• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2011年03月31日

Searchina

サイバーステーション 「ハルデジ」でPIPを実現するソフト
リッチコンテンツを簡単に作成 「PIPMakerforデジサイン」は、管理画面から、ユーザーが手持ちのパワーポイントデータを登録し、より分かりやすく、表現力豊かなコンテンツを作成することができる。パワーポイントのスライドのコメント欄を利用して、アバターにしゃべらせたい内容を入力。日本語3種類、外国語25種類からなる音声や、18種類のアバター、用意されたBGMのなかで好きなものを選んでいくだけで簡単に作成できる。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0331&f=it_0331_012.shtml
2011年03月30日

マイコミジャーナル

東芝、ナレーションやガイダンスで利用できる合成音声クラウドサービス
このサービスは、Webブラウザ上でテキストを入力するだけで、音声を作成・編集できる合成音声作成ツール「ToSpeak Editor Online」を利用し、合成音声ファイルを作成できる。タイプの異なる5種類(男性2種類、女性3種類)の話者が用意されているほか、オプションで任意の話者の音声辞書を個別に作成することもできる。現在は日本語のみだが、今後は英語、中国語から順次対応していく予定だという。
対応ブラウザは、Internet Explorer 6.0/7.0/8.0、Firefox 3.6で、プラグインとしてAdobe Flash Player 10.1以降が必要。主な用途して、教材やマニュアル、e-learningなどの教育コンテンツ、デジタルサイネージなどの広告コンテンツなどが想定されている。
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/03/30/025/
2011年03月30日

大分合同新聞

中心市街地に電子広告 100店舗に設置
大分市中心部の商店街で、店の情報やイベントの案内を表示するデジタルサイネージ(電子広告)の導入が進められている。液晶モニター(画面)を3月中に100店舗に設置。インターネット回線を通じて内容を随時更新し、買い物客らに街の最新情報を届ける。
市中心市街地活性化基本計画に盛り込まれた情報提供事業「まちなかコンシェル」を発展させた取り組み。大分まちなか倶楽部(同市)が情報を集約し、モニターに配信する。各店舗の目に付きやすい場所に設置するほか、イベント会場などではモニター15台を並べた大型ボードを活用する。
http://www.oita-press.co.jp/print.php?print_type=localNews&print_first_genre=&print_second_genre=&print_news_id=2011_130144444052
2011年03月30日

キーマンズネット

I-Oデータ、RAID 6対応NAS出荷、HDD増設可能な2ドライブモデルも
株式会社アイ・オー・データ機器(I-Oデータ)は、RAID 6対応のNAS「LAN DISK XV」シリーズを4月上旬(予定)より順次出荷する。
今回出荷されるのは、「LAN DISK XV」シリーズの「HDL-XV」シリーズ。上位モデル「LAN DISK XR」シリーズのRAID、各種バックアップ・管理機能を継承しながら、廉価を達成している。容量2/4/8TBの通常モデルと、1/2TBの2ドライブモデル「HDL-XV/2D」シリーズが用意されていて、2ドライブモデルでは、必要に応じて、後からHDDを増設できる。
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/56/20033656/
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110328_435657.html
2011年03月30日

キーマンズネット

ミラクル・リナックス、「MVS」のコンテンツ管理ソフト新版発売
「EMPopMaker」は、コンテンツの作成に加え、番組表の作成やスケジュール配信を行なえるほか、ネットワーク配信に加え、作成したコンテンツをUSBメモリに保存し、「MVS」に差し込むことで簡単に再生することもできる。今回のバージョンアップでは、コンテンツ再生時の新たな機能が実装されているほか、既存機能の向上が図られている。
複数枚の静止画再生をより高級感ある効果を付けて再生する“クロスフェード再生機能”が追加され、よりやわらかい表現を行なえるため、高級食品、高級自動車など製品イメージを重視するサイネージや電子コルトンに利用できる。また、ブラックスクリーンを抑制することで、動画切り替え時にシームレスに再生できるほか、ちらつき抑制機能も追加された。同一フレームに複数のコンテンツをでき、複数の動画コンテンツに合わせたテロップ表示も、1つのコンテンツとして再生することもできる。
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/54/20033654/
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110329/358853/
2011年03月30日

MdN DESIGN

ウェブの仕事力が上がる 標準ガイドブック 1 Webリテラシー 第2版
株式会社ワークスコーポレーションは、『ウェブの仕事力が上がる 標準ガイドブック 1 Webリテラシー 第2版』を刊行した。価格3,150円となる。Web業界の第一線で活躍するクリエイター、プログラマー、ディレクター、プロデュサー、コンサルタント、インフォメーションアーキテクトを監修・執筆陣に迎えた本書は、大きな支持を得た前書「ウェブの仕事力が上がる 標準ガイドブック 1 Webリテラシー」の「第2版」である。
http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/17648/
2011年03月28日

日刊工業新聞

サイレックス・テクノロジー、無線LANモジュール「SX-PCEAN」を自社の画像伝送製品に搭載
サイレックス・テクノロジー株式会社(本社:京都府精華町、代表執行役社長:河野剛士、以下 サイレックス)は、組込み用途で汎用性の高いPCI Expressインタフェースに対応したIEEE802.11a/b/g/n準拠の高速無線通信の無線LANモジュール「SX-PCEAN」を、2011年3月25日発売のNetworkDisplay Adaptor「SX-ND4050G」に搭載、市場に提供を開始しました。
http://www.nikkan.co.jp/newrls/rls20110328o-06.html
http://www.atpress.ne.jp/view/19601
http://www.zaikei.co.jp/releases/5639/
2011年03月28日

