• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2010年01月28日

CNET Japan

ウィルコム、壁掛けも可能な業務用PDA「Pit」を発売
下り最大7.2Mbpsの高速データ通信が可能な「WILLCOM CORE 3G」に対応。
>>続きはこちら
2010年01月28日

Nikkei net

NTTと丸紅など、ネットワーク型デジタルサイネージソリューションパッケージ 
「ひかりサイネージ」シリーズを開発NTTグループのデジタルサイネージのソリューションブランド「ひかりサイ 
ネージ」の導入とソリューションパッケージのラインナップ化について
>>続きはこちら
2010年01月27日

Itpro

人を広告媒体にするバッチ型デジタルサイネージが登場、英国風パブ「HUB」で採用
ビー・ユー・ジー(BUG)は、名札サイズのデジタルサイネージ端末「Audience.tag」の販売を2010年1月25日に開始した
>>続きはこちら
2010年01月21日

japan.internet.com

デジタルサイネージに電話発信機能を搭載できる「オレッセ Web タッチコール」

日本電通株式会社は2010年1月20日、デジタルサイネージ(電子看板)や情報端
末などで、Web アプリケーションに電話発信機能を搭載できるソフトウェア「オレッセ Web
タッチコール」を、1月22日から販売開始すると発表した。

>>続きはこちら
2010年01月21日

Itpro

ソニー、簡単にデジタルサイネージを利用できるサービスを開始
ソニーは2010年1月21日、デジタルサイネージ・システムをASPサービスで提供する「ASP Pro」と「ASP Entry」の提供を開始すると発表した。 >>続きはこちら
2010年01月20日

asahi.com

パイオニア、「映像のまち・かわさき 地域メディア連携実証実験」を実施
川崎市(市長:阿部孝夫)と川崎アゼリア株式会社(代表取締役社長:石野 厚)およびパイオニア株式会社(TSE:6773)は、商業集積施設「アゼリア」と「川崎市バス」を連携させた「地域メディア連携実証実験」を、2月15 日よりJR川崎駅周辺で実施いたします。
>>続きはこちら
2010年01月20日

chugoku sinbun

駅伝速報 電子看板で発信
広島デジタルサイネージ推進コンソーシアムは24日、ひろしま男子駅伝の都道府県チームやコースの紹介、
結果速報などを広島市中区の5カ所と広島電鉄の電車内のデジタルサイネージ (電子看板)に配信する。
>>続きはこちら
2010年01月18日

mainichi.jp

けいざいフラッシュ:「ワンダ」超大型広告--アサヒ飲料
アサヒ飲料は、缶コーヒー「ワンダ」の10年新商品第1弾となる微糖缶コーヒー「ワンダ 一番ドリップ微糖」の発売に合わせ、24日まで、1日の乗降客数が23万人を超える東京メトロ・新宿駅で超大型の交通広告「『ワンダ ドリップサイネージ』in新宿」を展開している。
>>続きはこちら
2010年01月12日

Nikkei net

「マイクロソフト、Windows Embeddedプラットフォームによるデジタルサイネージ市場向けソリューションを公開」マイクロソフト コーポレーションは、米国時間2010年1月11日(月)、米国ニューヨークで開催中の全米小売業協会(NRF)の年次コンベンション エキスポにおいて、デジタルサイネージ市場向けプラットフォームの提供に関して、インテルコーポレーションとの戦略的協業について発表しました。 >>続きはこちら
2010年01月12日

Excite News

「Intel、マルチユーザーマルチタッチ・デジタルサイネージコンセプトを紹介」
Intelが大型のマルチユーザー・マルチタッチのインテリジェントデジタルサイ ネージのコンセプトを紹介している。
>>続きはこちら
2010年01月12日

Yahoo News

「"3D化"がより高いCPUパワーを必要とする――Intel基調講演」
ホームエンタテインメント、モバイルと続いた同社の組み込みソリューション事例だが、よりインテリジェント化が求められる組み込み分野としては、ほかに車載オーディオやカーナビ、駅や売店などのキオスク、街頭広告や案内システム、監視システム(サーベイランス)などが挙げられる。街を歩いていると何気なく見かけるこれらの機器だが、年々高機能化が進んでいる。
>>続きはこちら
2010年01月05日

Sankei News

「街にあふれる"電子看板"」
最近、周囲にテレビのような大小の画面が増えたことにお気付きではないだろうか。
商業ビルの外壁面、地下鉄のホーム、店舗の入り口、レジの上...少し顔をあげるだけで、いくつもの画面が目に飛び込んでくる。
>>続きはこちら