• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2011年05月31日

@Press

写真・イラスト・動画の購入でTポイントが貯まる!ストックフォト販売サイト


「amanaimages.com」オンライン購入での優待サービスを7月1日より開始
アマナグループにおいてストックフォト販売事業を手がける株式会社アマナイメージズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:小羽 真司、以下 アマナイメージズ)は、このたび800万点におよぶ写真・イラスト・動画など、ビジュアル素材を中心とするストックフォトの販売サイト「amanaimages.com」( http://amanaimages.com )に登録されたお客様に向け、オンライン購入を対象にした3つの優待サービスを7月1日より開始いたします。
http://www.atpress.ne.jp/view/20653

2011年05月30日

PConline

【COMPUTEX 2011】いよいよ開幕、各陣営の携帯デバイスに注目
アジア最大のコンピューター関連の展示会である「COMPUTEX TAIPEI 2011」が、2011年5月31日から6月4日までの日程で台湾・台北市で開催される。ASUSTeK ComputerやAcerをはじめとする現地の大手パソコンメーカーの出展は、ARM系プロセッサーやAndroidを採用した、いわゆる非Wintelプラットフォームの携帯機器が注目の的になりそうだ。Android搭載のスマートフォンやタブレット端末が世界各地の市場で急速に販売台数を伸ばしていることや、2012年に発売予定の次期WindowsでARM系CPUをサポートすることなどを受けた、新しい製品の展示が期待される。一方、マイクロソフトはWindows Phoneを採用したスマートフォンなどを前面に打ち出した展示で、Android陣営に押され気味の携帯機器分野で巻き返しを図るとみられる。
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20110530/1032086/

2011年05月30日

ケータイWatch

FeliCaで会員システムなどに対応するデジタルフォトフレーム
グルーバは、法人向けに、デジタルフォトフレームを利用した会員システム「フォトフレーテ ver1.0」の販売を開始した。
今回発売された「フォトフレーテ ver1.0」は、NFCカードリーダーを接続したデジタルフォトフレームを利用し、おサイフケータイやSuica、Edyといったカードを来店ポイントなどの会員システムで利用できるというもの。来店回数のカウントが行え、スタンプを貯める回数を設定できる。飲食店での利用が想定されており、複数店舗で連携したネットワーク運用にも対応している。
同社はまた、店頭などでの利用を想定した、デジタルフォトフレームを利用するデジタルサイネージシステムを開発しており、「フォトフレーテ」はこれらのサイネージシステムと併用することも可能になっている。
http://k-tai.impress.co.jp/docs/dotbiz/news/20110530_449341.html

2011年05月30日

RBBTODAY

情報通信関連の専門イベント開幕迫る!その見どころは?
いよいよ6月7日(展示会は8日)から10日まで開催される「Interop Tokyo 2011」。最先端の情報通信関連の専門イベントとして、今年も約14万人の来場者が見込まれる一大イベントだ。今年のInterop Tokyoは、ディザスタリカバリ、クラウド、データセンター、IPv4枯渇/IPv6移行、グリーンITといった、企業の課題解決につながるテーマが中心となっている。


その見どころについて、運営会社である株式会社ナノオプト・メディアの大嶋康彰氏に話を聞いた。
http://www.rbbtoday.com/article/2011/05/30/77385.html

2011年05月30日

Searchina

ピーアンドピーの前期は減収ながら大幅増益
販売・営業支援事業のピーアンドピー <2426> は、16日に前11年3月期決算説明会を兜町平和ビルで実施した。
11年3月期連結業績は、売上高214億7800万円(10年3月期比2.1%減)、売上総利益40億5100万円(同1.7%増)、販売管理費35億700万円(同2.8%減)、営業利益5億4400万円(同45.1%増)、経常利益5億4100万円(同43.5%増)、純利益2億6700万円(同3.98倍)と減収ながら大幅増益を達成した。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0530&f=business_0530_049.shtml

2011年05月30日

ファインドスター広告ニュース

TBSと大日本印刷、大学向けにデジタルサイネージを活用した情報提供サービスを提供
株式会社TBSテレビ(以下、TBS)と大日本印刷株式会社(以下、DNP)は共同で、首都圏の大学向けにデジタルサイネージ(電子看板)を活用した情報提供サービスを本年5月から本格的に展開する。大学構内の生協食堂や生協購買店などに主に47インチの大型ディスプレイを設置し、ニュースや天気などの生活情報や学校行事、大学生に役立つ多様な情報を配信する。
TBSは、これまで手がけてきたデジタルサイネージ媒体のコンテンツ制作ノウハウを活用し、コンテンツの番組編成やコンテンツ制作、広告販売を担当。DNPは、大学内に設置されたデジタルサイネージ端末のシステム運用や配信管理、設置機器管理を担当する。
すでに、今月初めから早稲田大学、東京工芸大学、横浜国立大学、一橋大学、芝浦工業大学の各生協の協力により、25台のデジタルサイネージを設置して運用を始めており、約6万人の学生が閲覧できる環境になっているという。
なお、6月8日(水)から10日(金)の3日間、幕張メッセ(千葉県)で開催される「デジタルサイネージジャパン2011」の「大日本印刷ブース(東6ホール)」において、今回の大学内で設置しているラック筐体型デジタルサイネージ端末を出展する予定となっている。
http://www.findstar.co.jp/news/syosai.php?s=202733

