舗の商品紹介サイネージや病院などの受付端末、テレビ会議システムなど様々なビジネスシーンに活用できます。OSは、Windows(R) 7 Professional 
32ビット 正規版またはWindows(R) 7 Home Premium 32ビット 正規版から選択できます。パフォーマンスと省電性能にすぐれたプロセッサーを搭載し、複数のアプリケーションのマルチタスク処理やHD品質の動画再生にもスムーズに対応できます。消費電力は最大約49Wの省エネ設計で、節電にもつながります。

2011年07月22日

財経新聞

日本サムスン、液晶ポスターシステム「ハルヱとケイジ プレミアム」 添付ソフトを刷新
日本サムスンは20日、デジタルサイネージ用ソフトと32GBフラッシュSSDを搭載した液晶ポスターシステム「ハルヱとケイジ プレミアム」を8月上旬から発売すると発表した。価格はオープン。
http://www.zaikei.co.jp/article/20110720/76349.html
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/07/20/074/
2011年07月11日

Dream News

日本M&Aセンター「広告代理店業界の経営者様向けM&Aセミナー」報告


株式会社日本M&Aセンターは、「新しい価値観の創造が求められる広告代理店業界。デジタルサイネージ、地デジ化、電子書籍が起こすパラダイムシフトが広告業界に与える影響とは?」、変化し続けるデジタルネットワーク社会の中で、生き残る会社、伸びる会社のM&Aを活用した経営戦略について、セミナーで紹介しました。


http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000035236

2011年07月09日

+D PC USER

ブックフェアで電子書籍の自販機を展示する理由


 【サイネージで書店を活性化、電子書籍の自動販売機も】


光和コンピューターのブースでは、書店の未来の姿を想像させる展示が目立った。まず、入り口には人間の身長ほどもある60型タッチパネルを採用した大型サイネージ「彩」が展示されている。「彩」は、ホテルやスーパーなどさまざまな場所での利用に対応しているが、書店については「他の専門店と違い、必ずしも明確な目的を持った上で利用する場所ではない」(説明員)ため、運用の事情が特殊なのだという。


書店に立ち寄る人の目的はさまざまで、購入する本が決まった上で書店に入るというケースだけではなく、面白そうな本を探すために書店に来る人や、雑誌を立ち読みして情報収集をする人もいる。また、「なんとなく」というように目的を持たずに書店に入る客も少なくない。そのため、サイネージでニュースを表示するなど、書籍以外の情報を扱う可能性も考えられ、さまざまなビジネスの可能性を持った場所なのだという。ブースでは書店に設置する場合の一例として、書籍の試し読みをするデモが行われていた。


http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1107/09/news010.html

2011年07月09日

japan.internet.com

Microsoft、小売業向け『Windows Embedded POSReady 7』をリリース


Microsoft は5日、『Windows Embedded POSReady 7』をリリースしたと発表した。Windows 7 の組み込みバージョンである同製品は、店頭のキオスク端末、セルフ チェックアウト端末、レジ、デジタルサイネージ (電子看板)、給油ポンプなど、顧客または販売員が店舗のコンピュータ システムとやりとりする必要のある端末での使用を想定したものだと、同社は声明で述べている。


http://japan.internet.com/busnews/20110709/4.html

2011年07月09日

観光経済新聞

NECディスプレイ、業務用液晶ディスプレイの新商品を順次発売


 「LCD-P462」と「同P402」は、長時間運用でもシミやムラへの耐性が優れたパネルを搭載。「24時間連続稼働にも耐える高い信頼性を確保した」と同社。一方の「同V651」「同V462」「同V422」の3機種は、基本性能が充実。「手軽にデジタルサイネージ(電子看板)を実現できるコストパフォーマンスの高いモデル」という。


http://www.kankoukeizai-shinbun.co.jp/backnumber/11/07_09/shouhin_setsubi.html

2011年07月08日

NTTフレッツ光navi

クーレボ、ネットワーク対応フォトフレーム「フォトTV」の法人向けレンタルサービスを提供  日本経済新聞 (プレスリリース)


 株式会社クーレボ(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐久間俊彰、以下クーレボ)は、デジタルサイネージに最適なネットワーク対応のフォトフレーム「フォトTV」の法人向けレンタルサービスを2011年7月8日(金)より順次提供開始します。


