• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2011年04月28日

ZDNet Japan

業務効率を向上させるiPad--小売、医療の事例
・リテールの現場で活躍する販促ツール
ECサイトの構築やコンサルティングを得意とする五反田電子商事は、「ミライタッチ for iPad」を手がけている。小売店舗の店頭に置いて、商品説明やコーディネートのアシストをする一種の販売促進ツールだ。専用アプリ開発からASPサービスまでをカバーするため、ECサイト商品データベースのフロントエンドやデジタルサイネージなど、顧客のニーズに応じたオーダーメイド型のシステムを構築できるところが強みといえる。
http://japan.zdnet.com/mobile/analysis/35002341/
2011年04月28日

AdverTimes

大阪の玄関口に新しい広告メディアが誕生
5月4日には、大阪駅北地区の再開発に先駆けて、西日本最大のターミナルとして大阪駅の商業施設「OSAKA STATION CITY」がグランドオープンする予定だ。オープン目前の4月27日、日本アドバタイザーズ協会SP広告委員会が大阪駅の見学会を開催。ジェイアール西日本コミュニケーションズの開発担当者が、施設概要と共に、駅構内のデジタルサイネージやイベントスペースなどの広告メディアを紹介した。改札内外で連動して広告を掲出できる「大阪駅マルチビジョン48」をはじめ、新設された98面のデジタルサイネージについて、「町と町とをつなぎ、消費を活性することが当社の使命。その手段として役立ててもらいたい」としている。


・大阪駅マルチビジョン48
南北の施設をつなぐ連絡路として整備された橋上駅のデジタ
ルサイネージ「大阪駅マルチビジョン48」。


改札内に3箇所、改札外に1箇所で、それぞれ60V型液晶ビジョンが12面連結されている。静止画・動画の同時放映が可能。改札内の1箇所は壁面タイプ、それ以外は壁面上部横長タイプとなっている
http://www.advertimes.com/20110428/article13283/

2011年04月28日

Field Promotion NEWS

北京地下鉄に風邪薬のインタラクティブなデジタルサイネージ登場
1)昼と夜で色が異なる風邪薬『白加黒』
中国・北京地下鉄駅の屋外広告を手がける北京地鉄通成は近頃、風邪薬『白加黒』のインタラクティブなデジタルサイネージを手がけたという。この広告に登場する風邪薬『白加黒』は、昼用・夜用で錠剤の色が白色・黒色に分かれている。


看板は左側にスーツ姿の男性、中央にグラフ画面、右側に就寝中の男性の3部分から構成されている。中央のグラフ下部には「風邪薬を飲むと頭がふらふらして昼も夜も辛い。どうする?」と書かれており、「日中元気で過ごしたい」か「夜しっかり治す」かボタンを選ぶ。


2)中央部分で投票&投票数のチェック
左側の男性は頭部をもやもやで覆われているが薬を飲んでスッキリする様子が、右側の男性は薬の効果で就寝中に身体に元気が充電されていく様子が表現されている。中央にある看板下部のタッチパネルから昼用カプセルを表す白いボタンか夜用カプセルを表す黒いボタンを選ぶことができ、その投票数は中央画面上部のカウンター表示から確認することができるという。
http://www.field-pr.net/news_Y2p9nc9lS.html

2011年04月28日

Value Press!

無料のデジタルサイネージソフト『SmartSignage』をリリース ~ パソコンがフォトフレームになる ~
福猫株式会社は、小さな画面やタッチパネルで操作がしやすい、無料のデジタルサイネージソフトウェア『SmartSignage』
(スマートサイネージ)を28日にリリースいたします。『SmartSignage』は福猫株式会社の『NextScreen』というソフトウェアのテクノロジープレビュー(技術を先行して実装させたもの)という扱いになっています。また、3分に1回の広告表示(10秒間)を入れることにより、無料で提供させていただくことが可能になりました。
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=77061
2011年04月27日

IRチャンネル

5月1日放送【東和メックス】
1) 東和メックス株式会社は、グループ経営を標榜しており、LED&ECO事業、デジタルサイネージ事業、SA&電子マネー・ICカードの3事業を展開している。
2) 新製品開発・新販路開拓に注力しており、屋外型デジタルサイネージ分野ではトップシェアとなっている。
3) 社名をTBグループに変更し、環境・健康・観光のグッド3K市場に経営資源を集中し、従来以上にグループシナジーを強化していく。
4) 東日本大震災でLED照明事業に大きく舵を切る。住友化学・NTTグループとの連携によるシェア拡大を狙っている。
5) 「普及率ゼロの成長市場に果敢にチャレンジ」がスローガン。今期正念場でその動向に注目が集まっている。
http://market.radionikkei.jp/irchannel/entry-201470.html
2011年04月28日

Business Media 誠

銚子電鉄の運行案内がすごい
一見、普通の自動販売機のように見えるのだが、これは利根コカ・コーラボトリングが設置している地域貢献自動販売機。上部のデジタルサイネージ(電子看板、参照リンク)で、電車の運行状況や地域のイベント情報を配信しているのだ。銚子電鉄の10駅に1台ずつ設置されているのだという。
乗降客が少ない駅だと、運行案内の電光掲示板を設置・運用するコストがその効果に見合わない。しかし、自動販売機とセットで展開するなら、本銚子駅のような無人駅でもその恩恵にあずかれるのである。
しかし、運行案内という鉄道会社にとって重要な情報の伝達を、他社に任せるというのはなかなか勇気のいる決断である。経営危機をなぜか名産の醤油を使ったぬれ煎餅の販売で乗り切った銚子電鉄だからこそできたコラボなのかもしれない。


ただ、筆者が気になったのは今夏の節電のこと。日本コカ・コーラでは、6月下旬から東京電力管内の自動販売機で輪番節電を行うと表明している。そのため、節電時間中は運行案内が見られなくなってしまうのではないだろうか。そんな不安を抱いたので、日本コカ・コーラに確かめてみると「停止するのは冷却機能のみで、デジタルサイネージは表示されます」とのこと。まあ確かに電気をすべて止めてしまうと、商品を購入することもできなくなるので、当然といえば当然である。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1104/28/news019.html

2011年04月28日

キーマンズネット

コンテックなど、小型・省電力デジタルサイネージプレーヤを出荷
株式会社コンテックとミラクル・リナックス株式会社は、フルHD対応の省電力デジタルサイネージプレーヤ機器を共同開発し、7月(予定)より出荷する。コンテックが「デジタルサイネージプレイヤー DS-210D」という商品名で、ミラクル・リナックスが「MIRACLE VISUAL STATION DS210」という商品名で、5月11日より受注を開始する。価格は、オープン価格となっている。
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/43/20034143/
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1104/26/news063.html
http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000031501
2011年04月27日

