• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2011年06月30日

流通ニュース

三井不動産/三重のアウトレット増床、44店舗が新規出店
第4期開業となるもので、店舗数は196店舗から240店舗へと拡大し、店舗数において国内最多のアウトレットモールとなる。新たに、日本初出店6店、東海初出店31店を含む、44店が新規出店するほか、隣接する遊園地「ナガシマスパーランド」との融合をテーマに、施設デザインで「リゾート」を表現した。全200席の全天候型休憩スペース「Gardenterrace(ガーデンテラス)」を設置し、アウトレット業界初のデジタルサイネージ(電子看板)を導入した。
http://www.ryutsuu.biz/store/d063026.html
2011年06月30日

Value Press!

クルーズ・コミュニケーションズ、映像とメディアのインテグレーションサービス
映像とメディアのインテグレーションは、当社がいままで制作してきたテレビ番組や、企業PR映像、学校用副教材ビデオ等の制作実績、及び、相田みつを美術館(東京国際フォーラム)が公開しているWeb映像配信「みつをTV(http://www.mitsuo-tv.com)」の運営実績を活かし、「映像制作とメディア活用、映像配信システム構築」をまとめてサービスするプランです。企業の販促ツールまたは社内の情報伝達手段として情報をビジュアル化し、利用者が拡大しているスマートフォンやパッド端末への映像配信、お客様の自社Webサイトからの映像配信、デジタルサイネージ、または放送媒体を使った全国展開など、さまざまなメディアを通じて映像情報を発信できるよう取り組んでいます。
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=80514
2011年06月30日

AdverTimes

デジタルサイネージでマンガを立ち読み 気に入ったものは購入可能
ソフトバンク クリエイティブは26日から、博多港国際ターミナルに設置するデジタルサイネージで、ハーレクインコミックスの「立ち読み」ができるサービスを開始した。
ハーレクインコミックスの人気作品が、1タイトルにつき50ページまで無料で閲覧できるというもので、気に入ったものは画面上のQRコードをiPhoneのカメラで読み込むか、メールアドレスを入力して購入先のURLを受信する方法で、AppStoreからコンテンツを購入することができる。博多港国際ターミナルは、韓国や中国からの観光客が多いことから、日本語のほか英語、韓国語、中国語(簡体字)の4カ国語に対応している。
同社の担当者は「設置して一週間経っていないが、地図や周辺情報などのコンテンツに次いで利用は多い。今後、新たなタイトルを追加していとともに、電子書籍閲覧アプリをハードウエアとセットで、さまざまな分野の店舗・施設に展開していく」と話している。
http://www.advertimes.com/20110630/article21563/
2011年06月30日

仙台経済新聞

七夕の願い事を集めるサイト「願い短冊」開設-「仙台七夕」の一環で
開催に先駆けて6月15日、国内外から願い事を募集する同サイトを開設。「実際に足を運んで短冊を書きたいが当日来られないという人もたくさんいると思う。そんな世界中の方々に一人でも多く祭りに参加いただき、短冊の願いを復興の歩みにつなげられれば」と同協賛会担当者。寄せられた願い事は、同祭メーン会場となる勾当台公園市民広場でデジタルサイネージや映像スクリーンなどでの展示を検討している。
http://sendai.keizai.biz/headline/951/
2011年06月30日

+D PC USER

MSI、車載情報端末ブランドを日本市場に
エムエスアイコンピュータージャパンは、同社の車載情報端末ブランド「FUNTORO」を日本市場で取り扱うことを明らかにした。主に法人需要をターゲットにして、観光バスや長距離バスの音声ガイドシステムや映像配信システム、路線バスのデジタルサイネージ、トラックのテレマティクス製品を販売する。
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1106/30/news079.html
2011年06月30日

カナロコ

技術でブランド力UP、川崎区の板金加工会社が新製品「アイ・ネージ」/神奈川
精密板金加工会社「リ・フォース」(川崎市川崎区塩浜)が新しい製品を生み出した。その名も「アイ・ネージ」。米アップル社の多機能情報端末「iPad(アイパッド)」を活用した電子看板(デジタルサイネージ)だ。リーマン・ショック以降、厳しい状況が続く中小企業だが、ものづくりのまち・かわさきの企業として、技術を最大限に生かし、自社のブランド力をアップさせよ
うとしている。
アイ・ネージは、電子看板の一つだが、iPadを上部にはめ込めるのが特徴。iPadをそのままディスプレーとして活用できるため、新しい形の「電子看板」としても注目されている。高さは約150センチ。ゆるやかな曲線は板金加工の技術を生かしたもので、シャープでしゃれたデザインになっている。価格は30万円。
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1106300024/
2011年06月30日

BCN Bizline

認識高まるデジタルサイネージの価値 震災後、情報インフラとして力を発揮
日本最大のネットワーク展示会「Interop Tokyo2011」に併設された「デジタルサイネージジャパン2011」。最終日は好天に恵まれ、盛況を博した。特定の人に対して必要な情報を届けるというデジタルサイネージの価値が、震災によって見直されている。デジタルサイネージは、情報インフラとして浸透し始めたのだ。注目すべき動きとして、低価格製品が続々と登場していることが挙げられる。とくに大手ディスプレイメーカーが低価格路線に走り始めたことで、ローエンドの市場は激戦の様相を呈している。(鍋島蓉子)
大震災を機に、これまで広告媒体の色彩が濃かったデジタルサイネージを、緊急時に使えるメディアとして発展させるにはどうしたらいいかという新たな利用シーンの模索、それに伴う課題にデジタルサイネージを手がけるベンダーは取り組み始めている。今回の地震発生時には、一部の駅などで契約にもとづきNHKや列車運行情報をディスプレイに表示した。必要な情報を利用客に伝えるための情報インフラとして、その存在意義を発揮したのだ。
http://biz.bcnranking.jp/article/explanation/1106/110630_126791.html?t=1309837771
2011年06月30日

IT MONOist

【ETWest2011】震災復興への取り組みを広くアピール!! TOHOKUパビリオン
16、17日の2日間、インテックス大阪で「Embedded Technology West 2011/組込み総合技術展 関西(以下、ETWest2011)」が開催された(主催:社団法人 組込みシステム技術協会)。本稿では、東日本大震災の被災地域である宮城県と岩手県に拠点を置く、企業5社が合同出展していた「TOHOKUパビリオン」の出展内容を紹介する。
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1106/29/news007.html
2011年06月29日

Searchina

スターティアは子会社のスターティアラボが第3回販促EXPOに出展
第3回販促EXPOは、ノベルティグッズ・記念品・POP・店舗什器・デジタルサイネージ・携帯販促サービスなどが一堂に出展する日本最大の商談専門展。スターティアラボは、同展示会においてSaaS版電子ブック作成ソフト「ActiBookSaaS」とホームページ作成サービス「デジタリンクCMS」とを組み合わせた集客力を強化するパッケージサービスを展示する。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0629&f=business_0629_057.shtml
2011年06月28日

ITpro

ミラクル・リナックス、Zabbix向けのVMware ESX/ESXi監視テンプレートを発売
同テンプレートを使うことで、VMwareの管理サーバーである「VMware vCenter Server」を介さずにZabbixで直接VMware ESX/ESXiサーバーの稼働状況を監視できるようになる。監視可能な項目は、(1)CPU使用量、(2)メモリー使用量、(3)ディスクI/O使用量、(4)ネットワークトラフィック---など。ESX/ESXiサーバーおよびその上で動く仮想マシンの死活監視や電源状態の監視なども可能となっている。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110628/361788/
2011年06月28日

WirelessWire News

モバイルクラウド時代の「スマートデバイス」の進化(後編)
NTTドコモ スマートコミュニケーションサービス部 コンテンツ支援担当部長の山下 哲也氏にお話を伺った。後編ではデバイスの進化についてお送りする。
http://wirelesswire.jp/special/201106/01/article/3.html
2011年06月27日

IT MONOist

【DSJ2011】ディスプレイ技術の革新で発展するデジタルサイネージ
デジタルサイネージの要素技術の中でも最も重要なのは“ディスプレイ技術”だろう。DSJ2011では新しい技術動向が見られた。
シャープは、新開発した超薄型ベゼルの60V型ディスプレイ「PN-V602」一押ししていた。同製品はマルチ構成(最大25画面)でシステムフレーム幅がわずか6.5mm。さらに、「直下型LEDバックライトの採用により、エリア制御で消費電力を半分にしたり、従来機比で約2倍となる1500カンデラ毎平方メートル(cd/m2)の高輝度を発揮する」(説明員)。実際に目を引く“明るさ”だった。サムスン電子(展示は代理店であるエヌジーシー)も当然、超薄型ベゼルを訴求ポイントにし、マルチ構成(最大100画面)で5.5mmのシステムフレーム幅を実現した55V型新製品「SyncMaster UD55A」をブース前面で展示していた。同製品の輝度は700cd/m2とシャープ新製品の半分以下だが、その分、消費電力を250Wに抑える。デジタルサイネージ分野でも両社の争いは続きそうだ。
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1106/27/news009.html
2011年06月27日

Business Media 誠

デジタルサイネージやニンテンドー3DSも採用、3Dディスプレイ市場が急拡大
富士キメラ総研は6月24日、3D関連の世界市場調査結果を発表。テレビやPCモニター、ノートPCなどで利用されるメガネ方式の3Dディスプレイの2011年の市場規模は、数量では前年比555.3%増の3493万台、金額では同491.0%増の1兆2185億円と大幅に伸びる見込みであることが分かった。デジタルサイネージ(電子看板、参照リンク)やニンテンドー3DSなどで利用される裸眼方式の3Dディスプレイの2011年の市場規模は、数量では前年比4534.0%増の2456万台、金額では同1526.3%増の618億円とメガネ方式以上に伸びる見込み。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1106/27/news041.html
http://response.jp/article/2011/06/27/158577.html
http://www.phileweb.com/news/d-av/201106/24/28714.html
2011年06月24日

Business Media 誠

ソフトバンク クリエイティブとオリックス、デジタルサイネージ事業で業務提携
ソフトバンク クリエイティブが「デジタルサイネージを活用した販売促進/広告の提案、コンテンツ制作」「サイネージシステムの提供、機器の設置、メンテナンスサービス」、オリックスが「グループのネットワークを活用した営業展開」「レンタルサービスの提供」を担当。東アジア(日本・韓国・台湾・中国)を中心に普及させ、今後5年間で1万台の導入を目指していくという。
提携第1弾として、6月26日にハーレクインコミックを立ち読みできるデジタルサイネージを博多港国際ターミナルに導入。両社では「新しいマーケティングツールとして、スーパーやドラッグストアなどの流通業者、複合商業施設のオーナー、自治体向けに展開していく。例えば複合商業施設では、来訪者が各テナントのおすすめ情報やキャンペーン情報をタイムリーに取得したり、割引クーポンを受け取ったりすることで、集客効果や販売促進効果が期待できる」とコメントしている。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1106/24/news095.html
http://www.netventure-news.com/news_RocRBSNYO.html
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110622/361654/
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/06/22/055/
http://japan.internet.com/wmnews/20110622/3.html
http://www.rbbtoday.com/article/2011/06/22/78174.html
2011年06月24日

JCAST

「ハーレクインコミックス」無料で立ち読み
ソフトバンク クリエイティブは、タッチパネルに直接触れながら電子書籍を閲覧できる「立ち読みサービス」を、博多港国際ターミナルに設置するデジタルサイネージで、26日から開始する。
ハーレクインコミックスの人気作品を1タイトルにつき50ページ
まで無料で読めるサービス。コ ミックスは日本語・英語・韓国語・中国語(簡体字)の4か国語に対応しており、切り替え操作をすることでそれぞれの言語のハーレクインコミックスを、タッチパネルに直接触れ、ページを繰りながら閲覧することが可能。待ち時間のヒマつぶしに最適だ。
http://www.j-cast.com/mono/2011/06/24099274.html
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1106/22/news065.html
http://japan.internet.com/wmnews/20110622/4.html
http://www.rbbtoday.com/article/2011/06/22/78178.html
2011年06月24日

Tech-On!