Field Promotion NEWS

【東日本大震災】電子看板コンテンツ『生活情報支援』、東和メックス無償提供
POSシステム・電子レジスター等の製造・販売、広告機器の販売など行う東和メックス株式会社では、東日本大震災で被災された方々の少しでもお役に立てるようにと、同社が販売する電子看板(デジタルサイネージ)「BRID」用『生活支援情報』コンテンツの無償提供を行っている。
「BRID」は現在、全国に3,500台以上設置されている屋外型デジタルサイネージで、今こそ社会に役立てられる機会ではないかと期待を寄せている。『生活支援情報』のコンテンツはJPEGファイルで、「災害用伝言ダイヤルの使い方」や警察・救急・消防・海保など「SOS時の緊急連絡先」、震災関連の誤った情報を掲載した「チェーンメールへの注意喚起」などが含まれている。
http://www.field-pr.net/news_UR05Dnd2C.html?right
2011年03月28日

RBB TODAY

【インタビュー】モバイルとテレビサービスに注力……ケイ・オプティコム社長 藤野隆雄氏
今年3月6日に開催された「第66回びわ湖マラソン大会」ではメーンスポンサーとして特別協賛し、Wi-Fiスポットを活用したイベントなど大変ご好評をいただきました。ここでは、今後注力しようと考えているデジタルサイネージの実証実験を行いました。大型や小型のデジタルサイネージをはじめ、コース沿道には移動型サイネージとして計3面のモニターを装着した「サイネージマン」も登場させTwitter上の大会応援ツイート、大会に関連したオリジナルコンテンツなどを配信するというものです。去年好評だった弊社のサービスブランドである「eo」を冠した大会オリジナルバーガー「eoバーガー」も販売しました。新しい試みとしては、デジタルサイネージから割引クーポンを携帯電話に発券する企画を実施し、大会の盛り上げに貢献できたのではないかと考えています。
http://www.rbbtoday.com/article/2011/03/28/75563.html
2011年03月28日

Sankei Biz

SKR、アンドロイド搭載の電子看板 低コストで高精細映像実現
電子機器メーカーのSKRテクノロジー(東京都大田区)は、米グーグルの無償OS(基本ソフト)「アンドロイド」を搭載したデジタルサイネージ(電子看板)を4月に商品化する。高精細映像を電子看板に映し出す仕組みを低コストで実現した。広報・宣伝ツールとして企業に提案し、年100台の販売を目指す。
新製品は、アンドロイドを採用した情報端末を電子看板に組み込んだ。高画質映像で自社ブランドをPRしたい企業の場合、まず映像を動画配信用コンピューターに取り込む。すると、電子看板のアンドロイド端末がインターネット経由で同コンピューター内のPR動画を見つけ出す。そして、動画を大画面で再生する流れだ。この仕組みを32インチの電子看板で実現するには、一般的に100万円以上の費用がかかる。これに対し同社は、無償OSの導入などにより、70万円前後に抑えたい考えだ。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110328/bsl1103280501000-n1.htm
2011年03月26日

朝日新聞

アオッサなどに「タッチナビ」 飲食店や観光情報紹介
JR福井駅周辺の商店街からなる「福井駅前五商店街連合活性化協議会」は26日から、画面に触れて店舗や観光情報を探せる端末「FUKUIまちなかタッチナビ」を設置する。アオッサや西武百貨店など4カ所に置き、街の活性化に役立てたいという。
端末はデジタルサイネージ(電子看板)と呼ばれ、液晶画面に広告や情報を表示するもの。インターネットに接続し、情報は随時更新するという。(1)同駅周辺(2)県庁周辺(3)片町・呉服町・浜町地区(4)手寄・日之出地区に分け、飲食店やホテル、映画館など計800件の情報を掲載。ランチ情報、柴田神社や愛宕坂など観光地も紹介している。
画面脇の機器に非接触IC「Felica(フェリカ)」を搭載した携帯電話をかざすと、クーポンを取り込める。事業費は775万円で、3分の2は経済産業省の補助を受けた。加藤幹夫会長は「全国的にも先進的なもの。ぜひお得な情報を得て、商店街を活用してもらいたい」と話している。
http://mytown.asahi.com/areanews/fukui/OSK201103250152.html
2011年03月25日

羽田経済新聞

羽田空港ターミナルで地域観光PR-デジタルサイネージ・情報誌との連動も
4回目となる2011年度は従来の特設ブース出展を中心にした情報発信に加え、空港内ロビーとトイレ内に設置されたデジタルサイネージにおける広告展開と同空港のフリーペーパー「Big Bird Press(ビッグバードプレス)」の特集記事も連動させる。共に初めての試み。
http://haneda.keizai.biz/headline/770/
2011年03月25日