EETIMES Japan

デジタルサイネージと融合へ、タッチパネル技術の活躍範囲広がる
タッチパネル技術には、ディスプレーに表示された画像や映像を見ながらそれに触れることで、機器を直感的に操作できるという大きな特徴がある。機器と利用者の距離を縮める、重要な要素技術だろう。13 ~ 15日に東京ビッグサイトで開催された「第3回 国際タッチパネル技術展」には、従来の業務用機器や民生機器のみならず、新しい市場を想定したタッチパネル技術が多く展示されていた。
例えば、デジタルサイネージ(電子看板)や電子黒板に活用することを想定したタッチパネル技術や、近距離無線通信技術「NFC」とタッチパネル技術を組み合わせた展示などである(タッチパネルの薄型化については、別掲記事の「厚み0.02mmの曲がるガラスパネル、ミクロ技術研究所が製品化へ」を参照)。
http://eetimes.jp/ee/articles/1104/28/news041.html
2011年04月27日

イノテック

インテルR Atom? プロセッサーE600番台搭載 TX-70
TX-70は、インテルR Atom? プロセッサーE600番台 (1.60GHz~600MHz)とインテルR PCH EG20Tを搭載したUltra Embedded Module Ⅱで、5V単一電源で動作する超小型・薄型・低消費電力のファンレスCPUモジュールです。
http://www.innotech.co.jp/products/product_list/embedded/cpubord/tx-70.html
2011年04月27日

Value Press!

エンティス、「デジタルテロッパ」に字幕表示方式を追加し、緊急情報やサイネージに対応 ~Twitterもより読みやすく、応用範囲を拡大~
株式会社エンティスは、インターネット経由で取得した文字情報をテレビ映像に重ね合わせて表示できるネットワークライブテロッパー「デジタルテロッパ EN-NL1068」が文字情報のスクロール表示方式に加え、ツイッター表示や緊急情報など、各種テキスト情報表示に最適な字幕表示方式を追加したことを発表いたします。
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=76916
2011年04月27日

ITExpress

猿でもわかるタブレット端末活用術
iPadに代表されるタブレット端末。パソコンの様でパソコンでなく、スマホ(スマートフォン)のようでスマホでない。アップルだけでなく、Galaxy TabやOptimus PadなどAndroidを搭載したタブレット端末も相次いで発表され、各社製品が出そろってきた。しかしながら、いまのところ個人向けにはイマイチ受け入れられていないようだ。ただ、そういった中で仕事向けにはこれが結構重宝なのである。
http://www.bcm.co.jp/itxp/2011/04/cat17/27000000.php
2011年04月27日

キーマンズネット

シエロアスール、動画/スライド 2画面同期配信をAndroidに対応
「SMASSh」は、動画とスライドの2画面同期再生プレイヤーを搭載している。CMS(コンテンツマネジメントシステム)形式なので、専門知識の習得不要で、ファイルのアップロードから同期設定、配信、管理までを自由に行なえる
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/94/20034094/
2011年04月26日

シブヤ経済新聞

渋谷にフィットネス「ティップクロス トーキョー」-イベントにTRFのSAMさんら
ティップネス(港区)が運営する同店は、「ティップネス渋谷」を4月3日に「都市型新ブランド」としてリニューアル。店舗面積は1階~3階合わせて約1,000坪。1階にはプランニングセンターのほか、Wi-Fiを完備したラウンジ&クローク、デジタルサイネージを活用し、音楽や光、映像で彩った空間の中でバイク運動を行う「スピニング専用スタジオ」などを用意。
http://www.shibukei.com/headline/7675/
2011年04月26日

ケータイWatch

第513回:ホワイトスペースとは
なぜ、このようなホワイトスペースができたのか、それは現在の電波利用技術の進歩が背景にあります。そこで、この間隔のうち、現在の技術で利用できる周波数については、空き地、つまり「ホワイトスペース」とみなして使ってしまおうという発想が出てきたわけです。
http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/keyword/20110426_442336.html
2011年04月26日

cnet Japan

株式会社美人時計との業務提携について - 「美人時計埼玉版」を本年7月に公開予定
インターネットメディア運営の株式会社サイリンク(本社:さいたま市浦和区、代表取締役:荻島正拡)は、美人が1分ごとに時間を知らせてくれるウェブサイト「美人時計」を運営する株式会社美人時計(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田中慎也)と提携し、美人時計の地方版「美人時計埼玉版」を本年7月から公開・サービス提供する予定です。また“美人”コンテンツをテレビ放送、街頭ビジョン、デジタルサイネージ、出版などに提供し、ウェブと連動したメディア展開を積極的に行い、埼玉県内においても「誰もが知っているコンテンツ」としての確立を目指します。
http://japan.cnet.com/release/30002453/
2011年04月25日

ZDNet Japan

箕面駅前に「デジタルサイネージ」を設置しました!~箕面市と池田泉州銀行の連携により箕面駅前の活性化を進めます~
今回、池田泉州銀行が箕面駅前支店のショーウインドーのスペースを提供し、箕面市がデジタルサイネージのシステム整備を行いました。このデジタルサイネージは、8台の52インチ大型液晶ディスプレイを採用しており、市民や観光客に向けた観光情報や商店街の案内、箕面大滝のライブ映像、池田泉州銀行の商品・サービス広告を発信します。また、災害発生等の緊急時には、避難情報等の発信も行うことができます。
http://japan.zdnet.com/release/30002423/
2011年04月23日

INSIDE

新幹線の時刻表にニンテンドー3DSの広告が
任天堂は新作ゲームの広告を駅看板に出したり、山手線の電車内モニターで流れる「山手雑学60秒」にマリオを出したり、昨年から設置された駅デジタルサイネージネットワークにマリオキャラクターが時刻をお知らせしたりなど、割と交通機関でよく広告展開しているありますが、時刻表に広告を出すのは珍しいケース。
http://www.inside-games.jp/article/2011/04/23/48709.html

2011年04月22日

キーマンズネット

本電通、省スペース・省エネ化・低価格の無人受付システム発売
日本電通株式会社は、オフィスの受付で来訪者の取次ぎを代行、サポートする、省スペースで低価格の無人受付システム「オレッセ ライト コンパクト」を発売した。価格は、57万7500円(税込)となっている。
「オレッセ ライト コンパクト」は、「オレッセ ライト カウンタータイプ」と同様の優れた機能を搭載しながら、11.6インチワイド画面のタッチパネルを採用し、電話機とタッチパネルを一体化することで、スリムボディになり、低価格で導入できる。また、LEDバックライト液晶の採用などにより、消費電力・CO2排出量を「オレッセ ライト カウンタータイプ」よりも50%削減し、省エネ化も図っている。
背景・待機画面の変更やメニュー画面の各項目の表示/非表示設定可能で、2ヵ国語(日本語/英語)にも対応している。ボディはホワイト/ブラックの2色が用意されている。
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/10/20034010/
http://www.ndknet.com/
2011年04月21日