Micrel,LDOレギュレータを使った白色LEDドライバICを2品種発売,600mA出力品と800mA出力品を用意≪訂正あり≫
米Micrel, Inc.は,LDOレギュレータを使った白色LEDドライバICを2品種発売した。最大出力電流が600mAの「MIC4801」と,800mAの「MIC4802」である。同社によると,「スイッチング・レギュレータ方式とは異なり,インダクタを使わないためスイッチング雑音を抑えられると同時に,部品点数を削減できる。変換効率についても,スイッチング損失がないため,高い数値が得られる」としている。LEDの駆動電圧を若干上回る入力電圧を用意できれば,上記のようなメリットが享受できるだろう。建築照明や街路灯,一般照明などのほか,広告表示板などのデジタル・サイネージ用途にも向ける。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110624/192866/
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20110624/275399/?rt=nocnt
2011年06月24日

DreamNews

日本M&Aセンター「広告代理店業界の経営者様向けM&Aセミナー」~10年後も残る会社・10年後には消える会社~ 開催決定!
新しい価値観の創造が求められる広告代理店業界。デジタルサイネージ、地デジ化、電子書籍が起こすパラダイムシフトが広告業界に与える影響とは? 本セミナーでは、変化し続けるデジタルネットワーク社会の中で、生き残る会社、伸びる会社のM&Aを活用した経営戦略を公開いたします。
http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000034420
2011年06月23日

AV Watch

シャープ株主総会開催。「液晶TVの次の技術を目指す」-株主からの厳しい質問に片山社長がコメント
冒頭、報告事項として2010年度の業績についてビデオを放映。エレクトロニクス機器部門においては、液晶テレビ「AQUOSクアトロン」や3D映像が楽しめるブルーレイディスクレコーダーの販売を推進。オープンOSを搭載したスマートフォンの国内市場投入、GALAPAGOS事業の開始などについて説明した。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110623_455288.html
2011年06月22日

RBB TODAY

フリースケールが新製品群を解説!通信プロセッサは4倍の性能を実現
今回発表されたのは、ネットワーキング市場向けのマルチコア・プロセッサ「QorIQ(コア・アイキュー)」の新ファミリである「QorIQ アドバンスト・プロセッシングシステム」の「T4240」と、車載市場向けのミックスド・マイクロコントローラ・ファミリである「S12 MagniV(マグニビィ)」初のシングルチップデバイス「S12VR64」の2製品。
http://www.rbbtoday.com/article/2011/06/22/78207.html
http://eetimes.jp/ee/articles/1106/22/news097.html
2011年06月22日

ねとらぼ

誰でも“かめはめ波”が打てるようになった?――ARアプリ「プラーナ」初公開
実際の動きと画面の“気”の動きにタイムラグはなく、画面だけ見ていると、録画済みの映像にCGを合成しているのではないかと思えるくらいだ。LiveARでは“気”以外のCGもリアルタイムに合成できるため、TVやデジタルサイネージに活用したり、例えばライブイベントでステージ上の人物が仮想キャラクターに変身し、それを観客用モニタに映すなどの使い方ができるという。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1106/22/news099.html
2011年06月22日

Searchina

全面高で3日続伸【本日の相場ポイント・概況】
後場はアジアの株式市場が高く、上げ幅を拡大。「オリックス <8591> とデジタルサイネージ事業で提携する」と報じられたソフトバンク <9984> が大きく買われ、菱地所 <8802> や住友不 <8830> など不動産も堅調。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0622&f=business_0622_195.shtml
2011年06月22日

cnet Japan

新型業務用タブレットPCを開発
イデアクロス株式会社(東京都中央区銀座4丁目10-3 セントラルビル7F 代表取締役 中嶋公栄)は、2011年7月1日、フェリカなどNFC(TypeA、TypeB、TypeC)のリーダライタを搭載した業務用タブレットPC「NEXTOUCH neo(ネクスタッチ ネオ)」を発表する。
イデアクロスは、2010年8月に世界で初めてとなるフェリカのリーダライタを搭載した10.1インチAndroidデジタルサイネージNEXTOUCHを発表、現在も唯一のフェリカを搭載したAndroidの流通製品として注目を集めている。また、NEXTOUCHは、買物弱者支援事業でメインソリューションとして採用されたほか、震災被災地支援などでの活用を期待されている。そのほか、地域活性化事業による地域マネーサービスやクーポン配付事業などの地域活性化事業での活用も始まっている。
http://japan.cnet.com/release/30004619/
2011年06月22日

cnet Japan

Imagine Cup 2011世界大会に向け、代表らが研修に参加
組み込み開発部門では、京都工芸繊維大学や大阪市立デザイン教育研究所、早稲田大学の混成チームSunDonationが、デジタルサイネージを用いた募金システム「SunDonation」を発表し優勝。移動式選挙ソリューション「DeSK」を発表したサレジオ工業高等専門学校のSP2LCが2位、LED信号機の可視光を利用したアイドリングストップソリューションを発表した東京工業高等専門学校のcoccoloが3位となった。
http://japan.cnet.com/news/business/35004342/
2011年06月22日

朝日新聞

NECディスプレイ、高輝度DLPプロジェクタと23型ワイド液晶モニタの新モデル
高輝度DLPプロジェクタ「NP-PX750UJD」は、2灯式のランプシステムを採用することで、高輝度7500ルーメン(2灯時)を実現した。また、パネル解像度WUXGAでフルハイビジョン映像をリアルに表示する。
http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201106220009.html
2011年06月21日

Gpara.com

『ラブプラス+』×「ホールズ」のコラボ映像公開!廉価版の発売も決定
公式サイトで公開された映像は、『ラブプラス』シリーズの登場キャラクタのひとり「姉ヶ崎寧々」とのコラボレーション映像で、6月13日(月)から関東・関西一部地域の駅構内電子広告(デジタルサイネージ)として放映されている。「エレベーター編」と「ブランコ編」の2種類が用意されているので、あわせてチェックしてほしい。
http://www.gpara.com/article/cms_show.php?c_id=25902&c_num=14
http://www.inside-games.jp/article/2011/06/21/49860.html
http://www.kotaku.jp/2011/06/nene_halls_sighnage.html
http://gadget.itmedia.co.jp/gg/articles/1106/21/news050.html
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20110621_454729.html
http://www.famitsu.com/news/201106/21045539.html
2011年06月21日

朝日新聞

「E3 2011」に見るゲームビジネスの未来~デジタルハリウッド大学院の教授2名による対談イベント~
日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院では、先日ロサンゼルスで開催されました「E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2011」を受け、ゲームビジネスの今後を考える特別対談を実施いたします。
この「E3 2011」へ実際に参加をし、最新ハードウェアを現地のリアクションと共に体感した三淵啓自専任教授、そして最新の3DCG技術をベースに、携帯端末、デジタルサイネージ、ゲームなどに向けた次世代のソフトウェアソリューションを研究している香田夏雄専任准教授の両名が、対談形式でゲームビジネスの未来について大いに語ります。
http://www.asahi.com/business/pressrelease/PRT201106210034.html
2011年06月21日

Web担当者

つなぐ、とどける、うごかすクリエイティブ
この記事では、これから10年後にさらに飛躍したいクリエイターの方に向けて、前回の「10年後を生き抜くWeb業界の心得10か条」で捉えた業界の変化を見据えつつ、「つなぐ、とどける、うごかすクリエイティブ」のケーススタディや制作のポイントを具体的に紹介します。これは、トレンドとユーザー動向をとらえ、Webプロデュースのありかた、携帯(スマートフォン含め)やタブレット、デジタルサイネージを含めたマルチデバイスやソーシャルストリームのサイト設計について、筆者が所属するインヴォーグの研究内容を踏まえ、社内の研究開発で実践されたものです。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2011/06/21/10427
2011年06月20日

AdverTimes

関東と関西17駅のサイネージで ホールズとラブプラスのコラボ映像
日本クラフトフーズは、コナミの人気恋愛シュミレーションゲーム「ラブプラス」とコラボレーションし、6月6日より順次全国で発売される「ホールズ ピンクグレープフルーツ」のパッケージに、ラブプラスのキャラクターを採用している。そのプロモーションの一環として、13日より新宿駅西口、渋谷駅、秋葉原駅など関東14駅、大阪駅など関西3駅で駅構内のデジタルサイネージを使った広告活動をスタート。映像はデジタルサイネージの特性や形状を生かして制作。上昇するエレベーターの中から等身大のキャラクターが通行客を彼氏に見立てて呼びかける「エレベーター」篇と、サイネージの中でスイングする「ブランコ」篇の2種類がある。



関東
6/13~6/19 新宿駅西口
6/13~6/26 品川駅、渋谷駅、池袋駅、秋葉原駅、東京駅、恵比寿駅、上野駅、横浜駅、赤羽駅、大宮駅、三鷹駅、国分寺駅、八王子駅


関西
6/13~6/26 大阪駅、京都駅、三ノ宮駅


http://www.advertimes.com/20110620/article20405/
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/046/46313/
http://gigazine.net/news/20110613_halls_loveplus_movie/

2011年06月18日

ValuePress!

1分でわかる!動画解説サービス WARKが発表!
株式会社WARK(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 長瀬昭彦)は、「知らないこと、難しいことをアニメーションと音声を使って、わずか1分で解説する」という新しいコンテンツ制作サービスを開始した。クライアント様のサービスや製品を、フラッシュアニメーションを駆使して短い時間で楽しくアニメで表現するところが特徴!もちろん製品への組み込みも可能。その他、ECサイト商品宣伝、eラーニングコンテンツ、動画マニュアル、プレゼン資料をアニメーション、デジタルサイネージなどの要望にも対応できる。
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=79700
2011年06月17日

展示会コミュニケーションサイト

渋谷駅上のヒカリエホール予約受付開始(6/14)
東京急行電鉄(株)は6月20日から「ヒカリエホール」の利用予約受付を開始した。同施設は来年6月開業予定の構想複合施設「渋谷ヒカリエ」の9・10階をイベントホールとして営業するもの。1,000平米の大ホールと300平米の小ホールで構成され、2ホール一体利用時の最大利用可能面積は2,800平米と都心部有数の大規模イベントホールとなる。約7mの天井高や、舞台機構・照明・音響設備を備え、ファッションショー、記者発表、会議・セミナー、各種展示会などさまざまな催事に対応する。渋谷ヒカリエ館内はイベント告知や商品PRなどに活用できる広告スペースやデジタルサイネージを設置予定。また、渋谷界隈には同社の管理する多数の広告メディアがあり、ホールでのイベントに加えて街全体をメディアとして連動させることで、効果の高い情報発信が可能となる。
http://www.eventbiz.net/p/news_c2/?goodsKey=/goods/1308302391223/
2011年06月17日

AdverTimes

「次世代自販機」がデジタルサイネージアワード2011を受賞
株式会社JR東日本ウォータービジネスとピーディーシー株式会社は、デジタルサイネージアワード2011にて、「デジタルサイネージを活用した次世代自販機」において、シルバー賞を受賞しました。
「次世代自販機」は、デジタルサイネージを活用した自動販売機で、通常の自動販売機の約2倍の売上を上げるなど、効果をもたらすデジタルサイネージの成功事例となっているものです。また、お客さまの性別・年代や、時間帯・気温に合わせて飲料をおすすめレコメンド機能や、どの飲料がどの性別・年代に購入されているかのデータを取得するマーケティング機能などを搭載している、新しいタイプの自動販売機です。現在は、品川駅・東京駅・仙台駅などに49台が設置されており、節電モードでの営業を行っております(一部については休止中)。今後も、合計500台を、東京近郊のJR東日本エキナカで展開していく予定です。
http://www.advertimes.com/20110617/article20277/
http://akiba.keizai.biz/headline/2452/
http://www.paymentnavi.com/cardnavi/15323.html
http://mainichi.jp/select/biz/prtimes_release/archive/2011/06/16/000000056.000001667.html
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000001667.html
2011年06月17日

室蘭民報

登別でおにスポICT運動教室~新感覚フィットネスを体験
ICTはサーバー、遠隔相談端末、パソコン、双方向のデジタルサイネージ用ディスプレーで構成されている。札幌のNPO法人健康保養ネットワークの運動指導士と回線を結び「運動強度」と「難易度」に応じた10クラスを行う。市内外から延べ約40人が参加し、52インチの大型モニターを使って運動の実践状況を確認した。参加者は「自分の動きをテレビで見るのが不思議」と新しい取り組みを楽しんでいた。
http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2011/06/17/20110617m_05.html
2011年06月17日

BCN Bizline

OSS、光の裏にリスク
先日、品川に行ったら、JR品川駅の大量のデジタルサイネージをLinux最大手のレッドハットが占拠。港南口に続く道は赤一色に染まっていました。 ベンダーに依存せずに、低コストで自由度が高いシステムをつくることができるOSS。技術力と知識は必要ですが、利用価値は大きいと感じています。
http://biz.bcnranking.jp/article/column/m_hitokoto/1106/110617_126713.html
2011年06月17日

大分合同新聞

見て知って選んで 大分空港に映像広告
大分空港ターミナルビルを管理・運営する大分航空ターミナルは空港ロビー2階のお土産コーナー「旅人(たびと)」にデジタルサイネージ(映像広告)を4台設置した。県内の観光スポットや特産品の映像を流し、観光PRやお土産品の販売促進に役立てる。
サイネージは11型の薄型スクリーン。大分合同新聞社が設置に協力した。今月末まで設けている「県南・県北フェア」や地酒のコーナーでは、商品と関係の深い地域の観光スポットや伝統行事の映像を大分合同新聞社が音声付きで編集している。
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2011_130827295624.html
2011年06月16日

Tech-On!

