• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2009年07月17日

マイコミジャーナル

大日本印刷とeSIC、自治体など向けの地方活性化支援パッケージを提供開始
大日本印刷と電子社会イノベーション推進コンソーシアム(eSIC)は7月13日、全国の自治体や地域に密着する商店街、企業、商工会議所、市民活動団体などに向けて、ICT(情報通信技術)を活用した「地方活性化支援
パッケージ」を提供開始した。価格は、初期費用が5,000万円から、運用費が月額200万円から。 >>続きはこちら
2009年07月17日

JCN Network

ソフトバンクグループのCOMELが「横浜街メディア」にて街ナカに横浜ベイスターズの試合速報を配信
ソフトバンクグループのCOMEL株式会社は、運営するデジタルサイネージ「横浜街メディア」において、株式会社TBSテレビの協力により、横浜ベイスターズの試合速報を即時にディスプレーに配信するサービスを2009年7月17日(金)より開始します。 >>続きはこちら
2009年07月17日

Nikkei Net

トッパン・フォームズ、Bluetooth接続を瞬時に起動が可能な開発キット「NFC SDK for BTH」を9月から発売
情報管理ソリューションのトッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)は、近距離無線通信の標準規格であるNFCを利用して認証を行いブルートゥース(Bluetooth)で高速データ通信を行うアプリケーションの開発を容易にする、「NFCソフトウェア開発キット for Bluetooth Handover(以下NFC SDK for BTH)」を9月より販売開始します。 >>続きはこちら
2009年07月17日

IT Pro

日立アドバンストデジタル、デジタルサイネージのテロップを自動読み上げ
日立アドバンストデジタルは、電子看板(デジタルサイネージ)「デジタルサイネージプラス」システム上の文字テロップを自動的に読み上げるオプション製品を7月22日に発売する。人手を使わずテキスト情報を音声化できるため、録音に必要な費用を減らせる。緊急情報などを伝える際の時間短縮にもつながるという。 >>続きはこちら
2009年07月16日

@press

ゴールドジムとサムライト、デジタルサイネージ分野において業務提携
世界30カ国・650ヵ所以上・300万人の会員を誇る世界最大級ネットワークのフィットネスクラブ「ゴールドジム」を運営する株式会社THINKフィットネス(本社:東京都江東区、代表者:代表取締役社長 手塚 栄司、以下「THINKフィットネス」)と、株式会社サムライト(本社:東京都千代田区、代表者:代表取締役 和座 良太、以下「サムライト」)は、デジタルサイネージ分野において業務提携し、広告及び販促サービスを、2009年8月1日より開始いたしますので、ご報告いたします。 >>続きはこちら
2009年07月15日

日刊工業新聞

伊藤忠、電子看板に本格参入-2社と連携で縦型端末を販売
伊藤忠商事はシーディック(愛知県一宮市、梯国彦社長、0586・77・1233)、ナノオプト・メディア(名古屋市中区、藤原洋社長、052・219・6300)と提携し、デジタルサイネージ(電子看板)の販売に乗り出した。モニターと小型専用機を搭載した端末「ギャザラ」を扱う。飲食店や美容関連店舗などに売り込み、2009年度は5億円の売り上げを目指す。 >>続きはこちら
2009年07月14日

IT Pro

50を超えるサービスが提案---VHF-LOW帯マルチメディア放送推進協議会
VHF-Low帯マルチメディア放送推進協議会(VL-P)は,2009年6月16日にVL-Pの検討状況について記者説明会を実施した。現在VL-Pでは,VHF-Low帯を利用した携帯端末向けマルチメディア放送「地方ブロック向けマルチメディア放送」の運用規程を策定している。この記者説明会では,情報通信審議会での技術的条件策定状況およびVL-Pの活動状況として会員から提案されたサービスイメージと運用規程策定スケジュールが報告された。 >>続きはこちら
2009年07月14日

日刊工業新聞

シチズンセイミツ、携帯向け電子ペーパー増産-月産2倍の50万個に
シチズンセイミツ(山梨県富士河口湖町、久田志郎社長、0555・23・1231)は9月をめどに、電子ペーパー表示モジュールの生産を現状2倍の月50万個に引き上げる。携帯電話端末向けの受注増に対応する。中国の同社生産拠点、広州市偉合精密電子(広州市)に生産ラインを1本増設、人員を100人増やし、2ライン・300人体制とする。2010年3月期の同モジュール売上高は、当初予想の2倍強の23億円を見込む。 >>続きはこちら
2009年07月14日

CNET

DNPら、電子看板やICカードで地域の活性化を支援する「地方活性化支援パッケージ」を販売
大日本印刷(DNP)と電子社会イノベーション推進コンソーシアム(eSIC)は7月13日、ICT技術で地域の活性化を支援する「地方活性化支援パッケージ」を発表した。全国の自治体や商店街、企業、商工会議所、市民活動団体などを対象に同日より、DNPが販売を開始している。 >>続きはこちら
2009年07月05日

Nikkei Net

ブリヂストン、値札用電子ペーパーを販売 12年に年50億円目標
ブリヂストンは小売店の値札などに利用する電子ペーパーを7月1日から本格的に販売する。2006年から日欧の100以上の店舗で試験的に販売してきたが、・u梵カ産体制の整備や節約できる電力量などの測定が終了したことにより販売先を拡大する。同社は値札用の電子ペーパーで12年には年間50億円の売り上げを目指すとしている。 >>続きはこちら
2009年07月05日

Nikkei Net

スーパー各社が電子看板 イオンなど「ついで買い」促す
スーパー各社が店頭に薄型テレビを設置し商品や特売、地域情報などを提供する「電子看板」
の導入を拡大する。イオンが6月から本格的に採用し1年で約250店に設置、食品スーパーのマルエツやいなげやも既に約30店に導入し今後さらに増やす。
映像で情報を流せる電子看板は、これまでの導入で購買意欲をくすぐる効果が高いことがわかっている。電子看板で財布のひもを引き締める消費者の「ついで買い」を促す。 >>続きはこちら
2009年07月04日

PRO News

[NGC WORLD 2009]レポート:デジタルサイネージ向け多画面表示環境を発表
エヌジーシー(東京都中央区)は、7月2~3日に東京・外苑前のスタジアムプレイス青山で内覧会「NGC WORLD 2009」を開催した。会期2日間の来場者は、延べ300人を越えた。 >>続きはこちら
2009年07月03日

PC Watch

プロパティ・アウェア・メディアが叶えるターゲティング・コンテンツ
今、デジタルサイネージがおもしろい。デジタルサイネージは、街頭や店舗店頭、駅、空港、電車内といった場所に設置され、さまざまな情報や広告を映し出すインフォメーションシステムだ。たとえばNECは、その事業を強化するために新たなブランド「PanelDirector」を新設、サービスソリューションとしてこのトレンドを加速させようとしている。 >>続きはこちら
2009年07月03日

アキバ経済新聞

秋葉原駅にデジタルポスター-「ウェザーニュース」が配信開始
ウェザーニューズ(港区)は7月1日秋葉原駅の「デジタルポスター」で天気予報コンテンツ「ウェザーニュース」の配信を開始した。 >>続きはこちら
2009年07月02日

IT Pro

「DLNA対応家電を活用したコンテンツ配信実験に成功」,NTTコムウェアが発表
NTTコムウェアは2009年7月2日,家庭内のDLNA対応デジタル家電をブロードバンド・ネットワークに接続して,デジタル・コンテンツ配信などのネットワークサービス提供を可能とする実験に成功したと発表した。 >>続きはこちら