• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2009年09月17日

Yomiuri Online

DNPの電子看板「トールビジョン」が一般企業に初採用--
無印良品に常設良品計画は9月17日、大日本印刷(DNP)のデジタルサイネージシステム「トールビジョン」を、9月18日に新装オープンする無印良品池袋西武店に設置すると発表した。両社によると、一般企業の常設は初めてとのことだ。 >>続きはこちら
2009年09月17日

Japan.Internet.com

良品計画が、大日本印刷のデジタルサイネージシステムを導入
株式会社良品計画は2009年9月17日、9月18日に移転新装オープンする無印良品 池袋西武にて、大日本印刷株式会社が開発したデジタルサイネージシステム「トールビジョン」を、一般企業の常設としては初めて採用したことを発表した。 >>続きはこちら
2009年09月16日

hon.jp

台湾経済部、世界の電子書籍市場シェアの80%獲得を目標に5カ年計画を策定へ
【編集部記事】DIGITIMES.comの報道によると、台湾の経済部は電子書籍市場における台湾系企業の成長を促進するための5カ年計画を策定する模様。

>>続きはこちら
2009年09月16日

ZAKZAK

【デジタル製品ヒットの理由】
「デジタルサイネージ」に企業や広告会社、メディアなどの注目が集まっている。店頭や街角、電車内などに設置された電子ディスプレーに広告や告知などを表示する"新媒体"で、「電子看板」と紹介されることも多い。動画を流せるほか、場所や時間帯に応じてネットワーク経由で画面を切り替えることもでき、従来の紙媒体に取って代わると期待されている。その市場規模は今後、1兆円に達するとの予測もある。経済活動や生活を大きく変えそうなデジタルサイネージの現状と将来について連載する。 >>続きはこちら
2009年09月16日

PC Online

Sony Readerの新型入手しました先週は、IFA2009の取材で、ドイツへいきました。
その帰りに寄ったアムステルダムの空港で、ソニーの電子ブックリーダー「Sony ReaderPRS-600」を入手しました。
国内では今年2月に電子ブック用のコンテンツ配信サイトがクローズして事実上、電子ブックリーダーとそのコンテンツのビジネスから撤退していますが、米国やEU圏では電子ブック関連のビジネスが好調なようで、今回のIFAでもポケット型とタッチパネル型の2つの新型電子・ブックリーダーを発表しています。 >>続きはこちら
2009年09月16日

朝鮮日報

SKテレコムとサムスン電子、中国で携帯電話展示会出展韓国の通信、電子分野の代表企業が、中国の第3世代(3G)移動通信市場の攻略に乗り出した。SKテレコム、サムスン電子は16日から20日まで中国・北京市で開かれる移動通信分野の展示会「P&T/ワイヤレス・チャイナ2009」に参加する。 >>続きはこちら
2009年09月16日

ASCII.jp

Androidで、ケータイをなぞってもしょうがないAndroidは誰もが無償で利用できる
オープンなプラットフォームである。ソースコードが公開され、改変も可能。
インテントに象徴されるように、アプリケーションや各種ウェブサービスが高度に連携する、これからの携帯電話用アプリケーション開発に必要な、柔軟性と自由度の高さを持ったOSだ。 >>続きはこちら
2009年09月15日

Value Press

デジタルサイネージ最前線 -日立/ソニーの独自ノウハウを開示-さっそくですが、当研究所企画主催のビジネスセミナーが、下記要項でまとまりました。ついては、当該セミナーを貴紙にてご紹介願えれば心から幸甚に存じます。講師の許諾を得られれば取材可能ですので、当日会場にお運びいただければ幸いに存じます。取材の可否を、講師に事前確認いたしますので、恐れ入りますが担当の修家(しゅうけ)までご一報ください。 >>続きはこちら
2009年09月15日

IT Pro

ロボット看板とは「鉄腕アトム」「鉄人28号」「機動戦士ガンダム」――。
少年時代にロボットのヒーローに夢中なった男性読者は多いでしょう。デジタル技術を用いて案内や広告を表示するデジタルサイネージの進化形としてロボットが実用化されつつあることも自然な流れかもしれません。通行人の存在を感知して音声や身振りで案内をするもので、ロボット看板と呼ばれています。 >>続きはこちら
2009年09月14日

Nikkei Net

凸版印刷、デジタルサイネージ向けに料理レシピの動画コンテンツ制作サービスを提供
凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:足立直樹、以下 凸版印刷)は、辻学園グループ(本部:大阪市北区、代表:井上辰雄)と協力し、普及が拡大している各種デジタルサイネージ向けに、オリジナル料理レシピの動画コンテンツを短期間・低コストで制作するサービスを、9月30日から開始します。 >>続きはこちら
2009年09月12日

中国新聞

路面電車内で電子看板実験<動画あり>広島市立大大学院情報科学研究科(安佐南区)は12日、広島電鉄の路面電車でデジタルサイネージ(電子看板)の実証実験を始める。車内の画面にインターネット経由でニュースや広告、運行状況を表示する。路面電車では全国初の試み。11日、西区の広電荒手車庫で事前公開した。 >>続きはこちら
2009年09月11日

IT Pro

デジタルサイネージなどのBtoBtoCビジネス展開も視野に---メディアフロージャパン企画
2011年7月24日に予定されている地上テレビ放送の完全デジタル化の期限まで、あと2年を切った。また,総務省は「携帯端末向けマルチメディア放送の実現に向けた制度整備に関する基本的方針」と2009年9月中旬~10月中旬に実施する予定の「参入希望調査の概要」を8月28日に公表した(発表資料)。 >>続きはこちら
2009年09月11日

東洋経済

青息吐息の"出版旧体制"、デジタル時代の覇権は誰の手に?
《アマゾンの正体》(1) 日本でもアマゾン「キンドル」のような電子ブックがブレークする日は到来するのだろうか。出版界の声は総じて冷ややか。なぜなら、「日本では新刊コンテンツを集めることができないから。これまでも死屍累々だ」(大手出版社社長)。 >>続きはこちら
2009年09月11日

IT Pro

Webを意識せずに入痢w)EURヘされる情報が新たな価値を生む素材やデータを入力するだけでホームページが制作できるサービスを提案するディバータ。同社の加藤健太社長は、ホームページ制作が、ここにきて再び大きな需要を集めると見る。無意識に入力された情報をメタデータとして管理することで、データに"意味"を持たせられるからだ。加藤社長に、ホームページの可能性などを聞いた。(聞き手は島田 昇=日経コンピュータ) >>続きはこちら
2009年09月11日

マイコミジャーナル

シスコ、ビデオ会議のラインナップを拡張 -
シスコシステムズは、少人数向けのビデオ会議システム「Cisco TelePresenceSystem 1300」「Cisco TelePresence System 1100」を搭載し、ビデオ会議システムのラインナップに追加した。 >>続きはこちら