CRIがマイコン向けの動画および音声再生ソフトを開発、「あらゆる機器に動画や音声を」
同社は応用先として、家電やデジタル・サイネージ機器、OA機器、FA機器、自動販売機などを想定する。「最近の組み込みシステム用マイコンは、10年ほど前の据置型ゲーム機のマイクロプロセサと同程度の演算性能を備える。家電などのさまざまな機器が、動画や音声を容易に扱える状況になった」(同社 営業部 担当部長の石黒哲夫氏)とみてマイコン版を開発した。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110616/192647/
2011年06月16日

ITpro

テキストを音声ファイルに変換する音声合成SaaS
NTTアイティの「バーチャル・ナレーター」は、Webブラウザから送った日本語テキストを音声合成により音声ファイルに変換して返すSaaS型サービスである。声の高低や話す速さなどの各種パラメータ設定、ユーザー辞書、フレーズ単位で読みやアクセント、間の長さなどを登録する機能がある。用途としては、交通情報ニュース提供、緊急時の社員への一斉連絡、デジタルサイネージ用の音声コンテンツ作成などを想定している。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/db/article/10005296/
2011年06月16日

経団連タイムス

インターネットと新しい日本の出発
-村井・慶應義塾大学教授に説明聞き意見交換/情報通信委員会
震災直後から、インターネット上ではソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のような新たなサービスも活躍した。新聞、テレビ、ラジオなども、かねてからインターネットとの連携を進めてきた結果、今回の災害時には、電子版の無料配信や動画配信サイトでのニュース番組配信など迅速な対応が可能となった。また、公共空間でのデジタルサイネージ(電子看板)の活用や、特定のサイトへのアクセス集中の回避技術も用いられ、ICT社会の情報伝達・共有に重要な役割を果たした。
http://www.keidanren.or.jp/japanese/journal/times/2011/0616/10.html
2011年06月16日

Business Media 誠

広告だけじゃない! オフィス向けやソーシャル連携も――デジタルサイネージアワード 2011
デジタルサイネージコンソーシアムは、6月8日~10日に幕張メッセで行われたデジタルサイネージジャパン 2011で「デジタルサイネージアワード2011」受賞作品の発表と表彰を行った。
表彰に当たり、デジタルサイネージコンソーシアムの中村伊知哉理事長は「少し前まではデジタルサイネージといえば“広告のための電子看板”というイメージだったが、ネットワークメディアとして成熟してきて、いろんな場面で役に立つメディアになってきたと実感している」とコメントした。


最優秀賞であるゴールド賞を受賞したのは、NTT東日本の「東京サイネージ」。同社東京支店が組織統合するのを機に導入したオフィスサイネージで、緊急時に情報を取得するため地上デジタル放送にも対応しており、東日本大震災でも活用されたという。


NTT東日本の後藤玲子広報課長は「社内に拠点を90カ所、ディスプレイを400台設置して、1万人の社員が情報共有し、タイムリーに動くという思い切った試みをした。本格的なオフィスサイネージの到来、ということで評価していただけたと考えている。NTTグループとしてこれだけできると実証できたので、今後はお客さまに提案していきたい」と語った。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1106/16/news020.html

2011年06月16日

Searchina

シャープ <6753> 液晶の構造改革が順調に進捗するか慎重に見極める必要がある
<液晶改革の内容は想定の域を超えなかった>
液晶事業の構造改革については、 <1> 亀山工場をスマートフォン向け等の中小型パネル用に転換、 <2> 大型パネルの堺工場は超大型テレビ向けやデジタルサイネージ等新市場を開拓するという内容で、想定内の方向にサプライズはなかった。亀山工場の中小型シフトが問題なく進展するか、予期せぬコスト増の発生することがないか、など慎重に見極める必要があるとTIWでは考えている。(服部 隆生)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0616&f=business_0616_017.shtml
2011年06月15日

Field Promotion NEWS

ミラクル・リナックス、新機能追加!電子看板に日英中韓混在のテロップ表示
<MVS専用ソフト「EMPopMaker」に新機能追加>「EMPopMaker」はMVS専用のコンテンツ管理ソフトで、定形テンプレートを利用して簡単にコンテンツ作成ができ、作成したコンテンツはネットワーク経由でもUSBメモリに保存してMSVで再生することも可能だ。この「EMPopMaker」に3つの新機能が追加された。
http://www.field-pr.net/news_3Tp2PozUw.html
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/87/20034787/
2011年06月15日

DreamNews

【電子システム株式会社・主要取引先メーカー】パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社『SOLUTION JAPAN 2011』展示会開催のお知らせ
展示会場では、最新のソリューションを簡単に導入いただくための『クラウドサービス』も新たにスタートし、お客様のビジネスの成功と安心・安全な社会を創るパナソニックの統合IPソリューションをご体感いただけます。
名古屋では、7月26日(火)・27日(水)の2日間。東京では、10月13日(木)・14日(金)の2日間で開催されます。
http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000033239
2011年06月15日

日本商工会議所

羽田空港で地域観光PR、実施8団体決定(観光庁)
観光庁はこのほど、国内観光振興PR企画「観光プロモーション in 羽田空港」の実施団体を決定した。同企画は、国内航空需要の拡大と国内宿泊旅行の拡大を目的として、全国の自治体などに首都圏空港で地域観光PRの機会を提供するもの。実施団体には、「北九州空港利用促進協議会」や「『吉野・高野・熊野の国』事業実行委員会」などが決定した。本年度はブース出展に加え、デジタルサイネージ(電子看板)などによるPR展開も行う予定としている。
詳細は、http://www.mlit.go.jp/kankocho/news04_000020.htmlを参照。
http://www.jcci.or.jp/news/trend-box/2011/0615150605.html
2011年06月14日

MIRACLE

ミラクル・リナックスがZabbix1.8対応のOracle監視テンプレートと パトライト通知、設定バックアップオプションをリリース
Oracle監視テンプレートはLinux版のOracleをZabbixで効率的に監視するためのツールです。このテンプレートによりインスタンスの動作状況、表領域の容量と使用率などを簡単な設定で状態検知、グラフ化が可能になります。
https://www.miraclelinux.com/jp/news-pressrelease/press-release/2011/2011-06-14
2011年06月14日

ELISNET

電池レスで,Bluetoothや無線LANなどに対応した携帯機器に データ送信できる新・近距離無線技術を開発
通常Bluetoothや無線LANなどを使ってデータ送信を行う際,センサノードの送信部では十数mWもの電力を消費するが,本近距離無線技術では数μW程度ですむため,約3桁の電力削減が可能となる。このため,環境電波から回収した微弱な電力での送信が可能となり,センサノードの電池レス化を実現できる。
http://www.elisnet.or.jp/news/news_detail.cfm?select_news_id=21902
http://eetimes.jp/ee/articles/1106/14/news048.html
2011年06月14日

朝日新聞

シャープ、バックライトの自動制御機能付き電子看板向け液晶を発売
再生映像によってLEDの輝度を部分的に制御する機能を搭載。従来機種と比べて消費電力を最大で50%削減できるという。光配向技術「UV2A」を採用したことで、最大輝度も同2.1倍の1平方メートル当たり1500カンデラに向上。外光が差し込む場所での表示性能を高めた。
http://www.asahi.com/digital/nikkanko/NKK201106140015.html
2011年06月14日

日本経済新聞

太陽電池と蓄電池でサイネージを駆動、パナソニック子会社が出展
パナソニックの子会社Panasonic Digital Communications(PDC)、太陽電池と蓄電池で、デジタルサイネージの電力を賄う「ソーラーサイネージ」と、蓄電池で電力のピークカットができる「蓄電サイネージ」を開発し、「Interop TOKYO 2011」に参考出展した。今回のInteropは、デジタルサイネージが展示の柱の一つだが、街中のサイネージは東日本大震災後の電力不足で、消されているものも少なくない。電源を太陽電池や蓄電池にすれば、後ろ指を差されることはないというわけだ。
2011年06月13日

朝日新聞

三菱電機グループは、6月8日~10日の3日間、千葉・幕張メッセで開催された「デジタルサイネージジャパン 2011」で、空港情報表示システム「フライトビジョン」を展示した。
都内の電車に乗って扉の上を見ると、二つの小型画面に運行情報や多様なコンテンツが流れている――。三菱電機グループの製品「トレインビジョン」は山手線、京浜東北線、中央線などのJR各線、小田急線、東急線、東京メトロなど主要私鉄各社に導入され、そのシェアは90%以上という。このトレインビジョンの成功事例をもとに、新たに開発したのが空港情報表示システム「フライトビジョン」だ。
デジタルサイネージは、視聴者が足を止めて見てくれなければ、設置効果は得られない。トレインビジョンは、電車の運行情報という乗客にとって「知りたい情報」を一方の画面に表示し、もう一方の画面に広告を流すことで「見てもらえる」仕組みをつくり上げた。フライトビジョンでも同様の仕組みを取り入れた。
三菱電機インフォメーションシステムズと、三菱電機情報技術総合研究所/デザイン研究所は、昨年末から今年にかけて、フライトビジョンを中部国際空港内の3か所に設置する実証実験、約1か月間にわたって行った。
設置場所は、船着き場やバス乗り場、駅などに通じる「アクセスプラザ」と国際線の保安検査場、荷物受取り場。フライトや遅延情報を流すとともに、検査場では混雑情報や注意事項、荷物受取り場では手荷物返却時刻の案内など場所に合わせて必要な情報を流した。その場所に関連して、例えば荷物受取り場なら、空港内のレストランや温泉の割引情報を流した。これによって、帰りがけにレストランや温泉に立ち寄る乗客が増えたという。
コンテンツは、素材となる説明文や写真をメールで入稿することで、容易に差し替えることができる。
三菱インフォメーションシステムズの官公・航空システム事業部 航空システム営業部の高梨郁子エキスパートは、「設置した場所で乗客にアンケートを実施した。どのようなコンテンツやディスプレイサイズが適しているのか、効果的にデジタルサイネージを提案するノウハウが蓄積できた」と話す。
三菱電気グループは大手空港にフライト情報表示システム(FIS)を導入していることから、これに連動するシステムとしてフライトビジョンの拡販を進める考えだ。
http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201106130006.html
2011年06月12日

