• ホーム
  • デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージ関連記事

デジタルサイネージに関する記事や、関連する広告事業の記事を収集し掲載しています。

2018年07月27日

PRINT&PROMOTION

富士ゼロックス 画面と音声をシンクロできるクラウド型デジタルサイネージを発売 災害時など最大4カ国語に対応
 
富士ゼロックスは7月25日、画面と音声を同期して施設情報などを配信できるクラウド型デジタルサイネージサービス「SkyDesk Media Message(スカイデスクメディアメッセージ)」を発売した。
 
2018年07月27日

PHILE WEB

LG、「webOS」搭載のデジタルサイネージを本格展開。複数台の遠隔操作が可能
 
LGエレクトロニクス・ジャパンは、「webOS」搭載デジタルサイネージを本格展開していくと発表した。同社はこれまでも、テレビ向け独自OS「webOS」搭載のサイネージを展開していた。今回、webOSをオープンソース化したことで、サードパーティーが開発した専用ソフトウェアとの連携も強化していく。
 
2018年07月26日

マイナビニュース

施設情報や災害時案内を多言語で配信するクラウド型サイネージ
 
富士ゼロックスは25日、サイネージ画面と音声を同期して施設情報などを配信でき、読みやすさや配色などユニバーサルデザイン対応の災害時用コンテンツを含む、多言語表示対応のクラウド型デジタルサイネージサービス「SkyDesk MediaMessage(スカイデスク メディアメッセージ)」の販売を開始した。
 
2018年07月24日

ASCII.jp

最大12画面に同時表示できるデジタルサイネージ向けパソコン
 
4K UHD表示を可能とする3×4ビデオウォール(5760×4320ドット)を、最大12台のディスプレーで稼働するパソコン。12画面を単一の大型ディスプレーに表示したり、12画面を個別表示するといった画面レイアウトの機能を備えている。
 
2018年07月22日

J's GOAL

【名古屋 vs 広島 試合前の様子】デジタルサイネージをテスト運用
 
8月5日のG大阪戦から本格稼働する豊田スタジアム内のデジタルサイネージが本日テスト運用をされていました。様々な広告や告知、試合映像などが楽しめるようになるコンテンツの採用で、スタジアムの魅力もさらに増しそうです。
 
2018年07月20日

時事ドットコム

楽天、「遠隔スタイリング支援システム」の実証実験を開始 デジタルサイネージを活用した買い物体験の提供へ
 
楽天は、楽天技術研究所と会津大学による共同研究において、楽天技術研究所が開発した、遠隔地にいるスタイリストと試着室(車体)にいるユーザーをインターネット経由でつなぎ、ファッションアドバイスを行う「遠隔スタイリング支援システム」を搭載する電気自動車「リモートファッションコミュニケーションビークル」を用い、デジタルサイネージを活用した次世代型の買い物体験を提供する実証実験を実施した。
 
2018年07月20日

マーケジン

資生堂ジャパン、NKBと「男女別ターゲティングデジタルサイネージ」の実証実験を実施
 
資生堂ジャパンは、NKBと共同で、性別推定システムを活用した「男女別ターゲティングデジタルサイネージ」の実証実験を都営浅草線の新橋駅で実施することを発表した。
 
2018年07月20日

PRTIMES

打った文字と自分の声、最近どっちメインで会話してるっけ??世界初!訪れた人の声が集まる体験型大画面装置「WORLD VOICE TOUR」本日公開スタート!!
 
株式会社ワイドレジャーは、熊本地震の影響から2018年7月20日に全面開業する、イオンモール熊本の増床エリア「ウエストエリア」2階の店舗内にて、延べ床面積483m2のスペースに最新ゲーム機や多彩なクレーンゲーム機など約250台を備えた、熊本エリア最大級のアミューズメント施設・楽市楽座

イオンモール熊本店をリニューアルオープンしました。中でも今回の目玉となるコンテンツとして、大画面の前で発した言葉が、声の特徴によってユニークなデザインとなって世界のどこかを訪れる、楽市楽座完全オリジナルの「WORLD
VOICE TOUR(ワールドボイスツアー)」を無料公開します。
 
