• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2017年08月03日

IoTnews

レンジャーシステムズ、商業施設や公共施設向けにIoTでトイレの空室状況を可視化する 「トイレsearching Display」の販売開始
 
レンジャーシステムズは、BLEゲートウェイとマグネットセンサーを利用したリアルタイムトイレ空室検索サービス「トイレsearching」の提供を2016年5月より開始し、オフィスビルや商業施設などの200箇所を超えるトイレに導入されている。

今回、商業施設や公共施設の管理企業よりデジタルサイネージやタブレット端末で、施設内のトイレの空室状況を表示したいとのニーズに応え「トイレsearching Display」の提供を開始する。
 
2017年08月02日

週刊BCN+

<駐在記者・真鍋武が体験したリアルな中国>利用されないサイネージ
 
上海市内を散歩していると、各小区(住宅団地)に大きさ2mほどのデジタルサイネージが設置されていることに気づく。名前は「智慧城区警務民生服務平台」。スマートシティ建設の一環として、行政が導入を後押しているものだ。このサイネージでは、公共情報サービスとして、天気予報や空気汚染度、交通機関の運行状況を確認したり、パスポートの申請方法を閲覧したりすることができる。グルメ情報アプリ「大衆点評」も搭載されていて、近隣の人気店を調べることも可能だ。
 
2017年08月02日

PRTIMES

伊勢丹新宿本店でAI活用デジタルサイネージと小型IoTロボット「ZUKKU(ズック)」を店頭での販売促進に活用する実証実験開始
 
AIやLPWAなど最先端技術を駆使し、多くのIoTデバイス開発実績をもつ株式会社ハタプロは、インタラクティブサイネージ機能を持ち合わせた、店舗活用向けの小型ガイドロボット「ZUKKU(ズック)」を、伊勢丹新宿本店で2017年8月9日(水)より開催されるトレンド性・話題性のあるモノ・コトの祭典「デジタルホビーフェス」内の店頭での販売促進に活用する実証実験を開始します。 
 
2017年08月02日

マイナビニュース

2017年国内デジタルサイネージ市場、前年比2.8倍の3708億円へ
 
富士キメラ総研は8月1日、デジタルサイネージの国内市場を調査し、その結果を報告書「デジタルサイネージ市場総調査 2017」としてまとめたことを発表した。同報告書では、デジタルサイネージ市場を各種ディスプレイや、配信システムなどの販売・設置・施工ビジネス(システム販売・構築)、デジタルサイネージユーザー向けコンテンツの制作・配信ビジネス(コンテンツ制作・配信サービス)、デジタルサイネージを利用した広告ビジネス(デジタルサイネージ広告)といった三つのビジネスに分類し、その市場の規模や推移、システムニーズやビジネストレンドなどを捉えたほか、今後の市場を予測した。
 
2017年08月01日

トラベル Watch

成田空港、ターミナル間連絡バスの乗降所にデジタルサイネージ設置 待ち時間などをリアルタイムで表示
 
NAA(成田空港)は、ターミナル間連絡バスの乗降場5カ所にデジタルサイネージを設置し、バスの運行状況をリアルタイムで表示するサービスを行なう。運用開始は8月9日で、4時から24時まで稼働する。

サイネージに表示するのは、次の停留所名、バス到着までの所要時間、バスの乗車時間、系統図など。対応言語は日本語、英語、中国語(簡体字)、韓国語。運用にはナビタイムジャパンの「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション」を利用している。
 
2017年08月01日

共同通信PRワイヤー

デジタルサイネージ周辺案内図「ハイレゾナビタ」を小田急電鉄新宿駅に設置!
 