産経新聞

「ものづくり」こそ日本経済の原点
先月中旬、韓国・ソウルを25年ぶりに訪ね、超近代都市に変身した姿に目を見張った。
四半世紀前は、市内を横切る漢江(ハンガン)にちなんで「漢江の奇跡」と呼ばれるほど経済成長を遂げ、1988年ソウル五輪を控えて建設ブームに沸いていた。それでも、見上げるような高いビルは少なかった。今は違う。超高層ビルやマンションが林立し、米国市場で日本車をしのぐ人気という格好いい韓国車が風を切り、経済の好調ぶりを体現している。
今回は3泊4日の日程で最新のデジタルサイネージ(電子看板=DS)技術を取材した。「韓国はDS先進国」と聞いていたが、空港や地下鉄、バス停留所といった交通機関をはじめ、あちこちのビルに大型ディスプレーが設置され、DSはソウルの風景にすっかり溶け込んでいる。
驚かされたのはディスプレーの数だけではなかった。タッチパネルやカメラ、インターネット、電子メールなど利便性を高める機能を取り込んだDSが街角やスーパーマーケットにさりげなく置かれている。DSが人々の生活に役立つ電子機器として市民権を得ていることに感心した。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110612/biz11061207370001-n1.htm
2011年06月11日

Field Promotion NEWS

養老乃瀧、店・期間・男子トイレ限定!トイレで遊べる『トイレッツ』導入
居酒屋チェーンを展開する養老乃瀧(株)は、2011年6月3日(金)~6月16日(木)の期間、「養老乃瀧 池袋南口店」に新感覚の遊べるデジタルサイネージ『トイレッツ』をテスト導入している。場所は、同店舗の2Fにある男性用トイレだ。
『トイレッツ』とは、トイレを遊び場にするという(株)セガより発売予定のデジタルサイネージで、今回のテスト導入ではおしっこの量をはかれる「溜めろ!小便小僧」というゲームコンテンツが体験できる。
コンテンツには他に、おしっこで落書きを消す「落書き早消し!何秒で消せるかな?」や、前におしっこした人とバトルする「ぶっかけバトル!鼻から牛乳」もあり現在開発中だという。
男性用小便器に液晶モニターとセンサーが設置され、モニターを見ながらゲームを楽しめる。また、小便器の最も飛沫の少ない位置に的シールを貼り、利用者が的シールを意識して利用することでクリンネス効果が期待できるという。モニターにはメニュー情報やお得な情報など告知情報を表示でき、集客や販促効果も期待できる。
http://www.field-pr.net/news_3H3O2mYD0.html
http://www.inside-games.jp/article/2011/06/08/49572.html
http://www.rbbtoday.com/article/2011/06/09/77761.html
http://www.zaikei.co.jp/releases/11225/
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000002892.html
http://www.rbbtoday.com/article/2011/06/08/77725.html
2011年06月10日

Tech-On!

【Interop】太陽電池と蓄電池でサイネージを駆動、パナソニック子会社が出展
パナソニックの子会社Panasonic Digital Communications(PDC)は、太陽電池と蓄電池で、デジタルサイネージの電力を賄う「ソーラーサイネージ」と、蓄電池で電力のピークカットができる「蓄電サイネージ」を開発し、参考出展した。今回のInteropは、デジタルサイネージが展示の柱の一つだが、街中のサイネージは東日本大震災後の電力不足で、消されているものも少なくない。電源を太陽電池や蓄電池にすれば、後ろ指を差されることはないというわけだ。
具体的には、ソーラーサイネージは、47型のディスプレイの上に太陽電池パネル4枚、そしてディスプレイの下の筐体内に蓄電池を格納したシステムから成る。太陽電池と蓄電池はすべてパナソニック・グループの製品。「輝度1000cd/m2のディスプレイに加えてその制御用回路、通信用インタフェースの駆動なども必要になることから、消費電力は500Wになる。その電源として約200Wの太陽電池パネルが4枚必要だった」(PDC)。余剰の300Wの電力は蓄電池に蓄えて夜間に利用する。
ただし、これではあまりにシステムが巨大で重くなってしまうため、ディスプレイに電子ペーパー技術などを利用し、太陽電池パネルを減らすことも検討しているという。
一方、蓄電サイネージは、太陽電池はなく、基本的には系統電力で稼働させる。ただし、夜間に蓄電池に電力を貯めておき、昼間の電力ピーク時にそれを利用するという。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110610/192505/
http://bcnranking.jp/news/1106/110610_20228.html

2011年06月10日

日本経済新聞

ミラクル・リナックス、デジタルサイネージ専用プレイヤー「MVS」のコンテンツ管理ソフトに新機能を追加
ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:児玉 崇、以下、ミラクル・リナックス)は、2011年6月10日(金)にデジタルサイネージ専用プレイヤー「MIRACLE VISUAL STATION (以下、MVS)」のコンテンツ管理ソフト「EMPopMaker」に新機能を追加いたしました。中国語と韓国語でのテロップ表示や、コンテンツ作成がより直感的に操作できるユーザー・エクスペリエンス、省電力機能の追加を実現しております。
EMPopMakerは、定型テンプレートを利用して簡単にコンテンツ作成ができ、番組表の作成やスケジュール配信機能をもつMVS専用のコンテンツ管理ソフトです。作成したコンテンツはネットワーク配信のほか、USBメモリに保存し、MVSに差し込むだけで簡単に再生することも可能です。

2011年06月10日

Field Promotion NEWS

DNP、電子看板用コンテンツ制作・配信ソフト『SmartSignage』販売開始
大日本印刷は、2011年6月6日よりデジタルサイネージ(電子看板)用コンテンツ制作・配信ソフト『SmartSignage(スマートサイネージ)』の販売を開始した。『SmartSignage』には、コンテンツをデジタルサイネージに表示するために必要な3つの機能がパッケージ化されている。
1.オーサリング機能
文字や音声、動画、静止画などを組み合わせてデジタルサイネージで表示するためのコンテンツを制作する機能
2.プレイヤー機能
編集・制作したコンテンツをデジタルサイネ-ジで表示する機能
3.配信管理機能
デジタルサイネージに表示するコンテンツを曜日・時間別に設定するタイムスケジュール機能。ネットワーク版では、タイムスケジュールに従ってコンテンツの配信管理を行います。
ネットワークを通じてコンテンツ配信・表示・更新を行うネットワーク版と、USBメモリ等の媒体を介してコンテンツを表示・更新するスタンドアロン版が用意されている。
また、昨今注目を浴びている「Android搭載端末」へのデジタルサイネージ用コンテンツの情報配信が可能で、今後消費者ごとのニーズに合わせた情報配信や特定顧客への限定情報配信など、的確で効率的な情報配信の実現が期待できるという。
http://www.field-pr.net/news_3obqT4FVC.html
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/75/20034675/
2011年06月10日

payment navi

ICカードと連動したソリューションも登場(デジタルサイネージ ジャパン 2011)
デジタルサイネージの専門展として2008年のプレビュー開催から数えて第4回目を迎える「デジタルサイネージ ジャパン 2011」(主催:デジタルサイネージ ジャパン 2011実行委員会、運営:デジタルサイネージコンソーシアム/ ナノオプト・メディア)が6月8日から10日まで千葉県千葉市の幕張メッセで開催されている。
会場にはICカードと連動したデジタルサイネージも目立った。大日本印刷は17インチのタッチパネル式ディスプレイで顧客とのインタラクティブなコミュニケーションが実現できる「アクティビジョン・ミニ」を展示。FLAP通信機能付のFeliCaリーダライタやプリンタでクーポンの発行が可能だ。
トッパンフォームズはNFCリーダライタ搭載のAndroid小型サイネージを展示した。MifareやFeliCaのカードや携帯電話が利用でき、店頭でのポイントカードやオフィス、学校などで活用できる。価格は1,000台のロットで1台5万円、1万台で3万円となっている。同社ではAR(拡張現実)を利用したソリューションも展示した。
http://www.paymentnavi.com/cardnavi/15137.html
2011年06月10日

Searchina

電通と博報堂の種目別売上高前年同月比をグラフ化してみる(2011年5月分)
【博報堂DYホールディグス <2433> 】は2011年6月9日、同社グループ主要3社の2011年5月における売上高速報を発表した。これで【電通 <4324> 】が同年6月7日に発表した単体売上高と合わせ、日本国内二大広告代理店の2011年5月次における売上データが出そろった事になる。今記事では両社の種目別売上高前年同月比をグラフ化し、広告全体及び両社それぞれの広告売上動向を眺めてみることにする。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0610&f=column_0610_003.shtml
2011年06月10日

キーマンズネット

シャープドキュメントシステム、サイネージ配信サービスを発売
シャープドキュメントシステム株式会社は、デジタルサイネージの表示コンテンツを手軽に低コストで配信できるクラウド型サイネージ配信サービス「3sweb(スリー・エス・ウェブ)サイネージ配信サービス」を7月1日より発売する。価格は、月額利用料が1ライセンス1万2000円となっている。
「3swebサイネージ配信サービス」では、コンテンツ配信・表示システム「e-Signage」で作成した表示コンテンツをクラウドサーバに保存し、配信先を設定することで、遠隔地に点在するデジタルサイネージ端末へ手軽に表示コンテンツを配信できる。クラウドサーバを活用するため、専用VPNの構築やサーバへの初期投資が不要になり、低コストでシステムを導入できる。これにより、インターネット回線に接続したデジタルサイネージ端末へ、“伝えたい情報”を“適切なタイミング”で配信できる。
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/58/20034758/
http://www.rbbtoday.com/article/2011/06/09/77736.html
http://www.zaikei.co.jp/article/20110608/73760.html
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/06/08/054/
2011年06月10日

PC online

営業支援にiPadを活用、重たいかばんから解放されるロイヤルパーク汐留タワー
ロイヤルパーク汐留タワー(東京・港区)は2010年末にホテルロビーのインフォメーションデスクに1台、4月からは営業スタッフに10台のiPadを導入した。「タブレット端末の中でシェアが大きく、軽くて機動性が高い。さらにデザイン性が高くホテルとの親和性が良い」(経営企画室マーケティングコミュニケーションズ加藤茂樹マネージャー)ことが機器選定の決め手となった。
従来から、ロビーではデジタルサイネージで館内の施設や近隣の飲食店を案内している。インフォメーションデスクに置いてあるiPadにはデジタルサイネージと同様のデータを入れ、従業員が宿泊客と対話しながら分かりやすく案内できるようにした。必要があれば、「担当者がiPadで情報を見せながら、目的の場所まで案内できる」(加藤マネージャー)というメリットもある。
得意先の企業や旅行代理店を回る営業担当者が利用する10台のiPadには、ホテルの宿泊プランやパンフレットなどの各種資料を入れた。従来は、膨大な紙の資料を持ち運び、顧客に資料を手渡ししてきた。資料込みのカバンの重さは10k~15kgにもなっていたという。
営業の機会損失を防ぐ効果もあった。従来は顧客との打ち合わせの後で、手元に資料がなければ郵送で送付するか、再度届けていた。そうなると、時間がかかり、機会損失になりかねなかった。現在では、「打ち合わせをしながら、『この資料が欲しい』と要請を受けたとき、即座にiPad上からメールで送信する」(加藤マネージャー)ようにしている。「PDFで資料配布をしても、抵抗感はないという顧客が増えてきている。むしろ迅速に資料を配布できるメリットのほうが大きい」。今後は、iPad上で表示する電子パンフレットを、顧客の興味を引くようによりデザイン性の高いものに変更し、営業支援に役立てる。
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/trend/20110602/1032165/
2011年06月09日

BCN Bizline

<デジタル人のターニングポイント Vol.30>グリーンハウス 本社法人営業部部長 高橋克典
PC周辺機器やデジタル機器を幅広く展開してきたグリーンハウスが、法人向けビジネスを加速している。今年から本格的に取り組んでいるのがデジタルサイネージだ。その狙いは何か。高橋克典・本社法人営業部部長に聞いた。
http://biz.bcnranking.jp/article/distribution/contemporary/1106/110609_126615.html
2011年06月09日