広島ニュース 食べタインジャー

宮島桟橋や広島駅などデジタルサイネージ(電子看板)設置で利便性UPへ
宮島桟橋に、見慣れぬ大きなデジタルサイネージ(電子看板)を発見!
最近、繁華街やビルの壁など、様々なところに増えてきたデジタルサイネージですが、表示される映像を見たり聞いたりするだけのものが多かった中、中国運輸局は、外国人観光客の利便性UPを図るために、観光案内など知りたい情報を、メニューから自分で選択して見られるタイプのデジタルサイネージを、広島県内に3箇所設置しました。
日本語、英語、韓国語、中国語(簡・繁)の4ヶ国語に対応しています。パネルに触れると、宮島の厳島神社や錦帯橋(山口県岩国市)、原爆ドーム(平和公園)などの観光地情報へ向かうための交通手段を教えてくれる。県外から広島へ観光で訪れた人はもちろん、外国人観光客の訪問を促進し、また訪れた外国人観光客の満足度を高めることで、リピーターの増加を図るのが狙い。
http://tabetainjya.com/archives/cat_3/up/
2011年04月21日

Field Promotion NEWS

既存の地デジTVにテロップ表示!導入コスト抑えたデジタルサイネージ
3Dマップや3Dシステムの開発・販売など行う宙テクノロジー株式会社は、地デジ対応テレビをデジタルサイネージとして利用するための安価な広告支援システム『SORASOFTテロップランナー2』を開発したという。
専用の装置とソフトを使い、今回のバージョンからは遠隔操作でテレビの画面上に文字テロップを入れ込むことができるそうだ。初期費用28万円、月々のサーバー使用料3万円前後、5月下旬より販売開始予定だという。
従来、映像とテロップを合成するシステムは高価なため中小規模店舗での導入は困難とされていたが、今回の開発により既存の地デジ対応テレビ等を利用することで導入コストを抑え、費用対効果の高い宣伝広告用のシステム構築が可能になったという。
店内や待合室の、行き交う人がついつい見てしまう画面上にお知らせや宣伝広告などを表示することで、情報への深い理解や集客効果が期待できるそうだ。
http://www.field-pr.net/news_YoFm6CxU2.html

2011年04月20日

ITpro

NEC、デジタルサイネージ事業でコンテンツビジネスに参入
NECは、デジタルサイネージ事業の一環として、コンテンツビジネスに参入する。第一弾として、ニュースや金融情報、天気予報などの情報をリアルタイムに提供する「情報コンテンツ配信サービス」の販売を4月19日に開始した。サービス提供の開始時期は、20末を予定する。
NECはによると、デジタルサイネージの普及に伴い導入企業からはサイネージをより効果的に運用し、その視認性を向上させるための提案が求められているという。NECはこのような企業のニーズに対応するために、コンテンツビジネスに参入することにした。
その第1弾として提供する情報コンテンツ配信サービスを導入することで、地域のニュースや金融情報、医療関連コンテンツといったより有益な情報コンテンツをサイネージによる表示に加えることができる。同サービスは、コンテンツの運用・管理をデータセンターで行う。NECがコンテンツプロバイダーからニュース(地域限定ニュースやイベント、災害状況など)や各種の情報提供を受け、コンテンツの種類・形式・配信スケジュールなど企業の要望に合わせ、NECのコンテンツ配信サーバーからデジタルサイネージ向けに配信する。
コンテンツ配信サービスの提供価格は月額2万円から(基本料金+1社のコンテンツをパネル1枚へ配信する場合)。今後3年間で10億円の売上を目指す。NECは現在、デジタルサイネージ事業において、国内において約2500社・3万5000パネルの導入実績があるという。NECがコンテンツ提供を受けるのは、QUICK、産業経済新聞社、時事通信社、ディー・エル・イー、日本気象協会、ヤフー、読売新聞東京本社である。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110420/359632/
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/04/20/013/
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1104/19/news076.html
2011年04月20日

マイコミジャーナル

PFU、第2世代Coreファミリに対応したCOM Express対応CPUモジュールを発表
PFUは4月20日、組込機器向けCPUモジュールとして第2世代Coreプロセッサファミリに対応した「システムオンモジュール AM120モデル210G」シリーズを開発したことを発表した。すでに受注を開始しており、2011年10月からの出荷を予定している。
適用分野としては工作機械、医療機器、半導体製造/試験装置、計測機器、ネットワーク機器、デジタルサイネージなどの高いシステム性能と高速インタフェース、高速グラフィックスが求められる分野としており、AMシリーズ全体で2011年度5万台の販売を見込んでいる。
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/04/20/092/
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1104/20/news018.html

2011年04月20日

ITpro

IPDCフォーラム、ホワイトスペースでのIPDC技術仕様指針書を作成
IPDCフォーラムは、「ホワイトスペースにおけるIPDC技術仕様指針書」をまとめた。V-High帯利用の全国向けマルチメディア放送用にISDB-TマルチメディアフォーラムがまとめたISDB-Tmmの運用仕様書をベースに、IPDCフォーラムの技術検討部会がホワイトスペースを念頭に差分を抽出して仕様指針書をまとめた。検討のリーダー社はNEC、サブリーダーは京セラコミュニケーションシステムである。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110420/359605/
2011年04月20日

Business Media 誠

鏡の中の自分で擬似試着体験を――ライトオンARミラー
ソニー・ミュージックコミュニケーションズは4月13日、ショップ向けのAR※体験型インタラクティブ・デジタルサイネージ(電子看板、参照リンク)「ライトオンARミラー」サービスを開始すると発表した。PlayStation3のグラフィック処理や顔認識技術、HDカメラなどの技術を活用したシステムで、鏡風の画面の前に立った人が新商品を画面内で疑似試着できるといったサービスを提供する。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1104/20/news053.html
http://www.inside-games.jp/article/2011/04/19/48602.html
2011年04月20日

@IT

クラウド時代を推進するスキルアップCCIEをベースに仮想化技術に対応
クラウド時代のネットワークは、企業システムから社会インフラ、スマートグリッドやスマートシティへと領域を拡大し、その果たす役割はますます大きくなっています。結果として、ネットワークエンジニアが不足してそのニーズは高まり、活躍できるフィールドも広がっています。
今後はネットワーク上に動画やデジタルサイネージなど多様な情報が流れ、電話のIP化、さらにセキュリティ確保といったニーズへの対応が求められます。どんなニーズがあるのかを考え、これからもネットワークエンジニアとして生きていきたいと考えています。
http://jibun.atmarkit.co.jp/ad/fyi/96cisco/07/01.html

