• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2008年11月20日

日経プレスリリース

すかいらーく、企業プロモーションなど扱う新規事業「インストアメディア事業」を本格展開
株式会社すかいらーく(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:谷 真)では、すかいらーくグループ主要6ブランド((1)ガスト(2)バーミヤン(3)ジョナサン(4)夢庵(5)すかいらーく(6)グラッチェガーデンズ)の全店舗において、他社企業様の広告並びにセールスプロモーションを取り扱う「インストアメディア事業」を本格的に展開いたします。 >>続きはこちら
2008年11月27日

日刊工業新聞

凸版とみやぎ生協など、販促キャンペーンの実証実験
凸版印刷とみやぎ生活協同組合(仙台市泉区)、河北新報社(仙台市青葉区)は、メディアでの告知から店頭での商品サンプル配布、デジタルサイネージ(広告表示できる業務用ディスプレー)による商品情報の配信などの販売促進キャンペーンの実証実験を行う。集客効果や再来店効果、商品認知の度合い、商品売り上げへの寄与度などの効果を測定する。凸版は結果をもとに同様のキャンペーンを全国展開し、効果の高い販促提案に結びつける。
>>続きはこちら
2008年11月26日

ビジネスメディア誠

地方都市・長崎で意外な成功!?――駅前デジタルサイネージ「ナビタッチ」の可能性
マスメディア広告の価値が減少し、交通広告など"リアルメディア"の相対的価値が上昇する中、ナビタッチの効果はどこまで上がっているのか。日本で初めてナビタッチが導入されたJR長崎駅の状況をレポートした。
>>続きはこちら
2008年11月25日

IT Pro

「作らないSI」に備える
2007年1月に「サービスプラットフォームソリューション事業」を立ち上げた。システムの所有からサービスの利用へと企業が動く中で新しい価値を提供し続けるためには,ITサービスの新しい提供基盤が要るからだ。
>>続きはこちら
2008年11月25日

IT Pro

そこらにある新型広告メディア「デジタル・サイネージ」の正体

最近,デジタル・サイネージというキーワードを見聞きするようになった方がいるかもしれない。実はこれ,家庭以外の場所にあるディスプレイに広告(告知も含む)の映像を流す仕組みである。  
>>続きはこちら
2008年11月21日

ZD Net Japan

エリア型ワンセグの「渋谷駅前周辺地区における地上デジタル放送の電波伝搬実験」を開始
一年間の長期にわたる大都市屋外実験「渋谷」でエリア型ワンセグのメディア有用性を検証 
>>続きはこちら
2008年11月21日

六本木経済新聞

慶応義塾大学SFC、研究活動成果を一般公開ー今年で13回目
慶応義塾大学SFC(湘南藤沢キャンパス)研究所は11月21日・22日の2日間、六本木アカデミーヒルズ(港区六本木6)で「SFC Open Research Forum 2008(以下ORF)」を開催する。
>>続きはこちら
2008年11月20日

IT Media

遅延によるイライラを解消 副都心線で稼働する運行情報ディスプレイ

副都心線の東新宿駅などの改札前で遅延情報を配信する「運行情報ディスプレイ」が稼働している。改札を通って電車に乗ろうとしたら事故が発生して足止め、約束の商談に間に合わない――こんな事態を未然に防げるデジタルサイネージだ。
>>続きはこちら
2008年11月20日

キーマンズネット

パナソニック、電子看板と外部システムを接続できるソフトを発売
パナソニック株式会社は、デジタルサイネージ(電子看板)システム「NMstage」と外部システムを容易/廉価に接続でき、RSS文字情報や既存DBからの情報の取り込み表示/自動更新を可能とするアドインソフトウェア「NMデータゲートウェイソフトウェア」を、発売した。価格は、オープン価格となっている。
>>続きはこちら
2008年11月17日

asahi.com

デジタルサイネージで簡単広告!
昨今の経済状況は、ますます不安感をあおり、多くの企業も今期来期のコスト削減に敏感になっていることと思います。本当は、こうした時期こそ宣伝効果も高く、積極的なプロモーションが求められるのですが、実際には、一番先に削られやすいのが広告宣伝費ともいえるでしょう。 
>>続きはこちら
2008年11月17日

Nikkei Net

船井電機新応用技術研究所、ロイコ染料を用いた反射型表示デバイス「DynamicECD」を開発
新聞紙並みに見やすい反射型電子表示器の技術開発に成功 ~太陽光の下でも見やすい電子表示機器への応用が可能~
>>続きはこちら
2008年11月12日