Venture Now

語呂合わせの数字も使える短縮URL生成サービス「れとろ握り」が機能拡張
ピコ・ラボは8日、独自のURL置換により数値化された短縮URLを生成する「れとろ握り」において、新たにマップ情報とメールアドレスの短縮サービスを開始した。
れとろ握りとは、元のURLから、「428*1025」といった独自形式のレトロコードと、「http://rhetolo.jp/428/1025」形式の短縮URLを作るサービス。同社が今年3月にβ公開した検索ツール「RHETOLO(以下レトロ)」のエンジンをベースに開発された。
レトロのURL置換は、トップページ/大カテゴリーなどの上位数値と、トップページ下にある階層のページの下位数値といったニ階層化数値置換(特許出願中)から成る。「http://rhetolo.jp/428/1025」のような、URL+置換数値の表現も可能。
また、予め「428(しぶや)」「489(よやく)」といった語呂合わせ数字による特定のカテゴリーを用意。ユーザーが渋谷関連のレトロコード/短縮URLを作る際に「428*○○○○」とすることで、口頭で伝えやすく、あとで見ても分かりやすいという。
「(れとろ握りは)もともとレトロをより多く使っていただくためのサービス」(同社常務取締役 小林氏)として開設。レトロと異なり、ユーザー登録せずに気軽に利用できる。
なお、今回新たに追加されたマップ情報とメールアドレスの短縮では、これまでのサイトURLの短縮と同様にレトロコードと短縮URLの2つが生成される。
レトロコードの使い方は、レトロのスマートフォンアプリ(iPhone/Android)、またはレトロサイト上でコードを入力。該当コードが見つかると直接アクセスできる。
紙媒体やデジタルサイネージなどメディアを選ばず、口頭でも伝わりやすい特徴をもつことから、現在 企業の商品PRや行政の防災対策への活用などについても話を進めている。
とくに同社ではスマートフォンでの利用を想定した機能の充実化を予定しており、「グーグルなどの検索やQRコードに次ぐ、第3の検
索ツール」(小林氏)を目指している。今後のサービス普及、利用促進を考えると、モバイル端末などへの早期プリインストールが鍵となってきそうだ。
http://www.venturenow.jp/news/2011/06/09/1333_012233.html
2011年06月09日

BCN Bizline

<特集 デジタルサイネージ>エコ・サイネージへの挑戦 消費電力を抑えるマルチディスプレイの未来
「デジタルサイネージ」を構成するLSI(半導体)、マザーボード、ソフトウェア、ディスプレイに関係する先端技術をもつ国内外のITベンダー4社が陣営を組み、各社のテクノロジーを融合した低消費電力駆動で、かつ多機能な「ecoサイネージ」の開発・販売に本腰を入れる。日本のデジタルサイネージ市場はここ数年、需要が堅調に伸びている。しかしながら、世界の先進国・新興国に比べると普及速度は遅く、利用シーンも限られている。ここにきて、消費電力への関心も高まってきた。そこで同陣営は、低消費電力駆動を実現しながらも、1台のサイネージプレイヤで最大6台のディスプレイに対して同時に異なるコンテンツを表示することができる安価なデジタルサイネージシステムを製品化し、今後、同市場の活性化を狙う。
http://biz.bcnranking.jp/article/special/1106/110609_126608.html
2011年06月09日

BCN Bizline

<特集 デジタルサイネージ>必要な情報を届ける重要なツール
今夏は、首都圏の企業や家庭を中心に節電を要請されており、15%の電力削減目標が掲げられている。オフィスの照明を落としたり、エアコンの冷房温度を高くしたりすることに始まり、夏期休暇を長く設定するなど、企業の間でさまざまな削減対策が練られている。この状況下、街頭の「デジタルサイネージ(電子看板)」も節電の対象となる可能性が高い。だが、病院や空港など、公共性の高い場所で使用されているデジタルサイネージは、重要な情報を知らしめるためのものなので、電源オフにするわけにはいかない。デジタルサイネージソリューションを提供するベンダーが目指すのは、こうした社会インフラにおける重要な拠点へ導入することで、デジタルサイネージを「必要不可欠なもの」にする展開だ。
http://biz.bcnranking.jp/article/special/1106/110609_126606.html
2011年06月09日

BCN Bizline

<特集 デジタルサイネージ>サイバーステーション デジタルサイネージを“なくてはならないもの”に
東日本大震災で東京電力福島第1原子力発電所が大きなダメージを受け、電力供給不足が深刻な社会問題となっている。日本中が「節電」一色となり、さまざまな対策が講じられている。なかでも真っ先に自粛の対象となったのは街頭のデジタルサイネージである。広告・販促用途がほとんどなので、不要不急とみなされがちなのだ。サイバーステーションはそんなデジタルサイネージを「必要不可欠な情報プラットフォーム」に仕立てるための戦略を推進している。
http://biz.bcnranking.jp/article/special/1106/110609_126607.html
2011年06月09日

キーマンズネット

NECDS、フルHD対応の業務用液晶ディスプレイ5機種を出荷
NECディスプレイソリューションズ株式会社(NECDS)は、フルHD(1920×1080ドット)対応の業務用液晶ディスプレイ5機種を7月8日より順次出荷する。価格は、オープン価格となっている。
今回出荷されるのは、長時間運用でもシミ・ムラへの耐性が優れたパネルを搭載し、24時間連続稼働にも耐えうる信頼性を確保したモデル「MultiSync LCD-P462/P402」と、コストパフォーマンスの高いモデル「MultiSync V651/V462/V422」。出力10W+10Wのステレオスピーカを内蔵しているほか、省電力化・薄型化が図られている。
オプションスロットを標準装備し、Single Board Controller(SBC)やメディアプレーヤなどを装着することで、クライアントPC不要でスリムなデジタルサイネージ環境を構築できる。また、オプションのスロットボード変換アダプタを使用すれば、Open Pluggable仕様(OPS)に準拠したSBCも装着できる。
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/38/20034738/
2011年06月09日

Business Media 誠

バーチャルコーデからCHARALOIDまで――写真で見るデジタルサイネージジャパン 2011
デジタルサイネージに関連する製品や企業の取り組みなどを紹介する「デジタルサイネージジャパン 2011」(主催:デジタルサイネージ ジャパン 2011実行委員会、後援:総務省、経済産業省など)が6月8日、千葉県千葉市の幕張メッセで開幕した。2008年のプレビュー開催から数えて、今年で4回目。入場料は3000円だが、Webで事前登録をすることで無料となる。 開催期間は6月10日まで。
最新の商品やサービスの展示が行われるほか、デジタルサイネージに関わるさまざまなイベントも開催された。公募した国内のデジタルサイネージ作品の中から、優秀な作品を表彰する「DIGITALSIGNAGE AWARD2011」の授賞式が8日に行われ、最優秀賞にあたるゴールド賞にはNTT東日本の「東京サイネージ」が選ばれた。社内用のデジタルサイネージで、400台のディスプレイで1万人の社員がリアルタイムに情報共有できるという。
9日には、慶應義塾大学の中村伊知哉教授やシャープの高森仁志氏、日本電信電話の伊能美和子氏らがパネリストとなって「災害時対応と節電対策」と題したシンポジウムを行う。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1106/08/news105.html
http://www.rbbtoday.com/article/2011/06/07/77665.html

2011年06月08日

RBB TODAY

【Interop Tokyo 2011(Vol.12)】電子ブックでデジタルサイネージ……スターティアラボ
「デジタルサイネージジャパン 2011」にて、スターティアラボは、電子ブックを応用したカタログサイトおよびデジタルサイネージのソリューションを展示していた。
スタータティアラボのActiBookは、電子ブックのためのオーサリングシステムだが、PC以外のマルチデバイス対応と、HTMLやDTPデータ、印刷物から電子ブック化がしやすい特徴から、電子書籍だけの活用だけでなく、カタログ、業務ドキュメントの管理、通販サイトなど幅広い分野で使われている。デジタルサイネージもActiBookの応用分野のひとつとして出展していた。
展示内容は、カタログや事例紹介をしたページを、HTMLではなく電子ブックの形で閲覧できるようにしたものだ。電子ブックをサイト上で訪問者が読めるようにしておけば、店舗内のPCやタブレット端末などで顧客に見せたり、担当者が商品説明や商談に使うことができる。
ここで、表示させる端末が大きなデジタルサイネージ機器だったとしても、インターネットに接続され汎用ブラウザが起動するものなら、同じことができる。
これだけなら電子ブックにする必要はなさそうだが、説明員によれば、HP上の情報を電子ブック化すると、閲覧、滞留時間ともに大幅にアップする効果があるという。サイト上の電子ブックにFlashなどの動画を組み合わせることもできるそうで、、動的なページによる注意喚起のしくみも可能だ。HTMLページのままでは、ユーザーを階層の深いページのコンテンツに誘導するのは、なかなか難しいが、電子ブック形式でブラウズできたり、ページをめくる動作が可能だと、ユーザーが多くのページを閲覧してくれる率が上がる。結果として、PVが向上し、気に入ったページには長く滞留して、内容を読んでくれることになる。
実際、同社があるイベントで同じ内容のページをHTMLと電子ブック形式で表示させ、どちらのPVや滞留時間が多かった比較したところ、閲覧数で8倍、サイトの離脱率で1/4という結果がでたそうだ。たしかに、電子ブックのほうが、HTMLの階層をドリルダウンしていくイメージより、同じ階層のページをパラパラ眺めることになるので、効果はありそうだ。
http://www.rbbtoday.com/article/2011/06/08/77724.html
2011年06月08日

47NEWS

電子看板の専門展が開幕 震災対応の商品目立つ
公共の場所を中心に、動画や静止画像で情報を発信する電子看板(デジタルサイネージ)の新商品やシステムの専門展「デジタルサイネージジャパン2011」が8日、千葉市の幕張メッセで開幕した。東日本大震災を踏まえ、緊急時の情報提供や節電を目指した展示が目立った。
ピーディーシー(東京)は、太陽光発電と蓄電機能を使って、停電時でも10時間の画面表示が可能な商品を開発し展示した。
マスプロ電工(愛知県)は、携帯電話のワンセグ機能を使用し、地方自治体が出す防災情報を送受信するシステムを紹介した。
275社が出展、10日までの期間中に約14万人の来場を見込む。
http://www.47news.jp/CN/201106/CN2011060801000747.html
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/event/irop_tk11/20110608_451368.html
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/event/20110608_451347.html

2011年06月08日

朝日新聞

伊丹発信「まちなか映像祭」優秀作品を表彰
伊丹市中心部にあるビバ伊丹商店街が情報発信のために置いている「電子看板」で流す映像作品を募集したところ、100点が集まった。この中から優秀作品を選んで表彰する「伊丹まちなか映像祭」が12日午後2時から、商店街の空き店舗で開かれる。レッドカーペットを敷いた華やかな授賞式にする。 
電子看板(デジタル・サイネージ)の設置は、街の情報発信を担う人材を育てる取り組み。ビバ伊丹商店街に昨年、総務省の補助を受けて8カ所に設置され、商店街の人らでつくる「いたまちサイネージ協議会」が運営している。伊丹の散策案内やイベント情報を流しているが、コンテンツが少ないため、3分以内の作品を広く募った。
ホームページ(http://www.itamachi.jp/eizo/)に作品を公開。ネットを通じて人気作品への投票を済ませ、「観客賞」も決めた。 
映像祭当日は商店街を飾りつけ、長さ30メートルのレッドカーペットを敷いて盛り上げる。授賞式後は午後8時半まで、応募作品をすべて上映する。
http://mytown.asahi.com/hyogo/news.php?k_id=29000001106080003
2011年06月08日

Dream News

デジタルサイネージジャパン2011内エフエム東京ブース にて『ブロードタクト』のデモンストレーションを実施
株式会社エフエム東京のブースでは、同社が2011年3月まで福岡ユビキタス特区にて行っていたV-LOW3セグメントマルチメディア放送の実証実験の1つであるバスサイネージ端末やパーソナルサイネージ端末に対して放送波を使ったコンテンツ更新の展示を行っております。今回、バスサイネージ端末に対してのコンテンツ更新に『ブロードタクト』の外部データ連携機能を活用し、ニュースや緊急情報などの配信を行っております。
http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000033502
2011年06月07日