2011年04月20日

Business Media 誠

東日本大震災、情報端末として灯をともしたデジタルサイネージ
3月11日午後4時すぎ、(デジタルサイネージ(電子看板、参照リンク)機器を置く東京大神宮(東京都千代田区)、湯島天神(文京区)の被害調査に行った社員から相次いで電話が入った。その後、大手コンビニエンスストア、ファミリーマートの東京都、埼玉県内の20店舗に設けたデジタルサイネージにも影響がないことを確認できた。
大地震の直後、デジタルサイネージ向けに臨時ニュースを速報するとともに、東京大神宮と湯島天神に社員を向かわせた。両神社では3月から本格的にデジタルサイネージが稼働したばかり。さあこれから、というところだった。 
ファミリーマートの機器が店内設置なのに対し、両神社は屋外。大地震でも倒れない設計であることは分かっていても、「万が一にも参拝者に影響があっては…」との思いから社員をやった。
震災当日は24時間営業のファミリーマート向けに徹夜で大震災関連ニュースを配信。YouTubeの「産経新聞速報動画」にもコンテンツをアップし続けた。12、13日は朝から夕方まで神社でも放映。災害時こそデジタルサイネージのニュースは必要なのだと確信し、災害用伝言ダイヤルの案内コンテンツも制作した。
だが、デジタルサイネージを取り巻く環境は一変した。東京電力の発電所が大震災で止まり、節電に産業界も協力することになった。13日午後8時、ファミリーマートのデジタルサイネージの電源を一斉に切った。街の大型ビジョンもみな灯を消し、14日からは両神社でも放映をやめた。
デジタルサイネージへのニュース配信はストップしたものの、YouTube向けは続けることにし、都市部で大地震が起こった際の対応策など新たなコンテンツもつくった。
節電に協力するが、いつまで真っ黒な画面にしておくのか。デジタルサイネージが持つ情報端末としての役割をどうアピールすればいいのか。再開のタイミングを探る日々が続いたが、デジタルサイネージの有用性が両神社に理解され、今月1日に放映時間を短縮する形で再開した。大震災関連ニュース、天気予報、義援金案内などを放映しており、ファミリーマートでも近く灯を入れる予定だ。
東京大神宮で放映状況を確認していると、画面に映し出された境内での募金活動案内をみたカップルが、財布を手に募金箱に向かい始めた。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1104/20/news035.html
2011年04月19日

ITBTimes

凸版印刷、台湾のChi Lin社と産業分野向け電子ペーパーで協業
電子ペーパーディスプレイは現在、コンシューマー向けの電子書籍端末用途が主流とでなって市場を拡大しており、今後は小売や流通、医療といった幅広い領域で、電子棚札や電子ラベル、家電製品の表示部分などの産業用途に拡大すると期待されている。そんな中、凸版印刷は13日、台湾のChimeiグループの中核企業であるChi Lin Technology Co.,Ltd.と、電子棚札や電子ラベルなど、産業分野向けの電子ペーパー事業に関して協業することに合意したことを発表した。今回の合意によって同社は、Chi Lin社が製造する産業分野向け電子ペーパーディスプレイを2011年5月より日本市場で販売するとともに、両社共同で関連ソリューションの開発を進める。
今回の発表で凸版印刷は、商業印刷やICタグ、デジタルサイネージといった各事業を通して同社が培った同社実績や顧客基盤と、Chi Lin社のラインアップに富んだ低消費電力の電子ペーパーディスプレイ、ディスプレイを用いたソリューション提案を生かし、様々な用途に応じた電子ペーパーディスプレイを短期間で効率的に、顧客企業へ届けることを目指す。さらに、両社が共同で製品の供給やニーズに応じたソリューションを開発していくことで産業分野向け電子ペーパー事業を推進し、市場の創出と拡大を図る。
http://jp.ibtimes.com/articles/17754/20110418/1303128000.htm
http://www.zaikei.co.jp/article/20110419/70945.html
2011年04月19日

Dream News

EC対応アンドロイドアプリでビジネス革命【mirais時間運】占いがダイレクトサイネージを可能にした、アンドロイドアプリを 提供開始
占いコンテンツ企画提供会社メディア・コンテンツ・プラン株式会社(渋谷区千駄ヶ谷 代表取締役 粕谷日出明)は、最新のECビジネス向けに自社広告メディアが、占いコンテンツアプリと共に実現できるモデルを提案します。開発済みのアンドロイドアプリを低価格で提供します。
アンドロイドアプリは、本格西洋占星術による2時間毎の運勢を24時間365日未来を提案する情報のアンドロイドアプリです。運営しているECサイトの画像、タイトル、告知文章などを簡単に登録でき、運営サイトへ自由なリンクを可能としました。
http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000031108
2011年04月19日

Adver Times

JR東日本企画、震災の影響で3月売上高2ケタ減 通期ではプラスに
ジェイアール東日本企画が18日発表した2011年3月の売上高は、前年同月比86.2%の111億8800万円だった。同社の月次売上高は、2010年9月から6カ月連続で前年実績を上回っていたが、3月に発生した東日本大震災の影響を受け2ケタ減となった。業務別では、テレビ(208.3%)、SP(124.6%)についてはJR東日本やグループの駅ビル「ルミネ」の出稿が後押ししたが、主力の交通広告は震災による東北地方の被害のほか首都圏でも節電で電照看板やデジタルサイネージの消灯を余儀なくされ、64.5%と落ち込んだ。
もっとも、2010年度(10年4月~11年3月)の通期売上高は、前期比101.5%の912億7900万円となり上回った。売上高の約半分を占める交通広告は96.9%だった。
http://www.advertimes.com/20110419/article11807/
2011年04月19日

ITpro

Androidをx86パソコンで動かしてみよう
ミラクル・リナックスは、LinuxサーバーOSや、デジタルサイネージソリューションの開発、販売を行っている会社で、私は組み込み関連の開発を行っています。Androidは携帯電話のOSというイメージがありますが、普通のパソコンでも動作します。以前にも「話題の携帯向けOS「Android」をx86パソコンで動かしてみよう」という記事がITproに掲載されましたが、今回はより新しいバージョンのAndroidを動かしてみましょう。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20110413/359397/
2011年04月18日

