• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2018年03月01日

通販新聞

電通調べ 17年の広告費6.3兆円に、ネット広告が15%増の1.5兆円とけん引
 
電通が2月22日に発表した「2017年日本の広告費」によると、昨年1~12月の総広告費は前年比1・6%増の6兆3907億円だった。中でもインターネット広告費が同15・2%増の1兆5094億円と順調に拡大し、全体の広告費の伸びをけん引した。このほか、「プロモーションメディア」の広告費は全体で1・5%減の2兆875億円で、そのうち、「屋外」は音源やアパレルブランドの屋外ビジョンの出稿などが堅調で同0・4%増の3208億円、「交通」は車内等のデジタルサイネージは活発化している。
 
2018年03月01日

BIGLOBEニュース

日本最大のレシピ動画サービス「クラシル」Tokyo Primeと共同で、タクシー広告の販売を開始
 
日本最大のレシピ動画サービスであるkurashiruを運営するdely株式会社は、新世代デジタル・サイネージ Tokyo
Primeを提供する株式会社IRISと連携し、当社が広告として制作したタイアップ動画をTokyo Prime
内で配信することが可能な広告メニューを販売開始いたしました。

Tokyo Primeは、東京都心を走行する日本交通のタクシー4,500台の車両に設置される新世代デジタル・サイネージから放映されるプレミアム動画広告です。
 
2018年02月28日

MarkeZine(マーケジン)

屋外広告で天候にあったコーデ提案 アパレルDOOHの好事例
 
オランダのアパレルブランド・Scotch & Sodaが、秋冬シーズンのプロモーションの一環で、“その場所のリアルタイムの天気”に最適なファッションコーディネートが表示する屋外デジタル広告(DOOH)をアムステルダムで実施しました。
 
2018年02月28日

ascii×WebPro

シックス・アパート、「Movable Type 7」のベータ版を公開
 
シックス・アパートは2月28日、CMSプラットフォーム「Movable Type」の最新バージョンとなる「Movable Type
7」のベータ版を公開した。正式リリースは5月のゴールデンウィーク明けを予定している。新バージョンで強化された点としては、ウェブサイトだけでなくSNSやアプリ、デジタルサイネージ、ウェアラブルデバイス、印刷物など多様化するメディアに合わせ、「コンテンツタイプ」(コンテンツに含まれる情報をまとめて運用しやすくしたもの)を配信先に合わせて最適化。
 
2018年02月28日

DreamNews

貼るだけでミラー型ディスプレイになるハーフミラーフィルム。

鏡とディスプレイの両方の機能を持った近未来的ミラーディスプレイ導入のハードルを下げます。最大75インチまでの各メーカーのディスプレイに対応。
 
プラスチックフィルム製品をてがけるフィルプラス株式会社はこのたび、大型タッチパネルディスプレイ、デジタルサイネージに貼るだけでミラー型ディスプレイになるハーフミラーフィルム(施工サービスつき)を2018年3月より正式発売いたします。

フィルプラスの工場にてフィルムをディスプレイのサイズに合わせてカットし貼ることにより最大75インチまでのあらゆるメーカーのディスプレイに対応可能です。
 
2018年02月27日

ロボスタ

音声対話システムのウェークワードを変更できる「minaraiボイストリガー」が提供開始
 
株式会社Nextremerは、音声対話を開始する際のトリガーワードを自由に設定できるボイストリガーを開発した。本機能を利用することでサービス名やキャラクター名をトリガーワードに設定でき、エンドユーザーがより愛着を持って利用する事ができる対話システムの提供が可能になるという。ボイストリガーはNextremerが提供する対話型デジタルサイネージに標準搭載される。
 
2018年02月27日

RBB TODAY

バックカントリーの遭難者を減らせ!専用IoT端末「TREK TRACK」が“ニセコルール”を補完する
 
その良質な“パウダースノー"を求めて、世界中からスキーヤー/スノーボーダーが殺到している雪山がある。北海道のニセコリゾートだ。遭難者の増加に備え、山ではIoTデバイス「TREK TRACK」の本格的な導入を検討し始めた。現地で担当者に話を聞いた。