ASP SaaSナビ

CMSでは日本初!「総務省推奨 ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」認定、ワンソース・マルチデバイス対応『KAM』
企業でパソコン向けのウェブサイトでの情報発信が当たり前のこととして浸透していく中で、PCのブラウザにも対応し、その後、全携帯電話、iPhoneやAndroidなどの全スマートフォン、iPadなどの全タブレット、PC、そして最近では、スーパーなどでもよく見かけるようになったデジタルサイネージ(電子広告画面)など、インターネットに接続したブラウザが表示できるものには、すべて対応したCMSとなっています。
「ワンソース・マルチデバイス」への対応度の高さが、他社との大きな違いであり、特長でしょう。 現在流通している携帯電話にはもちろん全機種対応しており、iPhone、Android携帯、さらにiPadなどの全タブレットにも対応しています。またPC用にも、デザイン面などでしっかり対応しており、かなりリッチなページを作成することができます。しかもそれを、外部からは同じURLでアクセスして、各デバイスに最適化した状態で見ることができます。
http://www.asp-navi.jp/2011/03/itecjapan.html
2011年03月24日

ファミ通

『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズの“電脳空間”を体験、Kinectならではの没入感が味わえる
『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズに登場する“電脳空間”をモチーフにしたこちらの体験イベントは、2台のプロジェクターで“電脳空間”の映像を投影。3分という制限時間内に“電脳空間”を飛び回るタチコマを捕まえるという内容。プレイヤーはプロジェクターの前に立って体を動かすことで電脳空間を自由に移動できるようになっている。体験してみると、没入感はなかなかのもので、まさに“電脳空間”を浮遊しているかのような気分になれた。この手の体験イベントとKinectとは極めて相性がいいとの印象だ。
「Kinectは革新的なゲームシステムということで、発表当初から注目していました。利用者の方が、ふらっと遊びに来て、手に何も持たずに体験できる。敷居の低さと没入感があり、デジタルサイネージやインスタレーションの分野でも魅力的。
http://www.famitsu.com/news/201103/24041655.html

2011年03月24日

マイコミジャーナル

Web業界の最新・標準知識を網羅的に解説 - ワークスコーポレーション
本書は、前書で好評を得た「わかりやすさ」をそのままに、ソーシャル系サービス、スマートフォンやタッチパッド端末、ARやデジタルサイネージ、そしてクラウドなど、Webの最新トレンドと、Web関係者必須の基礎知識を網羅的・体系的に解説している。
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/03/24/031/
2011年03月24日

Tech-On!

Linear Technology,入力電圧範囲が+6~60VのLED駆動ICを発売,3×10素子の駆動が可能
最大10個のLED素子を直列に接続したLEDストリングを3本(チャネル)駆動することができる。各LEDストリングに供給する電圧を制御する回路は独立に動作するため,三つのチャネルに異なる電圧を出力することが可能だ。つまり,R(赤),G(緑),B(青)構成のLEDディスプレイや,LEDバックライトを比較的簡単に組むことができる。駆動電流は最大100mAである。デジタル・サイネージや産業用ディスプレイ用バックライト,車載用ディスプレイ用バックライトなどに向ける。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110322/190508/
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20110322/264497/
2011年03月24日

4Gamer.net

「CEDEC 2011」の講演者公募締め切りが4月7日までに変更
CEDEC は、ゲームや映像コンテンツなどを含むコンピュータエンターテインメントの開発・研究に携わるプロフェッショナル、および関連するビジネスに従事している方々が一堂に会し、各位が持っている開発技術情報やビジネス情報を公開・共有することで、各位の開発力向上を図るとともに、関連する業界全体の発展を目指すものです。
CEDEC 運営委員会では、かねてより、当カンファレンスにて開発技術情報やビジネス情報をお話いただく講師を広く公募してまいりました。その締め切りを当初予定の3 月31 日(木)から一週間延期し4月7日(木)といたしました。
http://www.4gamer.net/games/000/G000000/20110323016/
2011年03月23日

朝日新聞

【レポート販売】「2011 ネットワーク対応デジタルフォトフレームの最新市場動向と今後の方向性」を販売開始
マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「2011 ネットワーク対応デジタルフォトフレームの最新市場動向と今後の方向性」を販売開始しました。
http://www.asahi.com/business/pressrelease/CNT201103230054.html
2011年03月23日

ITpro

ローソンのデジタルサイネージ、26日から一部再開
クロスオーシャンメディアがローソン店舗に展開しているデジタルサイネージ「東京media」は、26日に部分的に放映を再開する。東日本大震災の発生を背景に、電力の節約やコンテンツを送信する無線通信の負荷軽減を目的として3月12日から放映を自粛していた。
3月26日と27日は放映時間を11時30分から13時30分に限定するとともに、放映するコンテンツは震災関連のニュースや情報提供とする。また、ディスプレイの輝度を落としたり、ディスプレイを2面設置している店舗は1面のみの稼働にしたりすることで、節電に配慮する。28日にいったん放映を停止して、影響を調査検討する。29日以降は同様に時間限定での放映とするが、電力供給の状況などを勘案して決める予定である。
東京mediaは現在、東京都23区内のローソン306店舗に展開しており、合計400面のディスプレイを設置している。デジタルサイネージは東京media同様に、節電に配慮して自主的に停止しているケースが多い。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110323/358620/
2011年03月23日