VF リリース

地デジ対応テレビをデジタルサイネージに再利用。遠隔操作で『文字テロップ+地デジテレビ画面』を実現した安価な広告支援システム、【SORASOFTテロップランナー2】をリリース。店内・待合室の張紙、お知らせを待合室のテレビでお伝え。遠隔のPCからLAN経由でテレビに繋がった専用装置にアクセスし、文字テロップ編集やチャンネル変更を実現。
http://release.vfactory.jp/release/42520.html
2011年04月18日

@IT MONOist

女子力がキラリと光ったImagine Cup 2011 日本大会
日本マイクロソフトは17日、マイクロソフトがワールドワイドで展開する学生向けITコンテスト「Imagine Cup」の日本大会(Imagine Cup 2011 日本大会)を開催した。
今回、日本大会の激闘を制し、組み込み開発部門でニューヨーク世界大会への切符を手にしたのは、チーム「SunDonation」。西脇春名さん(京都工芸繊維大学)、田中天さん(大阪市立デザイン教育研究所)、山本哲也さん(早稲田大学)、神田良輝さん(早稲田大学)の4名からなる学校の垣根を超えた混成チームだ。彼らは、国連ミレニアム開発目標の中から「開発のためのグローバル・パートナーシップの構築」の達成を選択。カフェやレストランなどに設置することを想定したタッチディスプレイ搭載端末(デジタルサイネージ)による新しい募金システム「SunDonation」を考案した。
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1104/18/news038.html
2011年04月18日

ファイル・ウェブ

【連続企画】新世代ブランド「VanCryst」解剖 - AVとPCを融合するプロダクトの原点に迫る
AV分野にデジタル技術が進出して久しい。CDに始まりDVD、Blu-rayと、現在では媒体のほぼ全てがデジタル。機器間をつなぐケーブルもデジタル化が進み、いまやテレビとビデオをつなぐ手段はHDMIがスタンダードだ。
AVフィールドにおいてはPCの存在感も増している。たとえば、ポータブルオーディオは一度PCに取り込んだ音源を転送して聴くことが一般的。USBオーディオのように、PCの周辺機器としてのみ存在しうるAV機器も登場した。PCで録画した番組をテレビで視る、という使い方も珍しくない。
http://www.phileweb.com/review/article/201104/18/286.html
2011年04月18日

Field Promotion NEWS

薄型ディスプレイが電子看板に変身!簡単組立スタンド3種登場
パソコン周辺機器・オフィス家具メーカーのシグマA・P・Oシステム販売株式会社は、簡単に組み立てができるデジタルサイネージ(電子看板)向けディスプレイスタンド「SFSNシリーズ」3製品の販売を4月下旬より開始するという。今回新発売となる3製品は、最大32V型まで対応可の「SFSN30BK」、最大52V型まで対応可の「SFSN50BK」と「SFSNF50BK」。
http://www.field-pr.net/news_XY6R4Orzo.html
http://pressrelease-jp.com/press/11504/20110413/
2011年04月18日

マイコミジャーナル

三度目の挑戦で世界へ、Imagine Cup ニューヨーク大会の日本代表決定
マイクロソフトが毎年世界規模で開催する学生によるITコンテスト「Imagine Cup(イマジンカップ)」の日本大会が17日に行なわれ、ソフトウェアデザイン部門は同志社大学のチームMI3、組み込み部門は複数大学の混成チームSunDonationが優勝した。両チームは日本代表として、今年7月に米ニューヨークで開催される世界大会へ出場する。
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/04/18/008/
2011年04月18日

マイコミジャーナル

SMC、PS3の処理能力を生かしたAR活用デジタルサイネージをライトオンに導入
ソニー・ミュージックコミュニケーションズ(SMC)は、デジタルサイネージ向けにカスタマイズされたシステムソフトウェアを搭載した「PlayStation 3(PS3)」の演算処理能力を活用した、ショップ向けのAR(拡張現実)体験型インタラクティブ・デジタルサイネージ・システムを、ライトオンの店舗に導入することを発表した。導入店舗は4月22日から「ライトオン イオンモール倉敷店」、4月28日から「ライトオン mozoワンダーシティ店」となっており、いずれも「ライトオンARミラー」という名称でサービスが実施される。
同ミラーは、AR技術を応用し、デジタルサイネージ向けPS3を利用したSMCのサイネージシステム「MITENE」を使った、ミラー体験型ARサイネージ。顔認識技術やリアルタイム特殊効果などを用いることで、画面の前に立ったユーザーが商品を疑似試着体験できるなど、数々のサービスが提供されるほか、複数のユーザーが同時に楽しめる高品位ARアトラクション機能も搭載している。
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/04/18/002/
http://www.advertimes.com/20110415/article11615/
http://mainichi.jp/select/biz/prtimes_release/archive/2011/04/15/000000002.000003285.html
http://media.yucasee.jp/r/detail/66003

2011年04月16日

静岡新聞

富士宮と小浜、帯広 「食」のネット構築へ広域連携
富士宮市と福井県小浜市、北海道帯広市の広域連携事業「ICT(情報通信技術)を利活用した食によるまちづくり」が総務省の委託公募事業に選ばれ、富士宮市役所で15日、初会合と記念イベントが開かれた。食や食文化に関する3市の情報を共有するネットワークを築くとともに、インターネットや携帯電などを通して情報発信する。
総務省の補助金を活用して共同システムを構築。市民や観光客向けにホームページを開設するほか、画面を触って操作するタッチパネル式の情報発信機「デジタルサイネージ」を3市内に設置する。 
デジタルサイネージは高品質な映像で画面に情報を表示する新しいコミュニケーション手段として注目され、携帯電話をかざして情報を取得することもできる。富士宮市内では、富士山本宮浅間大社周辺の観光案内所と名産品店街に設置するという。
http://www.at-s.com/news/detail/100020468.html
2011年04月15日

IT media

ASUS、USB接続のモーションキャプチャデバイス「Xtion PRO」
Xtion PROは、USB 2.0接続のPC用モーションキャプチャデバイス。バスパワーで駆動し、キャプチャの有効距離は0.8~3.5メートル、有効角度は70度だ。パッケージにはドライバとSDKを付属しており、モーションキャプチャを利用するゲームやデジタルサイネージ19 件に向けた独自ソフトウェアの開発が行える。対応OSはWindows 7/Vista/XPおよびUbuntu 10.10、開発言語はC++/C#(Windows)とC/C++(Linux)。
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1104/15/news123.html
http://news.kakaku.com/prdnews/cd=camera/ctcd=1007/id=14921/
http://www.4gamer.net/games/017/G001762/20110415029/
2011年04月15日

verita

“感動神経を鍛える”新感覚のジムTIP.X TOKYOオープン
フィットネスクラブ TIPNESS(ティップネス)の渋谷店が、デジタルサイネージと音楽が織り成す新感覚のジム「TIP.X TOKYO(ティップ.クロス トーキョー) 渋谷」としてリニューアルオープンした。
マシンを一切使わずに瞬発力や軽快さを鍛えることで“日常生活で使える”ファンクショナルなボディを実現する「ファンクショナルトレーニングフィールド」をはじめ、音楽・光・映像が非日常の空間を作り出す「スピニング専用スタジオ」、自分だけのフィットネスを楽しめる「パーソナルトレーニングスタジオ」など、ティップネスのオリジナルメソッドをさらに引き立てるジムとなっている。メンバーズラウンジは、WI-FI完備でモバイル端末も利用できるなど、都会で働く女性にも嬉しい環境が整えられている。
http://new.veritacafe.com/archives/3063724.html
2011年04月15日