今回提供開始する、「フォトTV 法人向けレンタルサービス」を利用していただければ、初期費負担なしにお手軽にデジタルサイネージを始められます。また、インターネット環境が整備されていない店舗や企業等では、イー・モバイルとのセットモデルをご用意しております。レンタルモデルは、機能に応じて、松・竹・梅・イー・モバイルの4種類あります。 


http://www.flets-news.net/%E5%85%89%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93/10223.html

2011年07月08日

cnet Japan

「美人時計」埼玉版と「美男時計」鹿児島版がオープン


 美人が1分ごとに時間を知らせるウェブサイト「美人時計」を運営する美人時計は7月7日、サイリンクと提携し、美人時計の地域版「美人時計 埼玉版」を公開した。公開初月で1000万ページビューを目指す。まずはPC版、Googleガジェット版として公開し、8月以降にはiPhone版、Android版、モバイル版も公開するという。今後は、テレビ放送、街頭ビジョン、デジタルサイネージ、出版などにコンテンツを提供し、ウェブと連動したメディア展開を積極的に行うとしている。
http://japan.cnet.com/news/service/35005000/


http://media.yucasee.jp/r/detail/78095?showspecial=true


http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000035076

2011年07月08日

lifehacker

Operaの中の人に聞く、ブラウザの未来とは


 2011年5月現在、世界のブラウザシェアで第5位にあるOperaですが、デスクトップ以外のモバイルやゲーム機、テレビなどの家電製品にも組み込まれており、むしろ、そちらでは世界トップに近いシェアを占めています。特に昨年末あたりから開発ペースをあげていて、スマートフォン向けのOpera Miniは、Android版に続いて5月にiPhone版を公開。デスクトップ向けも最新版となるOpera 11.50のベータ版を公開し、新しい機能が試せるようになっています。


http://www.lifehacker.jp/2011/07/110708opera_1.html

2011年07月07日

RBBTODAY

Androidで駆動する32インチの大画面タッチディスプレイ


デジタルサイネージを製造するSKR Technologyが開発した、32インチの大画面マルチタッチディスプレイのデモ動画がYouTubeに掲載されている。この試作機はAndroid OS 2.3で駆動。Android端末と32インチのフルHDディスプレイをHDMIで接続したもので、2ポイントのマルチタッチに対応している。同社に対するユーザーからの要望として、大画面でマルチタッチができるディスプレイを求める声が多かったのだという。当初Windows 7ベースで稼働させたものの、操作感などで満足のいくレベルに達しなかったとして、Android向けのデバイスドライバを独自に開発し試作機に組み込んだ。


http://www.rbbtoday.com/article/2011/07/07/78724.html

2011年07月07日

Field Promotion NEWS

デジタルサイネージメーカーのブログ「デジサイン、ブログ」オープン
デジタルサイネージメーカーのサイバーステーションは、デジタルサイネージ情報を発信する「デジサイン、ブログ」を2011年7月4日(月)に開設した。「デジサイン、ブログ」には次のような内容を掲載していくという。
・サイバーステーションがお届けするデジサインの最新情報
・導入事例速報、社長からのメッセージ
・技術者裏話、業界著名人からのメッセージ
http://www.field-pr.net/news_58yLLsGVm.html
2011年07月06日

にこにこニュース

都内のセブン-イレブンをWi-Fi拠点に、NTT東とセブン&アイ
セブン-イレブンを中心としたセブン&アイグループの店舗に、NTT東日本の公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」を導入する。フレッツ・スポットの利用者は店舗内でスマートフォンやノートパソコンからインターネットが使えるほか、震災などの非常時にはフレッツ・スポット利用者以外も無料で使える。
さらに東北地方太平洋沖地震の被災地支援として、仮設住宅などに住む人がインターネット通販/宅配サービスを使って簡単に買い物ができる体制を構築する。NTT東日本とそのグループ会社が仮設住宅に無料の無線LANインターネット環境を導入し、セブン&アイグループのネット通販などを使える端末「光iフレーム」を無償貸与する。自治体による情報配信なども請け負う予定。2011年7月より、宮城県山元町の118戸で先行実施する。
またNTT東日本のFTTHサービス「フレッツ光」や光iフレームなどを、一部のイトーヨーカドーやセブン-イレブン店舗、ショッピングサイト「セブンネットショッピング」で申し込める体制も構築する。フレッツ光の会員サービスとセブン&アイグループの連携も強化する。セブン&アイグループの店舗でNTT東日本の回線を利用したデジタルサイネージ(電子看板)なども始める。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw83789
http://dt.business.nifty.com/articles/5170.html
2011年07月06日