@IT MONOist

グローバル大手メーカーが実践する環境配慮設計のいま
RoHS指令、REACH規則に続いて、製造業界にとっていま一度の大きなインパクトをもたらすと考えられるのがErP指令だ。 RoHS、REACHといった指令・規則は、欧州に始まり、特にRoHS指令に至っては、いまや中国、インド、米州などに波及し、各国・地域ごとに類似のルールが確立しつつある。日本においても、同様に「循環型社会形成推進基本法」が制定されていることから、関連法案への対策を実施している企業も多いだろう。いまや市場参入の大前提としてこうした法規制への適応は必須である。
http://monoist.atmarkit.co.jp/ad/nec/1103ecd/ecd.html
2011年03月22日

spotlight

日本の空港で初めて!出雲空港に「ツイッター」おみくじ 登場(島根県)ツイッターと連動したデジタルサイネージ
島根県にある出雲縁結び空港2階出発ロビーに先日、ツイッター(Twitter)と連動した大型ディスプレイが設置された。その場でつぶやく(ツイートする)ことができるのをはじめ、縁結びおみくじを引くこともできるという。日本の空港で、運勢を占うおみくじ付きの「デジタルサイネージ on Twitter」が登場したのは全国初。4月12日(火)まで利用可能となっている。
http://www.spotlight-news.net/news_d9f7Fp6Rko.html
http://www.izumo-airport.co.jp/index.php?entry-id=4d7ecca19a5cf&user-id=izoap&category-id=News&view_c=Blog::Entry.html
2011年03月18日

中国新聞

電子看板5号機、広島三越に
中国新聞ニュースなどを流すデジタルサイネージ(電子看板)「ちゅーピービジョン」の5号機が17日、広島市中区の広島三越に登場した。1階の電車通り側壁面に85インチのディスプレーを設置。午前7時~午後8時、インターネット経由で地域や全国のニュースを流す。今後は、同店周辺の昔と現在の様子を写真スライドショー形式で放映する予定。ビジョンは中国新聞グループのメディア中国(中区)が運営する。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201103180197.html
2011年03月17日

ファインドスター広告ニュース

産経新聞社、神社の境内にデジタルサイネージを設置 協賛企業CMの放映も
産経新聞社は4月から、神社の境内にデジタルサイネージを設置して、神社に関連する情報や皇室ニュースを発信する「杜の囁き(もりのささやき)」キャンペーンを本格始動させる。現在、湯島天満宮(文京区)と東京大神宮(千代田区)の境内で「神社ビジョン」の配信を開始。わが国の伝統文化、鎮守の杜の大切さなどを、全国8万社の協力を得ながらPRしていく。
湯島天満宮では、周辺地図とともに設置された46インチモニターの上半分に動画が流れ、下半分はタッチパネルに。動画部分では、湯島天神案内、皇室ニュース、式年遷宮情報、産経新聞ニュースなどが流れ、タッチパネル部分では、参拝の作法、地域情報、式年遷宮詳細情報などが掲載される。
東京大神宮では、52インチのモニターで、東京大神宮案内、神前結婚式について。式年遷宮案内、参拝の作法、皇室ニュース、産経新聞ニュースなどを掲載。また、デジタルサイネージと連動したフリーペーパー「恋ゆ、る(こゆ、る)」を隔月で2万部発行し、恋心をキーワードに正しい参拝方法などを紹介。
http://www.findstar.co.jp/news/syosai.php?s=202576
2011年03月17日

日本経団連タイムス新聞

提言「改定『観光立国推進基本計画』に望む」公表
<政府が講じるべき施策>
まず、国際競争力の高い魅力ある観光地を形成するため、観光圏をはじめとした広域観光の推進や、CIQ(税関、入管、検疫)の効率化など旅客ターミナルの整備、空港アクセスの向上、ICTの利活用による高度交通システムの構築など交通インフラの充実が急がれる。また、魅力ある観光地づくりに必要な人材の育成・活用策として、産学官連携による人材交流やインターンシップを積極的に行うべきである。
さらに観光旅行の促進のための環境の整備として、多言語対応コールセンターの設置、デジタルサイネージやスマートフォン等、ICTを利活用した観光情報の提供が急務である。加えて、日本の観光コンテンツの魅力向上のために、産業観光やメディカル・ツーリズム、スポーツ・ツーリズム等、ニューツーリズムの振興も重要である。
http://www.keidanren.or.jp/japanese/journal/times/2011/0317/06.html
2011年03月17日

Tech-On!

【FPD China】アクティブvsパッシブ,SamsungとLGが大型3Dで比較展示
中国・上海で開催中の「FPD China 2011」(開催期間:15~17日)では,日本や米国,韓国などでの展示会同様,パネル・メーカー各社が専用メガネで3D(3次元)映像を見られる大型の液晶ディスプレイを展示中である。中でも,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.と韓国LG Display Co., Ltd.の2社は,比較展示により,自社が推進する3D表示方式の利点を訴求している。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110317/190409/
2011年03月16日

PC online

計画停電初日、「節電街」に一変し震災支援する秋葉原
計画停電実施日初日の14日、電気の街である東京・秋葉原の対応を取材してみた。筆者が懇意にしている「秋葉原モバイル」の北川店長が興味深い話をしてくれた。
「電車が知れた本数しか動いてなく、店員数が間に合わないお店は、自発的に休業を決めたようですし、有名店では店頭の大型ディスプレイでのデモを、自主的に中止しています」とのことだ。秋葉原で店頭ディスプレイを用意している場所で有名なのは、「ヨドバシカメラマルチメディアAkiba」や「ソフマップ本館」あたりだ。なるほど、行ってみると、両店とも大型スクリーンの画面は真っ暗だ。途中のゲーム店などでも“節電”が目立った。
JR秋葉原駅の電気街改札口の前には、デジタルサイネージが数多く設置されているが、こちらもスイッチが切られていた。また、秋葉原の象徴的な大型スクリーンに秋葉原UDXビルの「秋葉原UDXビジョン」がある。そちらに目を向ければ、やはり同様に画面は真っ黒だった。電気の街アキバも、積極的に節電や時短に協力し、「震災支援」に取り組んでいる様子がうかがえた。
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20110316/1030795/
2011年03月15日