財経新聞

マルチディスプレイに特化したデジタルサイネージシステム「オムニバス・ビジョン」を発表
デジタルサイネージ事業を展開する株式会社CNETメディアサービス(所在地:東京都中央区 代表取締役社長:松澤和重)は、マルチディスプレイに特化したデジタルサイネージシステム「オムニバス・ビジョン」を19日・20日に東京ビックサイトで開催される『イベントJAPAN2011』で発表します。
「オムニバス・ビジョン」は2011年3月に財団法人NHKサービスセンターを通じてNHK渋谷放送センターの西口通路に番組広報用のデジタルサイネージとして導入されました(震災に伴う節電対策により運営時間と画面数を縮小して運営中)。
http://www.zaikei.co.jp/releases/6896/
http://release.vfactory.jp/release/42496.html
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=76206
2011年04月15日

YUCASEE MEDIA

モリサワ 「第14回 組込みシステム開発技術展(ESEC)」に出展
第14回 組込みシステム開発技術展(ESEC) では、組込みデバイス向けフォント「KeiType」や「Android対応フォント」、そして「文字のかたちが分かりやすいこと、文章が読みやすいこと、読みまちがえにくいこと」のコンセプトから生まれた「UD書体」を出展いたします。モリサワでは、印刷やデザイン分野で好評のデジタルフォントを、携帯電話やデジタルサイネージなど多種多様な機器にも提供しております。
http://media.yucasee.jp/r/detail/66009?showspecial=true
http://prw.kyodonews.jp/open/release.do?r=201104155920
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1104/12/news006.html
2011年04月15日

Tech-On!

上海出張で目に止まった2種類のディスプレイ
一つが、デジタル・サイネージ(電子看板)である。地下鉄車内には、17~20型前後の液晶ディスプレイが設置されており、ニュースや広告などが映し出されている。関東の読者には、ジェイアール東日本企画がJR山手線なので実施している「トレインチャンネル」とほぼ同じといえば想像できるだろう。こうした液晶ディスプレイは地下鉄の駅の構内に多く、「上海火車」や「人民広場」などの多くの駅では、40~50型品が設置されている(図1)。交通網におけるデジタル・サイネージは、日本と比べても遜色ないといえそうだ。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20110414/191105/
2011年04月15日

マイコミジャーナル

「ファインテック ジャパン」が開催 - 業界活性化で震災からの復興を期待
3月11日の東日本大震災の影響で、開催が危惧された今年のファインテックだが、予定通り開催された。しかし、震災の影響は否めず、来場者は例年に比べると少ないように感じられた。特に近年、会場を賑わせていた海外からの来場者が少ないように見受けられる。さらに直前で出展キャンセルを余儀なくされた出展社もあり、空きブースが点在していた。また、ファインテックは東京ビックサイトの東棟で開催されているが、西棟が震災の避難所として使用されているため、いつもとは異なる空気に包まれていた。
その一方で、「人・物・情報の交流の場である展示会こそが産業の復旧・復興へのドライバーである」とする主催者のメッセージが感じられた。会場入口と場内にFPD業界のエグゼクティブの復興に向けたメッセージが掲げられ、義援金のコーナーも設けられた。また、産業活性化による復興支援への期待を込めて、住友ベークライトをはじめ「がんばろう日本」をブースに掲げた出展社も見られた。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2011/04/15/ftj2011/
2011年04月15日

INSIDE

【FINETECH JAPAN 2011】ブリヂストンの電子ペーパー「AeroBee」は紙の使い心地へ
AeroBee担当者によれば、「いわゆる電子書籍用の端末であれば、コンシューマーの需要がある程度予測できるが、業務用電子ぺーパーに対する需要もあると考え、この分野に参入した。APIを用意する予定なので、ユーザーは市場に応じたアプリケーションを開発し、組み込み装置としても展開できる」と説明する。同社では、会議・書類の表示端末、営業・サポート端末、物流・配送指示端末、電子カルテ、電子書籍・教科書、災害支援システム、広告塔(デジタルサイネージ)など、幅広い分野で電子ペーパーの需要があると見込んでいる。
http://www.inside-games.jp/article/2011/04/14/48502.html
http://www.rbbtoday.com/article/2011/04/14/76132.html
2011年04月14日

Resonpse

【ファインテックジャパン11】108インチの大型ディスプレイでタッチ操作が可能に
「マルチタッチ・メディアボード」は、Windows 7 OSで動作する、韓国のワールドブリッジT&T社製ソフトウェアで、昭和電子が先月より日本で販売を開始した。一般ユースのハイエンドPCを用いた場合で、一度に最大20個のHD動画をコマ落ちなく再生できる。またマルチタッチによる拡大縮小も可能。
http://response.jp/article/2011/04/14/154830.html
http://www.inside-games.jp/article/2011/04/14/48500.html
http://www.rbbtoday.com/article/2011/04/14/76131.html
2011年04月14日

タウンニュース

電子看板で情報発信
長津田地区センター(西窪一司館長)にこのほど、46インチのデジタルサイネージ(電子看板)が導入された。電子看板はタッチパネル式になっており、画面に触れると、地区センターの施設紹介やお知らせ、自主事業の案内などが見られる。今後は、横浜市や緑区役所、周辺自治会や学校などの情報も取り入れていきたいとしている。
http://www.townnews.co.jp/0102/2011/04/14/101872.html
2011年04月14日

マイコミジャーナル

凸版と台湾Chi Lin、産業分野向け電子ペーパー事業で協業
凸版印刷と台湾Chimeiグループの中核企業であるChi Lin Technologyは4月13日、電子棚札や電子ラベルなど産業分野向け電子ペーパー事業に関して協業することで、2011日に合意したことを発表した。同合意により凸版印刷は、Chi Linが製造する産業分野向け電子ペーパーディスプレイを2011年5月より日本市場へ販売開始するとともに、両社共同で関連ソリューションの開発も進めることとなる。
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/04/13/075/
2011年04月12日