PC Watch

【Imagine Cup 2011レポート】。
イマジンカップは、全世界の学生を対象に実施しているIT技術コンテストで、9回目となる今回は、183の国と地域、35万人以上の学生が参加。世界大会は、各国の予選を通過した70カ国400人、128のプロジェクトによって競われることになる。
日本からは、4月17日に行なわれた日本大会で優勝したソフトウェアデザイン部門の同志社大学大学院の「MI3」、組み込み開発部門では、京都大学大学院などによる「SunDonation」の2チームが参加する。
MI3は、アフリカなどの医師不足や病院へのアクセスが困難な地域に対して、SNSを利用した簡易総合診察および医療クラウドを用い、Windows Phone 7などの端末によって地域住民による自立的解決支援を提案する「Dr.ONE」を、SunDonationは、Azureとタッチディスプレイおよびデジタルサイネージを利用し、継続的に募金ができる新たなシステムを提案した。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20110707_458851.html
2011年07月07日

朝日新聞

日本サムスン、「ハルヱとケイジ」よりさらに簡単、デジタルサイネージ「店舗の力」
日本サムスン(ユン・ジンヒョク代表取締役)は、リモコンだけで簡単に操作できる40型液晶パネルのイーゼル型デジタルサイネージ「店舗の力(テンポのチカラ)」を7月末から出荷すると発表した。「世界でいちばんやさしい電子看板へ」をコンセプトに、導入・運用の簡便性と環境に配慮した。参考価格は19万8000円。なお、イーゼルが付属しない薄型軽量の46型、55型も発売する。40型液晶で最薄の29.9mm、最軽量の10.5kgと、一人でも持ち運ぶことができる。また、イーゼルスタンドで自立させることで、見た目がより看板らしくなり、収納にも場所を取らない。また、定格消費電力100Wを実現。LEDバックライトの搭載で、従来製品から約48%消費電力を削減した。無鉛、無水銀、非塗装で環境に配慮している。業界で初めてリモコンだけで簡単に設定ができるようになった。コンテンツは静止画(JPG)、動画、Flash、音声ファイルなど幅広い形式に対応。発売に伴い、大日本印刷から、「コンテンツのファイル形式変換&USBメモリコピーサービス」を提供する。
http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201107070003.html

2011年07月07日

クラウド Watch

NEC、コンテンツ配信の基盤から端末までをトータルで提供するクラウドサービス
今回のサービスは、NECがコンテンツ配信プラットフォームを用意し、コンテンツプロバイダ(以下、CP)から提供される電子書籍や映像、ニュース、音楽などの様々なコンテンツを、企業や消費者に向けて、端末の種類や情報の形式を問わず配信することができるクラウドサービス。NECがCPから様々なコンテンツの提供を受け、それらを安全・安心に配信および管理するための様々な機能を備えている。動画コンテンツの動きにあわせてテキストデータを流したり、利用者に対して、異なるメディアや複数のコンテンツを組み合わせて提供するといった配信にも対応する。また、配信プラットフォームに加え、PCやスマートフォン、Android搭載タブレット型端末「LifeTouch」といった端末までを、同社がワンストップで提案。配信プラットフォームについては、クラウドだけでなく、企業内に個別に構築するSI型での提供も可能だという。
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20110707_458695.html
http://japan.cnet.com/news/service/35004900/
2011年07月06日

+D Mobile

レーザーだからフォーカスフリー、米MicroVisionの「Laser Pico Projector」が日本上陸
シネックスは7月6日、iPhoneやiPadの映像を投影できるポータブルプロジェクター「SHOWWX+ Laser Pico Projector」を国内販売すると発表した。米MicroVisionが開発・製造する“手のひらサイズ”のプロジェクター。価格はオープンプライスで、店頭では3万9800円になる見込みだ。iPodやiPadとドック接続するだけで映像を投影できるレーザースキャン方式のフロントプロジェクター。RGBのレーザーで色を作り、ビームをMEMS(Micro-Electro Mechanical System)のマイクロミラーで反射、スクリーン上を順次走査(スキャン)して画面を描画する仕組みだ。瞬間的に表示するのは1ドットのみだが、走査時に行き(向かって右方向)と帰り(左方向)の両方で描画することで60Hzのリフレッシュレートを確保している。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1107/06/news098.html
2011年07月06日