ITpro

日立、クラウド型デジタルサイネージ・システムを発売
日立製作所は2011年6月7日、クラウド型デジタルサイネージ・システム「サインチャンネル」を2011年7月1日に発売すると発表した。コンテンツを管理する機能や配信スケジュール管理機能をクラウド上のサーバーで提供する。導入企業は「手軽にデジタルサイネージ・システムを利用できる」という。合わせてサインチャンネル専用の端末「デジタルサインボード」も発表した。サインチャンネルの利用料は1端末に配信する場合月額3500円、デジタルサインボードは月額レンタル料が1000円である。
サインチャンネル上でコンテンツを作成したり、配信スケジュールを管理する場合は、パソコンのブラウザからアクセスする。テンプレートに沿って動画や静止画、テキストを入力すればコンテンツが作成できる。さらにヤフーが提供するYahoo!ニュース、Yahoo!天気情報などのコンテンツや、ニューフォリアが提供する地域密着型のコンテンツも利用できる。
コンテンツの表示端末であるデジタルサインボードは、10インチ型のディスプレイを備えている。日立製作所では、店舗での販売促進情報提供や金融機関での金利情報提供、エレベータやマンションでの情報提供、といった用途を想定している。2011年7月からは、北陸のスーパーマーケット「アルビス」の新店舗で販売促進効果の検証を実施する。今後は端末だけでなく、STBによる提供も予定している。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110607/361151/
2011年06月07日

nikkei BPnet

大日本印刷、フルHD動画のコントラスト比をリアルタイム補正するICを発売
大日本印刷は、フルHD動画のコントラスト比をリアルタイムに補正するIC「DT013150」を開発した。監視カメラや車載カメラ、ビデオ・カメラなどの画像撮影機器、携帯端末やデジタル・サイネージ、プロジェクターといった画像表示機器などへの利用を想定する。同社従来品は800×480画素の動画像に対応していたのに対し、今回のICは60フレーム/秒の場合で1920×1080画素まで対応可能である。2011年6月6日からサンプル出荷を始め、同年10月に量産に移行する予定。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20110607/272858/

2011年06月07日

ECO JAPAN

大日本印刷、電子看板の消費電力を抑えても色の再現性を維持する色調補正器開発
大日本印刷は、情報や広告を配信するデジタルサイネージ(電子看板)で、消費電力を抑えても映像の色の再現性を維持する色調補正器「FANAT COLOR(ファナットカラー)」を開発し、6月27日に販売を始める。電力不足で求められる節電対策に対応する。デジタルサイネージは、通信機能を活用して災害時の緊急情報の告知にも利用されるなど、新しい媒体として普及が進み、効果的な節電が急務になっていた。
デジタルサイネージは、ビルの壁面をはじめ商業施設、公共施設、駅、空港などさまざまな場所に設置され、静止画や動画をカラーで表示する。ディスプレーの輝度を下げれば消費電力は削減できるものの、画面が暗くなるうえ、画像がくすんでしまい、情報を伝える役割が大幅に低下する。このため大日本印刷は、消費電力を抑えながら従来の表示品質を保つファナットカラーを作った。
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/news/20110607/106635/
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/83/20034683/
2011年06月07日

Tech-On!

1秒間に1000枚の高速撮影技術、大日本印刷が裸眼3D印刷向けに開発
大日本印刷(DNP)は2011年6月7日、裸眼での立体視を実現する独自の3次元(3D)印刷技術「DynaCube 3D(ダイナキューブスリーディー)」向けに、1秒間に1000枚の撮影が可能な高速撮影装置を開発したと発表した(ニュースリリース)。同社の3D印刷技術では、3D印刷用の画像データに変換するために、被写体をさまざまな位置から1000回撮影する必要がある。従来の技術では、撮影時間が約10分と長く、静止する被写体に限定されていた。今回、開発した高速撮影装置を用いることで、被写体のさまざまな角度から1秒間で1000回撮影できるため、人物などの3D印刷が可能になるとする。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110607/192381/

2011年06月07日

iPad News

イスカスがiPad用の防犯フロアスタンド『イスタフロア』を発売
株式会社イスカスは、展示会や店頭などの人が集まる場所でも安心してiPadを設置することができる、iPad防犯スタンド『イスタフロア』を、2011年6月16日に発売する。
『イスタフロア』は、床面設置型のiPad専用スタンドだ。本体はアルミ合金で製造されており、美しいアルマイト処理による仕上げがなされている。
http://www.ipadnews.jp/news_qPeBW8ElY.html
2011年06月07日

羽田経済新聞

羽田空港で地域観光PR、実施8団体決まる-「東京スカイツリー」も出展
観光庁は5月26日、羽田空港国内線旅客ターミナル内のスペースを活用した国内観光振興PR企画「観光プロモーション in 羽田空港」の2011年度の実施団体を発表した。
同庁が主導となり国内航空需要の拡大と国内宿泊旅行の拡大を目的に、全国の自治体や観光振興団体などに所定の日程で首都圏空港で地域観光PRの機会を提供する企画。2008年度から実験的に実施しており、本年度で4年目。
実施が決まった8団体と実施日は次の通り。第1ターミナル会場=「北九州空港利用促進協議会」(7月22日~24日)、「吉野・高野・熊野の国」事業実行委員会」(10月7日~9日)、「東京スカイツリー・下町文化創成協議会」(2012年1月13日~15日)、「青森県企画政策部交通政策課」。第2ターミナル会場=「そらの郷」(7月22日~24日)、「徳島県」(10月7日~9日)、「越中にいかわ観光圏協議会」(2012年1月13日~15日)、「湘南地区観光振興協議会」(3月9日~11日)。
同庁によると、本年度の実施では従来のブース出展に加え、新たにデジタルサイネージなどによるPR展開も行う予定だという。
http://haneda.keizai.biz/headline/807/
2011年06月07日

ファインドスター広告ニュース

大日本印刷と城北宣広、Android搭載端末向けに電子チラシや広告を配信するサービスの実証実験を実施
大日本印刷株式会社(以下、DNP)と城北宣広株式会社は共同で、家庭内の情報端末(Android搭載端末)向けにプッシュ型で電子チラシや広告などを配信するサービス「チラシ直送便PLUS」を開発し、6月30日より実証実験を実施する。今回の実証実験は、関西電力株式会社のグループ会社で情報通信サービス事業を展開する株式会社ケイ・オプティコムが、6月末より試験サービスとしてモニター向けに配布するAndroid搭載の専用タブレット端末に身近な生活情報などを配信する宅内情報サービス事業「eoスマートリンク」上で実施する。
「チラシ直送便PLUS」は、新聞折込チラシを電子化し、毎朝、各家庭の専用タブレット端末に配信するサービス。DNPは、この電子チラシを配信・閲覧するためのシステム開発と運営を担当し、城北宣広は一次広告代理店として電子チラシ広告の販促などの営業を担当する。実証実験は、6月30日から11月30日まで実施される予定の「eoスマートリンク」の試験サービスにあわせ、大阪府北摂エリア5市(豊中市、池田市、吹田市、茨木市、箕面市)でモニター500世帯を対象に実施される。
http://www.findstar.co.jp/news/syosai.php?s=202755
2011年06月07日

Response

画像処理システム市場、自動車は2014年に567億円…富士経済予想
富士経済は、画像処理システム市場について調査を実施し結果を報告書「2011画像処理システム市場の現状と将来展望」にまとめた。
報告書では、処理装置5品目、FA用カメラ3品目、検査アプリケーション12品目、医療関連5品目、画像活用3品目、自動車関連2品目の計30品目を取り上げ、市場の現状を調査分析し将来を展望した。
2010年に4361億円だった画像処理システム市場は、2014年には5477億円と、25.6%伸びると予想。このうち、車載カメラ、車両入退場管理システムの自動車関連は361億円から567億円へと1.5倍に拡大すると予想する。
http://response.jp/article/2011/06/07/157538.html
2011年06月06日

ITpro

外部のWebサービスから音声合成を利用可能に、NTTアイティ
NTTアイティは2011年6月6日、同社が提供中のSaaS型音声合成サービス「バーチャル・ナレーター」を強化すると発表した。このサービスは、ユーザーが用意したテキストファイルを、同社の専用サーバー側で汎用的な音声ファイルに変換するもの。
強化点は、Web APIを標準機能として搭載したこと。自作のWebアプリに必要な記述を加えることで、バーチャル・ナレーターのWeb APIを呼び出して、音声合成機能を利用できるようになった。Web APIは7月11日から開始する。
音声は汎用的なファイルとして出力するため、PCだけでなく携帯電話やスマートフォン、タブレット端末などでも再生できる。NTTアイティが想定している利用シーンは、交通情報など各種ニュースの音声情報提供サービスや、緊急時に社員に情報を配信するための一斉連絡サービス、デジタルサイネージ用の音声コンテンツなど。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110606/361097/
2011年06月06日

日本経済新聞

NTTアイティ、音声合成SaaS「バーチャル・ナレーター」に新標準機能「WebAPI」を追加
NTTアイティ株式会社(本社:横浜市中区、代表取締役社長:岡田和比古)は、好評ご提供中の音声合成SaaS「バーチャル・ナレーター(*1)」に、2011年7月11日から、新標準機能WebAPI(*2)の追加提供を開始し、サービスメニューをリニューアルいたします。「バーチャル・ナレーター」は、Webブラウザから専用サーバへアクセスいただくことで、任意の文章(テキスト)を合成音声に変換し、音声ファイルとしてダウンロードすることができるSaaS型の音声合成サービスです。今回新規追加したWebAPIを用いれば、さまざまなOSやプラットフォーム上のWebサービスと音声合成を連携させた多様なサービスの実現が可能になります。 
また新サービスメニューには、適用業務の限定により音声合成可能文字数が無制限となるプランを追加しています。これにより、幅広いご利用目的に応じたプランの選択が可能となり、より気軽にかつより低価格でご利用いただけるようになりました。
本サービスは、6月9日(木)から10日(金)まで開催される『コールセンター/CRMデモ&コンファレンス2011 in 大阪』(マイドームおおさか)に出展いたします。




 

2011年06月06日

RBBTODAY

大日本印刷、デジタルサイネージ用コンテンツ制作・配信ソフト「SmartSignage」発売
大日本印刷(DNP)は6日、デジタルサイネージに表示するコンテンツの編集や配信に必要な機能を、パッケージ化したソフト「SmartSignage(スマートサイネージ)」の販売を開始した。
SmartSignageは、さまざまなコンテンツをデジタルサイネージで表示するために必要な機能をパッケージ化したソフト。デジタルサイネージの設置環境により、ネットワークを通してコンテンツ配信を行う「ネットワーク版」と、USBメモリなどの媒体を介してコンテンツの更新を行う「スタンドアロン版」が用意されている。製品は「オーサリング機能(コンテンツ編集用パソコンにインストール)」「プレイヤー機能(表示端末にインストール)」「配信管理機能(配信管理用パソコンにインストール)」で構成。デジタルサイネージに表示するコンテンツを曜日・時間別に設定するタイムスケジュール機能。ネットワーク版では、タイムスケジュールに従ってコンテンツの配信管理を行うことが可能。
Windows OSの端末、Android搭載端末へデジタルサイネージ用コンテンツの情報配信を可能としたのが特徴となっている。価格はネットワーク版が30万円/台、スタンドアロン版が15万円/台。DNPでは、各メーカーや流通業に向けて当ソフトを販売するとともに、運用・保守までのトータルサービスで、2015年度までに70億円の売上を目指す。
http://www.rbbtoday.com/article/2011/06/06/77616.html

2011年06月06日

大日本印刷

フルハイビジョン動画のコントラストをリアルタイムに補正するICを開発
大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、フルハイビジョン(HD)のデジタル画像のコントラストをリアルタイムに補正するアルゴリズムを搭載した、フルHD版のコントラスト補正IC(型番:DT013150)を開発しました。監視カメラなどの映像機器に本製品を組み込むことによって、画面内の明るい部分、暗い部分を補正し、画像全体のコントラストを適切に記録・表示します。DNPは、本製品のサンプル出荷を6月6日に開始します。なお、量産開始は2011年10月を予定しています。
http://www.dnp.co.jp/news/10003232_2482.html