2011年05月30日

キーマンネット

NECDS等、OPSコントローラと、対応スロット装備ディスプレイ出荷
NECディスプレイソリューションズ株式会社(NECDS)と日本電気株式会社(NEC)は、デジタルサイネージ向けのコントロールモジュールとスロットの規格“Open Pluggable仕様(OPS)”に準拠した制御モジュール「OPSコントローラ」と、OPS準拠モジュール対応スロットを装備した業務用液晶ディスプレイ2機種を6月30日より出荷する。
デジタルサイネージ関連ソフトウェアとネットワークを活用することで、コンテンツ管理、メディア配信も行なえる。また、薄さ43.3mmのスリム筐体で、従来比40%削減の軽量化も達成していて、壁掛け工事などの現場作業の負担軽減も図れる。水平に置いて使用することもでき、テーブルへの埋め込み、天井取り付けなどの用途でも使用できる。10Wの高出力スピーカを内蔵しているため、音声付きのデジタル広告などにも対応できる。
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/69/20034569/
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1105/26/news077.html
http://www.news2u.net/releases/85592
2011年05月27日

Field Promotion NEWS

ダイレクトバンクス、マーケメディアと協業でフィールドプロモーショ ン・マーケティング関連資料に特化したダウンロードサイトを開始
株式会社ティフ.プランニング(本社:大阪市北区/代表取締役社長:中尾 誠一)のグループ会社である株式会社ダイレクトバンクス(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:中尾 誠一)は、フィールドプロモーションニュースのコンテンツの一部として、フィールドプロモーション・マーケティング関連資料に特化したダウンロードサイト「フィールドプロモーションニュース SP・マーケティング資料ダウンロードセンター(http://fieldpr.marke-media.net/ )」を、「マーケメディア」(運営:ターゲットメディア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐竹正臣))と協業で開始いたしました。
http://www.field-pr.net/news_19vVOEmSE.html
2011年05月27日

ITpro

「観光大国」化にはITが必要だ
そうしたなか、この不運を跳ね返すために観光産業はIT活用によるサービスの高度化をさらに進める必要がある。携帯端末などを持ち歩いてもらい外国語で観光情報を提供するなどだ。そこで無線インフラや、デジタルサイネージ、スマートフォンといったITを駆使して、言葉の違いを乗り越えたサービスを提供する取り組みを報じた記事を以下で紹介していこう。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20110524/360634/
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20110527/271740/?top_f2
2011年05月27日

Searchina

今後災害時の情報はどこから? テレビやラジオが一番、次に携帯電話、そして……
意外なのは「コンビニや店舗にある液晶モニタ」。今件調査が首都圏で行われた(=単位面積あたりのコンビニの数が多い)こともあるが、緊急時の公用情報の取得元として、コンビニを介した映像情報が意外に頼られていることが分かる。昨今は節電ムードの高りで、デジタルサイネージが敬遠される傾向があるものの、この動き・需要は留意しておく必要があろう。
今件を男女別で見ると、「パソコン」など一部をのぞけば男性より女性の方が広範囲に情報を求めようとしている意図が見受けられる。
男性より女性で「携帯電話」の値が高めなのは普段の利用頻度を考えれば容易に想像がつく。しかしコンビニのモニタや駅などの大型ディスプレイ、さらには防災行政無線においても大幅に男性を上回っている。これらの動きを見ると、【東日本大地震後の不安要素は原発、そして被災地への支援状況】などで解説しているように、女性の防衛本能の強さとそれに伴う情報取得への熱心さがうかがい知れるというものだ。
やや余談になるが、世代別では次のような形になる。やはりデジタル系メディアにおける世代間格差が現れている。情報を発信する側としては、「一人でも多くの人に届ける」ことを配慮する上で、この世代間格差を十分に配慮することを忘れてはならないといえよう。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0527&f=column_0527_009.shtml
2011年05月27日

Searchina

バンテン、デジタルサイネージシステムで「2010 RED HERRING ASIA 100」を受賞
「2010RedHerringAsia100」は、有望な企業を選定するイベントで、今年は、11月15日から16日に中国上海市の「上海マリオットホテルチャンフェンパーク」で開催された。
今回同社は、デジタルサイネージシステム「エンゲージメディア」での受賞となった。「エンゲージメディア」1ソースコード・1プラットフォームで自社開発された製品で、需要の異なる各企業ユーザーに対し、基盤上の機能群を精巧に制御するPaaS(PlatformasaService)型でのサービスを提供するものとなっている。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0527&f=business_0527_012.shtml
2011年05月26日

キーマンズネット

日本HP、第2世代Coreプロセッサ搭載のPOS端末向けPCを発売
「rp5800」は、店舗で販売する商品の情報をその場で記録・集計するPOS端末向けのデスクトップPC。従来モデル「rp5700」と同様、電源供給可能なPowered USB端子とPowered Serial端子を搭載するなど、POSとしての使用に最適化したハードウェア構成を採用、同時出力が可能なVGA(DSub)とDisplayPortを装備していて、2台目の液晶ディスプレイを使用できるなど、優れた拡張性を備えている。また、発売から5年間の製品供給を保証するなど、段階的な導入計画に対応するほか、生産終了後も5年間は保守パーツの供給を保証するため、長期間にわたって使用できる。
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/22/20034522/
2011年05月25日

Tech-On!

東芝がデジタル製品開発の共通プラットフォーム構想,それをベースにモバイル機器,PC,テレビを開発
富士通に任せることになった携帯電話機は開発しないが,それよりも少し大きな画面をもったモバイル機器から,タブレットPC,ノートPC,そして大画面のテレビまでSmartX をベースに開発するという。これで,コスト削減に加えて,機器が変わってもユーザーが同じ感覚で使えるようにすることを目指す。
SmartXで余裕が出た開発リソースは,次世代POS・KIOSK端末,デジタル・サイネージなどのB to Bの新規事業に回したいとした。SmartXベースの高付加値品の売上高は,2015年度に8000億円を目標とする。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110525/192112/
2011年05月25日

