• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2009年04月06日

IT Pro

企業の省エネ実態をデジタルサイネージで"見せる化"
企業内でどのように電気を消費しているかを電子看板(デジタルサイネージ)で表示するシステムが登場した。名称は「BX-Info」。 >>続きはこちら
2009年04月02日

CNET JAPAN

電子ペーパーと印刷メディア・出版:印刷コンテンツは新時代に取って代わられるのか
フランスの調査会社イダテ社の調査レポート「電子ペーパー:新しいアプリケーションの次世代画面となるか?」は、電子ペーパーの市場概観を記載し、電子ペーパーの関連技術の現状や主要な関連産業における課題、特に印刷メディアや出版に関して記載している。 >>続きはこちら
2009年04月02日

asahi.com

富士通、デジタルサイネージがみずほ銀行で採用、コンテンツ運用も代行
富士通(野副州旦社長)は4月2日、デジタルサイネージシステム「マルチモニター情報配信システム」がみずほ銀行(西堀利頭取)の各支店で採用されたと発表した。システムは、富士通がグループ会社である富士通ゼネラルのデジタルサイネージシステム「Plasmawave」をもとに構築した。 >>続きはこちら
2009年03月30日

+D PC User

銀座ソニービルに高精細デジタルサイネージ導入
ソニーは、銀座ソニービルに高精細なデジタルサイネージシステムを導入。イベントの内容や時間帯に合わせてダイナミックで高精細な映像演出・告知を行う。 >>続きはこちら
2009年03月30日

品川経済新聞

auショップ品川で携帯電話を使ったデジタルサイネージ-DNPと日立
大日本印刷(新宿区)と日立製作所(品川区南大井6)は、3月23日より品川駅港南口直結のイーストワンタワーにあるauショップ品川店(港区港南2)で、携帯電話画面を利用したデジタルサイネージの試験サービスを開始した。 >>続きはこちら
2009年03月30日

マイコミジャーナル

3D動画対応、超指向性スピーカー搭載のデジタルサイネージが中部国際空港に
日本ユニシスは30日、中部国際空港において、3D動画技術を用いた情報配信サービスの実用化検証として、デジタルサイネージを利用した情報配信、およびその効果検証を開始した。実験期間は3ヶ月間。 >>続きはこちら
2009年03月26日

毎日.jp

リコー(7752)はプラス圏へと浮上 「カラー電子ペーパー明度上昇の化合物開発」報道が下支え
電源を切っても表示状態が保持される化合物の開発に初めて成功したと一部紙が報じている。 >>続きはこちら
2009年03月26日

oita-press

液晶フィルム好評 電気で透明、映像もOK
日出町のベンチャー企業・九州ナノテック光学(馬場潤一社長)が、独自技術で開発した高機能性液晶フィ
ルムの製造を本格化させている。通常時は白濁したシートで、電気を通すと透明に。プロジェクターで映像を映すこともでき、プライバシー保護や宣伝用ディスプレーなど、さまざまな分野に利用できる素材として注目される。 >>続きはこちら
2009年03月26日

ItPro

広告の進化は行動ターゲティングがカギを握る
日経BP社・日経ネットマーケティングは2009年3月24日、「潜在層を開拓し、顧客化を実現 行動ターゲティング最前線」と題したセミナーを、東京コンファレンスセン ター・品川(東京都港区)で開催した。 >>続きはこちら
2009年03月25日

GIZMODE

カラー電子ペーパー携帯情報端末「FLEPia」
超薄型の携帯情報端末「FLEPia」(フレッピア)が富士通フロンテックから発売です。 >>続きはこちら
2009年03月25日

findstar

ソフィアホールディングス(JASDAQ)、アニメイト店舗にデジタルサイネージ端末。
株式会社ソフィアモバイルは、アニメーション関連商品販売店の「アニメイト」池袋本店でデジタルサイネージ端末「nanica7」をテスト導入した。 >>続きはこちら
2009年03月25日

japan.internet.com

NTT Com、デジタルフォレストに出資、企業向けマーケティング ソリューション提供へ
NTT コミュニケーションズ(NTT Com)は、2009年3月25日、企業向けマーケティングソリューション提供のため、株式会社デジタルフォレストと当該分野において業務提携するとともに、同社へ出資すると発表した。 >>続きはこちら
2009年03月25日

J-CASTニュース

「リアル」なヒト型ビジョン広告 大阪・梅田駅に魔裟斗登場
 
大阪・梅田駅に、2009年3月25日、特殊なフィルムに立体的に人物が投影されて動く、日本で初めての「しゃべるヒト型ビジョン広告」がお目見えした。
まるで本人がその場にいるかのようなリアルさが特徴で、「どんなに追い込まれても、攻めの姿勢で立ち向かうこと」と格闘家の魔裟斗さん(30)が語りかける。 >>続きはこちら
2009年03月25日

NIKKEI NET

電子看板、視聴者の行動追跡 北陽電機、センサー搭載
自動制御機器の北陽電機(大阪市、尾崎仁志社長)は自走ロボットの障害物把握用に採用されて
いるセンサー技術を使った電子看板(デジタルサイネージ)を開発した。電子看板のディスプレーに設置したセンサーで、看板の前に集まった人がどのくらい滞留し、見終わった後にどの方向に移動したかまで正確に分析できる。 >>続きはこちら
2009年03月25日

Business Media誠

"携帯+YouTube+デジタルサイネージ"で創るプロモーションとは?東芝
大型ディスプレイに映し出された対戦ゲームに、ヨドバシカメラの来店者が参加する3月20日から3日間行われた、デジタルサイネージを使った東芝の新しいプロモーションイベントを取材した。 >>続きはこちら