• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2017年05月23日

東洋経済オンライン

山手線新型「E235系」量産車は何が違うのか 年度内に15編成導入、新たな東京の顔に
 
今後の山手線を担う新型車両E235系。これまでは2015年11月末にデビューした「量産先行車」の1編成だけが運行されていたが、5月22日の夕方、ついに量産車の運転が始まった。E235系は、車内広告にデジタルサイネージを大々的に導入し、制御システムにも従来と比べて情報伝送速度が約10倍という新システム「INTEROS(インテロス)」を採用した次世代車両。
 
2017年05月23日

家電 Watch

東京電力とパナソニック、観光や災害情報などを配信する「ストリートサイネージ」プロジェクトをスタート
 
無電柱化に伴い増加する、配電地上機器を活用した新しいプロジェクト。今回のプロジェクトでは、その配電地上機器を有効活用する。地上機器にデジタルサイネージを搭載することで、観光情報や災害時の避難誘導に関する情報などを配信する「ストリートサイネージ」の企画・開発を東電PGとパナソニック共同で進める。
 
2017年05月19日

鉄道チャンネル

小田急電鉄『HELLOW NEW ODAKYU』第2弾『快適になる』篇 ポスター・動画を公開
 
小田急電鉄は2018年(平成30年)3月の完成を予定している複々線化とダイヤ改正によって小田急が快適になることを『HELLOW NEW ODAKYU』第2弾『快適になる』篇として5月22日(月)からポスターやデジタル・サイネージの動画などで訴求します。
 
2017年05月19日

日刊工業新聞 電子版

三技協、大容量8Kデータの高速送受信にめど-LED光の無線伝送で
 
三技協は、高解像度の「4K/8K」映像データなど大容量データを高速で送受信できる無線システムの実用化にめどを付けた。発光ダイオード(LED)光を活用した伝送技術を採用しており、電波干渉の影響を受けずに安定して通信できるのが特徴だ。また持ち運びでき、簡単に設置できる。2017年秋に市場に投入する。
 
2017年05月19日

エキサイトニュース

東京メトロ、デジタルサイネージを活用したバス案内の実証実験
 
東京地下鉄(東京メトロ)は4月27日、デジタルサイネージを活用したバス案内の実証実験を行うと発表した。乗換利便性の向上を目指す。発表によると、東京都交通局・東京空港交通の2社局と連携。東西線門前仲町駅と有楽町線豊洲駅の2駅にデジタルサイネージを設置する。 
 
2017年05月19日

PRINT&PROMOTION

キヤノンマーケティングジャパン 写真家の作品をデジタルサイネージに! 「Shuttle Photo Movie」の提供を開始
 
キヤノンマーケティングジャパンはこのほど、デジタルサイネージなどで使用可能な「Shuttle Photo Movie(シャトルフォト ムービー)」の提供を開始した。

第一線で活躍する写真家の作品をデジタル映像として提供するもので、モニターやプロジェクターなどのデジタルサイネージ機器に投影するための映像コンテンツ集。
 
2017年05月18日

PR TIME

ついに誕生!! 小型サイネージ専用バッテリー
 
株式会社impactTVは、店頭販促サイネージ・電子POP専用「サイネージバッテリー」シリーズを発売いたします。コンセントがない場所に電子POPを設置したい、というお客様のご要望からできた商品となります。
 
2017年05月18日

産経ニュース 

全国詳細地図や航空写真を利用した地図API「GEOSPACE API」のインバウンド(訪日外国人)向け日本地図表記機能、検索機能などを強化
 
提供中の13の多言語地図に1.各言語と日本語の併記機能、2.有名な建造物をわかりやすくビジュアル化したランドマークアイコン表示機能、3.スマホアプリなどで地図のヘディングアップが可能な回転機能、4.デジタルサイネージなどで活用される高画質な4Kディスプレイへの対応、などを追加いたしました。
 
2017年05月18日

PC Watch

アイ・オー、4K対応の43型液晶ディスプレイ
 
株式会社アイ・オー・データ機器は、3,840×2,160ドット(4K表示対応した43型液晶ディスプレイ「LCD-M4K431XDB」を6月上旬に発売する。DisplayPort、ミニD-Sub15ピン、そして3系統のHDMIを備え、PCのみならずAV機器との接続やデジタルサイネージの利用としても好適とする製品。
 
2017年05月17日

Social VR Info

デジタルクルーズ、「admintTV」にて360°VR動画配信サービスを発売  HTML5-PlayerにてVR動画の放映を実現
 
動画配信及びデジタルサイネージ向けクラウドサービスを提供するデジタルクルーズは、HTML5時代の動画配信クラウドサービス「admintTV v1.3」にて360°VR動画配信サービスの発売を発表した。
 
2017年05月17日

時事ドットコム

市役所前で初のサッカーPV
 
3月にリニューアルした金沢市役所前広場で、サッカーJ2ツエーゲン金沢とFC岐阜による試合のパブリックビューイング(PV)が行われた。赤いユニホームをまとったサポーターら約500人が集まり、岐阜市で戦うチームに声援を送った。
 
2017年05月16日

ICT教育ニュース

宝塚大学東京メディア芸術学部が「メディアデザイン領域」を新設
 
宝塚大学東京メディア芸術学部は15日、2018年度から新たに「メディアデザイン領域」を設置すると発表した。これまでの「コンテンツデザイン領域」を発展させ「映像領域」と統合し、コンテンツを発信するメディアのデザインを中心に教育を行うという。
 
2017年05月15日

GetNaviweb

いつものロボットが急に外国語ペラペラに! 45か国語の翻訳・接客を可能とし「顔翻訳」もできるロボット用アプリが発売
 
日本国内でも有数のロボットアプリ開発・導入実績をもつヘッドウォータースは、クラウドロボティクスサービス「SynApps(シナップス)」を活用し、45か国語での翻訳・接客を可能にするロボアプリ「Robot Translator(ロボット・トランスレーター)」を本日5月15日より販売を開始しました。スマホやタブレット、デジタルサイネージにも連携適用が可能です。
 
2017年05月14日

東洋経済オンライン

鉄道広告の募集資料で見える「路線の特徴」 年収や学歴の高さをアピールする鉄道会社も 
 
駅に掲げられている広告の数々。最近は、動画も使用できる「デジタルサイネージ」が主要駅で目立つようになってきている。電車の中吊り広告も、目立つ週刊誌の広告をはじめ、自社沿線施設の案内やおトクなきっぷの案内など幅広い内容で、スマートフォン全盛の現在でも重要な乗客の情報源となっている。
 
2017年05月12日

マイナビニュース

自然な会話をAIの力で実現。東芝の音声合成ミドルウェア「ToSpeak」 
 
ToSpeak」は、同社の音声・映像活用AIクラウドサービス「RECAIUS(リカイアス)」の技術を活用し、読み上げさせたいテキストを用意するだけで多様な電子デバイスで自然な合成音声を出力することが可能になるというもの。メカメカしさのない自然な音声でありながら、クオリティの高い音質で音声データサイズが小さいという「ToSpeak」のメリットは、ゲームのみならずデジタルサイネージや家電製品との親和性も高そうだ。
 
<< 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ... 309 >>