Business Media 誠

デジタルサイネージでGoogleマップを利用――ソフトバンク クリエイティブ
地図アプリはGoogle マップを、観光地や駅の構内、街中などに設置されているデジタルサイネージでも閲覧できるようにしたもの。地図アプリを活用することで、50インチ前後の大型タッチパネルを搭載したデジタルサイネージでも、タッチ操作で地図の拡大・縮小、スクロール表示を行え、航空写真地図やストリートビューも見られる。表示言語は日本語・韓国語・中国語・英語の4カ国語で、切り替え表示ができるようになっている。
また、同時に開発したコンテンツマネジメントシステムを利用することでGoogle マップ上に独自の施設情報を追加で表示することも可能で、利用者はデジタルサイネージから飲食店やホテルの概要など、より多くの情報が得られる。
地図アプリは6月26日から博多港国際ターミナルで導入されることが決まっており、今後はさらに幅広く提供していく予定。「弊社で展開するデジタルサイネージのほかにも、さまざまなデジタルサイネージメディアの運営者や店舗・施設に提供し、ハードウエアを含めたデジタルサイネージのトータルソリューションとして積極的に展開していく」(ソフトバンク クリエイティブ)。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1105/25/news088.html
2011年05月25日

RBBTODAY

【Wireless Japan 2011(Vol.9)】FOMAモジュール内蔵端末でコンテンツを管理・配信! 電子POPの進化系サービスが登場
広告や販売促進の分野で注目を集める電子POP(デジタルサイネージ)。現在開催中の「Wireless Japan 2011」において、NTTドコモは電子POPの進化系となる管理サービスを紹介していた。
NTTドコモの「MobilePOPサービス」は、電子POPをFOMA通信で配信・管理できるASPサービスだ。「これまで電子POPというと、SDカードやUSBメモリーなどの記憶媒体を利用し、メーカー担当者が現地の店舗などに出向いて手動で更新していました。しかし、これでは担当者の人件費もかかります。また有LANや無線LANのサービスも出ていますが、セッティングを行う必要があり作業も面倒です」と、従来の電子POP管理の弱点を指摘するのは、NTTドコモ 第一法人営業部 モバイルデザイン推進室 主査の田原武氏だ。
http://www.rbbtoday.com/article/2011/05/25/77248.html
2011年05月24日

ITpro

「店舗に近づくとクーポン」、無線LAN経由のスマホ向けプッシュ配信技術を開発
これまでもGPSを利用したローカル広告配信サービスはあったが、GPS電波が受信できない屋内や地下では利用できない。また「場所を取得するためスマートフォンアプリを起動する必要があった。開発技術はGPSが利用できない場所でも利用でき、スマートフォンアプリを起動することなくローカル広告をプッシュ配信できる」と従来技術との違いを説明する。


屋内でのローカル広告配信サービスへの応用や、デジタルサイネージと連動した広告配信などのサービスへの応用を予定する。「店舗に近づくとクーポンが届く」「屋外広告に近づくとキャンペーンサイトを表示する」などである。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110524/360619/

2011年05月24日

ケータイWatch

第516回:FlashLinq とは
通信インフラが止まってしまっても、端末同士で通信ができることはP2P通信のメリットの1つです。普段、インフラが止まるということは考えにくいことです。しかし、先の東日本大震災のような非常時では、輻輳を避けるために通信規制が実施され電話が通じにくくなったりしますし、基地局などの施設・設備が被災して使えなくなることがあり得ます。また人為的な物としては、エジプトで大規模なデモが発生した際には、当局によって、携帯電話網が遮断され、使えなくなりました。しかしFlashLinqのようなP2P通信を利用すれば、このような状況でも、端末同士で通信できます。
ただし、「FlashLinq」は、現在開発中の技術です。これまでに、スペインのバルセロナで開催された展示会「Mobile World Congress」で端末を使ったデモが披露されました。実際の市街地では、今後韓国内で、クアルコムと地元の携帯電話事業者であるSK Telecomによって、この仕組みを利用した実証実験を行うと発表されています。「FlashLinq」の用途としては、デジタルサイネージなどのM2M(Machine to Machine)通信なども想定されています。
http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/keyword/20110524_447944.html

2011年05月24日

ValuePress!

iPad 2がデジタルサイネージ代わりに。アップルストアがプチリニューアル!
これまで密かに噂されていましたが、アップルの直営店が改装され、iPad 2がこれまで紙で掲示されていた商品説明に代わって、デジタルサイネージとして使われるようになっています。
日本のアップルストアもiPadによる商品説明に変わっています。iPadはアクリルケースに入れられ、スペックの表示や他モデルとの比較、商品の特徴を伝えたり、さらにはアップルの説明スタッフを呼び出すことも出来ます。全ての製品の横にiPad 2が置かれているのはちょっと過剰な感も否めませんが、アップルには紙を持たないメリットや、従業員の削減などの恩恵がありそうですね。 
http://www.gizmodo.jp/2011/05/ipad_2_21.html
2011年05月24日

ValuePress!

スマートフォン向けプッシュ配信ソリューション「スマートプッシュ」を開発しました
このたび、株式会社ビーマップ(本社:東京都文京区 代表取締役 浅賀 英雄)は、「Wi-Fi接近センサー」と、同センサーを活用したプッシュ型情報配信ソリューション「スマートプッシュ」を開発いたしました。
「Wi-Fi接近センサー」は、スマートフォンの接近を検知し、クラウドサービスに通知するユビキタスセンサーで、スマートフォンから発信されるWi-Fiを検知することで、接近するスマートフォンを特定し、その接近をインターネットのサーバーへ通知します。「スマートプッシュ」は、Wi-Fi接近センサーを活用したプッシュ型情報配信ソリューションで、同センサーが検知したスマートフォンに、情報をプッシュ配信する機能を提供します。
これまでもGPSを利用したローカル広告配信サービスはありましたが、GPSの電波が受信できない屋内や地下では利用することができませんでした。また、場所を取得するためスマートフォンアプリを起動する必要がありました。本ソリューションは、地下や屋内などGPSが利用できない場所で利用することが可能であり、スマートフォンアプリを起動することなく、ローカル広告をプッシュ配信することが可能です。当社では、GPSが利用できない屋内でのローカル広告配信サービスへの応用や、デジタルサイネージと連動した広告配信などのサービスへの応用を予定しています。
なお、当社は、本システムについて、既に特許を出願しております。
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=78164
2011年05月23日