2018年07月20日

印刷ジャーナル

凸版印刷、オリジナル折り紙作成システムがおりがみ会館で採用
 
「OrigaMemory」は凸版印刷が画像処理技術を活用して開発したシステムで、利用者がスマートフォンやデジタルサイネージで撮影した画像をアップロードすると、折り紙のデザインに合わせて画像をレイアウトした折り紙がプリンターから自動的に出力される。出力された折り紙を折ると、利用者の撮影した画像が折り紙の表面に現れる。
 
2018年07月20日

Dreamnews press

TechShare, ASUS深度センサーXtion 2とTinker Board Sセット販売開始のお知らせ
  
Xtion 2は、2017年8月にリリースされたASUSTeK
Computer社製のRGB深度センサーで、従来型Xtionと比較すると性能面での改善の他、機器への実装を意識して大幅に小型化されたことがその特徴です。この小型化されたことにより、デジタルサイネージの機器、SLAMやロボットアーム用ビジョンシステム、人間工学や行動分析、医療用機器、その他の様々な機器にXtion
2を簡単に搭載することが可能となり、実際の製品への組み込み利用が期待されているRGB深度センサーです。
 
2018年07月20日

Traicy

光と音で案内情報を可視化 JAL、羽田空港で世界初の実証実験
 
日本航空(JAL)は、パナソニック システムソリューションズジャパンの協力のもと、光と音の新技術を活用して空港内の情報をスマートフォンに表示する世界初の実証実験を、きょう7月20日から羽田空港で実施する。

実証実験では、パナソニックの新技術「光ID」を用いて情報を伝える「LinkRay」アプリと、ヤマハが提供する音のICT化技術「SoundUD」を用いて情報を伝える「おもてなしガイド」アプリを活用。スマートフォンに「LinkRay」アプリをダウンロードし、手荷物受託カウンター前に設置されたデジタルサイネージにかざすと、スマートフォンで手荷物の受託方法や保安検査場の待ち時間案内などが確認できる。
 
2018年07月20日

WorkMaster

資生堂、「男女別ターゲティングデジタルサイネージ」実証実験を実施
 
資生堂ジャパンは、NKBと共同で、駅デジタルサイネージでは日本初となる性別推定システムを活用した「男女別ターゲティングデジタルサイネージ」の実証実験を都営新橋駅で実施する。

今回、デジタルサイネージの性別推定システムを活用して通行者の性別を推定し、リアルな接点の場でもインターネットの広告配信と同様にブランドの主ターゲットに合った広告を配信放映する
  
2018年07月19日

logmi

講談社『VOCE』の事例に学ぶ、顧客理解によるブランディングとデータを活用したコミュニケーション手法
 
2018年6月18日~20日、赤坂インターシティコンファレンスにて「NIKKEI XTREND FORUM
2018」が開催されました。20日に行われたセッション「知名度=ブランディングではない!VOCEが購買行動を起こすメディアになった理由(ワケ)」では、美容専門誌VOCEのWeb版編集長である三好さやか氏と、GPSとBeaconによるデータプラットフォームを提供するunerry株式会社CEOの内山英俊氏が登壇。本パートでは、GPSやBeaconによるデータを使ったブランディングやコミュニケーションの手法について、内山氏が語ります。
 
2018年07月19日

PRTIMES

店頭販促用サイネージ「19RS impactTV」新発売
 
流通・サービス業に特化したアウトソーシング事業を展開する株式会社メディアフラッグの子会社で、デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供を行なっている株式会社
impactTVは、店頭販促用サイネージ 「19RS impactTV」を発売いたします。

「RS シリーズ」は、impactTV のスタンダードモデルとして、人感センサー等、多機能ながらお手頃価格での 提供を可能としています。OS に Android を採用しているため、機能拡張もできます。
 
2018年07月18日

BUILT

米YouTube本社に導入されたデジタルサイネージ管理システム、「顔認識」で次の一手
 
紙器・パッケージの製造販売を行うサガシキは、日本で独占販売契約を結んでいるオープンプラットフォームのデジタルサイネージ管理システム「ENPLUG(エンプラグ)」に、新機能として顔認識システムを追加した。

サガシキ マーケティングコンサルタントの渡部知記氏に、エンプラグのウリや顔認識システムの開発経緯などを聞いた。
 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 ... 349 >>