Field Promotion NEWS

アンドロイド端末付き高画質デジタルサイネージ新発売
デジタルサイネージ機器・情報端末などの企画、開発、販売を行う(株)SKRテクノロジーから、アンドロイド端末つきデジタルサイネージが新発売された。フルHD高精細画質の大画面液晶で、店舗の宣伝動画や静止画の再生が可能だ。SDカードからのスタンドアロン再生も可能。また、インターネットでサーバー内コンテンツを再生しても画質を保ったままリアルタイムにディスプレイに配信できるという。CMやPVなどは圧縮やFlashに落とさずに再生が可能で、コマ落ち無しに近いそうだ。
http://www.field-pr.net/news_R1XDStppC.html
2011年03月11日

岐阜新聞

外国人が多言語表示検証 飛騨地域の交通機関など巡る
中部運輸局は10日、観光地の外国人モニター調査を高山市などで行った。国土交通省の観光情報提供の言語バリアフリー化事業で整備した地点の改善効果の検証が狙い。11日までモニター8人が、飛騨地域の観光地を巡り検証する。
モニターは英語圏、中国語圏(簡体・繁体)、韓国語圏からの8人で対象はバス交通。各言語圏の2人が、初日は高山市、大野郡白川村、飛騨市古川町を巡った。
http://www.gifu-np.co.jp/hot/20110311/201103111147_4970.shtml
2011年03月11日

AdverTimes

新博多駅ビル開業、九州新幹線全線開通で広告市場も活況に
新博多駅ビル「JR博多シティ」が3日、開業した。東急ハンズなどが入居する商業施設「アミュプラザ博多」や博多阪急などが入る同ビルには初日だけで22万2000人が来場、長らく天神一極集中が続いていた福岡の流通市場は新たな時代を迎えた。12日には九州新幹線の博多―新八代間が開通、九州の南北が一本の新幹線でつながった。相次ぐ大型プロジェクトの始動に伴う広告・プロモーションも活況を呈している。
http://www.advertimes.com/20110311/article8419/
2011年03月11日

日刊工業新聞

九州ナノテック光学、東京にショールーム-機能性液晶フィルムシート拡販
【大分】九州ナノテック光学(大分県日出町、馬場潤一社長、0977・72・3315)は、首都圏市場の開拓に乗り出す。東京支店(東京都港区)内にショールームを14日開設、機能性液晶フィルムシートの販促活動を強化する。首都圏のデジタルサイネージ(電子看板システム)の用途拡大を見込む。これにより2012年6月期売上高は、10年6月期倍増の約3億円を目指す。
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0620110311hhae.html
2011年03月11日

IT Express

猿でもわかるオフィスサイネージ
デジタルサイネージを広告宣伝以外にも利用しようという動きがある。「オフィスサイネージ」である。読んで字のごとく「社内で使うサイネージ」だ。社内で商品等の広告宣伝を流すのではなく、社員向けの各種情報や周知事項等を流すのである。従来は廊下やエレベータホールの掲示板に紙で貼られていた“総務部からの連絡”や“各種社内イベントスケジュール”や“食堂の日替わりメニュー”等々を表示するのだ。
http://www.bcm.co.jp/itxp/2011/03/cat17/11000000.php
2011年03月10日

ITPro

統合監視ツール「Zabbix」搭載の中規模向けサーバー、ミラクル・リナックスら2社が発売
ミラクル・リナックスとネクスコム・ジャパンは2011年3月10日、オープンソースの統合監視ツール「Zabbix」を搭載した中規模ネットワーク向けの専用監視サーバー機「Zabbix統合監視サーバ ZBX3100」(写真、以下ZBX3100)およびZabbixの監視データ収集を代行できるプロキシサーバー機「ZBX3100 Proxy」を発売、本日より出荷を開始した。価格はどちらも17万8500円。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110310/358205/?ST=oss
2011年03月10日

Value Press!

日本電通、中小企業向け低価格の無人受付システム「オレッセ ライト ソフトパック」を発売
日本電通株式会社は、オフィスの受付で来訪者の取次ぎを代行、サポートする、中小企業向け低価格のソフトウェア版無人受付システム「オレッセ ライト ソフトパック」を2011年3月15日(火)から販売開始いたします。
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=74367
2011年03月10日

キーマンズネット

サイバーステーション、デジタルサイネージにPIP機能を標準搭載
サイバーステーション株式会社は、デジタルサイネージシステム「ハルヱとケイジdeデジサイン」(ハルデジ)に、人が音と絵を使って分かりやすくコンテンツを紹介する“PIP”(Person In Presentation)機能「PIP Maker forデジサイン」を標準搭載し、サービスを開始した。
同社が「PIP Maker for デジサイン」と呼ぶこの機能のPIPは「 Person In Presentation」の略で、デジタルサイネージのディスプレイに表示した人物が、テレビショッピングのように商品やサービスなどの説明をするものである。人物が説明するように見せることで、目を引く効果や説明内容を理解しやすくする効果が期待できるという。
この機能は、4COLORSが持つ「しゃべるアバター」技術をベースにデジサイン用に開発したという。コンテンツは手持ちのPowerPointのデータを基に、管理画面からテンプレートを選んでいくことで作成できる。
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/61/20033461/
http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201103090010.html
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110308/358102/
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/03/08/061/
http://www.atpress.ne.jp/view/19110
2011年03月09日