朝日新聞

NGC、Dimenco社の業務用裸眼立体ディスプレイを発売、初年度の売上目標は1億円
日商エレクトロニクスの子会社で、デジタルサイネージなどを展開するエヌジーシー(NGC、諏訪和由社長)は、5月23日、オランダ・Dimenco Displays社(バス・プレーガCEO)の業務用裸眼立体ディスプレイを発売した。諏訪社長は、「2011年度に100システム、約1億円の販売を目指していく」と自信をみせる。デジタルサイネージ市場に加え、文教市場や建築、自動車産業などのマーケットを開拓していく。
NGCは、これまでサムスン製の高輝度ディスプレイやマルチディスプレイなどを手がけ、羽田国際空港や静岡県地震防災センターへの納入実績をもっている。今回、Dimenco Displays社の業務用裸眼立体ディスプレイの取り扱いを開始することによって、ディスプレイ事業をさらに拡大させる。
Dimenco Displays社は、ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(フィリップス)からディスプレイの知的財産権を承継して、輝や視野角など性能を改善し、パネルサイズを42インチから52インチに拡大した。
NGCは、2006~09年、フィリップス製の3Dディスプレイ2機種を販売し、大学・研究所や広告イベント会社などに、約200台のディスプレイを納入。今回、性能を向上させ、Dimenco Displays社の製品として販売することで、市場の拡大を目指す。価格はオープンで、実勢価格は170万円前後。
http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201105230012.html
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110523_447891.html
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/05/23/047/
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110523/192006/
http://eetimes.jp/ee/articles/1105/23/news076.html
2011年05月23日

ITpro

ドコモ、「GALAXY Tab」をデジタルサイネージに使うサービス開始
NTTドコモは2011年5月23日、FOMA回線で通信できる端末をデジタルサイネージとして使う「MobilePOPサービス」を発表した。動画や静止画コンテンツをパソコンなどから配信サーバーを経由して送信し、FOMA回線を通じて店舗の売り場などに設置した端末に表示させ、商品の販売促進を狙う目的で導入する。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110523/360572/
2011年05月23日

朝日新聞

独ショット、タッチパネルガラスの新ブランドを発表
ドイツの特殊ガラスメーカー、ショットAG(本社:ドイツ・マインツ市、ウド・ウンゲホイヤー取締役会議長兼CEO)は、タッチパネル市場の求める様々商品群を取り揃えた新ブランド「Xensation(センセーション)」を発表しました。日本市場では、ショット日本株式会社(東京都新宿区、湯川愛里社長)が営業・販売を行い、タッチパネル市場への販売をさらに強化していきます。
http://www.asahi.com/business/pressrelease/CNT201105230052.html
2011年05月23日

週アス

Apple Store 2.0? リニューアル後のニューヨーク五番街店に行ってみた第1号店の開店から10年がたったアップルストアで22日、iPad2をデジタルサイネージとして使用するなどのリニューアルが行なわれた。 世界各地でいっせいに行なわれたこのリニューアル。
ふだんは24時間営業しているニューヨーク・マンハッタンの五番街店の場合、22日の午前0時に一度閉店し、12時間後の正午に再び開店。同店は開店5周年ということもあって再開店の前には店舗スタッフが集合し、簡単な祝賀会も催されていた。
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/042/42757/
2011年05月21日

Field Promotion NEWS

主婦のつぶやき・裏技を電子看板でチェック!
店頭や駅構内などで見かけるデジタルサイネージ(電子看板)で、主婦の裏技やつぶやきなどを見ることができるようになりそうです。このデジタルサイネージコンテンツは、ソフトブレーン・フィールド株式会社と東京コミュニケーションアート専門学校による産学協同の取り組みとして制作されています。
ソフトブレーン・フィールド株式会社は、全国の店頭で調査を行う消費者モニターと企業を結び営業支援・調査支援を行っている会社です。
ソフトブレーン・フィールド株式会社の全国の主婦43,000名からなる登録スタッフから「主婦ならではの声・つぶやき・裏技」などコンテンツ用のエピソードを集め、画像・動画制作技術に強い東京コミュニケーションアート専門学校生の協力のもとキャラクター・動画を制作し、デジタルサイネージ用コンテンツとして提供するということです。
「主婦のつぶやき・裏技を専門学校生が動画コンテンツ化し、デジタルサイネージへ提供する産学協同の取り組み」ソフトブレーン・フィールド株式会社 ホームページより
http://www.sbfield.co.jp/news/2011/05/18_173000.html
http://www.field-pr.net/news_1vK9x3LrO.html
http://www.advertimes.com/20110520/article15815/
http://www.zaikei.co.jp/releases/9294/
2011年05月21日

Response

デジタルサイネージ向けGoogleマップアプリ ソフトバンクCなど開発
ソフトバンククリエイティブは、Googleマップを使ったタッチパネル型デジタルサイネージ向けの地図アプリをゴーガと共同開発した。
今回開発した地図アプリは、「Google Maps APIプレミア」を採用した。6月26日から博多港国際ターミナルで導入されることが決定しており、今後も幅広く提供していく。
今回開発した地図アプリは、パソコンやスマートフォンなどで利用されているGoogleマップを、観光地や駅の構内、街中などに設置されているデジタルサイネージでも閲覧できるように開発したもの。このアプリを活用することで、50インチ前後の大型タッチパネルを搭載したデジタルサイネージでも、『iPhone』や『iPad』と同様のタッチ操作で地図の拡大・縮小、スクロール表示を行うことができる。
表示される地図情報には、Googleマップの航空写真地図やストリートビューを採用している。
また、表示言語は、日本語・韓国語・中国語・英語の4か国語に対応しており、切り替え表示が可能。さらに、コンテンツマネジメントシステムを利用することでGoogleマップ上に独自の施設情報を追加表示できる。利用者はデジタルサイネージから飲食店やホテルの概要など、より多くの情報を把握することが可能となる。
同社では今後、この地図アプリをデジタルサイネージメディアの運営者や店舗・施設にも提供する。
http://response.jp/article/2011/05/21/156694.html
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/05/20/082/
2011年05月20日

