• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2017年05月17日

時事ドットコム

市役所前で初のサッカーPV
 
3月にリニューアルした金沢市役所前広場で、サッカーJ2ツエーゲン金沢とFC岐阜による試合のパブリックビューイング(PV)が行われた。赤いユニホームをまとったサポーターら約500人が集まり、岐阜市で戦うチームに声援を送った。
 
2017年05月16日

ICT教育ニュース

宝塚大学東京メディア芸術学部が「メディアデザイン領域」を新設
 
宝塚大学東京メディア芸術学部は15日、2018年度から新たに「メディアデザイン領域」を設置すると発表した。これまでの「コンテンツデザイン領域」を発展させ「映像領域」と統合し、コンテンツを発信するメディアのデザインを中心に教育を行うという。
 
2017年05月15日

GetNaviweb

いつものロボットが急に外国語ペラペラに! 45か国語の翻訳・接客を可能とし「顔翻訳」もできるロボット用アプリが発売
 
日本国内でも有数のロボットアプリ開発・導入実績をもつヘッドウォータースは、クラウドロボティクスサービス「SynApps(シナップス)」を活用し、45か国語での翻訳・接客を可能にするロボアプリ「Robot Translator(ロボット・トランスレーター)」を本日5月15日より販売を開始しました。スマホやタブレット、デジタルサイネージにも連携適用が可能です。
 
2017年05月14日

東洋経済オンライン

鉄道広告の募集資料で見える「路線の特徴」 年収や学歴の高さをアピールする鉄道会社も 
 
駅に掲げられている広告の数々。最近は、動画も使用できる「デジタルサイネージ」が主要駅で目立つようになってきている。電車の中吊り広告も、目立つ週刊誌の広告をはじめ、自社沿線施設の案内やおトクなきっぷの案内など幅広い内容で、スマートフォン全盛の現在でも重要な乗客の情報源となっている。
 
2017年05月12日

マイナビニュース

自然な会話をAIの力で実現。東芝の音声合成ミドルウェア「ToSpeak」 
 
ToSpeak」は、同社の音声・映像活用AIクラウドサービス「RECAIUS(リカイアス)」の技術を活用し、読み上げさせたいテキストを用意するだけで多様な電子デバイスで自然な合成音声を出力することが可能になるというもの。メカメカしさのない自然な音声でありながら、クオリティの高い音質で音声データサイズが小さいという「ToSpeak」のメリットは、ゲームのみならずデジタルサイネージや家電製品との親和性も高そうだ。
 
2017年05月11日

ニフティニュース

メディアエッジが映像配信システムのプライベートショー開催 
 
放送局やデジタルサイネージ向けの映像配信システムに強い同社の新製品や、同社が6月に取り扱いを開始する豪ATOMOS社のプロ向けのコンパクト4K録画モニターなどを展示している。会期は5月12日まで。
 
2017年05月11日

マイナビニュース

西武鉄道の新型車両40000系、2017年度は4編成増備 - 着席サービス拡大図る
 
新型通勤車両40000系は2016年度に2編成導入された。

同社初となるロング・クロスシート転換車両で、クロスシート2席につき1カ所ずつ電源コンセントを設置。10号車の「パートナーゾーン」、中吊り広告に代わる広告用デジタルサイネージ「Smile ビジョン」、長距離の運行に対応したトイレの設置など、平日の通勤から土休日の観光まで快適な移動空間を提供するためのさまざまな工夫が施された車両となっている。2017年度もロング・クロスシート転換車両を4編成増備し、快適な着席サービスの拡大を図る。
 
2017年05月10日

時事ドットコム

市役所前で初のサッカーPV=金沢市〔地域〕 
 
3月にリニューアルした金沢市役所前広場で、サッカーJ2ツエーゲン金沢とFC岐阜による試合のパブリックビューイング(PV)が行われた。

赤いユニホームをまとったサポーターら約500人が集まり、岐阜市で戦うチームに声援を送った。

PVは周辺商店街の活性化や地元プロスポーツ応援を目的としたもので、縦1.6メートル、横5.2メートルのデジタルサイネージを活用。参加者は応援歌を歌ったり、会場一体となって拍手を送ったりした。
 