JCAST

広がってきた3Dのすそ野 音楽番組にTVコマーシャルも
任天堂が2011年2月26日に発売した携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」は、裸眼で3D画像を楽しめる。発売当日、販売店には開店前から行列ができ、初回で40万台が出荷された。  
2010年は3Dテレビの開発が相次いだが、「3DS」のようにテレビ以外の電化製品にも3D化の波が押し寄せている。例えばデジタルカメラやスマートフォン、ムービーカメラは3Dの液晶画面や撮影機能を付けた商品が見られるようになった。宣伝用媒体として期待されているデジタルサイネージ(電子看板)でも、3Dの広告画像や動画を流すものが開発された。
http://www.j-cast.com/2011/03/09089949.html?p=1

2011年03月09日

nikkei BPnet

タッチ入力やARを活用したデジタル・サイネージが目立つ――小売業の展示会から
小売業に関連する展示会「リテールテック JAPAN 2011」と「JAPAN SHOP 2011」が東京ビッグサイトで3月8日に始まった(3月11日まで)。リテールテック JAPANは流通に関する情報システム,JAPAN SHOPは商空間を演出する製品やサービスについての展示会である。筆者がTech-On!記事で主に担当しているディスプレイ分野では,毎年,数多くのデジタル・サイネージ(電子看板)の展示を目にすることができる。今回の両展示会では特に,タッチ入力や画像認識,AR(augmented reality:拡張現実)を活用した双方向機能を持つデジタル・サイネージの展示が目に付いた。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20110310/263173/
2011年03月09日

GIZMODO

未来から来た!? イケメン4人組「サイネージマン」に密着取材!びわ湖毎日マラソンを盛り上げたデジタルサイネージ
今大会ではコース各所にデジタルサイネージ11 件が配置されており、ランナーの中継映像や、全国からTwitterを使い投稿されてきたランナーへの応援コメントなどがデジタルサイネージ11 件に映し出されました。さらに無料Wifi体験スポットもデジタルサイネージに近設されており、スマフォなどからTwitterへ大会の画像やビデオを投稿するのに便利でした。
http://www.gizmodo.jp/2011/03/4_25.html
2011年03月09日

MONOist

リッチな店舗体験を実現する3つのキーデバイス
Windows Embedded Standard 7を搭載したデジタルサイネージであれば、WPF(Windows Presentation Foundation)やタッチ&ジェスチャによりリッチなUIを実現でき、インタラクティブに商品やサービスを訴求できる。また、全国にチェーン展開するような店舗では、これまでサイネージ内のコンテンツを更新する手間とコストが発生していたが、これらがネットワークにつながることで、本社から一斉にコンテンツを更新するといった運用が可能になる。
「デジタルサイネージは単に情報をアウトプットするだけではなく、利用者の属性(性別や身長など)やプロモーション効果などを測定・追跡し、今後のプロモーション内容をより効果的なものに変更するための判断材料(インプット)としての役割を担う」(Ghangurde氏)という。
ただし、現実には単に情報を垂れ流すような利用がなされているデジタルサイネージもまだ多い。デジタルサイネージの効果的な利用/使われ方については議論の余地があり、未開拓な部分が多いといえる。こうした課題について同社は、インテル、NECと協業し、3社共同でデジタルサイネージの標準化や効果的な利用についての啓蒙、コンセプトモデルの開発などに取り組んでいる。
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1103/09/news089.html
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20110309/1030694/
2011年03月09日

健康美容EXPOニュース

街づくりをテーマにした総合展示会
7つの展示会で構成される次世代の生活環境づくりなどに関する製品・技術を集めた総合展示会「街づくり・流通ルネサンス」(東京ビッグサイト)が開幕した。2011日(金)までの期間中に約25万人の来場を見込む。
「建築・建材展」、「ライティングフェア」、「フランチャイズショー」など、幅広いジャンルの展示会が「街づくり」を共通テーマに集う中、デジタル関連のICCARDWORLD」「SECURITYSHOW」「リテールテックJAPAN」のコーナーがにぎわった。
http://news.e-expo.net/topics/2011/03/post-100.html
2011年03月09日

ITPro

テックファーム、Android端末を「専用端末化」するサービスを開始
キセBizは「特定のアプリケーションだけしか使わせたくない」という企業向けに提供するサービスである。Androidを搭載したスマートフォンやタブレット端末を、受付端末やオーダー端末として使う場合や、デジタルサイネージやカタログ閲覧など特定用途で使う場合を想定している。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110309/358145/
2011年03月09日

マイコミジャーナル

NEC、リテールテックJAPANでOPS対応ディスプレイを参考展示
NECは、3月8日~11日まで東京ビッグサイトで開催されている「リテールテックJAPAN」で、「Open Pluggable Specification(OPS)」規格に準拠したデジタルサイネージ用ディスプレイを参考展示した。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2011/03/09/ops/
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110309/358112/
http://jp.ibtimes.com/articles/15591/20110307/.htm
2011年03月09日