4Gamer.net

VIA,子会社S3 GraphicsをHTCに売却
VIAのリリースによれば,S3は2001年のVIAによる買収後,2005年には,研究開発部門の維持を目的として,Wang氏を中心とする民間投資会社であるWTI Investment International(以下,WTI)の追加投資も受けていたという。そして今回,合計3億ドル(約243億円)に上るS3の株式すべてが,HTCへ売却されることになり,VIAとWTIはそれぞれ売却益の49%,51%を受け取ることとなる。なお,同じくリリースによると,VIAは今回の売却後もS3製のグラフィックス機能をプロセッサやチップセットで利用できるそうなので,HTCからライセンスを受けることになるのだろう。
http://www.4gamer.net/games/017/G001762/20110706087/
2011年07月06日

livedoorニュース

″ささやく広告″という新メディア!驚異的な薄さ1.5mmのスピーカー
「TLFスピーカー(ティエルエフ・スピーカー:Thin-Light-Flexible Speaker)」は、早稲田大学山崎芳男教授の基本アイディアをもとに同社が独自に開発した薄型・軽量の静電スピーカーだ。全体が柔構造で形状も自由にでき、印刷した表面カバーなどで覆うことにより、視覚情報も提供することが可能となっている。さらに、扱いやすさと安全性に加え、消費電力2Wと省エネ化を実現した。また、平面状に音を出すため、必要な範囲だけに、スピーカーから近くても遠くても耳元で囁くような音を提供できる。こうした特長から、「TLFスピーカー」はこれまで音の出なかった広告に単に音を付加するだけでなく、より効果的に情報を伝えられる新たな道具として、店舗や交通広告など幅広い用途に利用することが可能だ。
http://news.livedoor.com/article/detail/5688915/
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110705_458390.html
2011年07月06日

Gigazine

超高速の「WiMAX 2」に対応した端末やWiMAXの活用例などが公開される
今までにない高度なマーケティング機能を搭載することで、売り上げを3倍に引き上げた次世代自販機など、WiMAXの高速・大容量回線の活用した事例には興味深いものがありますが、新たなアプローチが行われています。まずは今回の目玉、「WiMAX 2」に関する展示。現行のDC-HSDPAやLTEを圧倒する通信速度と大容量通信を実現する次世代通信規格です。
http://gigazine.net/news/20110706_wimax2_device/
2011年07月06日

Dream News

コンテック、高性能産業用パソコン「ボックスコンピュータ BX951シリーズ」
新製品「ボックスコンピュータ(R)BX951シリーズ(以下、BX951シリーズ)」は、厚み25mmの薄型筐体を実現した組み込み用パソコン「ボックスコンピュータ(R)BX950シリーズ(発売中、以下BX950シリーズ)」の性能/機能性はそのままに、大型ヒートシンクを採用することで厚み45mmのスリム・スリットレス筐体でファンレス動作を可能にした組み込み用パソコンです。
BX950シリーズは、発売以来、装置のどこにでも組み込める薄型コンピュータとして、また、ハイビジョン動画対応の組み込み用デジタルサイネージプレイヤーとしてなど、さまざまな分野で幅広くご採用いただいておりますが、設置環境が悪く、ホコリや異物の浸入が心配される環境でも使用できる製品も欲しいというご要望をいただいておりました。コンテックは、こうしたお客様からのご要望を今回発表させていただきます新製品「BX951シリーズ」でお応えいたします。
http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000034970
2011年07月06日

マイコミジャーナル

ビジネスの生産性を高めるアウトソーシング活用術
「すべての業務において、さらに専門性を高めることで、より満足していただける体制を構築したい」と片町氏は語る。専門性の強化という意味では、同社のグループ会社や資本提携会社にも見て取ることができる。POS・レジ・デジタルサイネージといった店舗内機器に特化した保守・サポート専業会社、流通倉庫運営に特化した物流専業会社などがその一例だ。
http://journal.mycom.co.jp/series/outsoursing/006/
2011年07月06日