ITpro

デジタルサイネージでバーチャル試着などのコンテンツを提供、東急電鉄やイッツコムなど
東京急行電鉄と東急不動産、イッツ・コミュニケーションズは2011年5月20日、「二子玉川ライズ」においてデジタルサイネージを5月21日に本格稼動させると発表した。これまでは東日本大震災以降の電力不足を考慮して本格的な運用を控えていたが、節電施策を継続しながら、当初に予定していた運用を開始する。
通常の施設案内型のコンテンツのほか、アパレルテナントのお薦めの服を画面上で試着できる「みだしなミラー」などのアミューズメント型のコンテンツや、一般募集した「つぶやき」を町の声のような形で表示する「つぶやきウォーカー」といった参加型インタラクティブコンテンツなども表示する。イッツコムの放送番組とサイネージの連動も行う。
3社は持続的に成長する街「クリエイティブシティ」の実現を目指す「クリエイティブ・シティ・コンソーシアム」に会員として参画し、二子玉川を具体的なフィールドとして様々な活動を進めている。今回、複数の街区で構成される「二子玉川ライズ」にデジタルサイネージを設置し、場所とタイミングにより効果的な告知を行うリーセンシーメディアとして活用する。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110520/360528/
http://www.rbbtoday.com/article/2011/05/20/77115.html
2011年05月19日

RBB TODAY

iPadスタンド「iPadデルタ DELTA4」……ディスプレイ視聴に最適な角度
バード電子のiPadスタンド「DELTA4」は、iPad/iPad2に対応したスタンドだ。iPad/iPad2に対応したスチル製のスタンドで、その名のとおり、デルタ(Δ)の形をしている。
元々デルタは、キーボードスタンドとして開発されたが、iPadの発売と同時に改良を加え、iPad専用のスタンドとしてリリースされた。iPad用デルタの特徴としては、縦位置で使用した際に、Dockコネクタで充電できるよう、スタンドのセンターにDock用の切り欠きが設けられているという点がある。その他角度やクッションフォームなどがiPad用に調整されている。
ちょうどiPadのディスプレイを見るのに適した角度になっているので、iPadで映画を見たり、デジタルサイネージ、フォトフレームとして活用するの場合にも、適している。横置きだけでなく、縦置きをしても倒れない安定感、バランスになっている。iPadを使わない時でも、カレンダーや時計を表示して立てかけておく、などという使い方もできる。
販売価格は、バード電子の直販サイトで4,620円。シンプルだが使い勝手もよく、利用シーン、活用の幅は広いだろう。iPadは、持ち運び時以外はこのようなスタンドに設置して、時計やカレンダーを表示したり、映像や写真を映したりする事で、iPadを今以上に活用する事が出来るだろう。
http://www.rbbtoday.com/article/2011/05/19/77072.html
2011年05月19日

ValuePress!

簡単に使えるファイル自動ダウンロードソフトウェア『FilePort』がバージョンアップ ~ IISやプロキシサーバーに対応して利用環境が拡大 ~
デジタルサイネージを中心としたコンピュータソフトウェアの開発・販売を行っている福猫株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:渡邉 豪)は、簡単に使えるファイル自動ダウンロードソフトウェア『FilePort』の最新版(Ver.1.9.2)を2011年5月18日より提供開始いたしました。同ソフトウェアの無料お試し版(30日限定)はホームページよりダウンロードすることができます。
『FilePort』はパソコンのWindows上で動作し、一定間隔で指定したファイルを自動的にダウンロードするソフトウェアです。ダウンロードするファイルは一般的なFTPサーバー(※1)に配置されていれば良いため、様々なシステムと連動させることが可能です。また、ダウンロード対象をフォルダ単位とすることや、ダウンロードしたファイルが破損していないかどうかを検証する仕組みが備わっています。
これまで『FilePort』は、インターネットで一般的に利用されているFTPサーバーからのダウンロードのみをサポートしていましたが、MicrosoftのFTPサーバー(IIS)を利用したいという要望が数多く寄せられていました。
今回のバージョンアップでは、IISに加え、企業のインターネット接続で使用されるプロキシサーバー(※2)を経由した接続に対応しました。これにより、これまで『FilePort』を使用できなかった環境でも使用することが可能になります。


http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=77970

2011年05月19日

MONOist

【ESEC2011】満を持して新設されたAndroid開発ゾーンに注目してみた
2011年5月11~13日の3日間、東京ビッグサイトで「第14回 組込みシステム開発技術展(ESEC2011)」が開催された。その中で盛り上がっていた展示の1つがAndroid関連の技術だ。本稿では、ESEC2011会場で筆者が注目したAndroid関連技術/ソリューションを中心に紹介する。
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1105/19/news003.html
2011年05月17日

Searchina

電通と博報堂の種目別売上高前年同月比をグラフ化してみる(2011年4月分)
電通と博報堂では毎月最新の種目別売上高速報を発表している(ただし今回も後述するように事情が異なる)。種目の呼び名には多少の違いがあるが、区分としては共通のものを利用しており、並べて比較することが可能。電通は【こちら(PDF)】にあるように単独会社のデータが公開されているが、博報堂は【こちら(PDF)】のように、子会社の主要3社の単体月次売り上げがそれぞれ併記された形。そこで後者については3社の合計を最新データと1年前のデータそれぞれで計算し、その上で前年同月比を改めて当方で算出。その結果を反映させたグラフが次の図。
今月も【電通と博報堂の種目別売上高前年同月比をグラフ化してみる(2011年3月分)】に続き、東日本大地震の影響を受けて定例の月次報告が延期。先日12日の決算短信発表と共に電通は4月分のデータも公開。博報堂は16日に公開し、ようやく両社の2011年4月分が出そろう事になった。今月は「博報堂より電通の伸び率が良い(あるいは下げ率が低い)」項目が多数存在する状況となり、しかも影響力が大きい4マスでは、電通がより良いのが3項目、博報堂がより良いのが1項目。混乱期における電通の底力を再認識させる動きとなった。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0517&f=column_0517_008.shtml
2011年05月17日