朝日新聞

FM京都とKCCS、京都でエリアワンセグとIPデータキャストの実証実験
実証実験では、京都市中心部の烏丸通とその近隣の商業施設・地下街に地デジ1チャンネル分の電波を送信し、エリアワンセグサービスとIPDCを提供する。IPDCは、放送波を受信しデータを蓄積する中間デバイスに、情報端末から接続するかたちでの利用となる。対象端末は、エリアワンセグでは携帯電話などのワンセグ端末、IPDCではWi-Fi対応のスマートフォンやデジタルサイネージを計画している。まず、エリアワンセグは四条烏丸・烏丸御池間の烏丸通で、サイネージは地下鉄四条駅構内と新風館を予定している。
http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201104120004.html
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0412&f=it_0412_008.shtml
http://biz.bcnranking.jp/article/news/1104/110412_126107.html
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/internetcom/20110411-OYT8T00774.htm
http://japan.internet.com/webtech/20110411/9.html
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110411_438859.html
2011年04月12日

産経新聞

3・11大地震 情報端末として灯ともす
DSを取り巻く環境は一変した。東京電力の発電所が大震災で止まり、節電に産業界も協力することになった。13日午後8時、ファミリーマートのDSの電源を一斉に切った。街の大型ビジョンもみな灯を消し、14日からは両神社でも放映をやめた。
DSへのニュース配信はストップしたものの、YouTube向けは続けることにし、都市部で大地震が起こった際の対応策など新たなコンテンツもつくった。節電に協力するが、いつまで真っ黒な画面にしておくのか。DSが持つ情報端末としての役割をどうアピールすればいいのか。
再開のタイミングを探る日々が続いたが、DSの有用性が両神社に理解され、今月1日に放映時間を短縮する形で再開した。大震災関連ニュース、天気予報、義援金案内などを放映しており、ファミリーマートでも近く灯を入れる予定だ。東京大神宮で放映状況を確認していると、画面に映し出された境内での募金活動案内をみたカップルが、財布を手に募金箱に向かい始めた。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110412/biz11041207300007-n2.htm
2011年04月12日

日刊工業新聞

ワイズ・ラブ、電子ペーパーに簡易情報表示する機器を製販
【南大阪】ワイズ・ラブ(堺市北区、内橋義人社長、072・254・5109)は、電子書籍に使われる電子ペーパーに社名などの簡易情報を表示する機器の製造・販売事業に乗り出した。モノクロ表示で消費電力が低く、表示内容も簡単に変更できる。製造指図書、オフィスや病院内のメッセージボードやデジタルサイネージ(電子看板)などでの導入を狙う。新事業だけで2012年3月期に約1億円の売り上げを目指す。
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0620110412bbab.html
2011年04月12日

RBB TODAY

【インタビュー】地域密着だけじゃない!新サービスをケーブルで積極展開……イッツコム 市来利之社長
同社は、RBB TODAY主催の「ブロードバンドアワード2010」において、3年連続関東地域のベストキャリアに選ばれたほか、サポート部門の優秀賞も3年連続で選ばれた。また、住まいの部・戸建、回線種別の部・CATV(160Mbps未満)、テレビ部門のベストテレビ、セキュリティ部門・キャリアの部を含めた合計6部門の優秀賞を受賞した。関東の激戦区において、地域キャリアが評価されている具体的な理由は何か?
http://www.rbbtoday.com/article/2011/04/11/76025.html
2011年04月11日

IT Express

猿でもわかるスニーカーネット
いまさら言うまでもないが、コンピュータ-といえば通信ネットワークにつながっているのが当たり前の時代となった。パソコン同士あるいはサーバーとパソコンの間でネットを経由して様々なデータがやり取りされる。毎週のように“やってくる”ウインドウズの更新に至っては、ネットにつながっていることを良いことにして開発品質の手を抜いているんじゃないかと疑いたくもなる。今話題のデジタルサイネージも、最新のシステムでは何百台もの表示端末のファイルをネット経由で一斉に書き換えることができる。
http://www.bcm.co.jp/itxp/2011/04/cat17/11000000.php
2011年04月09日

Field Promotion NEWS

名工大で体験!世界初、3Dキャラとおしゃべりできるデジタルサイネージ
名古屋工業大学の国際音声技術研究所が世界初の「双方向音声案内デジタルサイネージ」を開発し、大学の正門正面に設置したという。このデジタルサイネージ、3Dキャラクターと会話をすることができる。設置されているのは70インチの大型ディスプレイ2面。右側のディスプレイには等身大の3Dキャラクター「メイちゃん」、左側には案内コンテンツが表示されている。
このデジタルサイネージは、同研究所がオープンソースで公開するソフトウェア「音声インタラクションシステム構築ツールキットMMDAgent」を基盤に開発されたものだという。同研究所では音声技術に関連する研究成果をオープンソースソフトウェアの形で積極的に公開している。
http://www.field-pr.net/news_WNhqq82k2.html?right
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1104/07/news088.html
http://www.zaikei.co.jp/releases/6154/
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=75574
2011年04月08日

中国新聞

防犯呼び掛け警察が動画配信
広島中央署が、同署ホームページ(HP)と市内のデジタルサイネージ(電子看板)で、防犯を呼び掛けるオリジナルの動画配信を始めた。広島県内の警察署では初めて。「子どもの防犯編」「自転車の防犯編」「女性の安全編」の3種類で、2~4分程度。「減らそう犯罪」県民総ぐるみ運動の「モシカ」と、県の青少年育成活動の「ゆっぴー」のマスコット2体が、踊りや寸劇で自転車の鍵掛けや夜間の出歩き注意を訴える。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201104080094.html
2011年04月08日

AdverTimes

「交通広告グランプリ2011」作品募集開始
ジェイアール東日本企画は8日、優れた交通広告作品を顕彰する「交通広告グランプリ2011」の応募作品の受け付けを開始した。JR東日本などの駅や車内に2010年4月~2011年3月までに掲出された交通広告作品が対象。
「駅ポスター」「車内ポスター」「サインボード」「デジタルメディア」「企画」の5部門に分かれる。デジタルメディア部門は、JR山手線など車内の映像端末「トレインチャンネル」など、デジタルサイネージの普及が進んでいることから前回新設した。各部門から最優秀部門賞1点、優秀作品賞5点を選ぶほか、全体からグランプリ1点を選出する。昨年は、白夜書房の広告がグランプリに選ばれた。
http://www.advertimes.com/20110408/article10675/
2011年04月08日