今回設置された「ハイレゾナビタ」は
高画質を追求した4Kディスプレイを採用することにより、詳細な地図情報のデジタル化を実現しました。駅周辺の施設や店舗の情報はもちろん、当社としては初めて地下地図の表示機能を搭載。駅構内の案内図や施設までのルート案内も表示されます。タッチパネルを用いることによってインタラクティブな操作が可能となり、これらの情報を利用者が能動的に取得することができます。 
 
2017年07月31日

ITpro Active

360度動画も閲覧できる文書配信クラウド - 製品&サービス
 
インフォテリアの「Handbook
5」は、モバイル端末を想定した、文書コンテンツの配信サービスである。コンテンツを作成/編集して配信する機能をSaaS型クラウドサービスの形態で提供する。コンテンツ閲覧ソフトの稼働環境は、iOS(iPad/iPhone)、Android、Windows。汎用Webブラウザ(Flashランタイム)でも閲覧できる。Handbook内のコンテンツを組み合わせて1つの動画のように再生することができるので、デジタルサイネージとしても利用できる。
 
2017年07月27日

通販新聞

ジーフット 取り寄せサービスが拡大、店頭での仕掛けを強化
 
イオングループで靴専門店チェーンを展開するジーフットは、オムニチャネル化を成長戦略のひとつに掲げており、タブレット端末を活用した商品取り寄せサービスの全店展開とスマホアプリの導入でオムニ化をさらに加速する。
 
2017年07月27日

毎日新聞

JR東海:「うましうるわし」響くキャンペーン 確実に誘客実績
 
首都圏を中心に県内の寺社などをPRするJR東海の観光誘客キャンペーン「うましうるわし奈良」が、2005年秋にスタートして10年以上が経過した。ほぼ年2回、テレビCMや主要駅でのデジタルサイネージ(電子看板)などを集中展開。
 
2017年07月27日

ニューズウィーク日本版

顔認識技術を組み込んだディスプレイ、あなたの心まで丸裸に(前編)
 
先日、レストランやショッピングエリアで使われている顔認識技術を使ったデジタルサイネージが、来店者にパーソナライズされた広告を表示するためだけでなく、小売業者がよりターゲットを絞り込んだマーケティングを行えるという建前で、来店者の反応などを記録していた件について議論が巻き起こった。
 
2017年07月26日

Responce.

新潟の電車にデジタルサイネージ…12月からE129系に本格導入 
 
JR東日本新潟支社は7月25日、液晶画面にデジタルコンテンツを表示するデジタルサイネージを、12月からE129系に本格導入すると発表した。

E129系は、国鉄時代に登場した115系の置換えを図るため、2014年12月6日から運行を開始。総勢50両が、信越本線新潟~直江津間、上越線水上~宮内間、羽越本線新津~村上間、白新線、越後線、弥彦線で運用されている。
 
2017年07月26日

時事ドットコム

観光案内所で仮想現実体験=大津市
 
大津市は、JR大津駅の観光案内所に観光地を仮想現実(VR)で体験できるコーナーを新設した。琵琶湖西岸にそびえる比良山からの風景をその場にいるような感覚で楽しむことができる。映像は観光案内所内の大型の電子看板(デジタルサイネージ)で同時に視聴できる。 
 
2017年07月26日

産経ニュース

【デジタルハリウッド・アースプロジェクト2017】

地球規模の課題 映像通じ喚起
 
心を揺さぶるクリエーティブの力で、地球規模の課題や世代を超えて存在する問題に目を開かせる「デジタルハリウッド・アースプロジェクト2017」の制作発表会が7月12日に開催された。作品の一つ一つから共感に満ちたメッセージが発信され、解決に向けた一歩を踏み出させる大きな力が会場を包み込んだ。
 
2017年07月25日

ギズモード・ジャパン

おしゃれIoTに徹した、天気を感じるデジタルサイネージ「QM weather.」 
 
IoTガジェットは高機能で便利じゃないといけないなんて思い込んでたとしたら、この「QM weather.(クムウェザー)」はその固定観念を覆すかっこよさ。このガジェットは、インターネット上の天気情報を取得して映し出すだけの単機能なIoTサイネージで、メッセージの通知も音楽の再生も音声認識もできません(でも時計表示くらいしてくれてもいいのに)。
 
2017年07月25日

産経ニュース

五輪にらみ官民で情報発信強化、神奈川県がIT企業と協定
 
2019年ラグビーワールドカップ(W杯)や2020年東京五輪・パラリンピック開催に向け、官民協働で情報発信を強化しようと、県はIT企業のサイネックス(大阪市)と連携協定を締結した。デジタルサイネージを通じた県内情報の発信や、観光プロモーション動画のインターネット配信も目指す。
 
<< 1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ... 316 >>