IT Pro

ニフティなど、スーパー価格情報などの主婦向けモバイルサイトを開設へ

ニフティ、三菱商事、サンケイリビング新聞社の3社は、スーパーで販売される食料品の価格情報などを掲載する主婦層向け無料モバイルサイト「シュフモ」を11月27日にオープンする。対象店舗数は約7500軒で、国内最大級の電子チラシサイトという。 
>>続きはこちら
2008年11月11日

IT Media News

顔認識であなたに合った広告を――NECのデジタルサイネージ
NECは、同社の技術やサービスを紹介するイベント「iEXPO 2008」(11月11~13日、東京国際フォーラム)で、顔認識技術を応用したデジタルサイネージ(電子看板)を展示している。カメラでとらえた顔画像から通行人の年齢や性別を判定し、それに応じた広告を表示するというものだ。
>>続きはこちら
2008年11月11日

BCN

S&Iとアイピースクエア、次世代サステナブル緊急地震速報端末
エス・アンド・アイ(S&I、松本充司社長)とアイピースクエア(小川哲男代表取締役)は、新ブランド「HUSIC Concept」を企画し、その製品の第1弾として今年中に次世代サステナブル緊急地震速報端末「EQ HUSIC(ヒュージック)」を発売する。
>>続きはこちら
2008年11月11日

IT Pro

[iEXPO2008]NEC、イーサネット経由でPCI Expressデバイスを制御する技術を展示

NECは2008年11月11日、東京国際フォーラム(東京・有楽町)で開催中の「iEXPO2008」において、同社が開発した新技術を展示した。パソコン関連では、イーサネット上でPCI Express(PCIe)デバイスを制御できる「ExpEther(エクスプレスイーサ)」が面白い。 
>>続きはこちら
2008年11月11日

Enterprise Watch

「NECの今後10年に大切なのはオープンイノベーション」-NEC矢野社長

具体的に企業が目指すべき方向性としては、「企業は人に優しく、地球に優しくあるべきだ」という。NECとしては、「銀行ATMや証明書自動交付など多くの製品でユニバーサルデザインを採用してきたほか、ITをより便利に活用できるよう、パーソナライズされた情報の提供などに努めてきた」と紹介。
特にパーソナライズは、行動分析やデジタルサイネージなどにより、個々人の好みや状況に応じたサービスを提供することで便利さを実現することだと説明し、「ユビキタスは"いつでも、どこでも、誰にでも"を標ぼうしているが、本当に快適なサービスは"いまだけ、ここだけ、あなただけ"であることで実現するのではないか」と、発想の転換を行った。 
>>続きはこちら
2008年11月11日

CNET Japan 

慶應SFCら、地域WiMAX運営会社を設立--新たな無線ビジネス創出へ
慶應義塾大学 SFC研究所、インテック、ジュピターテレコム、ブロードバンドタワー、ワイドリサーチの5者は11月20日、地域WiMAXを利用したサービスを展開する新会社を共同で設立すると発表した。通信機器メーカーやサービス事業者などと共同で、地域WiMAXを使った新たなビジネスの創出を目指す。 
>>続きはこちら
2008年11月08日

ネットサービスパーク

版印刷、電子チラシサイト「Shufoo!」にて携帯電話向けサービス「Shufoo!mobile」を開始
凸版印刷株式会社は、同社で運営する電子チラシサイト「Shufoo!(シュフー)」で、携帯電話からチラシやお得情報が無料で閲覧できるサービス「Shufoo!mobile(シュフーモバイル)」を開始することとなった。
>>続きはこちら
2008年11月07日

japan.internet.com

【書評】『次世代マーケティングプラットフォーム』――広告とマスメディアの地位を奪うもの
今日、新聞やテレビ CMといった「広く告知する」タイプの広告が徐々にだが縮小傾向にある。それは、インターネットの普及により、ユーザーが好きな情報を自由に得られるようになったからである。
>>続きはこちら
2008年11月05日

CNET Japan 

デジタルサイネージ市場分析
デジタル技術は、多くのメディア産業に多大な影響を与えてき
た。広告は、エンターテインメントそれ自体と、エンターテインメントを制作、管理、配信するメディア企業にとって非常に重要である。デジタルサイネージは、現在成長中の新しい広告媒体である。必要とされる技術は10年以上前から使用可能だったが、デジタルサイネージ市場が成長し始めたのは、ほんの数年前からである。 
>>続きはこちら