マイコミジャーナル

マイクロソフト、Windows Embedded POSReady 7 CTP版の提供開始
また、日本でのWindows Embedded Handheld 6.5の提供開始も発表した。Windows Embedded POSReady 7のCTP版は、同社のWebから、ダウンロード可能。
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/03/09/076/
2011年03月08日

INTERNATIONAL BUSINESS TIMES

日本最大の流通情報システム総合展が東京ビッグサイトにて開催
パナソニックグループでは、リテール機器である『POSワークステーション(POS)』とAV機器の『ネットワークカメラシステム』や『デジタルサイネージシステム』との連動などを提案。POS操作で、ユーザーにマッチした映像コンテンツをデジタルサイネージに表示することができ、ワントゥーワンの告知も可能となるとともに、『エコ見える化システム』との連携により、店内の電力使用量をPOSで確認することもできるなど「POSワークステーション」を「ストアワークステーション」へと発展させる活用が可能になるという。またデジタルサイネージに関しては、より容易に導入しやすい『クラウ
ド型サービス』も紹介するとしている。
http://jp.ibtimes.com/articles/15591/20110307/.htm
2011年03月08日

朝日新聞

三菱、デジタルサイネージ向け液晶ディスプレイの新ブランド「VISEO SMART」誕生
解像度1920×1080のフルハイビジョン表示に対応したVA方式の23型ワイド液晶ディスプレイに、ネットワーク対応メディアプレーヤーを内蔵。表示/再生機器と、コンテンツの作成・管理・配信ソフトを一つにすることで、外部の運営業者に委託せずに、手軽にデジタルサイネージを導入できる。
コンテンツを作成・管理・配信するアプリケーションソフト「VISEO Signage Manager」が付属。複数のディスプレイを設置するときは、機器ごとにコンテンツの各種設定ができる。ディスプレイはPCで遠隔管理する。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20110309/262966/
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110309/358110/
http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201103080006.html
http://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0085/id=14570/
2011年03月07日

産経新聞社プレスリリース

【産経新聞社】産経新聞社 デジタルサイネージ 神社ビジョン本格展開
神社ビジョン本格展開 第1弾は東京大神宮と湯島天神伝統文化の新たな情報発信拠点を構築


株式会社産経新聞社(本社:東京都千代田区)は、神社界からの支援を得てデジタルサイネージ(DS=電子看板)の仕組みを取り入れた「神社ビジョン」(仮称)を神社境内に設置していきます。
神社ビジョンでは参拝の作法、四季折々の祭事、皇室ニュース、平成25(2013)年に迫った伊勢神宮(三重県伊勢市)の第62回式年遷宮の情報に加え、産経新聞社のニュース番組「サンケイ リアルタイムニュース」などのオリジナルコンテンツ(音声有り)を広告も交えながら放映します。
第1弾として縁結びの神様として女性に人気のある東京大神宮(千代田区)と、学問の神様として知られる湯島天神(文京区)の境内にそれぞれ設置、運用を始めました。今後は、首都圏だけでなく全国の神社にビジョンを展開し、ネットワーク化を進めます。
http://press365.biz-feed.com/it/1685.html

2011年03月07日

キーマンズネット

PSSJ、クラウド型サービス第1弾としてデジタルサイネージを提供
パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(PSSJ)は、クラウド型サービス事業の第1弾として、パナソニック システムネットワークス株式会社(PSN)製のデジタルサイネージソリューション「NMstage」の運営効率化を図れる「デジタルサイネージクラウドサービス」を4月1日より提供する。価格は、月額利用料5250円(税込、1端末あたりの基本料金)となっている。
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/01/20033401/
http://jp.ibtimes.com/articles/15399/20110303/.htm
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0303&f=business_0303_228.shtml
http://ascii.jp/elem/000/000/592/592962/
http://japan.cnet.com/news/service/20426937/
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/03/02/054/
http://www.rbbtoday.com/article/2011/03/02/74789.html
2011年03月04日

payment navi

顔認証機能付き店頭プロモーション効果測定サービスを提供開始(凸版印刷)
凸版印刷は、顔認証機能付き自動カウントシステムを活用した店頭プロモーション効果測定サービス「Cフェイス」を2011年4月1日より販売を開始すると発表した。
Cフェイスは、店頭に設置したカメラ映像を、人検出エンジンおよび顔検出エンジンによってリアルタイムに分析するシステムを用いたサービスである。POPなどの店頭販促ツールやデジタルサイネージなどに、接触する機会があった人数と実際に接触した人数の比率、顔認証機能による接触した人物の性別や年齢などを、時間別に解析して店頭プロモーションの効果を測定する。従来の調査員を配置したり、撮影映像によるカウント調査と比べて短納期かつ約半額のコストで店頭プロモーションの効果測定が可能になるという。また、長期間に渡る調査や、調査員の配置が困難な店頭環境においても有効なサービスとなっている。
http://www.paymentnavi.com/cardnavi/12332.html
2011年03月03日

Rest Mom

河合塾にデジタルサイネージを導入、大学受験情報を配信
サムライトは3月3日、河合塾と共同でデジタルサイネージを利用した大学受験情報サービスを行うと発表した。3月7日よりサービスを開始する。同社は、フィットネスクラブや私立大学などの施設にて、液晶ディスプレイに動画や静止画情報を配信し、表示するデジタルサイネージ広告の提案を行っている。
今回の発表は、河合塾の大学受験現役生校舎と高卒生校舎にデジタルサイネージを設置し、大学受験に関する情報番組や、各大学のコマーシャル・インタビュー映像等を放映していくというもの。同社によると、施設利用者に有益な情報を提供すると同時に、既存の大学パンフレット等の情報に拡張性を持たせることで、デジタル広告とアナログ広告の相乗効果が期待されるとしている。
http://resemom.jp/article/2011/03/03/1405.html
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=73941
2011年03月03日