日本経済新聞

シアーズ、電子看板の節電サービス 電力逼迫したら自動消灯
電子機器製造・販売のシアーズ(東京・港、加藤健実社長)は、店頭などに置く小型のデジタルサイネージ(電子看板)向け節電サービスを月内に始める。今後の電力使用量を独自に予測。あらかじめ設定した数値を超えると、自動的に機器が消灯する。月間利用料は980円から。初年度5000件の導入を目指す。シアーズは電力の使用状況や気温、湿度などから2時間後までの電力使用量を予測するシステムを自社のサーバーに搭載。…
2011年07月05日

流通ニュース

日本KFC/創業記念日に次世代店舗の新宿南口店オープン
日本ケンタッキー・フライド・チキンは、ケンタッキーフライドチキン(KFC)次世代店舗初出店から1周年を迎える7月から、日本KFC創業記念日の7月4日に次世代店舗「KFC新宿南口店」が開店した。「KFC新宿南口店」は、地上2フロア、地下1フロアの合計3フロアを利用した大型KFC次世代店舗。1階にはデジタルサイネージを設置して商品を案内し、2階客席には一般公募「KFC次世代店壁面アートワークコンテスト」の入賞デザインを配置した。地下1階の客席フロアは、POPなイメージながら落ち着いた雰囲気に、また、2階客席は外光を取り入れた明るいフロアで、一人からグループまでゆっくり過ごせる席を設置した。
http://www.ryutsuu.biz/store/d070510.html
http://shinjuku.keizai.biz/headline/1194/
2011年07月05日

Response

KFC次世代店舗に太陽光発電とリチウムイオン電池…パナソニックが納入
今回納入した太陽光発電システムは、限られたスペースでも大容量を発電できる世界最高水準のモジュール変換効率16.8%の単結晶系ハイブリット形太陽電池モジュールで、店舗の外壁に215Wタイプ40枚のパネルで構成、年間約8800kWhを発電する予定。発電した電力は空調などの店舗内機器に利用されるとともに、これらの発電状況などを分かりやすく、来店者にPRするための42インチディスプレイも店舗内に設置する。
さらに、メニュー印刷物を削減し、顧客満足度の向上を目的に導入するデジタルサイネージボードとして屋内用ディスプレイ3台とともに、デジタルサイネージソリューション「NMstrage」をパナソニック・システムが納入した。効果的な映像配信を実現する。
http://response.jp/article/2011/07/05/158959.html
http://www.ryutsuu.biz/topix/d070419.html
http://www.rbbtoday.com/article/2011/07/04/78594.html
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110704/biz11070417250017-n1.htm
http://www.zaikei.co.jp/article/20110704/75275.html
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20110704_458196.html
http://www.j-cast.com/mono/2011/07/04100193.html
2011年07月04日

Business Media 誠

GALAXY連係のサイネージがリモコン対応、日本サムスンが業界初
日本サムスンは7月4日、リモコンだけで操作できる40型のデジタルサイネージシステム「店舗の力」を発表した。オープン価格だが参考販売価格は19万8000円で、出荷開始時期は7月末。
同社では2008年6月に同型のデジタルサイネージシステム「ハルエとケイジ」を発売、ホームセンターやレストランなど小規模小売店舗を中心に7000台以上を出荷した。しかし、「専用ソフトの操作が難しい」「設置現場ですぐに表示コンテンツを差し替えたい」という要望があったことから、今回の「店舗の力」が誕生したという。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1107/04/news096.html
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/07/04/077/
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20110704/276388/
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20110704/1032761/
2011年07月04日

広報担当者PR通信

第3回販促EXPO開催!
販促EXPOは、日本最大の見本市主催会社、リード エグジビション ジャパン株式会社が主催する日本最大の商談専門展。ノベルティグッズ、記念品、POP、店舗什器、デジタルサイネージ、携帯販促サービスなどが一堂に集まる。
http://prnn.jp/news_rMRMl1yvb.html
2011年07月04日

Biz.ID 誠

摩天楼がない都市・福岡のビジネス環境を見てきた(神尾寿編)
福岡はデジタルサイネージの多さでも全国有数。しかもすべて通信モジュール搭載でオンライン化しており、Yahoo!ニュースはじめリアルタイムのコンテンツを提供している。
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1106/23/news026.html
2011年07月04日

Value Press!