2011年06月06日

サンプリング.jp

大日本印刷「ノベルティ自動配布システム」レンタル開始
大日本印刷株式会社は、携帯電話とデジタルサイネージ(電子看板)を組み合わせたノベルティ自動配布システム『Get One(R) Signage System(ゲット ワン サイネージ システム)』」を開発しました。本年6月1日に販売およびレンタルを開始します。
【Get One Signage Systemの概要】
今回開発した「Get One Signage System」は、企業が携帯サイトでプレゼントしているノベルティから、生活者が欲しいノベルティに応募すると、携帯電話に2次元コードが送信され、その2次元コードを専用のノベルティ配布マシンにかざすことで、応募したノベルティを入手できるシステムです。今回開発した専用ノベルティ配布マシンには、32インチのデジタルサイネージが組み込まれ、商品やサービスの広告、キャンペーンやイベントの告知など、さまざまな情報を表示することができます。
http://www.sampling.jp/article.php/2011060611002177
http://www.work-master.net/news_bo1iYnmy2c.html?right
http://www.advertimes.com/20110603/article18129/
http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1106/02/news079.html
http://japan.internet.com/wmnews/20110602/1.html
http://www.paymentnavi.com/cardnavi/14964.html
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0602&f=column_0602_001.shtml
http://www.ryutsuu.biz/it/d060115.html
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110601/360901/

2011年06月06日

財経新聞

スターティアはデジタルサイネージ ジャパン2011に出展
<店舗への集客を促すソリューションを紹介>
スターティア の子会社スターティアラボは、6月8日より3日間、幕張メッセで開催されるデジタルサイネージ ジャパン2011に出展する。
デジタルサイネージ ジャパン2011は、映像とネットワークの連携による新たなビジネスプラットフォームである、デジタルサイネージにフォーカスした展示会&カンファレンス。スターティアラボは、同展示会においてiPhone、iPad、Android対応の電子ブック作成ソフト「ActiBook」とホームページ制作サービス「デジタリンクCMS」との連携により店舗への集客を促すソリューションを紹介する。


<PDFのチラシデータを最短3クリックで電子ブック化>
電子ブックはこれまで、電子コミックの閲覧などに使用されるのが主な活用法であったが、小売店などでは、チラシを電子化しホームページへ掲載することで、店舗への集客を促すという活用方法が増えてきている。
特に「ActiBook」においては、PDFのチラシデータを最短3クリックで電子ブック化できることや、電子ブック化されたチラシに直接手書きが行える機能を利用することで、タイムセールや売り切れの案内を顧客に迅速に行えるといった、店舗集客を促す電子ブックを活用したホームページの開設が可能となっている。その為、展示会では、店舗への集客を促す電子ブックとホームページとの連動ソリューションを紹介する。
http://www.zaikei.co.jp/article/20110606/73541.html

2011年06月06日

RBBTODAY

“リアル”を見せるイベントへ……村井純教授、「Interop Tokyo 2011」を語る
2010年にイベントの運営企業が変わり、Interopは新しいフェーズに入ったとされる。その2年目となる2011年のInteropの位置づけや役割には、いったい、どのような変化がもたらされるのだろうか。「Interop Tokyo 2011」開催に先駆けて、実行委員長である村井純氏(慶應義塾大学 環境情報学部教授)に聞いた。
http://www.rbbtoday.com/article/2011/06/06/77609.html

2011年06月06日

4Gamer.net

[COMPUTEX]S3 Graphics,「Chrome 5400E」を製品化。デジタルサイネージ向けに事業展開開始
Windows 95~98時代,ATI Technologies(現AMD,以下 ATI)やNVIDIAがPC用グラフィックスメーカーの主役となる少し前,1995年~1997年あたりの頃,発売前から高い注目を集めたグラフィクスチップがあった。それはS3 GraphicsのViRGEシリーズだ。
単なる2Dフレームバッファとしての役割しか果たせなかったPC向けグラフィックスチップが主流だった時代に,テクスチャマッピングなどの3Dグラフィックス処理に対応したViRGEシリーズは,「夢の3Dグラフィックスプロセッサ」として取り沙汰された。 
DirectX APIでいうと,DirectX 3~5時代のできごとである。
http://www.4gamer.net/games/111/G011162/20110605006/

2011年06月04日

MONEYzine

日本は自販機もガラパゴス?ゴールド販売や地域貢献型も
全国に520万6850台ある自動販売機。2010年の売上高は約5兆4200億円であった。アメリカの2009年度の売上げは約4兆円といわれており、いかに我々の生活と自動販売機が密接な関係にあるのかがうかがえる。
さらに注目したいのがオリジナリティー。日本では、個性的な商品の販売やさまざまな付加価値を持った自動販売機が続々と誕生している。
昨年バナナが話題となった東京では、今年は金(ゴールド)の自動販売機が登場した。手がけるのはスペースインターナショナル(東京)。同社の本社エントランスに設置された自動販売機では、その日の相場で保証書付きの純金が1グラムから購入ができる。ゆくゆくは全国展開も視野に入れているようだ。
また銚子電鉄(千葉県)の各駅に設置された自動販売機は、列車運行状況や沿線の情報告知の役目を担っている。これは利根コカ・コーラボトリング(千葉県)が展開する地域貢献型自動販売機といわれるもの。情報はインターネット経由で配信し、自動販売機のディスプレイに表示する技術、デジタルサイネージを応用している。
そのほかにも、AED(自動体外式除細動器)がセットになった自動販売機も見かけるようになった。これは、普及が急がれるAEDの格好の設置場所として、どこにでもあり、しかも目立つ自動販売機がうってつけという理由からのようだ。
東日本大震災時には、災害ベンダーとして機能した自動販売機も、その後の首都圏電力不足を受けて飛び出した石原都知事発言で、一転して批判の矢面に立たされた。しかし、業界団体である日本自動販売機工業会は、「全国に設置された飲料関連の自動販売機は、すべて電力消費状況にあわせて運転を自動制御するエコベンダーに変更済み」と反論する。しかもこの取り組みは、1995年から始められていたという。 
普段何気なく利用している自動販売機。その個性化と進化の度合いは、我々の想像を遥かに超えたスピードで進んでいるようだ。
http://moneyzine.jp/article/detail/196808/

2011年06月04日

ValuePress!

販促につながるあらゆる製品・サービスが一堂に出展する展示会≪第3回販促EXPO≫出展のお知らせ:株式会社クロスワン
ABCデジカメプリント運営、株式会社クロスワン(本社:東京都豊島区、代表取締役:品川あきら)は、2011年7月6日(水)~8日(金)東京ビッグサイトにて開催される、ノベルティグッズ・記念品・POP・店舗什器・デジタルサイネージ・携帯販促サービスなどが一堂に出展する商談専門展、≪第3回販促EXPO≫に出展いたします。
本展示会では、写真で作るノベルティグッズ・記念品として、ナノ単位デジタル銀塩発色による鮮明な画質で再現したオリジナルネイルチップ『ネイルフォト』をはじめ、写真(ブロマイド・ポストカード)要素と持ち運べるミニアルバム(ストラップ・キーホルダー)要素を持ち合わせた簡易組立て式ミニフォトブック『ちびパラ』、フリーレイアウトで作成可能な銀塩写真フォトブック『ABCフォトブック』など、各種写真商材をご紹介します。
また、イベント・キャンペーンにあわせた写真販売やプレゼントができる『写真販売アルバムサイト』や『お仕立て券サービス』などもご提案させていただきます。
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=78926

2011年06月04日

SankeiBiz

シャープ、液晶はコスト優先 亀山工場をスマホ用パネルにシフト
シャープは3日、テレビ用を中心に採算が悪化している液晶パネル事業のテコ入れ策を発表した。テレビ用パネルを生産してきた亀山工場(三重県)を、スマートフォン(高機能携帯電話)やタブレット端末に使う中小型パネルの生産拠点に衣替えすることなどが柱で、今後の液晶生産は中小型や電子看板(デジタルサイネージ)用などの「超大型」に特化する。テレビ用パネルについては台湾メーカーの鴻海(ホンハイ)精密工業と部材を共同調達する提携計画も浮上している。
「勝っても赤字の市場では戦わない」。この日都内で開いた会見で片山幹雄社長が示した液晶パネル事業の方針は明快なものだった。もうからない分野は縮小し、成長分野に集中投資するという“王道”の戦略だ。
40型以下の液晶テレビは猛烈な勢いで価格下落が進行し、韓国サムスン電子やLG電子の「世界2強」ですら赤字だ。基幹部品の液晶パネルも「世界中で在庫が余り、外部に売る必要がない」(片山社長)ほど市況は悪化している。
このため、シャープは亀山工場でのパネル生産をテレビ用に使う大型から、スマホやタブレット端末、ゲームなどに使う中小型にシフト。この結果、2011年度の液晶パネル販売額は大型が3割減となる一方で中小型が5割も増え、パネル全体に占める中小型の割合を10年度の35%から50%超に高める。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110604/bsg1106040503002-n1.htm
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1106/03/news119.html
http://japan.cnet.com/news/business/35003578/
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-21524120110603
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20110603_450490.html

2011年06月03日

ValuePress!

デジタルサイネージ ジャパン2011にスターティアラボ出展!店舗集客を促す電子ブック×ホームページ連動ソリューションを展示
スターティアラボは、6月8日より3日間、幕張メッセにて開催されるデジタルサイネージ ジャパン2011に出展致します。
同展示会において電子ブック作成ソフト「ActiBook」とホームページ制作サービス『デジタリンクCMS』との連携により店舗への集客を促すソリューションを紹介いたします。
電子ブックはこれまで、電子コミックの閲覧などに使用されるのが主な活用方法でしたが、小売店などでは、チラシを電子化しホームページへ掲載することで、店舗への集客をうながすという活用方法が増えてきておりました。特に『ActiBook』においては、PDFのチラシデータを最短3クリックで電子ブック化できることや、電子ブック化されたチラシに直接手書きが行える機能を利用することで、タイムセールや売切れの案内をお客様に迅速に行えるといった、店舗集客を促す電子ブックを活用したホームページの開設が可能となっています。
その為、本展示会では、1,000社以上もの企業に電子ブックの導入を行ってきた実績をもとに、店舗への集客を促す電子ブックとホームページとの連動ソリューションをご紹介いたします。
新しい店舗集客の方法や電子ブックを活用した新しいソリューションにご興味のある方は、是非弊社ブースにお越しください。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=78904

2011年06月03日

MONOist

DNP、省エネ対応のデジタルサイネージ用ディスプレイ色調補正器「FANAT COLOR」を開発
大日本印刷(以下、DNP)は2011年6月3日、ディスプレイの明るさ(輝度)を下げた場合でも、色のくすみを補正し、美しい映像を表示する、デジタルサイネージ用ディスプレイ色調補正器「FANAT COLOR(ファナットカラー)」を開発し、6月27日より販売を開始すると発表した。
企業広告や災害時の緊急情報など、さまざまな情報を配信するデジタルサイネージにおいても、現在、電力の供給不足に対応すべく、節電対策が強く求められている。一般的に、ディスプレイ輝度を下げれば、消費電力を抑えることができるが、全体的に画面が暗くなり、映像がくすんでしまう。そのため、緊急性の高い情報を配信する可能性のあるデジタルサイネージにとっては、輝度を下げて(消費電力を抑えて)もきれいな映像表現を実現できる効果的な節電の工夫・技術が求められているという。
DNPは2010年に、印刷物を本物の色に近づけるカラーマッチング技術を応用して、デジタルサイネージのディスプレイの色調を統一し、本物に近い色彩表現を可能にするシステム「色調整ボックス」を開発。今回発表されたFANAT COLORには、この色調整ボックスに、“輝度を下げた際に色のコントラストを強調し、色のくすみを補正する”機能が付加されている。


これにより、輝度を下げても、きれいな色調を表現することができるという。デジタルサイネージの消費電力と輝度の関係は、メーカーや機種によって異なるが、最大輝度で表示時に230Wの電力を消費するタイプのデジタルサイネージの場合、輝度を約70%下げて表示したところ、電力を約100Wに削減でき、色調の改善効果が確認できたとしている(DNPによる調査、周囲の明るさは変わらない場合の改善結果)。
今後、DNPは、デジタルサイネージを利用する企業・団体に向けて販促し、2015年度までにFANAT COLORを約3000台導入するとともに、コンテンツ制作・編集などで約5億円の売り上げを目指すとしている。なお、2011年6月8~10日の3日間、幕張メッセで開催される「デジタルサイネージジャパン2011」のDNPブースにおいて、FANAT COLORの展示デモが行われる予定だ。
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1106/03/news072.html