2017年05月10日

毎日新聞

おもてなし カード1枚で旅の不便を解消
 
政府は東京五輪・パラリンピック開催の2020年には4000万人を目標に掲げる。

増加の一途をたどる外国人観光客だが、お国が違えば、勝手も違い、旅の不便もさまざまあるはずだ。そこで、総務省が一枚のカードを持つだけで、ホテルのチェックインや美術館へのチケットレス入場など、より快適に滞在できる環境整備に向けて実証実験に乗り出した。
 
2017年05月08日

産経ニュース

DisplayPort(Mini DisplayPort)から2台のHDMI対応ディスプレイに接続できるMSTハブを発売。
 
サンワサプライ株式会社は、1台のDisplayPortが搭載されたパソコンから2台のHDMI対応ディスプレイに同時出力可能なDisplayPortMSTハブ「AD-MST2HD」を発売しました。

本製品は複製モードと拡張モードの2つのモードで使用できます。

ディスプレイをまたぎ2台分の作業スペースを使用することができるので、画像や映像編集、プログラミングなど、異なる複数のウインドウを扱う作業が効率的に行えます。

また、2台分のディスプレイに迫力ある映像を出力できるためデジタルサイネージとしての使用もおすすめです。
 
2017年05月08日

日本食糧新聞

伊藤忠食品、新分野の育成加速 惣菜デリカを強化 電子看板販促拡大
 
伊藤忠食品は今期(17年4月~18年3月)重点施策に「既存事業の深耕・拡大」 「新分野の育成」を掲げ、このうち新分野では出遅れていた惣菜デリカ事業の強化へ乗り出すほか、デジタルサイネージ(電子看板)を使った新たな店頭販促の展開を拡大する。
 
2017年05月07日

PRINT&PROMOTION

バス停案内用デジタルサイネージ 都営地下鉄3カ所に設置 

DNPの技術を採用 2020年までに20駅に
 
東京都交通局では4月28日、都営地下鉄(3駅)の改札口付近に、
都バスの停留所や運行情報等を案内するデジタルサイネージを、大江戸線「門前仲町駅」「六本木駅」、浅草線「新橋駅」に設置した。

DNP薄型屋外サイネージは、サイズが55インチ。省エネタイプでありながら、高いコントラストとクリアな映像表示、低反射で中輝度バックライトでも十分な視認性がある。
 
2017年05月03日

タウンニュース

多機能街路灯を開発 企業と共同で開発 

町田市はこのほど、市内企業と連携し、災害や停電時でもインターネット回線や

電光掲示板による情報を提供できるLED街路灯を共同で開発した。

今回開発したのは、「消えないまちだ君」をベースに、インターネット回線である

Wi―Fi機能や電光掲示板で行政・観光情報などを掲示するデジタルサイネージ、

防犯カメラ、スピーカーの機能を新たに付け加えた「Wi―Fi街だ君」。

実用新案も取得済みで町田市内だけでなく、ほかの自治体での設置も検討している。
 
2017年05月03日

中日新聞

大型パネルでゆかりの文学者学ぶ 高志の国文学館に導入 :富山
 
七月に開館から五周年を迎える富山市舟橋南町の高志の国文学館の常設展示室の

一部がリニューアルされ、公開されている。展示室の大規模な模様替えは初めて。

県ゆかりの文学者を紹介するデジタルサイネージを新設したり、展示ケースを

増やしたりして内容の充実を図った。五月中には全面リニューアルが終わる。
  
2017年05月01日

サカエ経済新聞

グランパスが京都サンガF.C.戦の応援呼び掛け GWに入場者数の新記録目指す
 
名古屋グランパスがクラブのリーグ最多入場者数更新を目指し、ゴールデンウイーク(GW)

の5月3日、豊田スタジアムで行われる京都サンガF.C.戦での応援を呼び掛けている。

愛知トヨタは75店舗で楢崎正剛選手、佐藤寿人選手、杉森考起選手のデジタル

サイネージによる動画メッセージを展開。選手らとアイドルグループ「SKE48」が

共演するテレビCMを放送している。 
 
<< 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ... 306 >>