朝日新聞

テービーテックとティービーアイ、STB不要のサイネージコンテンツ配信サービス
東京貿易グループの2社、ソフトウェア開発のテービーテック(佐分年治代表取締役)とCCTVシステム機器の輸入・販売のティービーアイ(加藤三四郎代表取締役)が、クラウド型のデジタルサイネージ用コンテンツ配信サービスを開始した。サムスン製コンテンツ作成ソフトウェア「Mag
icInfoPro」向けに、クラウド型コンテンツ自動配信サービス「MagicSign」を提供する。
ティービーアイは、サムスン社の1次代理店として監視カメラなどを販売。3年前からデジタルサイネージシステムを手がけてきた。新サービスの提供にあたって、テービーテックがサービスを運用し、ティービーアイがディスプレイとともに販売する。印刷会社やHP制作会社などを代理店にして、病院やホテル、飲食チェーンなどでの導入を進め、3000ライセンスの販売を目標とする。
「MagicInfoPro」は、サムスンが自社のスタンドアロン型デジタルサイネージシステム「ハルヱとケイジ」向けに提供するコンテンツ作成ソフトウェア。PCで作成したコンテンツをUSBメモリに保存し、それを表示ディスプレイのポートに差し込むことで、簡単にコンテンツを表示することができる。
多拠点にデジタルサイネージを展開する企業は、コンテンツの更新が手動だったり、コンテンツの配送などに手間やコストがかかったりしていた。また、これまでのネットワーク型の配信サービスは、STB(セットトップボックス)などの設置が必要で、高額なサービスが多かった。
「MagicSign」は、STBの設置が不要なクラウド型サービス。テービーテック営業部新規ビジネス推進課の渡辺昌男課長は、「EDI(電子データ交換)のテキスト配信ノウハウがあったので、これを応用してサービスを立ち上げた」と経緯を語る。「MagicSign」は「ハルヱとケイジ」など、Windowsコントローラ搭載ディスプレイに対応し、配信元管理者のPCから「MagicInfoPro」で配信日時を指定したコンテンツをASPサーバーにアップロードすると、スケジュールに従って店舗・支社などのディスプレイに自動配信する。コンテンツ授受の際はデータを圧縮し、SSL暗号化通信を行うことでセキュリティを確保する。ASPサーバーからコンテンツのダウンロードURLを添付したメールを送信し、受け取った店舗・支社のPCでダウンロードして、USBメモリ経由でディスプレイにコンテンツを流し込むオフライン配信にも対応する。
http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201105170002.html
http://www.asahi.com/business/pressrelease/CNT201105160056.html
2011年05月16日

さきがけon The Web

県庁で電子看板運用開始 秋田魁新報社と共同通信社ニュース提供
秋田魁新報社と共同通信社が県内外のニュースを提供する県のデジタルサイネージ(電子看板)の運用が16日、県庁で始まった。地方自治体の電子看板に、地方紙と共同通信社がニュースを配信するのは全国で初めて。
電子看板は65インチプラズマディスプレー(縦80センチ、横145センチ)で、県が1階ロビーに設置した。地域ニュースや県の新事業、観光、イベントなどの情報が文章、写真、動画で紹介され、15秒ごとに切り替わる。
電子看板はポスターなどと違って張り替えが不要。内容も随時更新できるメリットがある。来庁者への歓迎メッセージも表示できる。設置費用は約177万円。運用時間は平日午前8時半~午後5時15分。
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20110516l
http://www.chunichi.co.jp/s/chuspo/article/2011051601000850.html
http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011051601000848.htm
2011年05月16日

ValuePress!

サムスン社製デジタルサイネージソフトウェア「MagicInfoPro」と連携可能なコンテンツ配信クラウド・サービス「MagicSign」を発表
東京貿易グループ傘下の株式会社ティービーアイとテービーテック株式会社は、サムスン社製Windowsコントローラ搭載型液晶ディスプレイで稼働するコンテンツ作成ソフトウェア「MagicInfoPro」で作成されたコンテンツを自動配信するクラウド・サービスMagicSignを本日発表しました。「MagicInfoPro」ユーザは「MagicSign」を利用することで、「MagicInfoPro」で作成したコンテンツをオンラインで自動配信(プッシュ配信)できるようになります。「MagicSign」により、従来、手動で行っていたコンテンツ配信の人件費を大幅に削減することができます。また、「MagicSign」はクラウド型のサービスのため自社サーバの設置が不要となり、低コストでのオンライン配信ネットワークを構築できます。
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=77603
2011年05月16日

ZDNet Japan

サン電子 ワイヤレスジャパン2011併催「第2回 無線技術応用産業展 モバイルパワー2011」に出展
当社ブースでは、M2Mソリューション向けローコスト・耐環境性能を実現したM2Mモジュール搭載の通信アダプタや、HSPAモジュールを搭載したハイスピードモバイルルータのほか、Roosterシリーズと各種機器を組み合わせた活用事例、また当社が販売代理店契約を結んでいる華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)製の各種通信モジュール及び導入事例などを一堂に展示いたします。
http://japan.zdnet.com/release/30003034/
2011年05月16日