2011年06月03日

PRONEWS

アストロデザイン、デジタルサイネージ向けHDCP対応デジタルマトリックススイッチャーを発表
アストロデザイン株式会社は、デジタルサイネージ向けのHDCP対応デジタルマトリックススイッチャー「メディアインテグレータ MI-2100」を発表した。出荷開始時期は2011年10月1日を予定しており、参考価格は150万円から。
「メディアインテグレータ MI-2100」は、大型のデジタルサイネージを効率的に構築できる、多機能デジタルマトリックススイッチャー。アナログ信号処理をデジタル処理に置き換えることで、入出力ともにHDMIをサポートしたほか、複数の入力周波数を一つの出力周波数に変換するスキャンコンバータ機能も内蔵している。また、コンテンツの不正コピーを防止する著作権保護技術HDCPにも対応しており、様々な映像機器を接続することができるという。


その他、SD/HD-SDI、VGA、コンポーネント、コンポジット(I/P 変換対応)に対応する。同社によると、本製品が従来の映像切替器の枠を超えた多機能デジタルマトリックススイッチャーの新次元の製品として位置づける意味で、本製品を「メディアインテグレータ」と呼称している。なお、本製品は6月8日から10日まで千葉・幕張メッセで開催されるデジタルサイネージジャパン2011の同社ブースにて初展示が行われる予定だ。
http://www.pronews.jp/news/1106031220.html

2011年06月03日

Advertimes

JR山手線で、車内が映画一色の「シアタートレイン」が運行
11日に公開される映画「奇跡」の制作委員会は2日から、JR山手線の車内を映画一色にした「シアタートレイン」の運行を始めた。
秋元康氏、谷川俊太郎氏などの著名人から寄せられたコメントや、キャストと映画内の台詞を載せたポスターを社内に掲載。ドア上のデジタルサイネージ「トレインチャンネル」でも、予告映像を放送する。
車両の運行と合わせ、中づりや駅ポスターなど他の交通メディアでも、映画の告知を行う。16日まで。
http://www.advertimes.com/20110603/article18218/

2011年06月02日

Response

【NEE 11】2015年には1000万人にデジタル教科書を
6月2日に開幕したNew Education Expo 2011で、慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科の中村伊知哉教授が、「デジタル教科書革命」と題した基調講演を行った。中村氏は、デジタル教科書教材協議会(DiTT)の副会長として、デジタル教科書の啓発・普及に力を入れている。
東日本大震災ではおよそ63万冊の教科書が津波に流されてしまったという。冒頭、中村氏は、「コンテンツをクラウド化したデジタル教科書なら流出を免れたかもしれない」と語った。このように、デジタル教科書革命という流れを生んでいるのにはさまざまな背景や社会情勢の変化があるという。ネットワークインフラの整備や端末技術の進歩といったITの変化、テレビやマスコミがネットを活用し出したメディアの変化などもあるが、中村氏は、日本と海外諸国との教育環境の違いを是正する意味でも、デジタル教科書の役割は重いのではないかと言う。
http://response.jp/article/2011/06/02/157401.html
http://resemom.jp/article/2011/06/02/2663.html

2011年06月02日

ValuePress!

無料の節電対策ソフトウェア『Rest!』をリリース ~ 自動スリープ設定を簡単に ~
福猫株式会社は、節電対策用ソフトウェア『Rest!』を無料で提供開始しました。これまで煩雑だったWindowsのタスクスケジューラでの自動スリープ設定を簡単に行うことができます。
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=78815

2011年06月02日

ITmedia ニュース

“ご近所情報”をAndroid端末に自動配信――DNPが電子チラシ配信を実証実験
大日本印刷(DNP)と城北宣広は6月2日、Android端末向けにプッシュ通知で電子チラシを配信するサービス「チラシ直送便PLUS」の実証実験を6月末から大阪府内で開始すると発表した。2012年度の実用化を目指す。新聞折り込みチラシを電子化し、Android搭載の専用端末に毎朝プッシュ配信する。利用者は最初に自宅の郵便番号を入力するだけで身近な生活情報を容易に手に入れられるという。チラシは一覧表示や拡大表示ができるほか、気になったチラシを「お気に入りチラシ」として登録できる。
実証実験は、ケイ・オプティコムを通じて実施し、モニターに配布した専門端末に生活情報を配信する「eoスマートリンク」を活用して行う。対象となるのは大阪府北摂エリア5市(豊中市、池田市、吹田市、茨木市、箕面市)のモニター500世帯。
チラシ直送便PLUSは、「デジタルサイネージジャパン2011」(6月8~10日、幕張メッセ)のDNPブースに出展する。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1106/02/news082.html

2011年06月02日

4Gamer.net

3D&VR展にARシステム「LiveAR」/3Dインブラウザビューワー「MAJUA」が出展
株式会社プレミアムエージェンシー(本社:東京都港区、代表取締役社長:山路和紀、以下プレミアムエージェンシー)は、2011年6月22日~6月24日に東京ビッグサイトで開催される3D&バーチャル リアリティ展(IVR)にて、モーションキャプチャーとARを融合させた映像システム『LiveAR』と、3Dインブラウザ ビュワー『MAJUA』を出展いたします。
http://www.4gamer.net/games/000/G000000/20110602038/

2011年06月01日

payment navi

屋外設置に適したデジタルサイネージの販売を開始(DNP)
大日本印刷(DNP)は、防水や防塵に優れ、超高輝度のモニターと空調機能を完備した、屋外用の低価格なデジタルサイネージの販売を2011年6月8日から開始すると発表した。また、同デジタルサイネージに加え、DNPの開発したデジタルサイネージ向けの各種アプリケーションをASPサービスで提供する。
DNPの屋外向けデジタルサイネージは、太陽光の下での屋外視認性を確保したサムスン電子製の46インチ超高輝度液晶パネルを搭載している。また、日東工業が長年培った配線やキャビネットなどの技術を活かした防水・防塵対策に加え、専用の空調機による温度の調整機能を備えた筐体を組み合せることで、屋外での苛酷な環境でも使用可能としている。
同製品は、従来の屋外用デジタルサイネージと比較し、60~70%の低価格を実現した普及モデルとなっている。モニターは1,500cd(カンデラ)/ m2の超高輝度で太陽光の下での屋外視認性を確保。各種リーダライタを筐体に搭載することで、おサイフケータイへのURL転送や、個人認証カードをかざすことで個別の情報を表示させる機能などを実現する。
利用の用途としては、屋外広告、交通機関、公共施設における情報配信や、ホテル、旅館、病院、ロードサイド型小売店、住宅展示場の販売促進用途など、これまで導入を見合わせていた屋外での展開を想定している。販売価格は1セット160万円(税抜き金額)。DNPは屋外用デジタルサイネージの販売において、今後1年間で約8億円の売上を目指す。
http://www.paymentnavi.com/cardnavi/14960.html
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/08/20034608/

2011年06月01日

ASCII.jp

iPad 2デジタルサイネージ「Smart Sign」 アップルストアで試す
アップルの直営店舗であるアップルストアが、2001年5月19日に米バージニア州マクリーン、カリフォルニア州グレンデールに第1号店をオープンしてから10周年を迎えた。
この10年間に全世界のアップルストアを訪れた人の数はのべ10億人。現在でも毎日多くの人が来店しており、全世界で1日あたり5万人がテクニカルサポートサービス「Genius Bar」を利用しているという。
10年目から最初の日曜日となった2011年5月22日には、全世界のアップルストア325店舗でレイアウトを変更。「iPad 2」を使ったデジタルサイネージとして、新たな店内ディスプレー「Smart Sign」(スマートサイン)が導入された。
http://ascii.jp/elem/000/000/609/609902/

2011年06月01日

MONOist

【ESEC2011】組み込みでも本格的な3Dグラフィックス時代の到来を実感
組み込み機器でも3Dグラフィックスが特別なものではなくなってきている。ESECで毎回“近未来像”を示してくれるインテルの「Future Concept Zone(フューチャーコンセプトゾーン)」でも今回は3Dがテーマだった。
同ゾーンでVMJが展示していた独3D International社の3Dデジタルサイネージシステムは、多層光学フィルムを用いて多視点に対応した「Chromatic Light Deflector」と呼ぶ方式の裸眼3Dディスプレイを採用しており、「一般的なパララックスバリア方式(視差バリア方式)に比べて輝度の減衰が低い」(説明員)ことから、画面の明るさが特徴の1つである。また、マルチタッチ操作によるインタラクティブ、リアルタイムな3Dレンダリングを実現しているのは「第2世代 インテル Core i7 プロセッサー」だ。デモ機ということもあってか、若干のモッサリ感はあったが、3Dデジタルサイネージの本格化も時間の問題と感じた。
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1106/01/news012.html

2011年06月01日

PRONEWS

シネブリッジ、撮影後の映像内に商品や広告を配置するサービス「デジタル・プレイスメント」を開始
株式会社シネブリッジは、イギリス・ロンドンを拠点とするデジタル・プレイスメントの専門会社MirriAd社と業務提携し、新サービスの「デジタル・プレイスメント」を6月1日より開始した。デジタル・プレイスメントは、撮影後の映像内にデジタル技術で商品や広告を配置するプロダクト・プレイスメントの技術。映画やTV番組、WEBムービーなど様々な映像コンテンツで導入が可能という。
本サービスはMirriAd社が開発し特許を持つ「ZoneSense」と呼ばれるシステムを採用、映像の中でプレイスメントに適したスペースを探し出し、撮影時には何もなかった壁や路上に看板やデジタルサイネージを作り出したり、テーブル上に商品を登場させるなど、オリジナルコンテンツに違和感なく商品や広告を配置することができるという。
同社では、従来のプロダクト・プレイスメントと異なる点として、デジタル・プレイスメントでは事前に商品やブランドのイメージにあったシーンの選定が可能になることで確認作業もオンラインでスムーズに進行でき、上映済みのコンテンツでも再放送やDVD化の際に実施することができるメリットがあるとしている。
現在、同社サイトではデモ映像の配信しており、広告の配置イメージをWeb上で確認できる。詳細は以下より。
http://www.digital-product-placement.com/gallery/index.html

2011年06月01日

日本経済新聞

森永製菓、EMR配合のプロテイン「ウイダーマッスルフィットプロテイン」など2品種を発売
【広告・販促】
デジタルサイネージにトップアスリートを起用し共感を呼びます。錦織圭(テニス)・浅田真央(フィギュアスケート)・太田雄貴(フェンシング)・新井貴浩(プロ野球)・前田健太(プロ野球)等多数の契約アスリートからのメッセージ・プロテイン飲用シーン等を店頭にて展開します。バックミュージックは、AAA(トリプルエー)。

2011年06月01日

DreamNews

代理店を募集!CMが一気に20本「勝手CMアワード」
株式会社ムービーインパクトでは、「勝手CMアワード」の協賛企業を獲得していただく代理店様を、全国から募集します。 協賛企業の商品やサービスをテーマにしたCMを、弊社契約プロクリエイターならびに全国のクリエイターが制作し、一般投票でグランプリを決定。バラエティー豊かなCMが一気に20本以上できるユニークな広告媒体として、料金、クオリティーともに喜んでいただいております。 お気軽にお問い合わせ下さい。
http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000033145

2011年06月01日

MarkeZine

いにしえの『電話占い』を携帯サービス化して成功した「エアロノーツ」の話
BtoB事業では、自社のホームページやメールマガジン、デジタルサイネージなどに占いコンテンツを配信したい企業様に対して、占いをASPサービスとして提供しています。月額30,000円から利用できる安価で質の良い占いを提供しており、監修にはフジテレビの血液型選手権を監修していた御瀧政子先生を起用し、他社との差別化を図っています。
http://markezine.jp/article/detail/13826