ミラクル・リナックス

ミラクル・リナックスが、最新Linux OSの評価版を無償ダウンロードにより提供開始
Asianux Server 4はAsianux Server(MIRACLE LINUX)の最新版で、既に中国、韓国では販売が開始されており、日本では2011年冬に製品リリースを予定しています。これに先立ち、同製品の評価版を自社サイトで氏名、メールアドレスなどの登録なしでダウンロード可能とすることで、より多くのひとにAsianux Serverをご利用頂きます。これを通じて、利用者の方々よりフィードバックを得ることで製品版の改善に取り組みます。
http://www.miraclelinux.com/corp/pressroom/details/2011/0408_1.html
2011年04月08日

Field Promotion NEWS

大阪美人時計×ABCテレビ、阪神電車&大阪駅にも登場
美人が1分間ごとに時間を教えてくれるウェブサイト「美人時計」の大阪版では現在、大阪・朝日放送のABCテレビと連動したマウスオーバー企画が実施されています。これにあわせてウェブ上だけではなく、3月28日より阪神電車内にはポスターが掲示され、4月4日からはJR大阪駅構内デジタルサイネージにも掲載されています。
http://www.field-pr.net/news_Wh2OvO8l8.html
http://media.yucasee.jp/r/detail/63598
2011年04月06日

沖縄タイムス

普天間にデジタルサイネージ
普天間のサンフティーマで3月27日、デジタルサイネージ(電子看板)の点灯式が行われた。レジ前など店内5カ所に設置され、店舗や商店街、地域、行政などの情報を発信していく。デジタルサイネージは、内閣府沖縄総合事務局の「地域商業活性化と集客力向上促進事業」の補助金で設置。サンフティーマを運営する第3セクターのティ・エム・オ普天間の平良清治社長は「地域情報の発信基地となることで、普天間周辺を発展させていきたい」と抱負を語った。
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-04-06_16345/
2011年04月06日

Enterprize Zine

リアルタイム取得の視認者属性データが変える次世代マーケティング
アビックスと沖電気工業(以下OKI)が共同開発した「リアルなう」は、世界初の屋外用デジタルサイネージ向け視認者分析システムだ。通行人数に応じた屋外広告の“ 視認率” に加え、視認者の属性(性別・年齢)をコンテンツごとに計測が可能となっている。最新のデジタル技術が可能にした、データの取得技術の概要と、コンビニエンスストア店頭で行われている実運用の現状を紹介する。
http://enterprisezine.jp/article/detail/2966
2011年04月05日

YUCASEE MEDIA

グッドプランニングと日本旅行、デジタルサイネージ活用メディアで地域活性化支援
動画放映コンテンツはツアー情報や各地域の特産品情報の他、TV局とのタイアップ企画による地域活性化番組や旅行に関連した広告も配信する。また、動画放映を実施する各店舗周辺の情報や地域のクリエイター情報等を織り交ぜて来店者にマッチした動画コンテンツを独自に編成して放映する。店頭での動画放映と連動したチラシ配布やネット・モバイルも活用したクロスメディアプロモーションを展開する。
http://media.yucasee.jp/r/detail/64217?showspecial=true
http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000030467
http://www.advertimes.com/20110405/article9890/
http://www.zaikei.co.jp/releases/6080/
2011年04月05日

4Gamer.net

日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス『コンピュータ・エンターテインメント・デベロッパーズ・カンファレンス 2011』CEDEC 2011スポンサーシップ・プログラムを決定、募集開始。


CEDEC 運営委員会では、関連企業の皆様に、CEDEC 来場者の皆さんに向けたプロモーションの機会をご提供する「CEDEC 2011 スポンサーシップ・プログラム」を決定し、募集を開始しました。
http://www.4gamer.net/games/131/G013104/20110405007/
http://www.famitsu.com/news/201104/05042072.html

2011年04月05日

財経新聞

胸ポケットにつけて動画を表示させる極小デジタルサイネージ「デジタルTAG」用医療コンテンツ発売!
株式会社フィゾングループの株式会社イニシアは、最近話題になっているデジタルサイネージ(電子看板)の表示ツールとして、胸ポケットにつけて活用する「デジタルTAG」に即した動画コンテンツを販売いたしました。今回のコンテンツは、「整形外科診療所の経営・口コミ対策」をテーマとしております。具体的には、製薬企業のMRが整形外科診療所を訪問する際にスーツの胸ポケットに「デジタルTAG」をつけ、この動画コンテンツを表示することにより、面談した医師の興味を引き、情報提供をより円滑にするという効果が期待できます。
http://www.zaikei.co.jp/releases/6096/
2011年04月05日

YUCASEE MEDIA

ポジティブワン、ボイパック社i.MX515及びi.MX258システムモジュールコンピュータの日本総代理店として締結
スロバキア共和国に本社を置くボイパック社とポジティブワン株式会社は、フリースケール搭載ボードコンピュータ(システムオンモジュール)の日本市場開拓のベストパートナーとして合意し、ポジティブワン株式会社は、日本総代理店として締結しました。ボイパック社は、フリースケール・セミコンダクタの低消費及び高機能のi.MX515(アイドット・エムエックス51)およびi.MX258(アイドット・エムエックス258)搭載小型システムオンモジュールの開発販売をし、そのベースボード及びBSPの開発を行っております。
http://media.yucasee.jp/r/detail/64101
http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000030538
2011年04月04日

Searchin

ミラクル・リナックス、「MVS」のコンテンツ管理ソフトをバージョンアップ
ミラクル・リナックス(児玉崇社長)は、デジタルサイネージ専用プレイヤー「MIRACLEVISUALSTATION(MVS)
」のコンテンツ管理ソフト「EMPopMaker」を3月29日にバージョンアップした。今回のバージョンアップで、コンテンツ再生時の新たな機能を実装するとともに、既存機能の向上を行った。新機能として、従来のフェードイン機能に加え、フェードアウト機能や静止画切り替えに際してゆっくとシンクロナイズさせるクロスフェード機能を追加した。高級食品や高級自動車など製品イメージを重視するサイネージや電子コルトンに最適な機能だとしている。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0404&f=it_0404_020.shtml
http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201104040010.html
http://biz.bcnranking.jp/article/news/1104/110404_126034.html
2011年04月01日

YUCASEE MEDIA

大阪美人時計、ABCテレビ春のPRポスターと連動
美人時計大阪版をマウスオーバーすると、「おはようコールABC」(月~金 午前5:00~OA)、「おはよう朝日です」(月~金 午前6:45~OA)、「NEWSゆう+」(月~金 午後4:50~OA)のそれぞれの番組に出演する女性アナウンサーがOAスタート時間を手に持って登場します。
3月28日より、阪神電車内にポスター掲示され、4月4日からはJR大阪駅構内デジタルサイネージにも掲載される予定です。
http://media.yucasee.jp/r/detail/63598
http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000030381