DreamNews

「ウェブ向けCMが20本できる!「勝手CMアワード」協賛企業を募集」
アワード終了後は選抜作品すべてをYouTube、ドコモ公式サイト「1mini.TV」(130万PV/月)にアップロード。またプレスリリースでは、グランプリに輝いた作品や監督を紹介。ニュースサイトやブログ等で取り上げられます。また、作品の二次利用は自由ですので、貴社HPはもちろん、街頭大型ビジョンや、電車内モニターなどのデジタルサイネージでも活用できます。勝手CMの特性を活かし、リアルタイム性、インタラクティブ性の高いメディア(twitterやfacebookなどSNS、またUSTREAMやニコニコ生放送といった動画共有サービス)での広告効果も期待できます。
http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000032238
2011年05月15日

Searchina

ピーアンドピーの前11年3月期連結業績は減収ながら大幅増益を達成
また、デジタルサイネージ事業のサービス拡充、携帯電話を活用した店舗への集客支援サービス、「訪日ツアー紹介サービス」といった新サービスを展開し、売上拡大に努めた。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0515&f=business_0515_014.shtml
2011年05月15日

毎日新聞

今週の本棚・情報:「電子看板」事業を強化
講談社はこのほど、デジタルベンチャー会社「エンターサイネージ」の株を一部取得したと発表した。両社は昨年3月から、雑誌と大学生向けメディアを融合させた新たなデジタルパッケージの創出に取り組んでおり、株式取得でより一層の関係強化を図る。エ社はデジタルサイネージ(電子看板)と呼ばれる大型ディスプレーやデジタル端末、フリーペーパーを組み合わせた新メディアを全国の大学で展開。講談社は女性誌『with(ウィズ)』専属モデルらによるイベントをキャンパス内で実施し、エ社の電子看板に情報提供してきた。講談社は今後、コンテンツを男性誌やコミックの分野に広げていくという。
http://mainichi.jp/enta/book/news/20110515ddm015040038000c.html
2011年05月15日

ValuePress!

誰でも簡単操作でデジタルサイネージ用コンテンツが作れるサービス、『TemPo(テンポ)』を提供開始
利用者は、まず専用のサイトにアクセスし、数あるテンプレート(雛形)の中から、作りたいイメージに合うものをダウンロードします。そこに直接、画像を入れ替え、文章を打ち込むことにより、誰でも簡単にオリジナルムービーが作成できるという仕組み(特許出願中)。作成した映像は、USBメモリ等に記憶させ取り出します。更に、映像はもちろん、効果音・BGM・ナレーションなどといった演出も、あらかじめそれぞれのテンプレート(雛形)の中に組み込まれていますので、用途に応じた映像づくりが可能です。
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=77683
2011年05月12日

RBB TODAY

Intel、Atom E600搭載の次世代多機能タッチデバイスを展示
第14回組込みシステム開発技術展のインテルのブースでは、Atom E600を利用した製品の展示が数多く並んでいる。その中の1つとして、Atom E600を利用した次世代の多機能タッチデバイス・コンセプトモデルが参考展示されている。
10.1インチタッチパネル液晶を搭載するタブレット型端末として提案されている同コンセプトモデルの特徴は、Atom E600とAndroid 2.2を組み合わせている点、そして豊富なインターフェイスだ。PCI Express×2を介してOKIセミコンダクタ製のメディアフォン向けのコンパニオンチップML7223Vを搭載しており、Gigabit Ethernet、SATA、USB2.0のほか、ネットワーク・セキュリティ(MD5、AES、SHA-1、SHA256等の暗号/復号化)などにも対応する。またFeliCaモジュールも搭載しており、デモでは通販サイトでの電子マネーによる支払いも再現していた。
http://www.rbbtoday.com/article/2011/05/12/76870.html
2011年05月12日

@IT 情報マネジメント

電子書籍時代、印刷業は提案力とデータ管理が命
デジタルサイネージ(電子看板)や電子ペーパーと呼ばれる新たな情報技術の登場は、“インクや染料を使って、紙などの媒体に情報を刷る”といった印刷業務の概念自体を変えてしまうかもしれません。デジタルサイネージや電子ペーパーのような「媒体の中身を、データを送ることによって動的に書き換える」という技術の登場は、印刷機械や印刷工程そのものをなくしてしまうかもしれないからです。
http://www.atmarkit.co.jp/im/cits/serial/bizknowledge/06/01.html
2011年05月12日

ValuePress!

地域情報サイト“まいぷれ”が、デジタルテレビのデータ放送での地域情報サービスを開始
本サービスは、データ放送にて地域に密着した情報を配信し、視聴者の利便性を向上するだけでなく、地域の魅力ある情報を発信することで地域経済の活性化を図ることを目指します。将来的には、より視聴者の方に役立つ地域に密着した情報を発信するため、番組とのクロスメディア企画、デジタルサイネージとの連動、公共情報や生活情報、防災・防犯情報等の配信まで、段階的にサービスを発展させていく計画です。
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=77521
2011年05月12日

タウンニュース

笑顔がつながるセンターに
4月に長津田地区センターの館長となった。「手編みやヨガ教室などの自主事業をもっと拡大させ、利用者に喜んで頂けるサービスの提供を行っていきたい」。新しく設置されたデジタルサイネージ(電子看板)もサービス向上の一役になると考える。「センターの情報がメインですが、今後は区や市、県の情報も載せ充実させていき、利用者を増やしていきたい」
http://www.townnews.co.jp/0102/2011/05/12/103891.html
2011年05月11日