Padをサイネージ表示用端末に!デジタルサイネージが簡単に作成・管理できる【サイネージ・リレーションCMSサービス】をiPadでご利用いただけるようになりました。
iPadは小型・軽量なので、持ち運びながら或いは、商品棚など大型ディスプレイが設置できない場所へ設置し、サイネージ端末としての活用が可能です。【サイネージ・リレーションCMSサービス】のコンテンツ管理システム(CMS)により、従来のサイネージコンテンツもiPad用のコンテンツも一元管理することができ、さまざまなデバイスの組み合わせを活用した運用をスムーズに行うことができます。
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=80330
2011年07月04日

キーマンズネット

HPCシステムズ、第2世代Core i搭載の省スペース産業用PCを発売
「EMB-SB104TY」は、幅136mm×奥行き386mm×高さ356mm(突起物などを除く)の省スペースなタイニーサイズながら、フルハイトサイズのPCIボードが挿せる拡張性を備えている。また、“堅牢性・長期供給・安定動作”を実現し、最新の処理性能を備えている。第2世代Core iシリーズ(i7/i5/i3)とQ67チップセットのマザーボードを採用し、従来の産業用PCに比べ高い処理性能を備えている。これらにより、マシンビジョン/セキュリティ/アミューズメント/検査装置/デジタルサイネージなど、各種コントローラPCとして利用できる。
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/87/20035087/
2011年07月02日

中日新聞

スーパー店内に電子広告 モニターでお得情報
・アルビス高柳店で実証実験
食品スーパーのアルビス(富山県射水市)は一日から、金沢市の高柳店で電子広告(デジタルサイネージ)の実証実験を始めた。映像モニターでセール品を随時紹介するほか、有名シェフ監修のお薦めレシピなど買い物客に役立つ情報を放映し、集客力アップにつなげる。映像モニターは計四台で、入り口とフードコート、調理実演コーナーに四十二インチを、納豆コーナーに十インチを設置。お買い得情報をはじめ、テレビ番組の食品ランキングや缶詰を使った簡単なおつまみの作り方など多彩な情報を提供する。
実証実験は日立製作所、電通と実施。日立が発売した「サインチャンネル」という電子広告サービスを活用する。インターネットを通じて放映内容を操作する「クラウド型」で、食品スーパーへの導入は国内初という。
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/economy/news/CK2011070202000170.html
2011年07月01日

マイコミジャーナル

リコー、HOYAのPENTAXイメージング・システム事業を買収
HOYAとリコーは1日、HOYAのデジタルイメージング部門であるPENTAXイメージング・システム事業のリコーによる買収について合意にいたり、契約を締結したと発表した。買収は10月1日付の予定で、リコーはデジタルカメラなどの製品の一部において、HOYAは内視鏡などの製品でお互いにPENTAXブランドを共有する形になり、両社でPENTAXブランドの継続・拡大を目指していく考えだ。リコーはデジカメ事業に加えて、同社のネットワーク事業や複写機・複合機、写真のアーカイブ事業など、「コンシューマ向けの付加価値事業を充実させていきたい」(リコー・近藤史朗社長)意向で、3年後には1,000億円規模に拡大させたい考えだ。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2011/07/01/rp/
2011年07月01日

財経新聞

サイバーステーション、デジタルサイネージ情報を発信する「デジサイン、ブログ」を開設 http://www.cmasp.jp/blog/
デジタルサイネージメーカーであるサイバーステーション(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:福永 泰男、以下 当社)は、当社の最新情報や、社長の生の声、デジタルサイネージ業界で著名な方々からの情報などを盛り込んだ「デジサイン、ブログ」を2011年7月4日(月)より開設いたします。
ブログURL: http://www.cmasp.jp/blog/
http://www.zaikei.co.jp/releases/13281/
2011年07月01日

EETIMES Japan

「ついに普及へのしきい値を超えた」、組み込み画像認識の業界団体が発足
コンピュータによる画像認識技術は、30年を超える長い研究の歴史があり、さまざまな応用分野で実用化されている。先行したのはビジネスや商工業の分野である。光学文字認識(OCR:Optical Character Recognition)やセキュリティ監視システム、工業用検査/製造装置など、数多くの製品があり、大きな市場を形成している。これに対し、一般消費者向けの組み込み機器の分野では、比較的実用化が遅かった。この状況が劇的に変わりつつある――。
http://eetimes.jp/ee/articles/1107/01/news012.html