毎日新聞

びわ湖毎日マラソン:ツイッターで応援しよう! 「サイネージマン」も登場
6日に行われる第66回びわ湖毎日マラソン大会(日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催)を特別協賛するケイ・オプティコムは、ツイッターでの大会応援ツイートを沿道に設置したデジタルサイネージ(電子看板)に配信するなど、実証実験や応援企画を行う。
デジタルサイネージに配信するのは、NHKの中継やツイッターで寄せられた大会応援ツイートのほか、同マラソン応援事務局が応援団長に起用した大津市の観光キャラクター「おおつ光ルくん」が登場するコースや周辺の観光情報など。大会の発着点となる皇子山陸上競技場(大津市)の180インチの大型サイネージなど5カ所のほか、公衆無線LANの特長を生かした移動型サイネージとして4人の「サイネージマン」を沿道に配置。前面に2画面、背面に1画面のモニターを付けたサイネージマンは、午前11時から午後3時までの間に大津PARCOから西武大津店、唐橋西詰付近に登場する。
http://mainichi.jp/enta/sports/general/news/20110303mog00m050031000c.html
2011年03月03日

MONOist

ディジ、無線モジュール「ConnectCore Wi-i.MX53」
ディジ インターナショナルは203日、フリースケール・セミコンダクタのi.MXプロセッサファミリーを採用したワイヤレスモジュール「ConnectCore Wi-i.MX53」を発表した。同社が提供するM2Mクラウドサービス「iDigiクラウド」に対応しており、クラウド接続されたワイヤレスマルチメディア機器を容易に開発できるという。
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1103/03/news058.html
http://japan.cnet.com/release/30000422/
http://www.elisnet.or.jp/news/news_detail.cfm?select_news_id=21496
2011年03月03日

Value Press!

日立東日本ソリューションズ、『第27回流通情報システム総合展(RETAIL TECH JAPAN)』に出展=発注業務の効率化/在庫削減/欠品率低減を実現するITソリューションを提案


同展示会は、POSレジ・バーコードなどの店舗システムから、チェーン本部システム、デジタルサイネージ、RFID、倉庫内・物流システムまで、流通情報システムの最新機器・システム、関連サービスが一堂に揃う国内最大級の流通業界様向け専門展示会です。
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=73974

2011年03月02日

ファイルウェブ

日本TI、HD映像処理性能を高めた新SoCを発表
「DM8148」は1本の1080/60p映像、または3本の720/30p映像を3Wで
取り扱える。TIでは、ネットワークメディアプレーヤーやネットワーク対応のプロジェクターなどでの利用が見込めるほか、Skypeカメラやデジタルサイネージ、映像監視用レコーダーなどにも適していると説明している。2011年第3四半期のサンプル出荷開始を予定し、1,000個受注時の参考単価は51ドル。
http://www.phileweb.com/news/d-av/201103/02/28021.html
2011年03月02日

PC USER

インテル、「Intel Insider」の運用デモを紹介
カレン氏は、現在、ユーザーがPCを利用する場面で、ビデオやインターネットコンテンツ、撮影画像、ゲームなどビジュアル体験の利用機会が増えて、より高いグラフィックス性能が求められていると述べた上で、Sandy Bridge世代のCore iシリーズに統合された新世代のIntel HD Graphicsによって、これまでとは次元の違う、新しいビジュアル性能をユーザーに提供できると訴求する。
さらに、新しいIntel HD Graphicsによって、PCに保存しているHDコンテンツをモバイルデバイスで利用するために必要なトランスコート処理がリアルタイムでできることや、タイトルが増えているステレオ立体視コンテンツへの対応なども統合されたグラフィックスコアで可能になったと、欧州のPC関係者に向けて説明した。
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1103/02/news044.html
2011年03月02日

神戸新聞

買い物情報は電子看板で ハーバーに6カ所設置 
神戸・ハーバーランドのにぎわいを高めようと、商業施設などでつくる「ハーバーランド運営協議会」は1日、電子看板「デジタルサイネージ」を域内の6カ所に設置した。インターネットを使って、商業施設の売り場・イベント情報や、天気予報などを流す。 
電子看板の普及は進んでいるが、異なる商業施設が連携し、相互の情報を発信する取り組みは全国初という。同協議会の10施設でつくる「来街促進委員会」が企画した。JR神戸駅南の地下街「デュオこうべ」にある総合案内窓口や、「キャナルガーデン」などに設置。電子看板は順次増やしていくという。
http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/0003838029.shtml
2011年03月01日

Tech-On!

OKI,映像センサで年齢・性別を認識しテレビを自動オン/オフ可能に
OKIは,外付けの「映像センサー」を利用して,テレビの前にいる人の年齢や性別を認識するシステムを開発した。テレビを見る人の年齢や性別に応じたテレビCMなどを流すといった利用法を想定する。ただし,現時点で実装したのは,節電を目的として,テレビの前に人がいるかどうかを識別してテレビをオン/オフする機能などである。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110301/189999/