財経新聞

JR大阪駅構内にシャープが広告表示用デジタルサイネージを納入
シャープは、JR大阪駅のリニューアルに伴い、広告表示用デジタルサイネージに採用する大型液晶ディスプレイ計98台をジェイアール西日本コミュニケーションズに納入したという。
縦置きの液晶ディスプレイ12台による約206V型相当のマルチディスプレイシステムを含め、大型液晶ディスプレイ48台で構成する「大阪マルチビジョン48」には、狭額縁タイプの液晶ディスプレイを採用しているため、ディスプレイ間のつなぎ目が目立たないのが特徴だ。また、明るい場所でもメリハリのある表示が可能な点を活かし、日差しが差し込むJR大阪駅3F南北連絡橋の柱上部にも設置し、鮮やかな広告を表示するという。
さらに、JR東日本エリアに設置したジェイアール東日本企画、ジェイアール西日本コミュニケーションズによる企画商品、デジタルサイネージ「J・ADビジョン」と連動する広告表示も、9日以降の実施を予定している。
同社は今後、大型液晶ディスプレイによる高精細できれいな映像メディアを二大都市圏で同時に展開することで、各社が展開する広告媒体の効果的な訴求に貢献できると考えている。
http://www.zaikei.co.jp/article/20110511/72060.html
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1105/09/news095.html
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110509/biz11050919250037-n1.htm
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/05/09/052/
http://www.rbbtoday.com/article/2011/05/09/76740.html
2011年05月11日

Web担当者Forum

10年後を生き抜くWeb業界の心得10か条
今まで、我々が取り組んでいたWeb制作というとIE、Firefox、SafariなどのWebブラウザ内で上から下へスクロールして閲覧できるコンテンツ制作を指していたと思います。しかし、昨今のイノベーションのなか、デジタルサイネージ、電化製品、携帯端末(スマートフォン)、タッチパネル、タブレット、地デジ(地上デジタルテレビ放送)、ICカードなど、あらゆる端末がインターネットというインフラ(HTTPプロトコル)を通してつながっており、情報表示がシームレスになってきています。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2011/05/11/10161
2011年05月10日

マイコミジャーナル

DMPら、組込機器向け3Dグラフィックス・プラットフォームを開発
ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)とルネサスイーストン(REC)は、VIA Technologies製x86ベースの組込用ボードPC「EPIA」と、DMP製のグラフィックスIPコア「PICA200」を搭載した3DグラフィックスLSI「NV7」を搭載したボードを組み合わせた、高性能かつ低消費電力のグラフィックスシステム・ソリューションを共同開発した事を発表した。
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/05/10/111/
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1105/09/news040.html
http://prw.kyodonews.jp/open/release.do?r=201104266143
2011年05月10日

朝日新聞

ゼロソフトと電通大、エリア限定で無線通信-大型サーバ不要に
試作したアプリケーションでは、ある商店の周囲数十メートル内にいる人のスマートフォン(多機能携帯電話)に割引情報を流すといった利用ができる。大型ディスプレーを使うデジタル・サイネージ(電子看板)に比べて手軽に広告を配信できる。エリアを外れると情報が自動的に消えるため安全性も高い。また、近くにある飲食店に関するつぶやきを集めた“エリア限定のツイッター”のような利用も想定できるほか、災害時の安否確認にも使えるという。
http://www.asahi.com/digital/nikkanko/NKK201105100017.html
2011年05月09日

ZDNet Japan

羽田空港、新国際線ターミナルにシスコのIP通信網採用
2010年10月21日より業務を開始したTIATでは、各種情報システムが個々に独立しているためにおこる、高額なインフラの運用管理費用、情報システムのサービス提供範囲の制限、情報システム間の連携などの課題を克服し、将来を見据えた、可用性が高く、迅速なサポートを行える包括的なネットワークシステムの構築を検討していたという。
http://japan.zdnet.com/datacenter/case-study/35002472/
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/release/20110509_444262.html
2011年05月09日

excite.ism

柴田文江デザインの美しきリモコン、地デジ版SPIDER PRO
放送局や広告代理店で「テレビとの関わり方が根本から変わる」と話題になっていた「SPIDER PRO」という製品がある。昨年から、その「SPIDER PRO」の地上デジタル放送対応版の開発が始まり、 今月23日に発売される。昨年末に行われた発表会では、本体は見せず女性デザイナーが手掛けたというリモコンだけが披露され、これが話題となった。
http://ism.excite.co.jp/digital/rid_E1299855458005/pid_1.html
2011年05月03日

毎日新聞

なるほドリ:「奈良<生>たびコンシェルジュ」って何? /奈良
◇県が運営する観光案内所 タッチパネルやHPでも情報提供なるほドリ ドライブで名阪国道の道の駅「針テラス」(奈良市針町)に立ち寄ったら、女の人2人がにこやかに対応している案内所があったんだけど。
Q それは便利だね。
A コンシェルジュが対応している時間以外にも、タッチパネルで観光スポットやイベントが検索できる「デジタルサイネージ」が設置されていて、鹿のココデシカ君とイマデシカさんの兄妹が案内してくれます。さらに、ネット上に設けた「<生>たびクラブ奈良」(http://www.viajar.jp/namatabi_nara/index.php)では、フルタイムで対応しています。
http://mainichi.jp/area/nara/news/20110503ddlk29070559000c.html
2011年05月02日

大分合同新聞

「べっぷ八湯の絆ポータルサイト」運用開始
JR別府駅と同市鉄輪の「地獄蒸し工房鉄輪」の2カ所には、大型タッチパネルで同サイトの情報を検索できる電子看板「街かどサイネージ」を設置した。総務省の「地域雇用創造ICT(情報通新技術)絆プロジェクト」の補助を受けて、昨年11月から準備を進めてきた。システム構築や機器の設置など事業費は約6千万円。 
「街かどサイネージ」は縦型46インチの大型タッチパネルを備える。検索して表示した情報を、その場で携帯電話に取り込める。市内約40の旅館やホテルには、タブレット型端末と、別府の観光ポイントの画像を映し出すデジタルフォトフレームを備える予定。観光客は端末を挟んで宿泊施設のスタッフとやりとりしながら同サイトの情報を検索できる。
http://www.oita-press.co.jp/print.php?print_type=localNews&print_first_genre=&print_second_genre=&print_news_id=2011_130429971211