ニセコモイワスキー場のイベントブースにおいて、TREK TRACKの貸し出しサービスを実施。ロビーの大型サイネージには、滑走者の軌跡が表示されていた。
 
2018年02月26日

投信1

ICT・IoTでタクシーが進化、配車サービス市場が急成長
 
タクシー会社によっては、モバイル決済サービスを導入し、特にインバウンドの利用促進を図る動きも出始めている。日本交通(株)では、「今後も東京都心のタクシーを中心にIoT型デジタルサイネージ端末の展開を進めていく」と意気込む。
 
2018年02月26日

鉄道チャンネル

【大手メディア特報まとめ】3月ダイヤ改正で入る東急2020系6020系 

 ことし3月ダイヤ改正で営業運転につく2020系10両編成3本と6020系7両編成2本。2020系は田園都市線系統に、6020系は大井町線系統に入る。ドア上に配置するデジタルサイネージでは、多言語案内を強化。ニュースや天気予報など充実した情報サービスを提供する。 
 
2018年02月26日

PRTIMES

SHIBUYA109店初!渋谷の情報発信基地「SBY」人工知能(AI)スタッフを雇用!
 
タッチパネル機能、最新の音声認識技術、自然な会話応対が可能なデジタルサイネージ版の人工知能スタッフ「ゆう」がSBYスタッフの一員として入社いたします。

お客様からのお問合せに対して音声やテキストで対応します。

接客等の業務を人に代わり行うことで、業務効率化が可能となり、またお客様から質問された内容は全てデータ集積&分析し、活用等を実現することで、さらなるお客様サービスの向上に積極的に取り組みます。 
 
2018年02月23日

ASCII START UP

空いている店にすぐ行ける空席IoTに期待集まる
 
バカンは、IoTとAIを用いた空席情報システムを提供している。2018年1月より空席状況表示システム「VACAN」として製品化し、成田国際空港施設内や横浜駅西口の相鉄ジョイナス、高島屋横浜店などで本格導入を開始。施設内に入店している飲食店にセンサーやカメラを設置し、空席状況をサーバーに自動送信することで、ビルや店頭のデジタルサイネージにリアルタイムの空席状況を提供する。
 
2018年02月23日

マイナビニュース

東武鉄道、8言語対応の新型自動券売機 - 3月までに23駅で設置へ
 
東武鉄道は21日、訪日外国人旅行者の増加に備え、8言語対応の新型自動券売機を順次導入すると発表した。従来の日本語と英語に加え、新たに中国語繁体字・簡体字、韓国語、フランス語、スペイン語、タイ語の6言語に対応する。
 
2018年02月23日

ITpro Active

日立、スマートコムラボラトリーズと日本屋外広告取引市場「JAODAQ」事業に関する譲渡契約に合意
 
株式会社日立製作所と株式会社 スマートコムラボラトリーズは、このたび、SCLが事業を展開している日本屋外広告取引市場「JAODAQ(R)」の運営に関する全ての権利と運営基盤である情報システムの譲渡に合意し、本日、契約を締結しました。現在、システム調整により休止しているJAODAQ(R)は、日立の運営で、本年4月2日から広告取引を再開する予定です。
 

2018年02月23日

AdGang

“その場の今の天気”に最適なコーディネートを表示する、アパレルブランドのデジタルサイネージ
 
オランダのアパレルブランド・Scotch & Sodaが、秋冬シーズンのプロモーションの一環で、“その場所のリアルタイムの天気”に最適なファッションコーディネートが表示される屋外広告(DOOH)をドイツで実施しました。
 
2018年02月23日

PR TIMES

店頭販促用サイネージ「GIFT BOXサイネージ」新発売
 
「GIFT BOXサイネージ」は、お歳暮、お中元コーナーなどの商品棚に設置し、動画で商品訴求する店頭販促用サイネージです。実物のギフトボックスと同じ箱外装印刷やサイズ選択が可能なため、設置したギフト売場になじみつつ、高いアイキャッチ効果を発揮します。
 

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... 334 >>